Shopifyで在庫管理を効率的に行う!便利なシステムやアプリを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyで構築したECサイトで在庫管理を効率的に行う方法について知りたい
という方のために、おすすめのシステムついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで在庫管理を行う具体的な方法がわかる
  2. Shopifyで在庫切れが発生したときの対応方法がわかる
  3. Shopifyで在庫管理を効率化するために導入したいシステムがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyで在庫管理を行う具体的な方法について解説をしていきます。

ECサイトを運営していると、商品の在庫管理に時間を取られてしまい、なかなか他の作業をすすめることができないという経験をした方もいるでしょう。

この記事ではそんな方に向けて、効率的に在庫管理するためのおすすめのシステムなどについて紹介します。

在庫管理に時間を取られている方は要チェックです。

Shopifyの在庫管理を行う具体的な方法

Shopifyに限らず、ECサイトを運営する際は在庫管理が重要な意味を持ちます。

適切に在庫管理することができなければ、お客様が求めているタイミングで商品を出すことができないので、機会損失につながってしまいますし、逆に商品を仕入れすぎて在庫過多になってしまう恐れがあります。

在庫管理の方法は基本的に2つあります。

「Shopifyの管理画面で在庫管理する方法」と「外部サービスを利用して在庫管理する方法」です。
ここではShopifyで在庫管理する具体的な方法を見ていきましょう。

Shopifyで直接在庫管理する

Shopifyの管理画面で在庫管理する方法を紹介します。

商品名に対して在庫数が表示されるシンプルな作りであり、在庫数が0になると販売をストップします。

ただ、在庫数が0になったとしても販売を続けること自体は可能で、予約商品に対してそのような設定が可能です。

ECサイトの規模がまだそこまで大きくなく、商品にそこまで種類がないのであれば、Shopifyで直接在庫を管理する方法でも問題ありません。

しかし、ECサイトの事業が軌道に乗ると規模が大きくなってくるため、Shopifyで直接在庫を管理する方法は効率的ではありません。

そのようなときは外部サービスを使って在庫管理しましょう。

外部サービスを利用して在庫管理する

ECサイトの規模がまだそこまで大きくないのであれば、Shopifyで直接在庫管理する方法で問題ありません。

規模が少し大きくなってきて、さらにこれからも規模が大きくなり続けることが見込まれるのであれば、外部サービスを利用してみましょう。

外部サービスで在庫管理する場合、利用するサービスによってはサービスの使用料金が発生することに注意が必要ですが、在庫管理という煩雑な作業を効率化できるのは非常に助かります。

