メルカリで効率的に再出品できるツールとは?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリの再出品ツールについて知りたい
という方のために、自動で再出品できるツールについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 自動で再出品できるツールの特徴がわかる
  2. 自動で再出品できるツールのメリット・デメリットがわかる
  3. ツールを使う際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリの自動で再出品できるツールについて解説していきます。

 

売れなかった商品も再出品をすると売れる理由

出品した商品がなかなか売れないとき、

同じ商品でも再出品すると売れやすくなる場合があります。

メルカリで再出品をすると、多くの人の目に留まりやすくなるのです。

この理由について詳しく解説していきます。

「いいね」が付きやすい

まず、再出品すると「いいね」が付きやすくなります。

再出品によって上位表示されることで、多くの利用者の目に留まります。

そのため、「いいね」も付きやすくなるのです。

また、「いいね」が入っている商品を10%以上値引きすると、

いいねしてくれた利用者に通知が届く機能もあります。

この機能を利用することで、「いいね」をしてくれた人が商品を再び

見てくれるきっかけにもなります。

値下げされたので購入しようと思ってくれる可能性も高いです。

「いいね」が多く押された商品は、

「いいね」がない商品と比べても利用者が商品ページを見てくれるという実態があります。

再出品のタイミングや値引きの仕方に工夫しながら、この機能を活用しましょう。

検索時に上位表示されやすくなる

再出品をする最大のメリットは、検索をする際に上位表示されやすくなることです。

メルカリでは、「価格の安い順」「価格の高い順」「出品の古い順」「出品の新しい順」

「いいねの多い順」の中で並び替えができます。

再出品をするときに1番安い金額に設定すれば、価格の安い順に上位表示されやすいです。

反対に売れない商品をずっと放置していれば、

出品の古い順にしか出ない状況になってしまうので、

メルカリ利用者にはネガティブなイメージを与えてしまうかもしれません。

情報が充実していく

再出品を行う際には1回目に出品した際の内容よりも、

商品の詳細を充実させる必要があります。

最初の出品でなぜ売れなかったのかを考えながら、

商品について詳細の書き方や画像を変えてみるのも良いでしょう。

再出品をするたびに商品の情報が充実していくので、メルカリ利用者に安心感を与えられます。

商品を気になっている人が購入したくなるような内容にできるよう、

文章や載せる画像を考えましょう。

メルカリで活用できる「出品ツール」とは?

