メルカリでの転売はルール違反?ペナルティを受けないために知っておきたいこと

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリでは転売が禁止なのか知りたい(わからない)
という方のために、メルカリのルールと転売と判断されないための注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリにおける転売の位置づけがわかる
  2. メルカリで転売と判断される基準がわかる
  3. 転売だと判断された場合のペナルティについてわかる
  4. メルカリでペナルティを受けないための注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのルールと転売と判断されないための注意点、

また、ペナルティを受けないために知っておきたいことについて解説していきます。

 

メルカリでの転売はルール違反?

仕入れた商品に利益を乗せて販売するといった転売は、

サイトによっては禁止されていることもあります。

メルカリではどうなのでしょうか?

メルカリでの転売は違法とされてはいませんが、

予約や取り寄せ、在庫がない状態での販売などはできず、転売禁止の方向性ではあるようです。

メルカリは個人間の取り引きをするフリマアプリという位置づけであり、

利益を目的とした販売や業者など大量に安く販売することを避けたいと考えているからです。

個人ではできないくらい安く販売されてしまうと、個人の出品者が減ってしまいます。

個人と個人のやり取りの中に業者や利益目的のユーザーが入れば、

個人の取引をしたいと考えているユーザーは利用しづらくなるでしょう。

そのようなことがないよう、メルカリでは転売を禁止している傾向にあります。

転売目的でメルカリを利用していると判断されると、

ペナルティを受けメルカリが利用できなくなる可能性があります。

出品する際は、転売と判断されないよう、注意しましょう。

メルカリで転売と判断される基準とは?

メルカリではどのような行為が転売と判断されるのでしょう。

把握しておかなければ、ペナルティの対象となってしまうことがあります。

メルカリで転売と判断される基準について解説します。

業者だと判断される

個人ではなく、業者だと判断される行為には注意してください。

不用品などを売りに出しているのではなく、明らかに営利目的で転売をしている、

同じ商品をたくさん販売している、一定期間中大量の出品をしている、

といった販売はしないことです。

メルカリは個人と個人のやり取りが原則です。

業者が入ってしまうことで、個人間のやり取りに悪影響を与えると考えるため、

大量出品や営利目的とみなされる販売行為には注意が必要となります。

写真が自分で撮影したものではない

商品の写真が他のサイトからの写真や、カタログなどを切り取ったものであるなど、

自分で撮影したものではないと、転売の可能性があると判断されかねません。

メルカリガイドにも画像に関して、転載画像のみの掲載は禁止しています。

画像は、実際の商品の状態がよくわかるものを掲載することになっています。

商品の画像がないのはもちろん、

画像が粗く商品の内容がよくわからない写真などは掲載しないようにしましょう。

定価より高額

定価よりも高額な価格を付けると、チェックされることがあります。

自分のものを売るのですから、いくらで売ってもよいのでは?と思うこともあるでしょう。

しかし、メルカリでは送料や手数料などを上乗せした程度の金額ならOKですが、

あまりにも差額が大きいと、利益目的と判断されます。

基本的には自分が使わないものを売るフリマアプリなので、

高すぎるのは周りの人に損をさせてしまい取引に影響する、ととらえられてしまうのです。

無在庫で販売している

無在庫転売と判断されると、ペナルティの対象になることがあります。

そもそも、自分で不要になったものを売るのがメルカリの基本なので、

在庫がない状態では売れません。

無在庫転売とわかってしまうのは、発送に時間がかかる、発送の時期を明確にしていない、

注文後に商品をキャンセルする、などといった行為です。

無在庫の場合、注文を受けてからの発注になるので、どうしても発送が遅れがちです。

最悪の場合、受注後に商品を用意できないこともあります。

その場合、購入者に謝罪をしてキャンセルにしなければなりません。

クレームの対象ともなり、ペナルティの対象となる可能性が高いでしょう。

外部サービスへの誘導

SNSなどの外部サービスに誘導する行為はNGです。

メルカリでは料金のやり取りはユーザー同士で行わず、メルカリが代行します。

そのため金銭に関するトラブルを回避できます。

しかし、外部サービスなどに誘導されると、誘導先で直接振込を促されたりするかもしれません。

振込をしたのに商品が届かない、などの詐欺を防ぐためにも、

外部サービスへの誘導は禁止されています。

SNSなどのIDや電話番号などを記載すると、

詐欺目的の可能性があると判断されかねないので、注意しましょう。

複数の異なる商品から選択させる行為

色違いの商品の中から選んでもらうなど、商品を選択肢の中から選ばせる行為は禁止されています。

不用品を売るだけなら、複数の商品があるとは考えにくいものです。

また、サイズを教えてほしい、というコメントも違反です。

複数の商品のサイズや色などが、多少はあったとしても、

数多くの中から選択できるということは、転売である可能性があると判断されてしまいます。

ユーザーからの通報

ユーザーからの通報で転売が発覚することがあります。

出品されていたから注文したのに、商品がないと言われた、

注文しても商品がなかなか届かない、質問をしても明確な返答がない、

禁止されている商品が出品されているなどといった行為は、通報やクレームになりやすいです。

事務局に連絡が行けば、当然確認されるので、内容によってはペナルティの対象となります。

ユーザーとのやり取りで相手を不快にさせてしまうとクレームとなりやすいので、注意しましょう。

メルカリのルール違反が発覚した場合のペナルティ

メルカリでルール違反が発覚した場合は、次のようなペナルティがあります。

一つはアカウントの一時停止です。

一時的に、出品や購入、コメント、いいねなどができなくなります。

最初の違反では一時的なものが多いようですが、期間などは内容によって異なります。

数時間、数ヵ月、中には無期限停止といったことも。

一時的な停止ではない場合、永久的なアカウント停止となる場合もあります。

ルール違反を繰り返したり、犯罪、悪質な行為だと判断された場合は、

永久的にアカウントが停止され、メルカリでは出品できなくなります。

メルカリでペナルティを受けないためにするには?

