メルカリ転売は通報される!禁止行為やおすすめできない理由を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリ転売で通報される禁止行為について知りたい(わからない)
という方のために、メルカリ転売禁止行為について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリで通報される転売の禁止行為がわかる
  2. メルカリの転売がおすすめできない理由を知ることができる
  3. メルカリで転売行為と疑われる行為を知ることができる
  4. メルカリで禁止行為を行った場合のペナルティを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリで転売して通報された場合などについて解説していきます。

 

メルカリの転売で通報される禁止行為

メルカリで転売をしようと考えている場合、

メルカリで禁止されている転売行為があることを知っておく必要があります。

知らずにメルカリで転売をしたら通報されてしまったということにならないために、

メルカリの転売で禁止されている行為についてみていきましょう。

無在庫販売

メルカリで無在庫販売を行うことは禁止されています。

無在庫販売とは、商品が手元にない状態で販売を行うことです。

法律的には無在庫販売は禁止されていませんが、

メルカリでは無在庫販売がトラブルとなりかねないことを理由に禁止しています。

メルカリは、個人間のやり取りサービスであることから転売などの行為は禁止しているため、

無在庫販売自体がありえないことなのです。

そのため、メルカリで無在庫販売はやらないようにしましょう。

架空の取引き

メルカリ決済で架空の取引をすることは禁止されています。

メルカリで出品をしていないのに、商品決済や架空取引を行うことは当然ですが禁止です。

もしこれが架空請求であれば、法律違反にあたるため犯罪行為とみなされます。

なぜなら、架空の商品を取引きしてアカウント間でお金のやり取りをするような行為は、

商品の販売が目的ではないと考えられるためです。

資金洗浄をするための行為と疑われることもあるので、絶対にやらないようにしましょう。

交換をする行為

メルカリでは、商品を交換する行為は禁止されています。

これも法律では問題ありませんが、メルカリの規約では禁止されているので注意してください。

たとえば、出品している商品をお互いに交換したり、差額を払って交換したりするようなことです。

出品者同士で値段を下げて交換するようなことも規約違反となります。

知らずにいると交換ならいいだろうと気軽にやってしまいそうですが、

規約違反なのでやらないようにしましょう。

受取評価を先にさせる行為

メルカリで禁止されている行為には、商品が届く前に評価を依頼する行為もあります。

受取評価は入金確定させることになるので、

受取評価を商品到着前に依頼するというのは販売側に何か不都合があると思われてしまいます。

商品を発送しないのではと、消費者に疑われ通報されてしまう可能性があるのです。

そのため、消費者に受取評価を催促するような行為はやめましょう。

故意でなかったとしても、

もしトラブルになった場合はメルカリで対応してくれなくなってしまいます。

メルカリで転売できるケース

メルカリで転売をする場合の重要なポイントは、規約をしっかりと読み理解しておくことです。

無在庫販売をしないなど、

法律とは別のルールを理解しておくことで通報されるようなリスクは回避できます。

大量の商品を販売することや、架空取引きを疑われるような行為は避けて、

規約に従った形で転売することが安全な転売につながります。

他にも細かな規約がメルカリにはありますが、

道徳的に反する行為などにつながるものは避けることがポイントです。

転売を疑われるケース

メルカリで転売を疑われるケースは、どんなものがあるのでしょう。

故意でやっていなかったとしても、

転売を疑われることになれば通報されてしまう可能性もあります。

メルカリで転売を疑われるケースについて、みていきます。

同一商品を出品している

同じ商品を何度もたくさん出品していると、転売していると疑われる可能性があります。

メルカリは個人間のやり取りを提供しているため、

同一商品をたくさん出品するというのは個人で行う行為とは考えられません。

同じ商品をたくさん出品していれば、当然転売やビジネス目的だと疑われることになります。

そのためメルカリで転売をする場合は、同一商品を大量に扱うことは避けるべき行為と言えます。

転売をするためには、同じ商品をたくさん仕入れることはよくありますが、

メルカリでは転売を疑われることになるリスキーな行為となるのです。

商品画像が実際のものではない

出品の際に実際の商品画像がない場合も、転売を疑われるポイントです。

商品画像が写真の切り取り画像やカタログ画像などであれば、

無在庫販売を疑われることになります。

もしくは、大量の在庫を持っていると疑われることにもなるので、

必ず実際の商品画像を掲載するようにしましょう。

実際の商品画像がないと消費者も不良品ではないかと疑うことになり、

購入意欲も失うことになるのでメリットは1つもありません。

撮影した写真よりカタログの方がきれいだからと思っても、

カタログなどの画像を使わず実際の商品画像を選んでください。

梱包箱がおかしい

メルカリで商品が売れた場合、商品説明と違う梱包材に入っていると

消費者からクレームになることがあります。

たとえば、商品画像や説明で化粧品メーカーの箱に入っている状態だったのに、

実際に受け取ったら全然違う梱包材に入っていたというようなケースです。

これは、大量に在庫を抱えている転売業者だと判断されてしまいかねない行為となります。

