メルカリで再出品のやりすぎはNG行為!ペナルティの圏外飛ばしって?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリで再出品をやりすぎるとどうなるのか知りたい
という方のために、メルカリでの再出品のデメリットを解説します。

この記事を読むことで、

  1. メルカリで再出品をやりすぎるとどうなるかわかる
  2. 圏外飛ばし対象になる理由や条件などがわかる
  3. 再出品の注意点がわかる
  4. 再出品以外の方法で上位表示させる方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリでの再出品のデメリットについて解説していきます。

 

メルカリで再出品をやりすぎるとどうなる?

本来メルカリで再出品した商品は、新着商品としてタイムラインに表示されるため、

効率良く売る手段として重宝されています。

しかし、メルカリで再出品をやりすぎると、

「圏外飛ばし」の対象になってしまうので注意が必要です。

圏外飛ばしとは、出品した商品が検索結果や新着出品に表示されなくなることをいいます。

結果的に誰の目にも止まらず、商品が売れないのはもちろん、

出品にかかった時間や労力が無駄になってしまうのです。

圏外飛ばしは、メルカリを利用している人々の間で使われている用語なので、

公式から詳細は発表されていません。

とはいえ、圏外飛ばしにあっているユーザーが、インターネット上に多く見られるのは事実です。

また、再出品のやりすぎだけでなく、ほかにも様々な理由から圏外飛ばしの対象になって、

出品ができなくなることもあります。

購入については今まで通り行えるので、圏外飛ばしに気付かず、

なかなか商品が売れなくて悩んでしまう方もいるようです。

メルカリで再出品のやりすぎが圏外飛ばし対象になる理由

公式サイトでも明言しているように、メルカリはあくまでも

「個人間で、あんしん・あんぜんに取引を行えるマーケット」として運営を行っています。

そのため、度を越えた再出品や転売を厳しく取り締まっているのです。

つまり、度を越えた再出品や転売は、ユーザーの妨害につながるため、

不適切な行為と認定されるということです。

メルカリユーザーの間では、不適切な行為と認定され、

圏外飛ばしされることを「業者認定」と呼ぶこともあります。

健全なネットフリーマーケットとして運営していくためには、

個人を妨害するような業者を排除していく必要があるのです。

もちろん、業者という事実がなくとも取り違えられてしまうような行為を繰り返すと、

圏外飛ばしの対象になるので注意しましょう。

圏外飛ばし対象になる条件

圏外飛ばしについては公式からの情報がないため、はっきりとした条件はわかっていません。

ネット上での情報をまとめると、以下のような行為が圏外飛ばしにあう条件だと考えられます。

ご紹介する条件以外でも圏外飛ばしの対象となる可能性があるので、

メルカリで出品をする際はマナーや節度を持っておくことが重要です。

短期間で再出品を繰り返す

圏外飛ばしの対象となる条件として、まず挙げられるのは出品後時間を空けずに商品を削除し、

同じものを出品する行為、いわゆる再出品を繰り返すことです。

1日の内に何度も再出品を繰り返す行為は、圏外飛ばしの対象になる可能性が高いです。

もちろん、再出品の品目が増えるほど危険なので控えた方が良いでしょう。

再出品を控えたとしても、

1度に大量の出品ページを削除する行為が圏外飛ばしの対象になることもあるので注意してください。

短時間で大量出品を行う

短期間で大量に出品する行為は、業者と認定されてしまうことがあるため、

圏外飛ばしの対象になり兼ねません。

メルカリで出品を行っている業者は効率を重視するため、

簡単に大量出品ができる外部ツールを利用している場合が多いです。

メルカリは国内で最大級のフリマアプリなので、

自動出品などを行ってくれる外部ツールが多く開発されています。

しかし、メルカリではそのような外部ツールの使用は規約違反となります。

短期間で大量出品を行うと、規則違反となる外部ツールを使用していると見なされ、

圏外飛ばしの対象となってしまうのです。

同じ商品を大量に出品している

同じ商品の大量出品も業者認定されやすく、圏外飛ばしにあう原因になります。

理由は、同じジャンルの商品を出品している個人の妨害だと見なされるためです。

また、無在庫販売と判断されてしまう場合もあるため、

同じ商品の大量出品はリスクが高くなっています

無在庫販売とは、手元にない商品を出品し、注文を受けてから商品を仕入れることです。

無在庫販売はれっきとした規約違反であるため、より厳しく取り締まられています。

圏外飛ばしはどうやってわかる?

前述したように、メルカリは圏外飛ばしについて情報を公開していないため、

通知なども行っていません。

圏外飛ばしにあっているかどうかを調べる方法としては、

「自分が出品した商品を検索する」と簡単にわかります。

検索しても商品が出てこなかった場合は、圏外飛ばしにされている可能性が高いです。

より明確化したい場合は、再出品を行い、

新着出品のタイムラインに表示されるかどうかを確認しましょう。

しかし、圏外飛ばしの原因が再出品のやりすぎである可能性もあるので、

確認する場合は慎重に行うのがおすすめです。

「いいね」や閲覧数が増えない、コメントがつかないなどで不安になったときは、

1度自分が出品した商品のキーワードを検索してみましょう。

メルカリの圏外飛ばしの期間と解除方法

圏外飛ばしされた場合、

解除までの期間や解除方法はどれくらいなのか気になる方も多いでしょう。

圏外飛ばしについての情報は、ネット上に多くあります。

ここでは、それらの情報をまとめたものをご紹介していきます。

圏外飛ばしの期間はどれくらい?

