Shopifyでおすすめの決済方法は?特徴やメリットについて解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyの決済方法について知りたい
という方のために、Shopifyで取り扱いができる決済方法の種類や、おすすめの決済方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで利用できる決済方法の種類がわかる
  2. Shopifyでおすすめの決済方法と内容がわかる
  3. Shopifyでの決済方法の選び方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyの決済方法について解説していきます。

Shopifyでストアを開設しようとしている人にとって、決済方法はどのような種類が使用できるのか?といった点は気になるでしょう。

また、決済方法はどれでもよいというわけではありません。

手数料や入金サイクル、管理方法など利用しやすく、自分のストアのユーザーに適したものを選ぶことが、売上にもつながります。

Shopifyではさまざまな決済方法を選択できるのがメリットです。

Shopifyの決済方法は種類も多く便利

Shopifyで買い物をするユーザーにとっては、選択できる決済方法が多い方が便利です。

なかには、自分にメリットのある決済方法がないとShopifyで買い物をするのをやめてしまう可能性もあります。

その点、Shopifyでは多数の決済方法を取り扱っています。

Shopifyで利用できる決済方法の種類や特徴、メリットについて解説します。

Shopifyの決済方法のメリット

Shopifyの決済方法は多数あるのがメリットでしょう。

もしShopifyでストアを開設しても、ユーザーが利用したい決済方法がないと買い物をやめてしまう可能性があります。

SBペイメントサービス株式会社の「ECサイトで物品・デジタルコンテンツを購入する際の決済手段に関する調査」(2020年調べ)によ

と、希望する決済方法がないという理由で買い物を辞めると回答した人が60%以上もいるのです。

ユーザーにとって、オンラインストアで買い物をする際に、希望する決済方法があることが重要です。

Shopifyではさまざまな決済方法を豊富に用意しているので、ストア開設においての決済方法の選択肢も広がるでしょう。

Shopifyで利用できる決済方法の種類

Shopifyで利用できる決済方法には次のようなものがあります。

• Shopify ペイメント
• Apple Pay
• Google Pay
• Shop Pay
• PayPal
• Amazon Pay
• KOMOJU
• 携帯キャリア決済
• Paidy
• GMOイプシロン
• SBペイメントサービス
• 2Checkout
• CyberSource
• BitPay

以上の決済方法には、クレジットカード払いのほか、銀行振込やコンビニ決済、携帯と併せての支払い方法など、それぞれ特徴があります。

決済手数料も異なるので、Shopifyで決済方法を選択する際にはそれぞれの決済方法の特徴を踏まえて、自分の開設するストアに合った方法を選択することが必要です。

おすすめ決済方法はShopify ペイメント

Shopify ペイメントはShopifyで主流の決済方法です。

取引手数料も無料で、簡単に利用できるのがメリット。

Shopify ペイメントのメリットや設定方法について解説します。

簡単にできるShopify ペイメントとは

Shopify ペイメントとはShopifyが提供する決済サービスで、クレジットカード決済(Visa・Mastercard・JCB・American Express)が可能です。

外部アカウントの設定なども必要ないので、簡単に設定ができます。

Shopify ペイメントを導入することで、Apple PayやGoogle Pay、Shop Payも利用可能です。

取引手数料が無料、決済手数料も安価という点も特徴です。

Shopify ペイメントのメリット

取引手数料が無料である点もメリットの一つではないでしょうか。

外部決済サービスを利用する場合、プランによって0.5~2.0%の取引手数料がかかりますが、Shopifyを導入するだけで手数料がなくなります。

また、通常オンラインストアで決済サービスを導入する際に審査が必要ですが、Shopify ペイメントの導入に審査は必要ありません。

設定後、すぐにクレジットカード決済が可能です。

さらに、Shopifyの管理画面から売上状況を把握しやすいのメリットです。

Shopifyの管理画面から支払金額や保留中の金額、支払い日などを確認できるので、管理がしやすいでしょう。

Shopify ペイメントの設定方法

Shopify ペイメントの設定方法は以下の通りです。

1. Shopify ペイメントの有効化:管理画面の「設定」→「決済設定」を選択し、Shopify ペイメントの「アカウントの設定完了する」を選択します。

2. 情報を登録:会社情報や個人情報、銀行口座、銀行情報、サービスの詳細、カード明細書に表示させる請求書情報など、必要情報を入力します。

3. 設定:「編集」を選択し、設定したい項目(通知、CVVや郵便番号の認証に失敗した支払いを拒否する、3Dセキュア認証、お支払い方法、簡単なチェックアウト)にチェックを入れてください。

