面倒なメルカリ再出品はアプリで便利に!気を付けなければいけないこととは?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリの再出品アプリについて知りたい
という方のために、アプリ使用や注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. アプリの使用で面倒な再出品が楽になることがわかる
  2. アプリの種類がわかる
  3. メルカリの現状からみるアプリ使用のリスクがわかる
  4. 使用できる出品アプリがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリの再出品アプリについて解説していきます。

 

再出品はアプリという裏ワザで手間を省けて簡単に

メルカリで再出品をする際に、商品のタイトル・説明文をコピーペーストしている方は多いです。

画像もスマホのアルバムから選択、

または現在出品している商品画像のスクリーンショットを使用して行う方法を

実践している方が多いでしょう。

メルカリの再出品は手動で行うとかなり面倒です。

しかし、アプリなどのツールを使えば簡単に手間を掛けずにできます

アプリはサーバー型とデスクトップ型がある

メルカリの再出品を自動化するアプリには、

サーバー型とデスクトップ型の2種類が存在します。

この2つの特徴について詳しく説明していきます。

サーバー型の特徴

サーバー型は、自分のパソコンやスマホなどから直接情報を送るのではなく、

中間にあるサーバー(ツール)を通してメルカリに情報を送る方法です。

サーバーに情報が保存されているため、

まとめてその情報をコピペしておけば入力する手間も省けます。

ただし、ツールを使用する人が多くなればなるほど同じIPアドレス(住所)から

何度も再出品をしていることがわかるため、

これまでにサーバー型ツールを利用していた方はアカウント停止処分を受けてしまっています。

その結果、現在は使用できるサーバー型ツールはなく、今後も出ない可能性が高いです。

デスクトップ型の特徴

デスクトップ型ツールはサーバー型と異なり、同じIPアドレスからではなく、

それぞれのIPアドレスから情報を送るのでツールを使っていることがバレにくいです。

現在複数のツールが出回っていますが、

メルカリ側のセキュリティが強化されれば

使用者のアカウントが停止処分になる可能性もあります。

ツールを使う場合は、自己責任で使用するようにしましょう。

自動出品アプリと出品支援アプリの違いについて

アプリの種類には、自動出品アプリと出品支援アプリが存在します。

それぞれどのような特徴を持ち、違いがあるのかも解説していきましょう。

自動出品アプリ

自動出品アプリとは、1回アプリに商品を登録すると毎日自分で設定した時間に

削除と出品を自動的に行ってくれるものです。

メルカリの再出品を簡易化するにはとても便利なアプリですが、

残念ながら現在使用できる自動出品アプリは存在しません。

出品支援アプリ

出品支援アプリとは、

自動出品アプリのように自動的に出品や削除を行ってくれる機能はありません。

出品をする際に必要な商品の名前や商品説明文など、

入力しなければいけない必要事項をあらかじめアプリに登録しておくことができます。

登録しておけば、出品ページを開くと入力しておいた必要事項が自動的に入力されます。

入力するという手間は省けますが、

再出品したいときは毎回メルカリを起動して自分で出品作業をしなければいけません。

常にパソコンなどの端末を操作できる方には向いています。

再出品で稼ぐためにはメルカリの現状も知っておくべき

再出品で稼ぐためには、

メルカリの状況がどうなっているのか知っておいた方が良いでしょう。

ここからは、メルカリの現状について解説していきます。

便利な出品アプリの使用は実は規約違反

入力の手間が省ける再出品アプリを使用したいという方も多いでしょう。

しかし、出品アプリを使うのは規約違反になってしまいます。

アカウントを不正に作成し、そのアカウントを使って販売すること、

出品アプリを使用した出品行為や出品ツール販売業者などに対して、

メルカリでは規制を強化しているのです。

園外飛ばしによって商品表示が行われなくなる

圏外飛ばしとは、自動出品アプリを使用して短期間で多くの商品を出品・削除すると、

メルカリのタイムラインに自分で出品した商品が表示されなくなることを言います。

そのほかにも、アカウントが凍結されて使えなくなってしまう場合もあるので、

自動出品アプリを使用する際には注意が必要です。

圏外飛ばしを確認する方法として、出品した商品に「いいね」がまったく付かなかったり、

