【メルカリ転売】メルカリの価格交渉を購入者と販売者に視点で解説

あなたがメルカリで販売をしていると頻繁に値下げの交渉などのメッセージが来ます。

また逆にあなたが購入者にになった時には値下げメッセージを送る側になる事もある事もあります。

現在メルカリでは、値下げの交渉をすることや値下げを利用して購入を促すことが当たり前のように行われています。

しかしそんな値下げ交渉ではマナーを守らなければトラブルになる可能性があります。

また安易に値下げを行っても後で「もっと高く売れたのに」という事にもなりかねません。

そんなメルカリでの値下げを、値下げの交渉を行う購入者側と値下げをする販売側の両方から解説します。

メルカリで取引を行う場合の参考にしてみてください。

メルカリで値下げしてもらう時のマナー

まず交渉を行う購入者側から解説していこうと思いますが、その前に値下げ交渉のコメントを出品者に送る時のマナーについてまとめます。

スマホやパソコンでやりとりできると言ってもやっぱり人と人の取引、相手を不快にさせるようなやり方は絶対にしないようにしなければなりません。

そのためのポイントを3つにまとめて説明していきます。

しっかりと購入の検討をしていることを伝える

まず当たり前のことですが、コメントをするときにしっかりと挨拶をしてその商品の購入を検討している意思を伝えるところから始めましょう。

それで相手が値下げしてくれるかは分かりませんが、少なくとも真剣に回答をしてもらえるはずです。

しつこく値下げを迫らない

これも当たり前ですが、相手が値下げを検討していないのにしつこく交渉を迫ることは絶対にしてはいけません。

相手を不快にされるだけではなく、メルカリのガイドラインにも触れる可能性もあります。

具体的な値段を提示する

値下げ交渉を行うときは相手に値下げして欲しい具体的な値段を伝えましょう。

値段を伝得ないと値下げしていいものか相手も分かりません。

もちろん「1円も値下げは考えていない」ということもあり得ますが、2000円は無理だけど1000円なら値下げしてもいいという場合はあり得るからです。

メルカリで値切りをうまくするには?

メルカリでは値下げ交渉が頻繁に起こるので最初から少し高めの値段設定にしている人もいますし逆に値下げをしない前提で出品をしている人もいます。

なので一概に値下げができるわけではないので注意が必要です。

それではメルカリでうまく値段を下げてもらうための交渉術について解説していきます。2つの手順に分けてみていきます。

類似品の相場を調べる

まず似たような商品の相場価格を調べます。

あるカテゴリーの商品を調べると色々な商品が出てくるので値下げ交渉をする商品と類似品の値段を一通り調べましょう。

その値段よりも安く販売されていた場合は値下げの予定がないか、値段を下げるだけの理由があるという事が考えられます。

もちろん相場よりも安い商品でも値下げしてもらえる可能性はありますかありますが、断られた場合は潔く諦めましょう。

10~30%ほど引いた値段を提示する。

いきなり半額の値引き交渉を行っても交渉が成立することは少ないです。

それならまず現実的な数字を提示していきましょう。

10,000円のものを5,000円て購入するのは確率は低いですが、9,000円、8,000円と相場価格をしっかり調べて現実的な値段を提示するようにしましょう。

メルカリでの値下げ通知する方法

ここでは購入者、販売者両方に関わる値下げ通知に関して紹介していきます。

メルカリでは、「いいね」をしていた商品が値下げされると通知が届くようになっています。

もしあばたが購入を検討している商品があった場合は「いいね」をしておくと、値下げされた時に通知が届きお得に取引をおこなえるかもしれません。

逆にあなたが出品者だった場合はいいねをしているユーザーに値下げした事を知らせる事ができます。

もちろん出品したときの価格で取引が成立すれば1番いいですが、そういかないことも多いです。そこで値下げをした時にこの通知の機能があることで、「いいね」をしているユーザーにアピールすることが出来ます。

メルカリでの値下げをして現金化する

もちろん値下げを行うということは出品価格よりも低く売る事になってしまうので、絶対に安く売りたくない!というような商品は値下げして安売りするのはやめましょう。

ですが「家に置いてあってもしょうがない。」「早く売ってお金にしたい!」という人は値下げを駆使する事で売れる可能性を高めることができます。

その方法といってもとても簡単な話で、類似品の相場価格の中でも少しだけ高めに設定して段階的に値下げを行い「いいね」を押してくれているユーザーにアピールすることです。

また値下げを行うとメルカリのトップページの「新着」の部分にも表示されるのでより多くのユーザーの目にも止まります。

メルカリの価格交渉のまとめ

ここまでメルカリでの値下げに関するノウハウを購入者側、販売者側の両方からの視点で特に大切なところを紹介してきました。

この記事を参考によりお得にメルカリを活用してみてください。