4. テスト:テストモードをチェックし、決済のテストを実施します。

Shopify ペイメントの手数料

取引手数料は無料ですが、決済手数料がかかります。

クレジットカードの手数料は、Shopifyで開設するストアのプランによって異なり、以下の通りです。

Shopify ペイメントの決済手数料は、他のサービスと比べると安価となっています。

Visa、Mastercard:(ベーシック)3.40%、(スタンダード)3.30%、(プレミアム)3.25%
American Express:(ベーシック)3.90%、(スタンダード)3.85%、(プレミアム)3.80%
JCB:(ベーシック)4.15%、(スタンダード)4.10%、(プレミアム)4.05%

Shopify ペイメント以外にも多数あるおすすめ決済方法

Shopify ペイメントは主流の決済方法でメリットも多いですが、すべてに対応できるとは限りません。

他の決済サービスを利用したい場合は、併用が必要です。

Shopify ペイメント以外のおすすめ決済方法を紹介します。

AmazonユーザーにおすすめのAmazon Pay

Amazon PayはAmazonアカウントを持っていれば、Amazon以外のサイトでもAmazonアカウントでログインし、決済ができます。

Shopifyで買い物をして決済に進んだ後、会員登録や決済情報の登録をいちいち行わずにすむので、Amazonユーザーにとってはとても便利です。

Shopifyストアなら月額費用や初期費用といった導入費用もかかりません。

対応ブランドは、Visa・Mastercard・JCB・American Expressです。

しかし、対象が日本に拠点がある法人で、amazon.co.jpに登録されているアカウントのみがしようできるので注意が必要です。

コンビニ決済ならKOMOJU

KOMOJUは株式会社DEGICAが運営するオンライン決済代行サービスです。

クレジットカード決済だけでなく、コンビニ決済・銀行振込・Pay-easy・キャリア決済・プリペイド型電子決済など、数多くの支払い手段をまとめて導入できるのがメリットです。

オンラインでの買い物はクレジットカードが主流ですが、中にはクレジットカードの不正使用などを避けたいなどの理由で、コンビニ決済などを選択するユーザーも少なくありません。

クレジットカード決済以外の決済方法をまとめて導入できるのは、サイト運営者にとっても便利です。

プリペイド型電子決済では、WebMoney・BitCash・NET CASHに対応、クレジットカードはVisa・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubに対応しています。

携帯電話と併せて集金できるキャリア決済

キャリア決済は、docomo・au・SoftBankのキャリア決済をまとめて導入できます。

キャリア決済のメリットは、それぞれのキャリアが代金を立て替えて支払いをするので、未払いのリスクが低くなる点です。

ユーザーにとって、クレジットカードが必要なく携帯の料金とまとめて支払いができるので便利でしょう。

クレジットカード情報を入力する不安もなく、クレジットカードを持っていない若年層のユーザーを獲得しやすいのもメリットです。

しかし、クレジットカードに比べて手数料が高くなるうえに、それぞれのキャリアの審査もあることがデメリットと言えます。

幅広い決済サービスが可能なSBペイメントサービス

SBペイメントサービスは、クレジットカード決済のほか、PayPay・楽天ペイ・キャリア決済・コンビニ決済・Pay-easy決済を導入できるオンライン決済代行サービスです。

