メルカリで再出品しても売れないのはなぜ?裏ワザをご紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリで再出品しても売れない理由について知りたい
という方のために、再出品の際に使える裏ワザや写真を撮る際のコツについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 再出品しても売れない理由がわかる
  2. 再出品の際に試しておきたい裏ワザがわかる
  3. 商品画像を上手に撮るコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリで再出品しても売れない理由や裏ワザについて解説していきます。

 

メルカリで再出品しても売れないわけとは?

メルカリで再出品すれば、商品は上位に表示されるため注目度は上がります。

しかし、再出品しているにもかかわらず、「なかなか売れない」という方も多いでしょう。

その理由について詳しく説明していきます。

再出品する時間が原因

商品を再出品する時間によって売れやすさが変わってきます。

メルカリを利用する人が多くなる時間帯は、

昼から夕方、夜になるのでその時間を狙って出品すると良いでしょう。

反対に深夜~朝は寝ている人も多く、利用する人は少なくなってしまいます。

いつも深夜や朝に出品しているという方は、昼から夕方にかけて出品するようにしてみましょう。

そもそもニッチな商品を出品している

需要が少ないニッチな商品だと、値段が安くても売るのは難しいでしょう。

しかし、多数の人からの需要はないかもしれませんが、

その商品を購入したいと考える人も少なからずいます。

そういった人の目に留まるように、

ハッシュタグやキーワードを入れて閲覧数をアップさせましょう。

商品紹介のページにハッシュタグを入れることで、

そのワードで検索している人に見つけてもらいやすくなります。

ニッチな商品でも売れやすくするには、ハッシュタグやキーワードを活用することがポイントです。

説明欄の内容が薄い

商品説明欄の内容が薄いと、サイズや状態など知りたい情報を知ることができないため、

なかなか買う決断ができません。

たとえば、「商品の状態」のみでほかの情報は何も書かれていない出品者と、

「商品の状態、使用感、サイズ、素材、おすすめ点」などがしっかりと

記載されている出品者を比べた場合、後者の方が明らかに購入したくなります。

そのため、商品説明を充実させるようにしましょう。

価格が高すぎる

相場よりも価格が高ければ特別な理由がない限り売れにくいです。

同じ条件でも価格が安ければ別の出品者を選んでしまいます。

後に詳しく紹介しますが、100円以上の値下げで再び上位表示させる裏技があります。

送料・配送方法や発送までの日数が原因の場合も

メルカリで再出品した商品が売れない場合、

配送方法や発送までの日数に問題があるかもしれません。

メルカリで売れる商品にするためには、送料は必ず出品者負担にすることが前提です。

送料分を商品の価格に上乗せしてでも送料込みにしなければ、売れないと考えて良いでしょう。

また、配送方法に関しては、できれば匿名配送を選ぶようにしましょう。

理由として、個人情報を教えたくないという人が多いためです。

メルカリの場合は匿名配送ができる「ゆうゆうメルカリ便」や

「らくらくメルカリ便」を選択してみましょう。

商品を配送するまでの日数はできる限り、1~2日の発送だとユーザーも注目しやすいです。

商品画像が悪い

商品を選ぶ際に見るポイントとして、商品画像を重要視している方が多いでしょう。

そのため、メイン画像として設定している1枚目の画像は、

商品が一覧で並んだときに人目につく画像なので非常に重要です。

商品の画像がブレていたり、

暗かったりして見えづらい場合は商品の状態もわからないですし、

同じ商品があれば綺麗に映っている方が目に留まりやすいでしょう。

メイン画像1枚でクリック数が変わると言っていいほど大事になってくるので、

商品画像が悪い方は撮り直してみてください。

商品画像を撮影する際にデジカメを使っている方も多いようですが、

スマホで撮影した画像でも見えやすければ問題ありません。

デジカメで撮った画像を設定すると手間も増えますし、

必ずしもデジカメの方が良いというわけではないのです。

メルカリで再出品するときに覚えておきたい裏ワザ

ここからは、メルカリで再出品をする際に覚えておきたい裏ワザについてご紹介していきます。

商品を再出品しても売れないという方はぜひ実践してみてください。

再出品する商品のカテゴリを限定する

自分の出品した商品を多くの人に見てもらうためには、

出品アイテムの全てを上位表示させることよりも、

自分が出品しているカテゴリの売れ筋商品に興味がある人や

ジャンルにマッチした人にどれだけ見てもらえるかが重要です。

とくに高頻度の再出品はペナルティを受けてしまう場合もあるので、

再出品する商品はよく考えてから決めるようにしましょう。

売れている商品をモデリングしてみる

