ShopifyにFacebookを連携!メリットと方法などを解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyとFacebookの提携について知りたい
という方のために、FacebookをShopifyに提携する方法や提携するメリットついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyをFacebookに提携するメリットが分かる
  2. ShopifyにFacebookを提携する流れが分かる
  3. Shopifyで提携したいFacebook以外のSNSが分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyをFacebookに提携するメリットについて解説していきます。

 

ShopifyでECサイトを構築したけれど、なかなか売上が伸びない。

そんなときはさまざまな施策を行うことになるわけですが、

そのなかでもぜひトライしてもらいたいのが「Facebook」との提携です。

そこで、ここではShopifyをFacebookと提携する具体的な方法や、

提携するメリットなどを紹介していきます。

ShopifyにFacebookを提携するメリット

Shopifyを通じてECサイトを立ち上げたけれど、なかなか売上が伸びずに困っている。

そんなときにおすすめしたいのがFacebookとの提携です。

ShopifyにFacebookを提携することにより、さまざまなメリットが生じるので、

まだFacebookを提携していないという方はぜひ挑戦してみてください。

安心して商品を購入してもらえる

ShopifyとFacebookを提携すると、

FacebookのアカウントにShopifyで構築したECサイトで取り扱っている商品の販売ページを

掲載することができるようになります。

Facebookに商品販売ページを設置することにより、

商品に対する信頼度が上がるという点がメリットです。

消費者心理を考えると、同じ商品を取り扱っていたとしても、

まったく知名度のないサイトで購入するより、

Facebookを経由したほうが安心して商品を購入できと考えるお客様が多くなると予想できます。

取り扱っている商品に問題がないのに売り上げが伸びないのは、

サイトの信頼度が低いからかもしれないので、

積極的にFacebookなどのSNSと提携をしてみましょう。

簡単に購入まで進めてカゴ落ちリスクが下がる

せっかく商品をカートに入れてもらったのに、

購入までにさまざまな段階を踏まなければいけない場合、

途中でお客様の購買意欲がガクッと下がってしまうことがあります。

カートに商品を入れてもらうところまでは来たのに、

最終的に商品の購入に至らなかったケースのことを「カゴ落ち」といいます。

カゴ落ちはサイトの構造上の問題であるため、必ず改善点があるのです。

カゴ落ちの対策として有効なのは、決済完了までの手順を簡略化することですが、

Facebookとの提携を行うことにより、スムーズに購入することができるので、

カゴ落ちのリスクを低減することができるのです。

カゴ落ち対策に限ったことではありませんが、

ECサイトを運営するならお客様目線での改善が必要となるでしょう。

宣伝効果が高い

最後にFacebookと提携するメリットとして、「宣伝効果が高い」ことが挙げられます。

ShopifyでECサイトを作る際は、

SEO対策を行うなどして検索順位を上げたりすることはできますが、

基本的にSEO対策はリスティング広告と比べるとどうしても広告効果が低いので、

なかなか結果が出ないこともあります。

リスティング広告を出稿するほどのお金の余裕はないけれど、

集客効果を出したいときはFacebookとの提携が有効です。

Shopifyで作りたてのECサイトは知名度がないためほとんどの方は

アクセスしてくれませんが、Facebookに商品を掲載すれば、

Facebookのユーザーが商品を購入してくれる可能性があります。

ShopifyでFacebookを提携する流れ

先程はShopifyをFacebookに提携する方法について紹介しましたが。

ここからは実際にShopifyでFacebookを提携する具体的な方法について紹介していきます。

Shopifyでさまざまな広告に関する施策を打ってみたものの、

なかなか結果を出すことができなかったという方は、

ぜひShopifyをFacebookに提携させてみてください。

Shopifyの「販売チャネル」からFacebookを追加

ここではすでにFacebookのアカウントを取得している前提で話を進めていきます。

もしFacebookのアカウントを取得していないのであれば、

すぐにアカウントを作成してください。

ShopifyにFacebookを提携するためには、

「販売チャネル」としてのFacebookをインストールしていきます。

販売チャネルの追加はShopifyの管理画面から行うことができ、

画面左側のメニューから「販売チャネル」を選択して、「販売チャネルを追加」の部分から

「Facebook」を選択してください。