幅広い決済方法をまとめて導入できます。

ソフトバンクグループでもあるSBペイメントサービスは、実績と安定性があり安心して利用できる点もメリットです。

国際的なセキュリティ基準監査において認証されているなどのセキュリティ対策も充実しています。

カード情報漏洩対策、不正利用対策などにおいても安心です。

また、決済管理ツールで売上管理もできます。

世界的に利用されているPayPal

PayPalは海外においてはスタンダードなオンライン決済方法です。

20以上の通貨に対応し、ユーザーはPayPalアカウントにログインするだけで決済できます。

クレジットカード情報を入力する必要もありません。

PayPalでは、すべての取引を24時間、365日モニタリングし、ユーザーの被害を最小限にとどめる独自の不正防止モデルを確立。

個人情報は最高水準と言われる暗号化キーで保護するなど、クレジットカードも安心して利用できるシステムを搭載しています。

ユーザー数は世界で3億人以上であるPayPalは、海外のユーザーの集客を目指すなら、導入しておきたい決済方法でもあります。

ただし、出金額が5万円未満の場合は振込手数料が必要です。

後払い決済も可能なGMOイプシロン

GMOイプシロンは、コンビニ決済・代引き決済・キャリア決済・ウォレット決済のほか、後払い決済が可能です。

幅広い決済方法をまとめて導入できるGMOイプシロンは、クレジットカード手数料が3.2%と安いことと、後払い決済を導入できる点もメリットです。

ユーザーの中には給料が入ったら商品を購入したい、ボーナスが入ったら支払いたい、と考えるケースも多く、後払いは便利な決済方法と言えます。

また、商品を確認してから支払いができるのも、ユーザーにとっては安心です。

後払い決済を加えることで、そういったユーザーも取り込めるでしょう。

仮想通貨での決済を可能にするBitPay

Shopifyでは仮想通貨での決済も可能です。

BitPayはビットコインとビットコインキャッシュに対応するウォレットで、iPhoneやAndroidなどのスマホだけでなく、パソコンでも利用可能です。

BitPayの手数料は1%。

クレジットカードの手数料よりも安いのがメリットです。

ただし、Shopify ペイメントを有効にしていないと、手数料がかかるので注意しましょう。

Shopifyの決済方法の選び方

オンラインストアではクレジットカード決済を利用する人が多くいます。

そのため、クレジットカード決済は外せません。

しかしクレジットカードを好まないユーザーは、コンビニ払いや銀行振込を選ぶケースが多いです。

Shopifyで決済方法を選ぶには、さまざまな決済方法を選択することも大切ですが、手数料やストアに適した方法を導入することも必要です。

Shopifyでの決済方法を選ぶ際のポイントについて解説します。

手数料を比較

決済方法選びのポイントの一つは手数料です。

オンライン決済サービスを導入する際には、一般的に初期費用・月額費用・決済手数料がかかります。

さらに、決済サービス手数料や取引ごとに発生するトランザクション費用がかかってきます。

それぞれの決済サービスによってかかる費用や金額は異なります。

たとえ1%程度の違いだとしても、売上が大きくなるほど差が出るので、きちんと検討することが必要です。

また、決済手数料は代行決済サービスに支払う費用ですが、商品が購入されると取引手数料も発生します。

取引手数料はShopifyに支払う費用で、Shopify ペイメントでの決済もしくはShopifyペイメントと併用した決済方法であれば無料になります。

Shopify ペイメントと併用できない外部サービスを利用する場合は、取引手数料がかかるので注意しましょう。

海外向けか日本向けか

Shopifyでのストアが海外向けか日本向けかによっても、適した決済サービスは異なります。

自分のストアがどちら向けなのか、もしくは両方に向けたものなのか、それにあった決済サービスを選択しましょう。

クレジットカード決済は世界的に利用されているサービスですが、日本では携帯キャリア決済やコンビニ払いなどを利用する人も多いです。

PayPalは日本ではあまり浸透していませんが、世界においては使用率の高い決済方法でもあります。

さらに海外では、デビットカードや電子マネーなども人気のある決済方法です。

管理しやすいかどうか

管理しやすいこともストアを経営する際には重要です。

支払い状況や次回支払い日、入金日などの管理がしにくいとミスにつながることがあります。

管理画面が見やすくわかりやすい方が、ミスを避けることができ業務をスムーズに行うことができるでしょう。

ただし、管理しやすいからと一度に多数の決済サービスを導入すると、見落としなどのミスをしやすくなります。

ストアに適した決済サービスを選び、無理のない管理をしましょう。

入金サイクルを確認

決済サービスによって入金サイクルが異なります。

商品の購入からすぐに入金されるわけではないので、資金繰りの計画をしっかりと立てる必要があります。

その際、各決済方法の入金日を確認しないと、資金繰りがうまくいかなくなることもあるでしょう。

自分の都合のいいタイミングで、入金があることも資金繰りしやすくする秘訣です。

決済サービスを併用する場合は、それぞれの入金サイクルを確認し、自分のストアに適したものを選びましょう。

また、決済サービスによっては審査が必要になるケースがあります。

審査にかかる時間や期間もそれぞれで、すぐに利用できないこともあるかもしれません。

審査の有無や期間なども確認するようにしましょう。

セキュリティ対策をチェック

オンライン決済サービスにおいてセキュリティ対策をしっかりしていることは非常に重要です。

過去には不正アクセスによってサービスが廃止されるという事例もありました。

サービスの廃止まではいかなくても、ユーザーはその決済サービスに対しての信頼を失ってしまうはずです。

情報漏洩や不正アクセスが確認されれば、その後の対処もしなければなりません。

労力や費用も多くかかることととなるでしょう。

このような被害を被らないように、セキュリティ対策が万全な決済サービス会社を選ぶことが大切です。

ユーザーに適した決済方法か

Shopifyで展開するストアのユーザーに適した決済方法であることも重要です。

クレジットカードの利用率は高いのですが、10代~20代はクレジットカードの利用が少なく後払いやコンビニ決済などを利用する人が多いようです。

クレジットカードを使用しない若年層か、スマホからの購入が多いなど、年齢や性別などを考慮した選択をしましょう。

また、取り扱う商品が高額なものかそうではないのかなど、販売する商品に合っていることも必要です。

Shipifyを有効に利用するために適切な決済方法を選択

Shopify ペイメントであれば、取引手数料も無料で幅広い決済サービスを利用できます。

メリットも多い決済方法ですが、不足しているところを補うために併用するのがおすすめです。

また、手数料や入金サイクル、管理のしやすさも重要でしょう。

そして商品や、ユーザーに適したものはどれかといった点も確認が必要です。

Shopifyを有効に利用するためにも、決済方法の特徴を把握して適切な支払い方法を選ぶことが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。