故意ではなく、商品発送時に中身を取り出して別の梱包材に入れ替えたとしても、

消費者にとって疑いを持たせることになるので注意しましょう。

ただの梱包材と思っていると、転売行為とみなされて通報されてしまうこともあるのです。

メルカリで転売がおおすすめできない理由

メルカリで転売をしている人もいますが、おすすめできないと言う人もいます。

実際、メルカリで転売することはどういったデメリットがあるのでしょう。

メルカリで転売がおすすめできない理由について、みていきます。

メルカリが転売を好まない

根本的にメルカリが転売を好まないというポイントがあります。

個人間のやり取りを提供するサービスであるメルカリは、

転売のようなビジネス目的とされる人の参入は求めていません。

そのため、さまざまなメルカリの規約には、

転売を禁止するためのルールが設けられているわけです。

どうしてもメルカリを利用したいという理由があれば、

規約を守りながら転売することもできますが、

転売者にとってメルカリの規約はネックとなることも多いのが事実です。

ウエルカムではない状態で、肩身の狭い思いをして行うかどうか考える必要があるでしょう。

利益が出にくい仕組み

メルカリで転売することは、利益が出にくい仕組みという点もおすすめできないポイントです。

販売手数料や送料負担などがあるため、利益が出にくいことになります。

そのため、手数料などを支払ってでもメルカリで転売するメリットがなければ、

他のサイトの方が儲かるということになるでしょう。

送料負担を消費者負担にすればいいと思うかもしれませんが、

消費者は送料がかからない出品者を選ぶことになるのは当然です。

利益を出したいと考えるなら、利益の出る商品を選ぶ必要があります。

単純に、規約や手数料などの点から利益が出にくい仕組みとなっているのも、

転売させないためであると考えられます。

転売のプロがいる

メルカリが転売を好まないとはいえ、

プロの転売者が参入しているため初心者などが参入しても戦うのは難しいと言えます。

プロの転売者は、規模が違うため資金や情報量などが多く、

素人が相手にできるものではありません。

同じ土場で転売をしようとしても、無謀な結果となってしまう可能性が高いと言えます。

メルカリで転売をするとしても、大きな取引きは難しいことになります。

そのため、初心者やちょっと転売してみようとする人には、メルカリはおすすめできないのです。

転売のプロを相手にメルカリで転売をしようとするなら、

経験や実績を持っていないと難しいでしょう。

メルカリで転売禁止行為をしてしまったときの注意点と対処法

メルカリで転売禁止行為をしてしまったらどんなペナルティを受けるのでしょう。

転売禁止行為だと気づかずにやってしまったとしたら、

どんな対処方法があるのかも知っておきたいところです。

メルカリで転売禁止行為をしてしまった場合の注意点や対処法について、みていきます。

通報されたらペナルティがある

メルカリ転売で通報されてしまった場合は、ペナルティを受けることになります。

メルカリにあるメルカリボックス内には、転売に関する質問がいくつもあり、

メルカリも転売者を排除したいという構えがあるのです。

たとえば、メルカリ内で購入したものをメルカリ内で転売すると、

出品者が気づいて通報されることがあります。

購入されたと思ったらすぐに高値で出品していたとわかれば、

転売だと思われて出品者が通報するのです。

同じ商品をたくさん出品することで多くの人が購入すると、

無在庫販売の転売だと疑われ通報されることもあります。

通報された場合、メルカリは即ペナルティを課すことになります。

アカウント停止のペナルティがある

メルカリにバレてしまい通報された場合のペナルティは、アカウント停止や削除となります。

アカウント停止になった場合は、二度とアカウントを作成することができません。

メルカリは、1人1アカウントと決まっているためかなり痛いことになるのです。

場合によっては、一時的なアカウント停止となることもありますが、

悪質なケースや常習となると強制退会させられることもあります。

この場合、二度とアカウント作成ができないだけではなく、

メルカリに二度と参加できなくなるので、ペナルティはとても厳しいものとなっているのです。

メルカリの規約をしっかり読んで転売を安全に行うことは、

とても大事なことだというのがよくわかるでしょう。

知らずにやった場合の対処法

故意ではなく知らずに転売禁止行為をやってしまった場合でも、ペナルティは課せられます。

しかし、初回の通報で悪質なケースでなければ

メルカリの事務局に反省文を送ってみるとよいでしょう。

ペナルティが解除されるかどうかは、

通報された内容にもよるので確実ではありませんが、試してみる価値はあります。

そして、アカウントが無期限停止になった場合やってはいけないこともあります。

それは、別のアカウントを作成したり商品を購入したりすることです。

複数アカウントを持つことはメルカリの禁止行為なので、

事務局にバレたら復帰の可能性はなくなります。

処分を受けたにもかかわらず違反行為をしていると、

違法となる可能性もあるので絶対にやめましょう。

メルカリ転売で通報されないように禁止行為はやめましょう

メルカリ転売での禁止行為や通報によるペナルティなどを解説しました。

メルカリは基本的に転売を禁止しているので、規約をしっかりと理解しておくことが必要です。

そして、転売をメルカリですべきかどうかというのもしっかりと考えて決めるようにしましょう。

何も調べずに簡単に転売してしまうと通報されてしまい、

ペナルティを課せられてしまうことになります。

メルカリで転売をするなら絶対に禁止行為はせずに、規約を守ってください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。