メルカリで誹謗中傷コメントをされた!通報するにはどうしたらいい?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではメルカリの通報について知りたい
という方のために、通報する方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリの禁止事項がわかる
  2. 通報する方法がわかる
  3. 誹謗中傷された時の対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリの禁止事項や通報する方法について解説をしていきます。

 

通報できる!メルカリの禁止事項とは?

メルカリでは、コメントでの誹謗中傷やその他の不適切な行為を見つけた場合、

そのアカウントやユーザーを通報できます。

通報の対象となるメルカリの禁止事項をいくつかピックアップしてご紹介します。

・利用規約違反
・ユーザーのプライバシーを侵害する行為
・ユーザーの名誉を毀損する行為
・ユーザーに精神的損害を与える行為
・メルカリやユーザーに経済的損害を与える行為
・誤解や混乱を招くおそれのある行為
・青少年の心身に悪影響を与える行為
・禁止されている行為や出品物と知っているにもかかわらず取引すること
・倫理的視点で認められないとメルカリが判断する行為
・メルカリが認めていない外部ツールなどを使用してサービスを利用すること

上記のような行為を見かけた場合は迅速に通報し、被害の拡大を防ぐことが大切です。

違反しているユーザーを通報する方法

ユーザーを通報する方法は以下のとおりです。

  1. ホーム画面の左上にあるメニューボタンをタップ
  2. 「お問い合わせ」をタップ
  3. 「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップ
  4. 「トラブルがあった」をタップ
  5. 「購入者側」・「出品者側」・「その他のトラブル」から該当するものを選ぶ
  6. 「嫌がらせ・荒らし行為をされた」もしくは「お問い合わせする」をタップ
  7. 商品IDや自身の立場、トラブルの内容などを入力し、「送信」をタップ

6で「お問い合わせをする」をタップする前に、

よくあるお問い合わせに該当するものがないか確認すると

スムーズに通報できるのでしっかりチェックしましょう。

メルカリで誹謗中傷された時はどう対処する?

メルカリには誹謗中傷をはじめ、嫌がらせ行為に対する対処法がいくつか用意されています。

自分が誹謗中傷を受けた時はもちろん、悪質なユーザーを見かけた時には、

下記の対処法を活用してみてください。

暴言などの禁止事項を破ると利用が制限される

メルカリでは、利用規約に反する行為はもちろん、

先ほどご紹介したような禁止事項を行ったユーザーに対して、発見次第利用制限をかけています。

メルカリは、多くのユーザーが快適にサービスを利用できるよう、

誹謗中傷などの迷惑行為を厳しく取り締まっています。

利用制限の内容は以下のとおりです。

・いいねやコメントができなくなる
・新しい商品を出品できなくなる
・商品の購入ができなくなる
・出品済みの商品が凍結または削除される

このように、

悪質なユーザーはメルカリ側に発見された時点でさまざまな利用制限がかけられるため、

被害の拡大は心配ないことが多いです。

度合いによってはほとんどのサービスが利用できなくなったり、

利用制限が長期間解除されなかったりするので安心して良いでしょう。

特に悪質なユーザーである場合は、

強制退会や売上金の没収措置を取るケースも少なくないようです。

ブロック機能を活用する

誹謗中傷や嫌がらせなどをされた場合は、ブロック機能を活用するのもおすすめです。

ブロック機能を使うと、ブロックされたユーザーはいいねやコメント、

商品購入ができなくなるため、メルカリを快適に利用できるようになります。

悪質な行為を繰り返すユーザーはもちろん、

自分に悪影響を及ぼすようなユーザーに遭遇した場合は、

ブロックしてしまうのも方法のひとつです。

ユーザーをブロックする方法は以下のとおりです。

  1. ブロックしたいユーザーのページへ移動
  2. 右上の「…」をタップ
  3. この会員をブロックをタップ

ブロックを解除したい場合は、同じ手順でブロック解除できます。

下記は、ブロックしているユーザーの一覧を確認する手順です。

  1. マイページを開く
  2. 個人情報設定をタップ
  3. ブロックした一覧をタップ

通報機能を活用する

誹謗中傷を受けた時の対処法として、通報機能を活用する方法も挙げられます。

迅速に対応してほしい、適切な処置を行ってほしいという場合は、

以下のポイントを押さえておくのがおすすめです。

・誹謗中傷や嫌がらせがわかるスクリーンショットを保存しておく
・誹謗中傷や嫌がらせを受けた日時をメモしておく

これらのポイントを押さえておくと通報がスムーズになる上、

より具体的な内容を伝えられます。

具体的な内容がわかると、メルカリ運営に対応してもらいやすくなるはずです。

しかし、ブロック機能ほどの即効性は期待できないため、

すぐに効果が出る対処法を求めている場合は、ブロック機能を活用してください。

もちろん、通報した側のユーザーに対してペナルティは課せられません。

ユーザーとしての評価が下がることもありませんので、

悪質なユーザーを見かけたらすぐに通報しましょう。

コメント逃げする人も通報や違反報告の対象に

コメント逃げとは、メルカリユーザーの間で使われている言葉の1つで、

「値下げしてくれたら購入します」「明日購入するので少し待っていてほしい」などの

コメントを残した後、一切やり取りが進まなくなることを意味します。

値下げに応じたり翌日の購入を待ったりしたにもかかわらず連絡が取れなくなってしまい、

出品者側を混乱させるユーザーが増えたため、コメント逃げという言葉が作られたようです。

値下げをするために商品ページを編集するのに労力がいるのはもちろんのこと、

購入者側からの虚偽の発言によって精神的ダメージを負ってしまう方も少なくありません。

メルカリは、

・ユーザーに精神的損害を与える行為
・メルカリやユーザーに経済的損害を与える行為
・誤解や混乱を招くおそれのある行為
・倫理的視点で認められないとメルカリが判断する行為

などを禁止事項としているため、コメント逃げも通報や違反報告の対象となることもあるのです。

同じユーザーから何度もコメント逃げをされるなどで悩んでいる場合は、

通報やブロック機能を活用してみてください。

メルカリで誹謗中傷コメントなどをされた場合の通報に関するまとめ

メルカリには、誹謗中傷コメントをされた場合の対処法として、

通報やブロック機能が用意されています。

健全にメルカリのサービスを利用していくためには、

通報やブロック機能を活用することも重要です。

誹謗中傷コメントや嫌がらせ行為が合った場合は、落ち込んだり悩んだりせず、

すぐにそれらの機能を使いましょう。

被害の拡大を抑えたいけど度重なる誹謗中傷に耐えられないという場合は、

通報した後にブロック機能を活用するのがおすすめです。

通報やブロック機能を使いたい時は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。