Shopifyの特徴を紹介!ECサイトの構築ならShopify

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyの特徴などについて知りたい
という方のために、Shopifyの特徴やShopifyのメリットについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで何ができるかわかる
  2. Shopifyのメリットとデメリットがわかる
  3. Shopifyがどのようなケースにおすすめかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyで何ができるかについて解説していきます。

魅力的な商品を開発できたとしても、それだけで商品が飛ぶように売れるわけではありません。

「何を売るか」ということと同様に、「どこで売るか」ということも大切なのは言うまでもありません。

ECサイトを構築しようと考えているのであれば、ぜひ「Shopify」を利用してみてはいかがでしょうか。

Shopifyとは?Shopifyで何ができる?

ECサイトの構築について調べていたところ、「Shopify」という名前を耳にした方も多いのではないでしょうか。

ECサイトを構築するためのツール・プラットフォームはさまざまなものが開発されてきました。
Shopifyもその一つであり、カナダ発のサービスです。

月額料金を支払うことにより利用でき、WEBに関する詳しい知識が無くても運営することができます。

これからECサイトを構築したいと考えている方に、ぜひ利用してもらいたい便利なサービスです。

次の項では、Shopifyを利用するメリットをいくつか紹介していくので、ECサイトの構築に関するサービスに興味がある方はぜひチェックしてください。

Shopifyのメリットを6個紹介

ECサイトの構築に関するサービスにはそれぞれ特徴がありますが、Shopifyは特に際立ったメリットが6つあります。

ここではそのメリットを1つずつ紹介していくので、これからECサイトを構築しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

この項を読み終える頃には、Shopifyの導入にかなり前向きになっていることでしょう。

多くのアプリに対応している

Shopifyを利用する上でまずお伝えしたいメリットとしては、「リリースされているアプリが豊富」という点が挙げられます。

Shopifyではアプリを利用することにより、ネットショップの機能を簡単に改修・拡大することが可能です。

実際にリリースされているアプリと内容をいくつか紹介します。

・「Order Printer」請求書や伝票を簡単に印刷
・「Product Reviews」顧客からのフィードバックを受けることを可能
・「SEO Site Audit,Benchmark HERO」Googleでの表示順位の向上をサポート

これ以外にもさまざまなアプリが開発されているので、サイトに適したアプリを導入すれば、サイト開発のしやすさは飛躍的に向上するでしょう。

サイトの更新を簡単に行える

ECサイトに限らず、サイト運営を長期的に行うために「サイトを更新しやすいかどうか」という点が大切になります。

ECサイトのプラットフォームを導入しても、更新に時間がかかってしまってはそれ以外の業務が手につかなくなるため、ECサイトの運営は早々に頓挫してしまうかもしれません。

しかし、Shopifyなら簡単にサイトを更新することができますし、更新をより効率化するためのアプリが多数開発されています。

ECサイトの更新作業に時間を取られてしまい、なかなか別の作業を進めることができないのであれば、ぜひShopifyでECサイトを構築してみてはどうでしょうか。

多角的なサポートにより、作業時間を圧縮することができるでしょう。

SNSでの集客が簡単に行える

販売サイトを作ったけれど、なかなか購入数が増えなくて悩む人も多いでしょう。

製品のクオリティに問題がないのであれば、そのようなケースは集客面で問題がある場合があります。

ただ、集客というのは一筋縄ではいかない課題であり、ECサイトの運営者を悩ませているのではないでしょうか。

ShopifyはFacebookとInstagramと提携が可能であり、FacebookとInstagramで自社製品をアピールすることが可能です。

FacebookとInstagramで商品を宣伝することにより、商品に対する信頼度や知名度が上がるため、購入率が上がるというのも見逃せないポイントの一つです。

越境ECサイトの構築が行える

商品によっては販路を日本だけでなく世界に広げることによって、より多くの利益が見込めるケースがあります。

海外へ商品を販売するのはさまざまな苦労があるため、なかなか海外販売を進めることができないという人も多いでしょう。

海外販売へなかなか手が出ないという方は、AmazonやTmallなどのプラットフォームを利用することがおすすめです。

しかし、それらのサイトを利用すると手数料などがかさんでしまい、利益率が下がってしまうという問題があります。

そんなときにこそ利用してもらいたいのがShopifyです。
Shopifyは利用できる言語、通貨、決済方法が非常に豊富なので、越境ECを簡単に構築できるのです。

業務を効率化できるシステムがある

ECサイトの運営で意外と手間がかかってしまうのがバックオフィス業務ですが、このバックオフィス業務を簡単に行うことができるのがShopifyを利用するメリットの一つです。