圏外飛ばしの期間は、ユーザーによって異なると言われています。

特に、悪質だと見なされた場合は、半年以上圏外飛ばしが解除されないこともあるようです。

短い場合だと、数時間~数日で解除されることもあるようですが、

通知がないので正確な期間はわかりません。

どうしても気になるという方は、定期的に出品した商品を検索し、

解除されているかどうかを確認してみてください。

圏外飛ばしを解除する方法は?

圏外飛ばしを解除する明確な方法は、今の所わかっていません。

しかし、圏外飛ばしがわかっても再出品や出品ページの削除を繰り返してしまうと、

期間が伸びてしまう可能性が高くなります。

圏外飛ばしがわかった時点で、出品を控えるのが無難です。

圏外飛ばしについては、公式に問い合わせても答えてもらえないことがほとんどなので、

解除されるのを気長に待つしかないのが現状です。

メルカリで再出品するときの注意点

メルカリで商品をより多く購入してもらうためには、再出品は重要な手法です。

しかし、やりすぎると圏外飛ばしにあってしまうため、

いくつかの注意点を意識して再出品を行う必要があります。

今から紹介するポイントを意識すれば、より効果的な再出品ができ、

商品も効率良く売れるはずです。

再出品をする際は、ぜひ参考にしてみてください。

再出品をするときは時間を空ける

再出品は、やりすぎなければ効率良く売るための手段として非常に有効です。

再出品のベストなタイミングは、出品してから2~3日後くらいだと言われています。

ただ、いいねや閲覧数が順調に伸びている場合は、もう少し様子をみても良いかもしれません。

出品から2~3日経過して、いいねや閲覧数、コメントが途絶えたタイミングで再出品を検討すると、

自然と回数が減るでしょう。

再出品するときは、トラブル防止のため再出品する商品のページを削除もしくは

停止してから行うのもポイントの1つです。

写真の雰囲気を変える

商品画像は、商品購入の判断材料の1つとなる重要な要素です。

写真を撮影するときは、以下のポイントに気を付けながら撮影してみてください。

・撮影前に商品の清掃を行う
・アスペクト比を1対1にして撮影する
・自然光を使う
・背景にこだわる

撮影の仕方にこだわるだけでも、写真の雰囲気が大きく変化するので、

閲覧されやすくなることが多くなります。

また、商品画像をできるだけ多く投稿することも重要です。

枚数が多いほど商品の雰囲気がわかりやすくなり、購入者も安心して購入に進めるでしょう。

キズや汚れなどがある場合は、

それらの状態が詳しく分かる写真を用意しておくのもトラブル防止につながります

販売価格を見直す

販売価格の見直しは、再出品をするときにも重要な項目の1つです。

相場を把握することも、効率良く商品を売るために必要な作業でしょう。

同じようなものを出品している人と、価格帯をあわせるか少し低めの価格に設定することで、

商品が売れやすくなります。

再出品をする際は、今一度出品しようとしている商品の相場を確認し、

販売価格が適切かどうかを確認してみてください。

商品説明をより丁寧に記載する

購入の判断材料として、商品説明を重要視する人もいます。

コメント機能があるため、

「気になる部分は質問されたときに答えれば良い」と考える出品者もいるでしょう。

しかし、コメントをするのが手間だと考える購入者は少なくありません。

商品についてより詳しい情報を盛り込んでおくことで、購入がスムーズになるため、

販売効率が上がりやすいのです。

再出品する際は、以下の項目を商品説明に盛り込んでみてください。

・いつ頃に購入し、どのくらいの頻度で使用していたのか
・キズや汚れ、不具合の程度
・出品理由
・商品の魅力

キズや汚れについては、写真での情報に加え、文章でも伝えるとより分かりやすくなります。

出品理由には、「趣味が変わった」「新しいものを購入した」「引っ越し先には大きすぎた」

などポジティブな表現を使い、ネガティブな表現は避けましょう。

上位表示させるための簡単な方法

上位表示させる方法には、再出品以外のものも存在します。

上位表示させるための簡単な方法として挙げられるのは、「定期的な値下げ」です。

メルカリは、商品価格の10%以上の値下げを行うと、

新着出品のタイムラインに再表示されるシステムとなっているため、

再出品よりも効率良く上位表示させられるのです。

さらにメルカリでは、値下げされるとその商品にいいねをしているユーザーに、

値下げ通知が届くようになっています。

定期的な値下げは閲覧数を増やせる上に、

いいねしたユーザーの購入意欲が上がる可能性も高いため、とても効率的な方法です。

ここで注意したいのは、値下げを行ってから12時間は何度値下げしても、

上位には表示されないという点です。

短期間で価格編集を繰り返すと、圏外飛ばしをされてしまう可能性もあるので控えましょう。

メルカリの再出品についてのまとめ

今回は、再出品のやりすぎによるデメリットや、

再出品をする上での注意点について紹介しました。

再出品は、販売効率を上げるための方法としてとても効果的です。

やりすぎないように注意したり、ほかの方法も併用したりして売上アップを狙ってみてください。

後半で紹介した定期的な値下げは、販売効率アップ方法として特におすすめです。

出品してもいいねや閲覧数が増えない、なかなか購入されないなどで悩んでいる方は、

ぜひ参考にしてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。