Shopify予約販売おすすめアプリ3選!予約販売で売り上げアップしよう

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopify予約販売について知りたい(わからない)
という方のために、Shopify予約販売について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 予約販売のメリットがわかる
  2. Shopify予約販売が利用できるアプリがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopify予約販売について解説していきます。

予約販売とは?

予約販売とは、商品を予約するという形で販売するスタイルのことです。

たとえば在庫切れの商品を予約販売にすると、確実に入手したいユーザーに喜ばれるでしょう。

発売前の商品を予約販売にして、入手しやすくする販売方法も多いです。

人気の商品などは予約販売にすると、確実に手に入れたいというユーザーから喜ばれます。

テレビや雑誌などで紹介された商品や多くの芸能人が使ってる話題の商品も、人気になる可能性が高いです。

上記のように、ユーザーが確実に入手したい場合は、予約販売がおすすめです。

予約販売のメリット

商品を予約販売にするメリットがいくつかあります。

ユーザー側は、確実に入手できるメリットがありますが、実は販売者側にもメリットがあるのです。

販売者側にとって予約販売はどのようなメリットがあるのか、詳しく紹介します。

在庫リスクを減らせる

予約販売のメリットのひとつに、在庫リスクを減らすという理由があります。

事前に予約をしてもらうと、売れる数が予測できるため在庫を抑えることができます。

あらかじめ販売数がわかっていれば、多く製造してしまい売れ残るリスクが少なくなるでしょう。

ショップにとって、大量の在庫はキャッシュフローの減少につながります。

新たな資金投入ができないため、販売の回転率が悪くなってしまうのです。

すると資金繰りが困難になり、最悪の場合倒産の可能性があるでしょう。

しかし、予約販売で先におおよその販売数を知ることで、リスクを減らすことができます。

在庫が多く残った際に大幅な値引きをして、利益が少なくなるリスクを減らすことが可能です。

繁忙期に作業分散ができる

予約販売をするなら、作業が多くなる繁忙期にやりましょう。

繁忙期は注文数が増えるため、在庫管理や発注など細かい作業をしている暇がありません。

忙しい時期に予約販売をすれば、スタッフは発送のみの作業で済みます。

ショップにより繁忙期は異なりますが、多くの場合クリスマスやお正月のシーズンではないでしょうか。

長期休日に入る時期や、贈り物をする時期なども忙しくなる傾向があります。

忙しく通常の業務ができないなら、予約販売で作業効率を良くする対策がおすすめです。

また、繁忙期に予約販売をすると、商品確保ができるというメリットもあります。

商品が売れる時期に予約販売をすれば、ユーザーへの販売個数を限定する必要がありません。

さらに商品が売り切れるリスクも減らせるため、ユーザーにも販売者にもいいこと尽くしではないでしょうか。

在庫をコントロールできる

予約販売は、在庫をコントロールできるメリットもあります。

事前に注文を受けると、注文を受けた数だけ生産することができます。

結果的に材料費の無駄がなく、ショップの運営に役立つでしょう。

また、予約販売で事前に資材などを確保できるメリットもあります。

事前に商品販売数がわかっていれば、安心して仕入れができるでしょう。

自社商品ではない場合でも、予約販売は商品を確保できるメリットがあります。

事前にプロモーションができる

予約販売は通常より販売期間が伸ばせるため、プロモーションを長くできます。

プロモーションを長くすれば、ユーザーの目に留まる可能性を高くできるでしょう。

一般的に、プロモーションで成果を出すには、ある程度の期間が必要です。

クリスマスやバレンタインなど限られたプロモーションでは、十分な成果が得られない場合があります。

予約販売であれば、通常より長い期間プロモーションができるより多く販売することができます。

とくに長いプロモーションが必要なのは、時間をかけて関係性を築いていくコンテンツマーケティングの場合です。

まずは、自分のブランドのファンを少しずつ増やしていくために、たくさんのユーザーに自ブランドを知ってもらうところから始めましょう。

広告やメールマーケティングであれば、より多数のユーザーに見てもらいやすくなるので短期間でも効果を出すことができるかもしれません。

アピールする方法によって、予約販売を使い分けてみてください。

予約販売特典をつけられる

予約販売は、予約限定の特典をつけることができます。

商品の予約をしないと得られない特典は、商品の価値を高める戦略としておすすめです。

特典を一定数しか配布しなければ、特典自体に価値が出る可能性があります。

予約販売の特典があると、購入するか迷っているユーザーにアピールできます。

ブランドのファンは予約してでも買いたいと思うでしょう。

しかし、まだファンではないユーザーは、購入するか迷っているかもしれません。

そこで予約特典をつけ希少性アピールすれば、購入につながる可能性があります。

予約販売の特典は、割引や限定商品などがあります。

どのような特典がユーザーに喜ばれるのかをリサーチしておくと、予約販売数を伸ばすことができるでしょう。

予約販売のデメリット

商品の予約販売はメリットばかりではありません。

メリットばかりに目を向けないで、デメリットも事前に確認しておきましょう。

予約販売で失敗を減らすために確認しておきたいデメリットを紹介します。

販売できない場合に対応が必要

予約販売は、販売できなくなる恐れがあります。

たとえば、予約を多くとりすぎてしまい、販売日に数を用意できないかもしれません。