在庫管理のサービスは需要が高く、多くの企業がサービスを展開しています。

どの在庫管理システムを利用すればよいかについては、後ほど紹介するのでぜひ参考にしてください。

Shopifyで在庫が切れてしまったときの取り扱い

Shopifyで構築したECサイトで取り扱っている商品が在庫切れになってしまった場合、その後どのような対応を取るのかを決める必要があります。

ここでは、Shopifyで構築したECサイトで商品の在庫が切れてしまったときに取るべき対応について考えていきます。

・売り切れと表示して注文をストップする

商品の在庫が0になってしまったときに、「売り切れ」と表示して注文をストップします。

この方法はオーソドックスです。

ちなみに、Shopifyでは在庫が切れてしまった場合でも販売そのものを続けることは可能ですが、その場合は在庫をすぐに補充する必要があります。

それができない場合はやはり「売り切れ」と表示して注文をストップさせなければいけませんが、その場合はShopifyで設定が必要です。

・アプリで商品を非表示にする
売り切れと表示する方法以外には、売り切れた商品を非表示にする方法があります。

しかし、この方法は売り切れているのか、それとも終売になってしまったのかお客様側から判断がつきにくいというデメリットがあります。

Shopifyの在庫管理で導入したいシステムとアプリ

Shopifyで構築したECサイトの規模が大きくなってきたら、Shopifyで直接在庫を管理するのは効率が悪いです。

ここではShopifyで構築したECサイトの規模が大きくなってきたときに、ぜひ導入したい外部システムについて比較していきたいと思います。

外部システムの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

オープンロジ

配送に関するさまざまな作業を億劫に感じているのであれば、ぜひ「オープンロジ」の利用をおすすめします。

オープンロジは商品1個から利用することができるサービスで、特にShopifyを使っている方であれば作業効率を向上させることができるため人気があります。

・オープンロジのメリット
オープンロジのメリットは、出荷に係る作業を全て自動化できるという点です。

出荷作業は時間がかかる作業なので、いかに効率よく行うことができるかが重要でしたが、オープンロジを利用することによって、効率的に終わらせることができます。

また、Shopifyが提供している公式アプリで在庫管理・出荷作業を自動化できるのも大きな魅力です。

ロジクラ

Shopifyで構築したECサイト以外にも実店舗を構えているなら、「ロジクラ」というシステムの導入がおすすめです。

ロジクラを利用することにより、Shopifyで構築したECサイトの在庫数と実店舗の在庫数を管理することができます。

今まで別々に管理していたのであれば、作業工程を大幅に短縮できます。

・ロジクラのメリット
ロジクラを使うメリットとしては、気軽に入出荷処理や在庫管理を行えることが挙げられます。

通常、入出荷処理や在庫管理はパソコンなどで行いますが、ロジクラの場合はiPhoneでもそれらの作業が可能です。

外出先でも在庫管理できるので、不測の事態にもすぐ対応できます。

ロジレス

Shopifyで構築したECサイト以外に、Amazonや楽天などでも出店しているのであれば、ぜひ「ロジレス」を導入してみてください。

ロジレスであれば複数のECサイトにおける在庫管理を一括で行えるので、作業時間を大幅に短縮できるでしょう。

・ロジレスのメリット
ロジレスを導入するメリットは在庫管理を一括で行えるだけではありません。

一般的なシステムでは集荷までの作業を自動で行ってくれますが、ロジレスの魅力はマーケティング施策についても全て自動で行ってくれることです。

一定金額以上購入してくれたお客様におまけを送るなどのマーケティング施策を全て自動化できるので、面倒な作業を行う必要はありません。

ネクストエンジン

在庫管理に関してシステムを導入するのは初めてというのであれば、「ネクストエンジン」を導入してみるのはいかがでしょうか。

ネクストエンジンの特徴は、サポート体制が手厚いことにあり、オンラインマニュアルを始め、メールサポート、電話サポートにも対応していて、顧客満足度は93%と高い数字をマークしています。

