メルカリ転売はペナルティ対象?転売するときの注意点を紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリ転売とペナルティについて知りたい(わからない)
という方のために、ペナルティ対象について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリ転売はペナルティ対象かわかる
  2. どんな転売でペナルティになるかわかる
  3. ペナルティになったらどうなるかわかる
  4. メルカリ転売の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリ転売とペナルティについて解説していきます。

 

メルカリで転売はペナルティ対象なのか?

メルカリでは状態の良い中古品や未使用品が販売されており、

さらに安価な商品もあるため、仕入れに便利でしょう。

しかし、メルカリは個人が使うものを購入する場所で、

転売目的の仕入れで利用するとペナルティの対象なのか気になる人もいるはずです。

そのような不安がある人は、メルカリ転売に問題があるのか確認しておいてください。

メルカリで仕入れて転売しても問題なし

転売目的によりメルカリで仕入れても、ペナルティの対象にはなりません。

なぜなら、メルカリ自体が転売するためのサービスだからです。

そもそもメルカリは、フリーマーケットを利用するためのサービスです。

たとえば、自宅にある不用品を販売するためや、

買ってみたが自分に合わなかった商品を販売するために利用されています。

フリーマーケット自体が転売に当たるため、

転売目的による仕入れ先としてメルカリを活用しても問題はないでしょう。

実際に個人が副業レベルで、メルカリ内にて仕入れをする人は少なくありません。

本来のメルカリの使い方としては、自分のための商品購入ですが、

仕入れ目的であってもペナルティの対象とはならないため安心してください。

著しい価格での転売はペナルティの可能性がある

メルカリ転売で注意が必要なのは、仕入れた商品を著しい価格で転売する場合です。

たとえば、メルカリで格安商品が出品されており、

メルカリ内で同商品の販売価格を調べたらもっと高額で売れることがわかった場合の転売です。

高額で売れやすい商品とは、希少価値が高いものやプレミアム性が高い商品などが挙げられます。

すでに完売で入手できない商品をメルカリで見つけて、

高額で転売する目的で仕入れる行為は、ペナルティになる可能性があるため注意してください。

この場合の高額の転売とは、著しい金額の場合です。

定価と比べて商品価格が高すぎる場合は、メルカリの禁止行為に当たる恐れがあります。

ただし、メルカリの規約では、高額な転売行為の記載がなくなりました。

どのくらい高額であればペナルティにすべきか明確なルールを決めるのが難しいためです。

転売するからには利益が出る販売価格にしなければなりませんが、

どのくらいの価格設定までならペナルティにならないかは、自己判断するようにしましょう。

どんな場合ペナルティになるのか?

メルカリ転売で不安を感じている人は、ペナルティの内容を確認しておいてください。

明確にペナルティ対象だと明記されている内容もあります。

また、ルールがハッキリしない問題もあるため、事前に確認しておくと安心です。

無在庫出品

メルカリで確実にペナルティ対象といえるのは、無在庫出品です。

無在庫出品とは、手元にない商品を出品することをいいます。

商品が売れたら仕入れるため、

場合によっては商品を仕入れることができず販売できない場合があります。

無在庫出品を選択する人がいる理由は、在庫を抱えるリスクがないためです。

商品が売れたら仕入れるため、売れなかった在庫を抱える金銭的負担がありません。

ただし、このような行為は出品者の勝手な都合で、購入者にとっては迷惑行為です。

だからこそ、メルカリの規約では無在庫出品を禁止しています。

無在庫出品は、メーカーから直接購入者へ発送してもらう方法も含まれます。

出品者からすると送料がかからずメリットがありますが、

購入者へ商品の到着が遅れるリスクや在庫がない場合があるといった問題があります。

メルカリユーザーから通報された場合

メルカリでは、ユーザーからの通報でペナルティになる場合があります。

その理由は、メルカリ運営側だけの管理で違法行為を取り締まることは難しいことや、

メルカリ内を正しく利用してもらう意味もあるためです。

出品者や購入者がお互いに監視し合うことで、メルカリ内の規律が正しく保たれています。

ユーザーからの通報で注意が必要なのは、違法行為やマナー違反の場合です。

• 著しい価格でメルカリ転売している
• 出禁止されている商品を出品している
• 偽物やコピー品を販売している恐れ
• 相手を不快にさせる行為をした

簡単にいうと、購入者が不快だと感じれば通報されるということです。

厳しいようですが、個人出品であっても商品の売買には変わらないため、

節度を保った行為は心がけたいものです。

メルカリ事務局が不適切だと判断した場合

メルカリでペナルティになる行為のひとつに、

メルカリ事務局が不適切だと判断した行為があります。

利用規約にない内容でも、問題があればペナルティになるかもしれません。

たとえば、次のような行為に注意してください。

• 換金性の高い商品を出品する
• ネットショップに誘導するなどの行為
• 同じ商品を二重で出品している
• メルカリ以外の決済方法を指定する行為
• 実際に手元にある商品以外の画像を使っている
• 問題があっても返品に応じない行為

メルカリ転売をする場合は、商品画像は自分で用意するようにしましょう。

サイト内で決済をせず、別のサービスに誘導する行為も注意が必要です。

また、メルカリ内で仕入れた商品を転売するときは、

商品状況をチェックしてから購入しないと、転売の際にトラブルが起きる恐れがあります。

メルカリでペナルティになったらどうなる?

