STORESで売上手数料はかかる!?運営に必要な手数料の種類を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
STORESのサービスを利用する際に手数料について知りたい
という方のために、STORESを利用する際の手数料について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. STORES利用時の基本的な手数料がわかる
  2. 代金引換のしくみや注意点がわかる
  3. 決済手数料がかかる決済方法の種類と特徴がわかる
  4. お客様にとって便利な決済方法を知ることができる

それではSTORESの手数料について解説をしていきますが、まだSTORESに登録をしていない方は、10秒で登録できるので登録をしてみましょう!

STORES.jpに払う手数料(販売者)は基本的に2種類のみ

ネットショップを運営するサービスを利用すれば、初期費用などがかからず手軽に始めることができます。
しかし、すべてが無料で、というわけにはいきません。
ネットショップ運営サービスの中には、販売手数料や売上手数料など、さまざまな手数料が必要なケースもあります。

売上があっても手数料が高いと利益が少なくなってしまうこともあるでしょう。
STORESでは販売者が払う手数料は基本的に2つだけ。
決済手数料と振込手数料だけです。

プランによって異なる、販売者がSTORESに払う決済手数料

決済手数料とは、ネットで販売している商品を購入者が買う際に、決済をするタイミングで発生する手数料のことです。
STORESの場合はプランによって決済手数料が異なり、それぞれの手数料は次のようになります。

・フリープラン…5%
・スタンダードプラン…3.6%

STORESから入金する際にかかる振込手数料

売上金額は直接販売者の口座に振り込まれるのではなく、手数料を差し引いた金額がSTORESから振り込まれます。
入金金額が1万円以上になると自動で振り込まれる仕組みで、その際にかかるのが振込手数料です。
販売者の口座には、入金金額から振込手数料(275円)が差し引かれて入金されます。

1ヵ月の売上が1万円未満の場合は、手数料を引いた金額が1万円以上になった翌月末に、販売者の口座に振り込まれます。
もし1万円未満でも振り込んでほしい場合は、「10,000円未満でも振込」の設定をすれば毎月入金されますので覚えておくとよいでしょう。
ただし1万円未満の振込の場合は、振込手数料のほか事務手数料(275円)が差し引かれて入金されます。

オプションを利用したときにかかる手数料

STORESでは基本的な手数料のほか、オプションを利用した際にかかる手数料があります。
その一つがスピードキャッシュを利用した場合です。

スピードキャッシュは最短で翌日に売上金を振り込んでもらえるサービス。
利用する場合は、決済手数料と翌日振込手数料がかかります。
翌日振込手数料は、フリープランで3.5%、スタンダードプランで1.5%です。
スピードキャッシュは1万円以上の振込で、最低2ヵ月前後の利用があれば申請できます。

またSTORESには保管・梱包・発送業務を代行する倉庫サービス機能があります。
倉庫サービスを利用する場合は、入庫料、保管料、配送料が必要です。

STORESは販売手数料(販売者)・売上手数料(販売者)はかからない

ネットショップサービスを利用する際には、登録料や販売手数料、商品やサービスの売上が計上された場合に売上手数料などがかかることがあります。

STORESの場合は、スタンダードプランで月1,980円の月額利用料がかかります。
フリープラン利用の場合、月額利用料は無料です。
販売手数料や売上手数料もかかりませんが、だからといって決済手数料が高いわけでもありません。

STORESは販売者にやさしいネットショップ運営サービスと言えるでしょう。

STORESでも利用可能!代引き手数料(購入者)が必要な代金引換

STOREではさまざまな決済方法を選択することが可能ですが、その中で注意したいのが代金引換です。
代金引換はSTORESを介さないため決済手数料が発生しませんが、販売者が別途手続きをしなければなりません。
では代金引換とはどのような方法なのか、また注意点を説明します。