すると「販売チャネル」メニューの下に「Facebook Shop」という項目が追加されるので、

さらにページ右側の「アカウントを連携」ボタンをクリックしてアカウントの

連携に進んでいきます。

Facebook側での連携を行う

Shopify側でFacebookの連携を行おうとすると、

今度はFacebook側で作業を行うことになります。

基本的に画面に従って連携作業を行っていくことになりますが、

アカウントを複数所持している場合などは、アカウントを適切に設定しなければいけません。

また、ShopifyとFacebookの提携を行うためには、

あらかじめFacebookピクセルを設定しておく必要があります。

・Facebookピクセルとは

Facebookピクセルとは宣伝効果を測定するためのツールであり、

Facebookピクセルを活用することによって、広告が適切に運用されているかをチェックし、

さらに販売を促進させる目的などで利用されます。

Shopifyに戻りアクセス許可の設定などを行う

Facebook側での認証が終わったら、

再びShopifyに戻ってアクセス許可などの設定を行っていきます。

Shopify側からアクセスできるアカウントを決めて設定を進めていきますが、

あらかじめアクセスできるアカウントを決めておくことにより、

Facebookに関する管理を効率的に行えるようにしていきます。

アクセス許可に関する設定を終えれば、これでShopifyとFacebookの連携作業は完了です。

ちなみに、連携作業の反映までには少し時間がかかるので、

時間を開けてから反映されているかを確認してください。

ShopifyでECサイトを立ち上げたものの、

なかなか伸び悩んでいる方はぜひFacebookの連携に挑戦してみましょう。

Facebook側の審査があることに注意

Shopifyで構築したECサイトの売り上げを伸ばすのであれば、

Facebookとの提携は非常に有力な選択肢ではありますが、

必ずしもFacebookとの提携ができるわけではありません。

それは、ShopifyとFacebookを連携させるときに、

Facebookが「審査」を行うからです。

よほどのことがなければFacebookの審査は通りますが、

まれになんらかの理由で審査に落ちてしまうことがあるようです。

そのような場合はShopify側では対応することができません。

まずは審査をパスできなかった理由についてFacebookに問い合わせを行い、

その返事をもとに商品の問題点を解決する必要があります。

ShopifyはFacebook以外だとInstagramにも提携可能

ShopifyはSNSと提携すると売り上げのアップが見込めますが、

提携できるSNSはFacebookだけではありません。

Facebook以外で提携できるSNSとして、

ここではInstagramとの提携方法についてチェックしていきましょう。

Facebookの提携だけでは限界を感じている方は、ぜひInstagramにも提携を行いましょう。

Instagramでの提携を行いたいケース

ShopifyでInstagramの提携をする方法についてご紹介する前に、

まずはInstagramと提携する理由について考えていきましょう。

SNSと一言で言っても、Facebook、Instagram、

Twitterなどのさまざまな種類のものがあるわけですが、

それぞれ利用者の属性が異なることが特徴です。

特にInstagramは若い女性が利用している傾向にあり、

流行に対して敏感なユーザーが多いという特徴があります。

そのため、Shopifyを通じて開設したECでサイトで若い女性向けの商品を取り扱うのであれば、

Instagramとの連携は非常に大きな意味を持つことになります。

ShopifyでInstagramに提携する流れ

InstagramをShopifyに提携する流れはFacebookのときと大きくは変わりません。

ただ、Shopifyに提携する前にInstagram側で作業を行わなければいけません。

それは「アカウントの切り替え」です。

InstagramをShopifyに提携するには、アカウントをクリエイターアカウント、

もしくはビジネスアカウントに切り替える必要があります。

この作業を行わなければ、Instagramを提携することができないので注意してください。

Instagramを連携する際も審査が行われますが、

審査基準に満たない場合は連携することができないので、

審査に落ちてしまった理由をFacebookのときと同様に確認して、

それを解決しなければいけません。

ShopifyはSNSと提携して集客しよう

ShopifyでECサイトを立ち上げたけれど、

なかなか集客するのに苦労している方もいるかもしれません。

そんなときは、FacebookやInstagramなどのSNSと提携して商品を宣伝してみてください。

各SNSはアクティブユーザー数が非常に多いため、ショップへのアクセス増加が見込めます。

設定には少々手間がかかりますが、連携を行うことで非常に高い宣伝効果を得られるので、

まだ提携したことが無い方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。