メルカリ転売で問題の行為があったら、ペナルティになる恐れがあります。

ペナルティになったら、どういう対処となるのか知っておきましょう。

問題を起こさないのが一番ですが、誰でも確認ミスすることはあるため、

事前に確認しておいてください。

アカウント一時停止

問題が大きくないときは、アカウント一時停止で済むでしょう。

メルカリの規約は細かいため、知らずに違法行為をしてしまうユーザーもいるからです。

軽い問題であれば、警告と一時的にアカウントの利用が停止される程度です。

アカウント一時停止では、出品・購入・コメントなどができなくなります。

停止になる期間は違法行為により異なっており、

短ければ数時間程度で長ければ数か月続くこともあります。

どのくらいの期間に利用制限になるかは、メルカリ事務局しかわかりません。

注意程度で済むものなら短くなり、何度も違法行為を繰り返す場合は長期的の場合があります。

無制限のアカウント停止

悪質な行為である場合や、何度も注意喚起をしても改善が見られないときは、

無制限のアカウント停止処分になります。

通常は一時停止処分が多いため、違法性の高いものが当てはまるでしょう。

たとえば、偽物と知っていながら偽ブランド品を出品する場合です。

または、海賊版のゲームやソフトなどを違法販売するケースも当てはまります。

これらは犯罪行為のため、二度とメルカリでアカウント作成ができません。

別の個人情報でアカウント作成ができたとしても、新たなアカウントも停止になるでしょう。

利用者はIPアドレスなどで識別が可能なためです。

強制退会

違法性が高いアカウントの場合は、強制退会の処置となります。

アカウントが凍結されてしまい、売り上げ金も没収されてしまうでしょう。

事前告知がなく突然凍結されるため、利用者本人は予測することができません。

メルカリ転売では、違法行為に注意するようにしてください。

知らなかったでは済まない場合もあるため、

心配ならメルカリの規約を確認しておくといいでしょう。

せっかく転売で利益を得ても、売り上げ金を没収されたのでは意味がありません。

メルカリで転売するときの注意点

メルカリ内で仕入れる場合は、手元に商品が届くまで状態を確認できません。

また、品薄の商品を大量に仕入れると、迷惑行為になる場合もあるでしょう。

メルカリ転売をする前に、次に紹介する注意点を確認しておいてください。

メーカーへの影響を考える

売れる商品は大量に買い占めたいでしょう。

品薄でも欲しい人が多くいれば転売で利益を出せるため、

転売目的の人がメルカリで1つの商品を買い占めてしまう恐れがあります。

ただし、このような状況では、生産メーカーへの影響も考えないとなりません。

需要があるのに品薄となれば、メーカーは消費者に商品を届けるため、生産数を増やします。

すると、市場に多くの商品が出回った頃に、消費者の熱が冷めてしまい、

メーカーへの売り上げに影響を及ぼす可能性があります。

また、品薄の商品が高額で転売されている状況を見かければ、

消費者のなかにはその商品の印象が悪くなる人もいるでしょう。

つまり、大量に仕入れる行為は、メーカーに迷惑をかけてしまいます。

転売で利益が出せるのはメーカーが生産してくれるおかげのため、

明らかな迷惑行為は避けるようにしてください。

規約の変更に注意

メルカリの規約内容は、そのときの状況により追加されることがあります。

たとえば、コロナ禍において、特定の商品の販売を禁止する内容が追加されました。

マスクや消毒液の買い占めや高額転売が社会問題になり、

メルカリの出品自体も禁止になりました。

これらの商品は人の生命に影響を及ぼすため、買い占めは避けなければなりません。

今後も、メルカリ規約は状況によって変更されるかも可能性があります。

メルカリの基本的な運営方針は、安全・信頼・人道的の3点が重視されています。

状況により規約内容が変わることがあるため、心配なら定期的にチェックするといいでしょう。

安易にブランド品に手を出さない

メルカリ転売をするときは、ブランド品に注意しましょう。

画像や商品説明を見ただけでは、偽物なのか判断がつきにくいからです。

相手が個人で評価が高い場合でも、偽物ではない保証はありません。

たとえば、盗品を転売した商品を間違って購入し売っている場合もあるでしょう。

または、出品者がコピー品だと知らず購入した商品かもしれません。

ブランドの転売は、よほどの目利きがないと難しい行為です。

実物を目にしても偽物のブランド品の存在があるため、

実物を確認できないメルカリ転売はリスクが高いといえます。

メルカリ転売はペナルティに注意しよう

メルカリは安く仕入れる場所としてもおすすめです。

さらに、メルカリで仕入れた商品を転売することもできるため、

副業として初めてみるのもいいでしょう。

ただし、大量に仕入れる行為や、高額出品に注意してください。

ほかにも、メルカリでペナルティとなる行為があるため、出品前に確認しておきましょう。

紹介した内容を確認しておけば、安心してメルカリ転売ができます。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。