Shopifyのページ作成方法を解説!充実したサイトを作ろう

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのページ作成方法について知りたい
という方のために、固定ページの作成方法やテーマの選び方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyのページ作成方法がわかる
  2. Shopifyのテーマについてわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのページ作成方法について解説していきます。

 

Shopifyは基本的なサイトであれば、

プログラミングなどの知識や技術がなくてもページ作成が可能です。

管理画面から操作していくだけなので、

初心者でもほとんど迷わずにサイトを作成していけるでしょう。

そうはいっても、ページを作ることに慣れていないと途中でわからなくなってしまうものです。

Shopifyではオリジナルの「テーマ」の選び方によっても、

ストアの雰囲気が変わるため「テーマ」についても把握しておかなければなりません。

Shopifyの固定ページ作成の方法

Shopifyの固定ページには、お問い合わせや会社概要、商品ブランドの説明などを記載します。

固定ページはストアにおいても重要な役割を担うページです。

固定ページがしっかり作成されていないと、信頼を失うことも。

Shopifyの固定ページの作成方法について解説します。

固定ページとは?

固定ページとはユーザーがわからない点や不安な点などを質問できる「問い合わせ」や、

商品ブランドについての説明をする「ブランドの概要」、

またストアについての説明をする「会社概要」などを記載するページです。

会社概要やブランド説明があれば、ユーザーがストアに対する理解を深めると同時に、

安心して買い物できますね。

問い合わせページがあれば、疑問点などを解消できるので、

より信頼できるストアと認識してもらえるでしょう。

固定ページとブログページの違い

一つ注意したいのが、ブログページとの違いです。

Shopifyではブログページを作成できますが、

固定ページとは違った内容であることを理解しましょう。

固定ページはストアに関する説明やブランドの説明、問い合わせ内容など、

時間が経ってもほとんど変わらない内容を掲載します。

一方、ブログページは商品に関する詳細や使い方、機能など、

より詳しく読んで楽しめる内容を掲載するのがおすすめです。

セールやキャンペーン情報など、

ユーザーにとってお得な情報を伝えられるページとしても利用できます。

同じ内容を掲載するのではなく、双方のページの目的や役割を認識し差別化を図り、

それぞれを効果的に使用しましょう。

固定ページ作成の流れ

固定ページはShopifyにログインし、管理画面から「オンラインストア」から

「ページ作成」を選択することから始められます。

すでにページを作成している場合は、「ページの追加」になります。

固定ページの作成方法について詳しく解説しましょう。

ページの編集画面から作成

固定ページはページの編集画面から作成します。

Shopifyの管理画面から

「オンラインストア」→「ページ」→「ページを作成」を選択します。

ページの情報を入力

固定ページの作成・編集画面で必要な情報を入力します。

項目別に解説しましょう。

 

・タイトル

「お問い合わせ」や「会社概要」など、ページのタイトルを入力します。

このページに何か書いてあるのか、ストレートにわかるタイトルをつけましょう。

記事を読まなくても内容がわかることが大切です。

 

・コンテンツ

コンテンツは本文を記載します。

文字のほか画像や動画などを挿入したり、太字や文字色の変更など文字の装飾も可能です。

 

・検索結果のプレビュー

検索エンジンに表示される文章を編集します。

タイトルとコンテンツの内容が自動で挿入されるようになっているので、

SEO対策を意識した内容にしましょう。

ページのタイトルが日本語の場合、URLの末尾が日本語になります。

URLに日本語が入っていると、検索エラーや文字化けなどのトラブルの原因になるので、

URLの末尾がページに関係する単語を英語に変えておくことをおすすめします。

 

・表示/非表示

「表示」を選択すると保存した時間に公開されます。

「公開日」を選択すると、日時を指定し予約して公開することができます。

 