メルカリで商品をたくさん売りたいと思っている方は、

売れている商品をモデリングしてみるのがおすすめです。

メルカリでは、売れた商品には左上に赤い「SOLD」というマークが付きます。

このマークは販売が終了している証拠であって、表示の金額で売れたということがわかります。

売れているということは、それなりに需要があるということです。

同じ商品または似た商品を仕入れ、

売れている商品の価格と同等に設定しておけば売れやすくなります。

とくに始めたばかりの方は仕入れの勉強にもなるでしょう。

どんな商品が売れているのかリサーチしながら、

良いところは真似して売り上げアップにつなげましょう。

価格を下げる

相場に見合った価格を設定することが大前提ですが、

出品時間も変えて商品の説明欄も内容を濃くしたのにそれでも売れないという場合は、

100円以上の値下げによって新たに上位表示ができる裏ワザが存在します。

一気に価格を下げるのではなく、徐々に段階を踏んで値段を下げていきましょう。

売るならできるだけ高く売りたいので、

いいねやウォッチリストなどを確認しながら値下げするのがおすすめです。

どうしても売れないときは、最終手段としてこの裏ワザを使ってみるといいかもしれません。

あえて値上げする

商品の価格が安すぎて売れないという場合もあります。

そういった場合は値上げして再出品することで今まで売れなかったことが

嘘のように売れるケースもあるので試してみてください。

本来の相場よりも価格が安いと、

買う人からすれば「値段が安いのは何か難があるのではないのか」と思ってしまいます。

出品中に商品の価格のみを変更することもできますが、

商品が気になっている人がまた商品ページを再訪する場合などを考えて、

再出品した方が良いでしょう。

写真は保存し文章もコピーしてから再出品を行う

メルカリで再出品する場合、商品の説明欄をコピーできますが写真はコピーできません。

そのため、再出品する前に一度自分の商品ページに移動してから写真を保存しておきましょう。

スマホの場合はスクショ、パソコン版を使っている場合は右クリックをして

“名前を付けて保存”を選択すると画像が保存できます。

また、再出品する際の文章はそのままコピーして使いましょう。

商品の説明は新しく考えるとなると手間や時間がかかります。

コピーをすれば効率良く再出品できるのでおすすめです。

商品の説明文をコピーするには、メルカリの“出品商品”から商品を選択し、

商品編集を押してください。

その後、商品説明を長押ししてコピーが完了します。

コピーしたあとは、メモ帳などに保存しておくと便利です。

見栄えのいい商品画像を選択

商品を再出品する際には、なるべく見栄えが良い画像を選ぶようにしましょう。

同じ商品でも、綺麗に撮れている写真の商品の方が魅力的です。

商品はなるべく綺麗な状態にしてから撮影

見栄えの良い綺麗な写真を撮るためには、

対象となる商品をなるべく綺麗にしておくことが大切です。

どれだけ撮影方法にこだわったとしても、商品が汚かったり、

シワがあったりしては綺麗な写真も撮れません。

服は洗濯し、アイロンがけをして綺麗に畳むなど、

写真を撮る前は商品を綺麗な状態に整えておきましょう。

手間がかかる作業ですが、この作業をした場合としなかった場合では

写真の見栄えも売れる確率も大きく変わってきます。

明るい撮影場所を選択する

商品の写真を撮影する際には、なるべく明るい場所で撮るようにしましょう。

背景だけではなく、撮影場所の明るさも大切なポイントです。

あまりにも暗い場所で撮ると、写真自体が暗くなってしまうので商品も見えづらくなります。

明るい場所を選択し、眩しすぎない加減が大切にしましょう。

撮影をする場所によって意識しなければいけないポイントは変わってきますが、

天候や照明の向きなども気にするようにしてみてください。

レフ板を用意できる方は、使ってみると綺麗な写真を撮ることができます。

A4サイズの白い板を2枚用意してテープで貼り付ければ、

簡単にレフ板を自作できるので試してみてください。

商品画像を複数枚載せる

気になる商品があっても、写真の数が少なかったり、

同じ画像しか載っていなかったりすると情報が少ないので購買意欲が下がってしまいます。

「アップ」「内側」「全体像」「傷の状態」など、

商品の情報が見て伝わるように複数の写真を載せると良いでしょう。

とくに中古の商品を販売するときは、

傷の状態など細かく写真で載せることが売れる確率をアップさせます。

再出品は売れる裏ワザを使って注目度を高めよう!

今回は、メルカリで再出品をしても売れない原因や売れやすくするための

裏ワザについてご紹介しました。

再出品を試してみてもなかなか売れないユーザーは多いようです。

売れない原因を解決するためには、

単に再出品するのではなくさまざまな工夫や裏ワザを実践することが必要です。

商品が売れなくて悩んでいる方は、この記事を参考に試してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。