また、販売できないリスクは、製造元の問題や配送トラブルなど多岐にわたります。

このような最悪な状況をシミュレーションしておくと、予約販売で万が一商品を確保できなかった場合でも慌てずに対応できます。

販売できないうえに対応を間違えれば、ショップの信頼が落ちてしまうでしょう。

予約したユーザーに謝罪するのは当然ですが、それ以外のフォローをどうするか考えなければなりません。

予約で販売できない場合の対処としては、在庫確保が出来ない可能性があることを、事前にユーザーに了承してもらうといいでしょう。

事前にいろいろなリスクをシミュレーションしておくと、ショップの信頼度を落とすリスクを減らすことができます。

購入したことを忘れられやすい

予約販売は、ユーザーが購入したことを忘れてしまうというデメリットがあります。

とくに、予約から販売までの期間が長いほど、購入したことを忘れられやすいです。

他にも住所変更やキャンセルのリスクがあります。

予約から販売まで期間が長いと、ユーザーの気が変わりキャンセルになるかもしれません。

または、ユーザーの住所が変わっており、商品が届けられない恐れもあります。

そのような予約販売で購入忘れを防ぐには、事前の連絡がおすすめです。

事前にメールで案内しておくと、商品がユーザーに届くのか不安な気持ちを和らげることができます。

また、購入したことを忘れたユーザーにも思い出してもらえるはずです。

住所が変更していた場合はユーザーからその旨の連絡があるでしょう。

キャンセルについては、事前に予約商品はキャンセルできない旨を伝えるといいでしょう。

また、ショップ側も商品の発送忘れを防ぐため、適切なスケジュール管理をしてください。

システム構築が必要

商品の予約販売は、システム構築が必要です。

プログラミング知識がないと、導入が難しいと感じてしまうかもしれません。

外部に委託する方法はありますが、当然ですが費用がかかってきます。

簡単に予約販売を導入したいなら、Shopifyの利用がおすすめです。

Shopifyは、ネットショップ構築に必要なサービスがセットで利用できます。

予約販売もアプリで簡単に導入できるため、自分で構築を考えている場合におすすめです。

Shopifyの利用は、14日間無料体験があります。

使いやすさを確かめてから導入できるため、失敗を減らせるでしょう。

月々の料金プランは柔軟に対応が可能で、お金をかけずショップ構築したい人から、本格的に構築したい人にも対応できます。

Shopify予約販売ができるアプリ3選

Shopifyで予約販売を導入するためには、アプリの利用が必要です。

対応アプリの中でも、おすすめのアプリを3種類紹介します。

それぞれのアプリの使いやすさや特徴を比較して、自分にあった予約販売システム構築をしてみましょう。

予約販売アプリ

「予約販売アプリ」は、Shopifyに対応する予約販売のアプリです。

提供元は株式会社ハシゴで、サイバーエージェントグループの会社です。

日本の会社が提供するアプリのため、日本語対応はもちろん、トラブルの際に日本語で問い合わせができて安心でしょう。

アプリは、インストールするだけで使えます。

インストールしたら、アプリ管理画面から予約する商品を設定しましょう。

簡単設定で予約販売ができるため、初めて予約販売する人におすすめです。

予約販売アプリの特徴は、次のとおりです。

• 月額19.99米ドル
• 7日間の無料体験あり
• 商品ページのボタン変更
• モバイル対応

Pre-Order Now

「Pre-Order Now」はShopify予約販売対応のアプリです。

使用した人のレビュー数が多く、世界で人気があるアプリです。

海外の会社によるアプリで、日本語サポートはないため注意してください。

Pre-Order Nowのメリットは、1商品まで無料で使える点でしょう。

予約販売の設定が細かいため、販売時期や数量の指定が必要な際や、割引を使いたいときにおすすめです。

また、在庫が切れた場合は自動的に予約ボタンに変更してくれるので便利です。

Pre-Order Nowの特徴は、次のとおりです。

• 月額無料・19.95米ドル・39.95米ドル・59.95米ドル
• 14日間の無料体験あり
• 高度なカスタマイズが可能
• 在庫切れで予約販売に切り替え可能
• クラウドファンディング製品に
• 自動割引が使える
• 先行予約メール機能あり

Uchuya Order Manager

「Uchuya Order Manager」はShopify予約販売対応アプリです。

提供元はトランス・コスモス技術研究所で、日本語対応のため初心者でも安心して使えます。

注文情報を新規注文・発送待ち・予約販売のステータスで管理できます。

また、不正注文を防ぐ機能があるため、発送後に入金がないなどのリスクをなくせるでしょう。

送り状番号にも対応で、佐川・ヤマト・日本郵便の配送状況を利用したい人にもおすすめです。

Uchuya Order Managerの特徴は、次のとおりです。

• 月額9.90米ドル
• 7日間の無料体験あり
• 配送日時指定対応あり
• 日本語対応アプリ

Shopify予約販売はアプリで導入しよう

ショップで予約販売を導入するなら、Shopifyと対応アプリの組み合わせがおすすめです。

どちらも簡単な操作のため、自分でショップ構築ができるでしょう。

予約販売アプリも多数あるので、ショップごとにカスタマイズが可能です。

どの予約販売アプリを選んでいいか迷ったら、紹介したアプリを参考にしてみてください。

アプリは日本語対応のものから、カスタマイズ性に優れたタイプがあります。

月々の料金や機能を比較して、予約販売システムを導入してみましょう。

また、予約販売のメリット・デメリットをもう一度見直してみてください。

商品販売の手間を減らし、ユーザーに喜んでもらえる販売を考えているなら、予約販売がおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。