Shopifyにはバックオフィス業務を管理する画面があります。

その画面で操作を行うことにより、決済方法や商品管理などの基本的な業務に加えて、ストア分析などのより専門的な業務を効率的に行うことが可能です。

Shopifyにはアプリが充実していると紹介しましたが、このバックオフィス業務をさらに円滑に進めることができるアプリがリリースされています。

効率的に業務を行いたいのであれば、ぜひ導入を検討してください。

導入コストが低い

ECサイトを運営するためには、ツールやプラットフォームに対するコストが発生します。

特にプラットフォームに対するコストが毎月発生するのであれば、できるだけ安く抑えたいものです。

Shopifyは「ライトプラン」、「ベーシックプラン」、「スタンダートプラン」、「プレミアムプラン」、「Shopify Plus」と5つのプラン設定があり、一番お手軽なライトプランであれば料金は9ドルと、毎月1,000円程度でShopifyのサービスを利用することができます。

ECサービスの中でも細かくプランが分けられているので、利用したい機能や、販売規模に合わせてプランを選択できるのは非常に魅力的なポイントと言えます。

Shopifyのデメリットはある?

ここまでShopifyのメリットについていくつか紹介していきましたが、逆にShopifyにはデメリットがあるのでしょうか。

ここではShopifyのデメリットについて2つ紹介していくので、ECサイトの構築に関するプラットフォームとしてShopifyを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

サイトの改良にはHTMLの知識が必要

Shopifyはアプリを利用すれば簡単にサイトの改良を行うことができると紹介しましたが、サイトの一部分についてはそうは行かないようです。

特にデザインに関する改良を行うのであれば、HTML/CSSなどのコーディングに関する知識が必要になります。

サイトを自分の思った通りに表示させるのは非常にテクニックが必要なわけで、HTML/CSSを理解できていないと、なかなか難しい現実があります。

HTML/CSSを独学で勉強する方法もありますが、習得まで時間がかかってしまうため、自力で開発することが難しいのであれば制作会社を利用するのも一つの手です。

デザインに特化している制作会社も多数存在しているので、Shopifyのデザイン面で困ったことがあれば、まずは制作会社にコンタクトを取ってみましょう。

アプリが日本語に対応していないケースがある

Shopifyの特徴的なメリットとして、アプリが多いことを紹介しました。

確かにアプリを利用すれば、ECサイトのさまざまな問題点を解決することができますが、アプリの中には日本語に対応していないものもあります。

また、Shopifyそのものがカナダ発のサービスなので、日本語のヘルプページなどは制作されてはいるものの、より詳しい情報については英語で提供されているのが現状です。

Google翻訳を利用すれば簡単な英語であれば日本語に翻訳することができますが、いちいち翻訳していたら作業に時間がかかってしまいます。

Shopifyのアプリを通じたカスタマイズに限界を感じたら、やはり制作会社にコンタクトを取ってみるべきでしょう。

Shopifyはこんなときに向いている

ここまで数あるECサイトプラットフォーマーの中でも特に人気のあるShopifyについてメリットとデメリットについて紹介してきました。

Shopifyはどんな時に向いているのかまとめてみました。

・ランニングコストをできるだけ抑えたいとき
・越境ECサイトを簡単に作成したいとき
・すでに運用しているECサイトの作業を効率化したいとき

Shopifyは月額費用や運用費用を低く抑えることができるので、お試しで運営したいときにおすすめのプラットフォーマーです。

そのうえ国内だけでなく、越境ECサイトの作成にも対応しています。

また、作業を効率化するためのツールが多数リリースされているので、それを利用すれば簡単にサイトを運営することが可能になります。

Shopifyで理想のECサイトを手に入れよう

最初に述べた通り、商品を広く販売するのであれば、「何を売るか」はもちろん、「どこで売るか」についてもこだわりたいものです。

現代はネットでの商品販売が主流となりましたが、理想のECサイトを構築するためには非常に手間がかかります。

しかし、Shopifyを利用すれば気軽にECサイトを改修することができるので、より理想的なECサイトをサイトを作り上げることが可能になるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。