メルカリユーザー必見!お礼メッセージの例文をご紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのお礼メッセージの書き方について知りたい
という方のために、例文について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 購入者と出品者が送るメッセージの内容を知ることができる
  2. 手紙やお礼状を送付する時の例文を知ることができる
  3. 2度目の購入をしてくれた人に送るメッセージの例文を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリのお礼メッセージの書き方について解説していきます。

 

初心者向け!購入者または出品者が送るメッセージの例文

メルカリでは、メッセージやり取りが商品の売買をスムーズに行うための大きな役割を

担っています。

見ず知らずの相手と商品の売買をするには、

挨拶や丁寧なやり取りをするのが基本的なマナーです。

ここでは、メルカリにおいて購入者や出品者が送るメッセージ例文をご紹介します。

購入者が送るメッセージとコメント

商品の購入者は、出品者に向けてメッセージやコメントを入れます。

メッセージやコメントは個人の自由ではありますが、

最低限のマナーとして基本的な挨拶や気遣いを心掛けましょう

具体的な内容は、下記の例文を参考にしてみてください。

購入時のコメント

「初めまして。
購入を希望しております。
手続きをさせていただいてもよろしいでしょうか?」

購入者は、必要に応じて出品者へ購入の意思を告げるためのコメントを入れてください。

メルカリのルール上は即購入することが基本となっており、

購入前のコメントは必須ではありません。

しかし、一言コメントを入れるだけでも丁寧な印象になります。

出品者によっては、

購入前に一言購入希望の旨をコメントで知らせて欲しいと記載がある場合もあります。

商品購入前に、出品者が購入の際の注意点や決まりを設定していないか確認しましょう。

落札してから送るメッセージ

「はじめまして。
商品を購入させていただきました、〇〇(名前)と申します。
短い間ではございますが、よろしくお願いいたします。
届くのを楽しみにしています。」

商品を購入したら、メッセージを送りましょう。

メッセージを送らないと、取引が完了したとしても相手側に不信感を与えてしまうかもしれません

また、支払いが後日になる場合は、「明日、銀行口座に振り込み予定です。」など、

具体的な日にちを伝えると親切です。

受け取り評価時のメッセージ

「本日無事に商品を受け取りました。
探していたものでしたので嬉しいです。
この度は、スムーズなお取引をありがとうございました。
またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。」

手元に無事商品が到着して中身を確認したら、受け取り評価のメッセージを送ります。

商品の状態や、取引中の丁寧な対応を評価するのがポイントです。

受け取り評価をしないと、いつまでも取引が完了しませんので、

出品者から受け取り評価の催促が来る可能性が高いです。

受け取り評価をするまで、出品者は購入者の元に届いたのかどうか確認できないので、

確認次第早めに送るようにしましょう。

出品者が送るメッセージとコメント

では、続いて出品者が送るメッセージとコメントの例文をご紹介します。

出品者は、購入者の支払いが完了したら、支払いしてくれたお礼と発送予定日を伝えましょう

スムーズに商品を届けられるよう、迅速に行動する必要があります。

お礼のメッセージ

支払い前:
「初めまして。
出品者の○○です。
この度は商品をご購入いただきありがとうございます。
入金確認後、準備ができましたら発送させていただきます。
短い期間ですが、お取引終了までよろしくお願いいたします。」

支払い後:
「初めまして。
この度は商品をご購入いただきありがとうございます。
短い間ですが、お取引終了までよろしくお願いいたします。
○○日に発送する予定です。
発送次第ご連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください。」