・テンプレート

使用しているテーマによって、テンプレートが用意されています。

作成するページのデザインなどに適したテンプレートを選択しましょう。

たとえば、「問い合わせ」なら「page.contact」を選びます。

設定が終了したら保存をします。

ページをナビゲーションに追加

作成したページをナビゲーションに追加します。

管理画面から「オンラインストア」→「メニュー」を選択。

管理画面からページを追加したいメニュー(Main manu)を選択し、ページを追加します。

メニュー項目から「メニュー項目を追加」を選択→リンクから「ページ」を選択し、

追加するページを選んで「追加」をクリックします。

最後に保存をすれば完了です。

Shopifyのストアに新しいページを追加する

Shopifyのストアに新しいページを追加する方法は次の通りです。

1. 「オンラインストア」から「ページ」を選択します。
2. 「ページの追加」をクリックします。
3. ページの「タイトル」と「コンテンツ」を入力します。
4. 「公開」もしくは「非公開」で公開するタイミングを選択します。
5. 保存をします。

基本は固定ページを作成するのと同じ手順です。

タイトルとコンテンツの入力はSEO対策を意識して作成しましょう。

ShopifyのTOPページをデザインする

ShopifyではTOPページや商品ページを作成する際、

メインデザインであるテーマと呼ばれるテンプレートを利用します。

TOPページを作成する際、

まずはストアの雰囲気や必要な機能を備えたテーマを選択してください。

テーマを選択したらインストールします。

「オンラインストア」→「テーマ」→「無料のテーマを探す」→

希望のテーマを選択→「テーマライブラリーに追加する」→

「アクション」→「公開する」を選択します。

Shopifyのテンプレートは、テーマのデザインに最適なセクションが作成されているので、

セクションを配置すればレイアウトの編集が可能です。

TOPページのデザインを変更するには、管理画面から「テーマ」→「カスタマイズ」を選択。

TOPページの編集画面が表示されるので、

左のメニューから「セクションを追加」をクリックしデザインします。

メニューには、コレクションやストア情報、お客様の声、

ブログなどさまざまなパーツがあり、ドロップ&ドラッグで配置することができます。

ShopifyにFAQページを作成する

ストアにFAQページを作成しておくと、

ユーザーの「よくある質問」に対応することができます。

ShopifyでFAQページを作成するには、アプリ「HelpCenter」を使用すれば可能です。

「HelpCenter」はさまざまな言語に対応でき、デザインも豊富。

検索機能も備えています。

言語は必要な国だけを追加できます。

多種多様なデザインのテンプレートが用意されているので、簡単にデザインが可能です。

検索機能があるので、ユーザーは知りたい情報を簡単に、

効率的に見つけることができるでしょう。

無料プランと有料プラン(月額4.95ドル)があり、

有料プランでは問い合わせフォームの作成など、より多くの機能を搭載することができます。

「HelpCenter」を利用するには、Shopify App Storeから「Add app」をクリックし、

アプリをインストールします。

Shopifyのテンプレートを使ったページ作成

Shopifyではテンプレートを使うことで、

プログラミングの知識がなくてもさまざまなページ作成ができます。

テンプレートは「テーマ」といったShopifyオリジナルのデザインがあり、

無料で利用することが可能です。

Shopifyの「テーマ」テンプレートを利用したページ作成について解説します。

テンプレートを使ってページデザインができる「テーマ」とは?