・ネクストエンジンのメリット
ネクストエンジンのメリットとしては、複数のECサイトに対して一括で管理できる点が挙げられます。

対応可能な店舗数は50店舗に上るため、すでに多くのECサイトをネット上で運営しているのであれば、ぜひ導入をおすすめしたいサービスの一つです。

後から管理対象の店舗を追加しても費用が請求されないのも嬉しいポイントです。

mimosa

在庫管理にシステムを導入したいけれど、システムの操作が複雑そうで導入をためらっている。

そんな方におすすめしたいのが「mimosa」です。

mimosaのシステムは直感的に操作できるUIが特徴で、今まで在庫管理システムを利用してこなかった方でも、安心して作業することができるでしょう。

・mimosaのメリット
mimosaのメリットとしては、物流関連の分析も可能という点が挙げられます。

発送に関して一括で行ってくれるシステムを提供している企業は多いですが、物流関連の分析もできるシステムはほとんどありません

物流関連の分析を行えば、自社サイトが抱えている課題を洗い出すことができますし、その課題の解決へ至るヒントを得ることができるでしょう。

シッピーノ

トラブルが発生したときでもしっかりとサポートしてもらいたい在庫管理システムの導入を考えているのであれば、「シッピーノ」を利用してみるのはいかがでしょうか。

シッピーノは設定から導入、そして運用までの前段階でサポート体制を万全に整えていることが特長で、万が一トラブルが発生してもリアルタイムで対応してもらえます。

・シッピーノのメリット
シッピーノのメリットはサポート体制が充実していることだけではありません。

すでにAmazonのFBAを利用しているのであれば、その設定を引き継いでシッピーノを利用できます。

Amazonですでに販路を持っているのであれば、シッピーノを気軽に導入することが可能です。

はぴロジ

ECサイトの運営で意外と面倒なのが検品作業です。

商品に問題ないか細かい部分までチェックするのは骨が折れる作業ですが、「はぴロジ」であれば検品作業を代行してくれます。

・はぴロジのメリット
はぴロジのメリットは検品作業に対応しているだけではありません。

出荷作業を完全に自動化してくれるのはもちろん、出荷メールなども自動送付が可能という痒いところに手が届くサービスを展開しているのがポイントです。

また、ギフトラッピング、セット商品対応、同梱対応、独自梱包資材などのさまざまなサービスに対応しているので、配送に関して他のショップと差を付けたいと考えているなら、はぴロジは魅力的なパートナーになってくれるでしょう。

日立物流-SMART WAREHOUSE

ECサイトを運営していると、取り扱う商品によっては繁忙期と閑散期の差がはっきりと現れることがあります。

契約している物流倉庫の料金体系がフレキシブルでなければ、閑散期はコスト効率がガクッと下がってしまいます。

しかし、日立物流のスマートウエアハウスを利用すれば、物流量に応じて費用が計算されるので、閑散期のコストダウンに対応可能です。

・スマートウエアハウスのメリット
閑散期のコストダウン以外には、特に自動化に力を入れていることが特徴的であり、省人化率は72%にも上ります。

圧倒的な作業効率化により、日々多くの荷物を発送しているのがスマートウエアハウスの強みで、発送数が多くなっても安心して依頼できます。

mylogi

ShopifyだけでなくさまざまなECサイトを利用しているのであれば、「mylogi」の利用をおすすめします。

mylogiを提供しているアートトレーディング株式会社は「Shopify Exparts」にも認定されているので、Shopifyで構築したECサイトに関する発送業務であれば、安心して依頼できそうです。

・mylogiのメリット
その他に挙げられるメリットとしては、初期費用が無料となっていることです。

物流システムの中には初期費用が発生するものがあり、契約するにあたり大きなイニシャルコストが発生するケースもありました。

しかし、mylogiでなら初期費用が発生しないため、気軽にサービスの利用を始めることができます。

Zoho Inventory

在庫管理だけでなく財務データについても管理をしたいのであれば、「Zoho Inventory」の利用をおすすめします。

物流システムに必要な部分はしっかりと抑えつつ、CRM(顧客管理)と会計部分を統合することにより、財務データの自動管理を実現しました。

・Zoho Inventoryのメリット
在庫管理システムを利用していると、意外と毎月の使用量が高いと感じた方もいるかもしれません。

多くの商品を管理してもらうため、ある程度のコストが発生してしまうのは仕方のないことですが、できるだけ費用はセーブしたいものです。

Zoho Inventoryであれば、もっとも安いベーシックプランだと、5,880円で1ヶ月利用できます。

在庫アラート

最後に紹介するのは在庫管理に関するShopifyのアプリです。

「在庫アラート」は、指定した商品が指定在庫数を下回った場合、それを通知してくれるアプリです。

在庫が無くなり売り切れとなってしまった場合、その商品の在庫を補充するまで機会損失が生じてしまいます。

ですが在庫アラートを設定することにより、早い段階で売り切れが近づいていることを知れるので、適切なタイミングでの在庫補充が可能です。

在庫切れは機会損失を生むだけでなく、お客様にご迷惑をおかけしてしまい、ショップに対する信頼度も下がってしまうので、できる限り避けなければいけません。

しかし、在庫アラートを活用すれば、短時間で在庫を補充できるので、在庫切れになってしまう心配はありません。

システムやアプリを積極的に導入して効率化しよう

ECサイトを運営してみると、意外とやらなければいけないことが多く、毎日ヘトヘトになってしまっている方も多いかもしれません。

特にECサイトを運営する中で、入出荷に関する作業は非常に時間がかかってしまいます。

それなら思い切って在庫管理システムを導入することにより、作業の効率化を図ってみるのも一つの手です。

在庫管理システムの導入にはある程度のコストがかかるため、どのシステムがいいかじっくりと比較しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。