支払い前の段階では、挨拶と入金確認後に速やかな発送をする旨を伝え、

支払い後には明確な発送日を伝えると購入者も安心できます。

発送はいつまでも先延ばしにせず、入金後早めに準備しましょう。

発送日を決めたら、その日にちをきちんと守ることも最低限のマナーです。

同封する手紙やメッセージカード

「この度はご購入ありがとうございました。気に入っていただけたら幸いです。」

商品を梱包する際には、お礼のメッセージカードを同封する出品者も多いです。

メッセージカードには、商品を購入してくれたことに対するお礼を書きます。

長々とメッセージを入れると、かえって購入者に気を遣わせてしまう場合があるので、

お礼のメッセージは一言にしましょう。

一言お礼のメッセージがあるだけでも、出品者に対する印象は大きく変わるので、

付箋や小さなサイズのメッセージカードを添えてみてください。

小さなメッセージカードを同封するだけでも、気持ちの良い取引につながり、

リピーターになってもらえる可能性も高くなります。

出品者の中には、リピーターに対しては購入時に割引すると記載している人もいます。

様々な商品を出品している人や、

定期的に出品している人は購入者がお得に感じてくれるよう工夫してみても良いでしょう。

商品発送後のメッセージ

「こんにちは。
お世話になっております。
本日○○(発送場所)より○○(発送方法)にて発送させていただきました。
お手元に届きましたら、受け取り評価からご連絡お待ちしております。
では、商品到着までもうしばらくお待ちください。
引き続きよろしくお願いいたします。」

商品発送後のメッセージには、

発送場所(郵便局やコンビニなど)と発送方法(普通郵便・メルカリ便など)を必ず記入しましょう。

定形外郵便にて発送した場合は、サイズが大きくポスト投函できない可能性もあります。

その場合は、ポスト投函ではなく対面受け取りになる可能性があることも伝えると丁寧です。

メルカリで商品を発送した後、「発送通知をする」というボタンが用意されているため、

これをタップすれば購入者に発送された通知が届くようになっています。

しかし、発送通知だけでなく、メッセージを通じてどこで、

どのような発送方法で送ったのかきちんと伝えるようにしましょう。

発送日・発送場所・発送方法が把握できるだけでも、

購入者は何日で手元に到着するかだいたいの予測ができるからです。

受け取り評価時のメッセージ

「受け取り評価ありがとうございます。
無事にお届けでき安心いたしました。
この度はスムーズに対応していただきありがとうございました。
またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。」

購入者から受け取り評価されたら、出品者も購入者の評価をします。

メルカリでは、評価は「良い」・「普通」・「悪い」の3つから選択できるようになっています。

中には、この3つから1つを選択するだけでメッセージを入れない人もいますが、

それでは相手に失礼になるため、今後の取引を控えたいと思ってしまう人も少なくありません。

それまでスムーズで丁寧な対応をしていたにも関わらず、

これでは意味がありませんので、一言でもコメントを入れるようにしましょう。

2度目の購入をしてくれた人に対するメッセージの例文

メルカリで出品を続けていると、

以前購入してくれた人がリピーターとして2度目の取引をしてくれる場合があります。

特に、メルカリを長く利用している場合に多い事例ですが、

その際にはメッセージにもお礼を入れましょう。

具体的には、以下の例文を参考にしてください。

「こんにちは。
商品を購入していただきありがとうございます。
今回も数ある商品の中から選んでいただけて大変嬉しく思います。
○○様は前回もスムーズで丁寧な対応をしていただいたので、安心して取引ができます。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。」

購入者からメッセージを受け取る前に2度目の取引になることがわかったら、

出品者から先にメッセージを送るのもおすすめです。

購入者は2度目の取引だとわかっていることが多いですが、

出品者も覚えていてくれたとわかると嬉しくなるものです。

出品者の心配りや気遣いが購入者に伝わると、

2度目はもちろんその後もスムーズな取引にできるよう努めてくれます。

メルカリのお礼メッセージは例文を使って効率的に

ここまで、メルカリの取引時に送るメッセージやコメントの書き方や例文をご紹介してきました。

メルカリでの商品の売買は、相手の顔が見えない取引となります。

そのため、メッセージやコメント送らなかったり、

内容に気遣いが感じられなかったりすると、

印象が悪く気持ちの良い取引とは程遠いものになってしまいます。

メルカリで取引する際には、購入者であっても出品者であっても、

基本的なマナーと思いやりを持って丁寧な対応を心掛けてください。

ご紹介した例文を利用して、効率的に取引をしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。