STORESでインスタを活用して販売をする方法!!SNS戦略を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
STORESでインスタを活用する方法がわからない
という方のために、STORESでできるインスタ運用方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. STORESとインスタを連携させる方法を知ることができます。
  2. インスタで商品にタグ付けをしてショップにお客様を呼び込む方法がわかります。
  3. お客様にショップや商品の魅力を伝えることができます。
  4. 販路を広げて新規顧客やリピーターを増やすことができます。

それではSTORESでできるインスタ活用術について解説をしていきます。

まだSTORESに登録をしていない方は、10秒で登録できるので登録をしてみましょう!

STORESで使えるインスタ連携とは?

STORESはInstagramと連携しており、投稿時に商品のタグ付けができるようになっています。
また、Instagram販売連携を使うとショップで表示しているアイテムが1日1回自動で連携されるようになります。

SNSを閲覧しているとき、掲載されている商品がどんなものなのか、値段はいくらなのかと気になったことはないでしょうか。
Instagram販売連携機能を使うと投稿した商品のタグをクリックすると商品の詳細ページに進み、さらにそのままショップに移動して購入することもできるようになります。

商品の良さを伝えるためには実際に着用した姿、使い方、さらに商品の雰囲気など、たくさんのことをアピールすることが必要です。
それはショップでの商品紹介だけでは不十分なこともあります。

Instagramを活用することで、商品の魅力や持つ雰囲気をよりわかりやすく伝えることができるようになります。
また、SNSで紹介された商品が気になっても実際に検索して購入する人はそこまで多くありません。
STORESの販売連携であれば商品を見つけてから3タップで購入ページに進むことが可能です。
スピーディーなので、お客様もストレスなく気になった商品をチェックすることができるでしょう。

STORESとインスタの販売連携の設定方法

インスタ販売連携はフリープランとスタンダードプランどちらでも利用することができます。
それではInstagram販売連携の設定方法を紹介します。

① ダッシュボードの「機能を追加」をクリック。
② アドオンページからInstagram販売連携を「ON」にします。
③ メニューの「ストア設定」に進むとページ内にInstagram販売連携が出てくるので、選択してガイドに従って設定します。

STORESとインスタを連携して商品タグ付け

タグ付け設定は以下のステップで進みます。
① アイテムとFacebookページを連携
「アイテム連携を始める」を選択すると新しいタブが開いてFacebookページが開かれます。
Facebookの商品登録サービスは広告サービスを利用しているため、広告に関する説明となっています。
「次へ」を選択して設定を進めてください。
Facebookページがない人は「ページを作成」をクリックして新しくFacebookページを作ります。
カテゴリは「ローカルビジネスまたはスポット」か「ブランドまたは製品」で登録しておくと良いでしょう。

他のサービスで連携機能をすでに使用している場合は「このページはすでに使用されています」と表示されます。
一つのFacebookページにリンクできるストアは一つまでなので、このまま進めるともう一つのサービス連携は自動解除になるので注意してください。

Facebookピクセルと選択すると、最終確認の画面になるので、問題がなければ「完了」を選択します。
Facebookとの連携が無事に完了すると、ストア設定の「Instagram販売連携」のページが「連携済み」になります。

② Instagramアカウントの準備
Instagramで商品を販売するためにはInstagram側の設定が必要です。
初めに、Instagramのアカウントをプロアカウントに切り替えましょう。
Instagramのメニューから「設定」を選択して「プロアカウントに切り替える」を選びます。
プロアカウントには「クリエイター」と「ビジネス」の2種類があるので該当する方を選択してください。
適切に設定が完了すれば、自動でInstagramの審査に進みます。

③ Instagramによる審査
審査は販売商品や形態に関する条件と、Facebook、Instagramの設定に関する条件の2種類があります。
商品や形態に関する条件は「ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売していること」が条件です。
また、Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行している、所有権があるFacebookページと接続されていることが必要となっています。
加えて、Facebookページでショップセクションを追加またはビジネスマネージャでカタログを作成していることも条件です。

アカウントの審査は短ければ数日で終わりますが、1週間以上かかる人もいます。
審査が通るか不安に感じるかもしれませんが、気長に待ちましょう。

④ Instagramの投稿に商品をタグ付け
審査が完了するとInstagramアプリから通知が表示され、いよいよショッピング機能が使えるようになります。
Instagramのオプションメニューから「ショッピング」を選択してタグ付けしたい製品カタログを選びましょう。
ここで選んだ製品カタログに登録された商品を投稿画面で紐づけできるようになります。
Instagramの新規投稿の画面を開いてからキャプション記入画面まで進んでください。
ショッピング機能の審査が通っていれば、新しく「製品をタグ付け」が選ぶことができます。
タグ付けしたい部分を選択してからリストの製品を選んで投稿しましょう。

STORESのインスタ連携できないときはどうする?

せっかくのインスタの機能ですが、インスタ連携ができないことがあります。
どういったケースがあるのでしょうか。

Instagramと販売連携ができない場合、Instagramの審査を通過できていないかもしれません。
審査の内容については開示されていませんが、特に多いのが提供者契約とコマースポリシーに準拠していないケースです。

例えば、成人向け製品やアルコール、動物などの商品売買は禁止されています。
提供者契約とコマースポリシーについては公表されているため、内容に目を通して審査に通らない原因を探しましょう。

まだSTORESに登録をしていない方は、10秒で登録できるので登録をしてみましょう!