一時的でもペナルティを受ければ、その間はメルカリを利用できなくなってしまいます。

売上どころではなくなってしまいます。

一度でもペナルティを受ければ、

その後も監視される可能性もあるのでペナルティを受けるのは避けたいものです。

メルカリでペナルティを受けないためには、次のような点に注意しましょう。

短期間で大量出品をしない

安い価格でたくさん売りたいからといって、短期間で大量の出品をしないことです。

短期間で100点以上同じ商品を出品、1日に何度も同じ商品を出品、

一時的に同じ商品を数十点出品など、個人の出品とは判断しにくい行為は避けるようにしましょう。

売上が1ヵ月で100万円以上などとなる場合も、

営利目的の転売では?と疑いの対象となるので注意が必要です。

禁止されている出品物に注意

転売行為だけでなく、禁止されている出品物には注意しましょう。

法律で販売が禁止されているものはもちろん、偽ブランド品や危険物などが出品できません。

知的財産権を侵害するものや武器、盗品、アダルト関連、

医薬品や医療機器、無許可で製造した化粧品類、法令に抵触するサプリメントなども出品禁止です。

また、許可や届出、資格が必要なものもあるので、

ガイドラインをしっかり読んでから出品しましょう。

ブランド品の出品物には注意

メルカリでは偽ブランド品の出品はルール違反です。

注意したいのは、自分では正規品だと思っていたのに偽物だった、という場合です。

海外サイトなどでは偽物が販売されていることがあります。

輸入の際に税関でストップするものですが、

万が一通り抜けてしまいそれを販売してしまうと大変です。

ブランド品の偽物の販売は法律における違法行為で、

懲役や罰金などの刑罰が科せられる場合があります。

ブランド品の販売は、慎重に行わなければなりません。

メルカリでは海外から商品を配送することも禁止しています。

ブランド品は信頼できるサイトやお店で仕入れましょう。

メルカリで決められた決済方法以外を提案しない

決済方法はメルカリで決められた決済方法を利用しましょう。

メルカリで決められた決済方法以外を提案すれば、詐欺の疑いをかけられてしまいます。

銀行口座に直接振り込んでほしい、メルペイ残高などでおくる、

もらうなどの支払い、現金書留やオンラインギフト、仮想通貨、

代金引換、現金の手渡しなどを提案しないようにしましょう。

相手が承諾したとしても、提案すること自体が違反になるので注意が必要です。

発送が間に合わない場合は連絡を

商品が発送に間に合わない場合は連絡を入れるようにしてください。

購入者にメッセージで、謝罪と遅れてしまう旨を伝え、

どのくらいに到着するか目安を伝えることです。

そのまま放置すれば、購入者から催促や確認の連絡が入るでしょう。

返信しなければ、クレームになり、評価が下がってしまいます。

評価が下がれば、その後の売上にも影響するでしょう。

または無在庫転売の疑いをかけられ、最悪の場合はペナルティを受けることにもなりかねません。

発送期限は無理のない期限を選び、発送遅延を避けることも必要です。

商品の梱包はていねいに

商品の梱包には配慮が必要です。

配送中に破損したり、中身が出てしまったりすると、返品や交換を依頼されるでしょう。

返品や交換は手間も費用もかかってしまいます。

対応次第では、クレームになってしまうかもしれません。

そのようなリスクを避けるためにも、

商品が破損しないよう、緩衝材や袋などでしっかり梱包しましょう。

商品が無事に到着するだけでなく、ていねいな梱包を心がけることも大切です。

商品そのものがキレイであることはもちろん、

包装されている袋や箱が汚ないと印象が悪くなってしまいます。

受け取る人の気持ちになって、ていねいな梱包をしましょう。

誠実で真摯な対応を心がける

メルカリでは誠実で真摯な対応が重要です。

個人間のやり取りであるため、取引相手がどのような人か、という点が重要視されるためです。

快く取引できないと判断されれば、どのような商品でも売れない可能性があります。

買いたいとコメントをしてきても、その後の対応が悪ければ、購入につながらないかもしれません。

コメントが来たら迅速に返信を心がけ、ていねいな言葉遣いで対応しましょう。

値下げ交渉においても、要望に対応できない場合はていねいに断るか、

できる範囲の値下げ価格を提案することです。

発送期限は無理のない期限を設定し、遅れそうな場合はすぐに連絡をしましょう。

メルカリのルールを把握しペナルティを避けよう

メルカリでは転売行為を禁止する方向性にあります。

そのため、転売と判断されるとペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

安心して転売をするには、メルカリのルールを把握することです。

短期間に大量の出品をしない、定価との差額を大きくしない、

カタログの切り抜きなどの写真を掲載しないなど、細かい点にも配慮しましょう。

また、ユーザーからの通報で転売が発覚する場合もあります。

通報やクレームなどにならないよう、ルール違反をしないと同時に、

誠実な対応をすることが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。