STORESで使える画像サイズは!?商品画像で売上がかわるポイント!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ネットショップを始められるサイトSTORESで画像サイズついて知りたい
という方のために、STORESで使える画像サイズついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. STORESで使える画像サイズがわかる
  2. STORESで売りたい商品を登録することができる
  3. 良いアイテム画像がどんなものかわかる
  4. 魅力的な商品を訪れたお客様にアピールすることができる

それではSTORESの画像サイズについて解説をしていきます。

STORESで適した画像サイズの画像を登録

STORESでは売りたい商品に合わせてアイテムを登録していきます。
登録する情報はアイテム名や価格のほか、特徴やサイズなどを記した説明文のほかいろいろ。
その中でも特に重要なのが、お客様にどんな商品なのかをアピールするアイテム画像です。

まずはSTORESの登録画面から『STEP2 アイテムを登録してみよう!』を選択しましょう。
アイテムがまだ未登録の場合は『アイテムを登録する』、そうでない場合は『アイテムを追加』を選択してください。
アイテム編集画面でアイテム画像を登録していきます。

画像はファイルからアップロードしてください。
STORESではフリープランの場合は4枚、スタンダードプランの場合は合計15枚まで画像を登録することができます。

STORESで使用できる画像サイズとは?

STORESで使う画像の適正サイズは以下のようになっています。

・正方形 920×920
・長方形(縦) 920×1104
・長方形(横) 924×664

また使うことができる形式はjpg/jpeg/png/gifで、容量は1枚につき5MBまでです。
商品を適切に表示するためには、画像を選ぶときに必ずサイズを確認してから登録するようにしましょう。
画像の内容によって拡張子との相性もあるので、使いながら適したものを選ぶようおすすめします。

STORESではアイテム画像はアップロード時に自動的に正方形にリサイズされます。
アイテム画像が途中で途切れてしまうという場合は、サイズを確認してください。

画像サイズを調べるには

画像サイズをWindowsで調べるには、初めに画像を右クリックしてから『プロパティ』を開きます。
『概要』タブを開いて『詳細設定』ボタンを押しましょう。
すると画像の幅や高さのピクセル数など詳細な情報が表示されます。

画像は編集ソフトを使用してリサイズすることも可能です。
パーセントで編集するだけでなく、サイズ値を指定してリサイズすることもできるので、自分で撮影した写真をネットショップに適した形に合わせられます。

スマホからでも画像を登録できる

STORESではスマホからもネットショップの登録、アイテムの追加をすることができます。
スマホの写真のサイズを確認する方法をiPhoneを例に説明しましょう。

まずは写真アプリからファイルアプリに画像を保存します。
写真アプリの『共有ボタン』をタップしてください。
『ファイルに保存』をタップして、保存場所を選択してから保存します。
画像の情報はファイルアプリで確認しましょう。

ファイルアプリで保存した画像を選択してください。
画像を長押しするとメニューが表示されるので『情報』を選択。
ファイルサイズは縦横の大きさを確認することができます。
スマホで商品画像をリサイズする場合はアプリを使うと簡単です。

STORESの商品画像で売上を上げるポイント

商品をアピールするために画像は大切な要素になります。
画像を選ぶときには商品に対する作り手の思い、購入するお客様の気持ちに立った写真を選ぶようにしましょう。
素材や色合い、どんなシーンで活躍するアイテムなのかわかるように複数の画像を用意します。
よりほしいと思わせるような写真を用意しましょう。

アイテム画像を選ぶときのチェックポイント

アイテム画像を選ぶときには写真が適したものになっているか必ずチェックしてください。
ポイントとなるのは以下の3点です。

・アイテムが際立っているか
複数のアイテムが撮影されている場合など、アピールしたい商品がわかりにくくなってしまうことがあります。
どのアイテムのどのような面をアピールしたいのかわかる写真を選びましょう。

・暗くないか
写真が暗いとどのような商品なのかわかりにくく、色合いなども伝わりにくくなります。
商品は明るい場所で撮影するようにしましょう。

・途切れていないか
画像を追加した場合は、必ずどのように表示されているのか画面で確認してください。
写真が途切れてしまっていないかなどチェックしましょう。

Instagram画像連携とは?

STORESではアイテム画像をInstagramに登録している画像リストから選択して登録することもできます。
登録するにはあらかじめInstagramのアカウントにログインしてから、STORESのダッシュボードで『機能を追加』を選択してください。
『Instagram画像連携』の設定を『ON』に変更します。
アイテム画像の設定項目から『Instagramから写真を選択』をクリックしてアップロードできるようになります。

Instagram販売連携を利用するとInstagramの投稿に商品をタグ付けして商品を紹介することも可能です。
より魅力的にショップの世界観やアイテムをアピールするためにもInstagram販売連携は強力なツールになります。
上手に活用してショップの魅力を世界に発信しましょう。

STORESで使用する画像のまとめ

STORESで使用する画像のサイズと商品画像で売上を上げる方法について解説をしてきました。

ネットショップの販売では購入者が実際に商品を見ることができないので、魅力的な画像を用意しましょう。

またサイズも統一感がある方がショップのバランスが良いので、サイズに注意しておきましょう。

まだSTORESに登録をしていない方は、10秒で登録できるので登録をしてみましょう!