メルカリで商品が売れ残るとほかの商品の中に埋もれてしまい、

なおさら売れなくなってしまいます。

そのような状況を変えるために再出品を行うのですが、

多くの商品を再出品するには手間や時間もかかりますし、

商品が売れやすい時間やタイミングを見計らって出品するには人の手では限界があります。

そういった手間や時間がかかる作業を自動で行ってくれるのが「出品ツール」です。

出品ツールにあらかじめ出品したい商品を設定しておくことで、

決まった日付や時間に自動的に商品の削除や再出品作業を行ってくれます。

メルカリの出品ツールを活用して再出品をしよう

メルカリの出品作業で手間や時間をかけたくない方も多いでしょう。

ここからは、メルカリの出品ツールについて詳しく説明していきます。

再出品にツールを使用するメリット

再出品をする際にツールを使用するメリットとして、出品時間を短縮できます。

商品名や詳細について自動で入力してくれたり、

出品したい時間を登録しておけば時間どおりに自動で出品してくれたりする機能もあります。

再出品するまでの時間を短縮できる

メルカリで再出品をするとなると、商品の説明を書き直したり、

写真を撮り直したりと意外と手間や時間がかかります。

出品ツールを使えばあらかじめ商品についての情報をある程度入力しておけるので、

再出品をするときの手間も省けるのです。

メルカリで大量の商品を出品していて、

再出品に関する作業を簡略化させたいという人は出品ツールを使用すると良いでしょう。

ただし、ツールを使用すればリスクもあるということを念頭に置いておく必要があります。

無在庫販売との相性が良い

無在庫販売は在庫を抱えるリスクを回避できるものの、

通常の出品と比べて利益が少ないため稼ぐには多くの出品が必要です。

その多くの商品をさらに再出品となると、さらに手間もかかってしまうでしょう。

無在庫販売で効率的に出品できるツールを活用すれば作業は簡略化されますし、

稼ぎやすくなります。

ただし、無在庫販売自体がメルカリでは禁止されているので、

基本的には再出品の手間がからないという恩恵がメインとなります。

再出品にツールを使用するデメリット

出品ツールにはメリットもあればデメリットも存在します。

ここからは、再出品にツールを使用する場合のデメリットやリスクを解説していきましょう。

せっかくの売上が没収されてしまう

再出品をする際にツールを使うと、売上金が全額没収される可能性があります。

ツールを使用しているとある一定間隔で出品されたり、

数秒ごとに出品されたりするので運営に疑われてしまうのです。

売上金が没収された場合、返金もされないので注意しましょう。

アカウントの永久停止にも関わってきますが、

メルカリに残高としてある分は全て没収されてしまいます。

予約機能などを上手に使ってばれないように工夫するほか、

売上があった時点で出金するなどしてリスクを回避するようにしてください。

また、メルカリでは規約違反とされているため、

使う場合は自己責任ということで使用しましょう。

アカウントが永久停止する可能性も

出品ツールを使っていることが運営に知られてしまった場合、

アカウントが永久停止してしまう可能性もあります。

ツールを使用しただけではアカウント停止にはならないものの、

ツールを使って大量に販売することで業者と判断されてしまい、

アカウントが停止する恐れがあります。

メルカリの場合は1端末に対して1アカウントしか持てない仕様になっているため、

永久停止しないように注意しましょう。

「圏外飛ばし」のリスク

メルカリで再出品を繰り返してしまうと、「圏外飛ばし」になってしまう可能性があります。

圏外飛ばしとは、再出品しすぎると検索結果に表示されなくなることを言います。

通常、新しく出品すれば上位表示されますが、

圏外飛ばしになると最下位に表示されたり、半年以上前のページに出品されたりするようです。

理由として、再出品を繰り返したり、

短時間で連続して出品をしたりすると業者とみなされてしまうためです。

連続で出品するという行為以外にも、

再出品のために出品削除をしすぎてもメルカリ運営の判断で

圏外飛ばしにされる可能性もあるので気を付けてください。

メルカリ自動出品ツールを比較!

メルカリの自動出品ツールには、現在使用できるものも存在します。

しかし、ほとんどのツールが規制されているので、使う場合は自己責任で使うようにしてください。

現在使用できる2つのツールについて、詳しく説明していきましょう。

メルカリ用出品支援ツールの特徴

1つ目は「メルカリ用出品支援ツール」です。

このツールの機能は、商品の出品や出品した商品の削除、

履歴をもとにした再出品を自動で行ってくれることです。

ツールであることがばれないように、出品間隔がランダムになるなど工夫がされています。

出品はCVSファイルに指定された情報を入力して自動出品を行うという仕組みです。

このツールは、無料でダウンロードできるほか、

情報を入力するだけで自動出品を行ってくれるので使用している人も多くいます。

メルカリ出品CSの特徴

2つ目は「メルカリ出品CS」です。

このツールは、自動出品や一括削除、画像の調整、

二重出品の確認などを自動で行ってくれます。

商品の情報の書かれたCSVファイルを読み込ませることで自動出品を行ってくれる仕組みです。

上記のツールと比べて、機能面がやや充実していますが、

こちらのツールは年間3,500円の利用料 がかかります。

もし規制された場合を考えると、お金が無駄になってしまうというリスクも考えられるでしょう。

再出品を効率化させるツールは使うべき?

ツールは再出品を効率化できてとても便利ですが、それに伴うリスクがかなり大きいです。

とくにまだ始めたばかりというメルカリ初心者の人は、ツールは使わない方が良いでしょう。

メルカリに慣れている人がツールを使う場合でも、

リスクが大きいということを頭に入れながら活用しなければいけません。

ツールを使うとしても、工夫して活用するように心掛けましょう。

再出品ツールは便利だがリスクが大きいので注意!

今回はメルカリで効率的に再出品できるツールについて詳しく解説してきました。

出品ツールを使うことで、再出品にかかる手間や時間を短縮できます。

しかし、メルカリで出品ツールを使用することは規制されているので、

売上金を没収されたり、アカウント停止をされたりする可能性が高いです。

出品ツールを使う際にはリスクを頭に入れながら、自己責任で使用するようにしてください。

また、もし利用するのであれば工夫して活用するようにしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。