反応が何もなかったりする場合は圏外飛ばしになっている可能性が高いでしょう。

自分で出品した商品を検索しても確認できます。

売上金は没収されてしまう

メルカリでアプリなどのツールを使用した場合には、ペナルティが発生します。

規約違反で強制退会になってしまった場合は、売上金も利用できなくなります。

アカウントの利用停止も

再出品をする際に出品アプリなどを使用したことが運営にバレてしまえば、

規約違反としてアカウントが停止になってしまう場合もあります。

原則メルカリでは1端末につき1アカウントしか作れないようになっているため、

再度アカウントを作り直すためには別の端末を用意しなくてはいけません。

規約違反に関する内容には重要な情報も記載されているので、必ず目を通すようにしましょう。

なぜ出品アプリを使用しているのがわかるのか?

出品アプリを使用していることが知られてしまった場合、

ペナルティが発生してしまう可能性も十分にあります。

なぜメルカリの運営には、出品アプリを使用していることがバレてしまうのでしょう。

ネットではさまざまな憶測や情報が書かれていますが、どれも定かな情報ではありません。

メルカリの運営がなぜ出品アプリの使用者を特定できるのかについて説明していきます。

以前まで使えたサーバー型ツールも、運営からの規制を受けて使えなくなってしまいました。

出品アプリを使用していることが運営側に知られてしまう原因は、「IPアドレス」です。

IPアドレスとは、ネット上で「どこからアクセスしているのか」を識別するための番号で、

個々でメルカリにアクセスして出品している場合はそれぞれ異なる

IPアドレスでアクセスされています。

しかし、サーバー型ツールの場合は、ユーザーの出品データをサーバー上に作成します。

ツール利用者であるユーザーがアクセスしているのは「ツールの上でのサーバー」で、

メルカリにアクセスしているのは全て「ツール側のシステム」になってしまうのです。

こういった状況をメルカリの運営側が見れば

「数多くの異なるアカウントが、1つのIPアドレスを使ってアクセスしている」という

状況になってしまいます。

メルカリが始まったばかりのときは厳しく規制されていませんでしたが、

転売業者などが目立つようになり、個人の取引に影響があったため規制が始まりました。

2019年おすすめメルカリ再出品アプリ・ツール

ここまで、規約違反になってしまうようなアプリについて説明してきましたが、

実際に使えるアプリも存在します。

2019年でおすすめのメルカリ再出品アプリやツールについてご紹介します。

メルカリ出品CS

「メルカリ出品CS」というツールでは、出品やCSV商品データ取り込み、

一括削除、二重商品チェック、商品データの置き換え、タイマー機能、

画像のリサイズなどが行えます。

価格は年間3,500円で、ツールの中では比較的安価ですが操作は難しいです。

パソコン操作に慣れていない方にとっては使いづらく、

問い合わせに対する返信も数日から数週間かかってしまう場合もあります。

ただし、公式サイトに掲示板を使えば管理人などから

アドバイスや質問に対する回答をもらえることもあるでしょう。

ツールを購入する前に15日間お試しの期間がありますが、

その期間にもライセンスキーが必要となります。

申込をしたあとにライセンスキーが24時間以内にメールで届くので、

そのキーを入力すればお試し版が使えます。

メルメモ

メルメモというアプリでは、再出品情報の保存やテンプレート返信の保存などが行えます。

この2つができるだけでも、再出品を簡単に行えるようになるでしょう。

メルメモのインストールはとても簡単で、事前の会員登録などもなく、

アプリをインストールした時点から利用できます。

再出品の情報が保存できるので、作業を効率化させたいという方にもおすすめです。

また、メルカリで面倒な対応はアプリだけで完了できます。

初心者でも簡単に使える設計になっていますし、

誰でも無料で使える点は非常に良心的なアプリと言えるでしょう。

メルカリの再出品はアプリが便利だが規約違反でもある

今回は、再出品アプリの使用方法や注意点についてご紹介しました。

メルカリの再出品アプリは非常に便利なものですが、

規約違反になってしまうということは頭に入れておきましょう。

商品の表示がされなくなったり、

アカウントを停止されたりするなどのリスクがあるので注意してください。

それでも再出品の手間を省きたい方はメモに情報を

コピペしておくだけでも入力作業の時間を短縮できるかもしれません。

また、再出品で上位表示を狙うのも良いですが、

一度商品のタイトルや説明文などを変更して検索対策も行うようにしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。