Shopifyの「テーマ」テンプレートとは、

初心者でも簡単にページレイアウトやカスタマイズができる便利なものです。

「テーマ」にはそれぞれデザインや雰囲気、レイアウトが異なります。

さらに利用できる機能にも違いがあるので、ストアや目的に合ったテーマ選びが必要です。

テーマの種類

Shopifyのテーマには、無料と有料の公式テーマと、テーマストア以外のものがあります。

有料テーマは無料のテーマよりもデザイン性や機能性に優れたものが多いですが、

無料テーマであっても、基本的な機能は備わっています。

無料テーマはシンプルで見やすいレイアウトやデザインが多いのが特徴です。

シンプルな分、カスタマイズしやすいのもメリットでしょう。

有料テーマに比べると機能性は高くはないものの、

商品を大きく見せてインパクトを与えたり、スライドショーなどの動画、

お客様の声などの機能を搭載することもできます。

テーマの選び方

テーマはデザインの雰囲気だけでなく、基本的な機能もそれぞれ異なります。

ストアで取り扱う商品数やストアの規模などに合わせたテーマ選びが重要です。

ストアに合ったテーマの選び方について解説します。

商品にマッチしている

テーマ選びの大きなポイントは、ストアで取り扱う商品にマッチしていることです。

ユーザーはサイトのデザインや印象によって、商品を見るか、

検索するかを決めることも少なくありません。

サイトのTOPページが自分の探そうとしている商品とマッチしていないと感じれば、

ユーザーは興味を失い、その先に進まないでしょう。

さらにTOPページがマッチしていても、

商品ページに進んだ途端に違和感があれば購入につながりにくくなることもあります。

商品にマッチしたテーマを選ぶためには、ストアのコンセプトやターゲット、

デザインの雰囲気などが決まっていて、統一されていることが必要です。

ストアのコンセプトや雰囲気が決まっていない場合は、まず、

コンセプトを明確にすることから始めましょう。

ユーザーに合っている

デザインや機能性を踏まえ、ユーザーに合ったテーマを選ぶことも大切です。

年代に合ったデザインや必要な機能がないと、サイトの閲覧につながりません。

見た目を重視するのか、少しでも多くの商品をたくさん見せたいのか、

詳細をわかりやすく伝えたいのか、

ユーザーの要望に合ったレイアウトや機能が使えるものを選ぶことです。

スマホを多く使うのか、パソコンで見るのかなども踏まえ、

ターゲットに合わせたデザインや機能のあるテーマを選びましょう。

必要な機能がある

基本的な機能はテーマによって異なります。

デザインのほか、最低でも必要な機能が備わっているテーマを選びましょう。

Shopifyの無料テーマには、主に次のような機能があります。

 

・サイドバーメニュー

サイドバーにメニューを表示できる

 

・商品画像ズーム

画像にカーソルを合わせると商品の詳細説明が読める

 

・画像アニメーション

アニメション画像が見られる

 

・全幅コレクション画像

コレクションの画像を全幅でレイアウトができる

 

・ホームページビデオ

You Tubeなどの動画をレイアウトできる

 

・複数列メニュー

複数列のドロップダウンメニューで商品の詳細を伝えられる

 

・プロモーションバナー

ホームページ上部にバナーを設置し、セール情報などを伝えられる

 

・お客様の声

顧客のコメントなどを共有し、商品を宣伝できる

ほかにも、さまざまな機能があるので、

商品をスムーズに理解してもらえる機能やユーザーの利便性を考え、

適した機能が利用できるテーマを選びましょう。

テーマの理解不足に注意

ストアに適したテーマを選ぶには、テーマに関して理解することが必要です。

Shopifyのテーマはデザインや雰囲気、機能もそれぞれ異なります。

デザインの雰囲気だけで選んでしまい、商品の見せ方が適していない、

ということがあってはいけません。

テーマの機能に関しても、しっかり確認することが大切です。

商品を効果的に見せる機能が不足していたり、

スマホ用としては使いにくかったりすると、購入につながりません。

また、テーマにとっては機能がたくさんついていたり、

設定に細かい設定が必要だったりすることもあります。

ストアには必要のない機能のために、作成に時間がかかってしまうのは避けたいものです。

デザインや雰囲気も大切ですが、テーマの機能に関してもチェックして自分が作成しやすく、

ユーザーにとっても便利で効果的なページ作成ができるテーマを選びましょう。

テーマの使い方

ストアに合ったテーマを決めたら、テーマをインストールしページを作成しましょう。

Shopifyのテーマは「オンラインストア」→「テーマ」から選択します。

テーマの中から使用したいテーマを選択したら、「テーマライブラリに追加する」選択。

テーマの「アクション」から「公開する」をクリックします。

選んだテンプレートをテーマエディタから設定することも可能です。

管理画面から「オンラインストア」→「テーマ」を選択し、

テーマライブラリーセレクションで公開するテーマを探し、

「カスタマイズ」を選択します。

テーマエディタのトップバーで「公開」を選択し、

公開ウィンドウで「公開」をクリックすると、ページにテンプレートが反映されます。

ユーザーにわかりやすく魅力的なページを作ろう

Shopifyのページ作成は、

初心者でもテンプレートを利用すれば順調に進めていくことができます。

カスタマイズもそれほど難しくはありません。

自身のストアに適したテーマを選べば、集客・購入につながりやすいでしょう。

テーマについて把握し、わかりやすく魅力的なページ作成をしてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。