STORES.jpを経由しない代金引換は決済手数料が発生しない

代金引換は商品を受け取る際に代金を支払う方法。
購入者にはクレジットカード番号などを知らせる必要がない、支払いを済ませたのに商品が届かないといったトラブルがない点がメリットです。

販売者のメリットとしては、確実に代金が回収できることです。
また、STORESを経由しない方法なので、決済手数料は発生しません。

ただし、購入者が不在だと商品を届けることができず返送されることもあり、その際に送料が余計にかかってしまうことがあります。
そのため、賞味期限などがある食品などには注意が必要です。
また、代金引換を採用する場合は配送会社と契約する手間がかかります。

代金引換を利用する場合の注意点

STORESで代金引換をする際には、別途手続きが必要となります。
注意点もあるので把握しておくことが大切です。

・別途手続きが必要
それぞれの配送会社の規定に従い、販売者自身が契約を結ぶ必要があります。
STORESを介さないので、販売者が手配しなければなりません。

・売上には計上されない
代金引換はSTORESを介さないので、売上に計上されません。
なお売上は配送会社との契約において、確認が必要です。

・代金交換はスタンダードプランのみ
代金交換はフリープランでは利用できません。
スタンダードプランのみで利用できる決済方法です。

STORESの手数料がかかる決済方法

STORESを経由しない代金引換は決済手数料がかかりませんが、次の方法で商品やサービスを購入した場合は決済手数料が発生します。
それぞれの決済方法の特徴とあわせて説明しましょう。

フリープラン・スタンダードプランで利用できる決済方法

・クレジットカード決済
その場で支払い・決済が可能なクレジットカード決済は、商品やサービスを簡単に購入できるのがメリット。
特にネットショップにおいては購入しやすく、販売者としては欠かせない決済方法の一つです。
ただし、カードを悪用されるなどのリスクがあるので注意しましょう。

・コンビニ決済
注文後、購入者に届くメールに記載されるコンビニ決済番号を使いコンビニで支払う方法です。
支払い期限があることやコンビニに行く手間はかかりますが、クレジットカードの使用に抵抗がある人には安心できる決済方法でしょう。
支払いは現金のみです。

・銀行振込
STORES.jp指定の銀行口座に振り込んでもらう決済方法です。
こちらはクレジットカードのような悪用リスクが少ないため安心。
しかし、注文日翌日から3日以内に支払わなければならないことと、購入者に手数料が発生することがデメリットと言えるでしょう。

・翌月後払い
決済代行会社(Paidy)が支払いを立て替える方法です。
購入者は購入月の翌月の10日までにPaidyに代金を支払います。
手持ちのお金がない場合でも買い物ができるのがメリットですが、他の決済方法に比べてキャンセル期間が短いというデメリットがあります。

・Paypal
クレジットカード決済の一つで、購入の際にクレジットカード情報を記入する必要がないのがメリットです。
また、利用できるクレジットカードも増えます。

・キャリア決済
ネットショップ利用代金をスマートフォン通信料金と合算して支払う方法です。
クレジットカードを持っていない人でも利用できます。

スタンダードプランのみで利用できる決済方法

・楽天ペイ
楽天会員IDを利用して買い物をする方法です。
購入時にクレジットカード情報などを記入する必要がない、楽天ポイントが貯まるなどのメリットがあります。

・Amazonpay
Amazon.co.jpのお客様情報を利用して買い物をする方法です。
配送先などお客様情報を入力する手間を省けます。
ただし、Amazon Payの決済を販売者が採用するには、審査に通過しなければいけません。

販売者の指定口座には、売上金から決済手数料や振込手数料などが差し引かれて振り込まれます。
差し引かれる金額が高いとがっかりしてしまうこともあるでしょう。
販売手数料や売上手数料がかからず、手数料が低いのもSTORESのメリットです。
コストパフォーマンスがよくなり利益率も高くなると同時に、モチベーションもアップするでしょう。

まだSTORESに登録をしていない方は、10秒で登録できるので登録をしてみましょう!