Shopifyのギフトカード機能とは?設定と使い方を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのギフトカード機能について知りたい
という方のために、Shipifyのギフトカード機能の概要、使い方や設定方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyのギフトカード機能の概要がわかる
  2. Shopifyのギフトカード機能のメリットがわかる
  3. Shopifyのギフトカード機能の使い方がわかる
  4. Shopifyのギフトカード機能の設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのギフトカード機能について解説していきます。

 

普段の生活の中でも、ギフトカードはもらってうれしい、

また贈り物としても利用しやすいものですね。

Shopifyのストアにおいても、ギフトカード機能があります。

ギフトカード機能を活用すれば、リピートにもつながります。

Shopifyのギフトカード機能とは?

Shopifyのギフトカード機能は、

ストアがユーザーの集客やリピート率のアップを図るためのサポートをしてくれるものです。

ストアはギフトカードを発行して、ユーザーにプレゼントすることができます。

または、ユーザーがShopifyのストアのギフトカードを購入し、

それを友人や知人にプレゼントするという使い方もあります。

ギフトカードの設定は、ストアにとって直接的な売り上げにはつながりませんが、

ユーザーにとってはうれしいプレゼントとなるでしょう。

ストアの商品を買いたくても、予算がないなどで購入をあきらめなければならないとき、

ギフトカードがあれば我慢することもありません。

そのようなメリットをもらえるストアに、悪い印象をもつはずはありません。

次の購入にもつながる可能性は高いです。

Shopifyのギフト設定は、将来の売上アップにつなげられる機能ということです。

Shopifyでギフトカードを活用するメリット

Shopifyでギフトカード設定をすれば、将来、

ギフトカードを利用したユーザーが再度ストアを訪れる可能性が生まれます。

ギフトカードを設定することで、顧客とのコミュニケーションを取れるのもメリットです。

Shopifyでギフトカードを活用するメリットについて把握しておきましょう。

ユーザーへの特典

ギフトカードの大きなメリットは、ユーザーにとって特典となることです。

ユーザーはギフトカードを使えば、お金を払わずに買い物ができます。

ストアを見て欲しいものがあった場合に、

予算が足りない場合でも買い物ができるのはうれしいことです。

何より、ギフトカードをプレゼントされるというだけでも、

精神的に幸せな気持ちになるものですね。

そんな気持ちにさせられるストアであることもメリットと言えるでしょう。

顧客とのコミュニケーション

ギフトカードの活用は、顧客とのコミュニケーションツールにもなります。

誕生日や記念日などに発行すれば、ストアを訪れてくれるきっかけにもなり、

しばらく買い物をしていなかったユーザーに、

ストア情報をお知らせするきっかけにもなります。

ストア情報をただ送信するだけでなく、ギフトカードをつけることで、

ユーザーは興味を持ってくれるでしょう。

再度ストアを訪れ、買い物をしてくれるきっかけとなります。

ギフトカードに関する問い合わせなどがあれば、返信することになり、

コミュニケーションを取ることが可能です。

販売を促す

ギフトカードの発行は、販売促進につながります。

無料で買い物ができるのですから、ユーザーがストアを閲覧する可能性は高いです。

気に入った商品があれば、ギフトカード以上の商品を購入することもあるでしょう。

再度ストアを訪れることで、改めてストアの魅力を認識してもらえる可能性もあります。

ギフトカードの利用をきっかけに、再度ストアを頻繁に訪れてくれるかもしれません。

また、ユーザーがギフトカードを購入し、友人などに贈ることで、

ストアのことを知ってもらえます。

それをきっかけにストアを気に入ってもらえれば、売上アップにつながります。

Shopifyのギフトカード機能の使い方

Shopifyのギフトカード機能は、ストアがユーザープレゼントする方法と、

ユーザーがギフトカードを購入し、友人などへの贈り物とする方法の2つの使い方があります。

ユーザーへコードを発行

Shopifyのギフトカード機能の使い方の一つは、ユーザー自身がギフトカードを使うことです。

ストアがユーザーにギフトカードを贈ることで、

ユーザーはギフトカードの金額分を無料で使うことができます。

誕生日や新規のお客様など、さまざまな機会に利用すれば、再度ストアを訪れてくれるでしょう。

商品として販売

Shopifyのギフトカードは、商品として販売することもできます。

ユーザーは商品としてのギフトカードを購入し、それを友人や知人に贈り物として利用できます。

自由に使えるギフトカードは、友人や知人へのプレゼントとしても便利です。

ユーザーは友人や知人にギフトカードを贈ってくれることで、

ストアの認知度も上がるでしょう。

新規顧客の獲得につながるかもしれません。

ユーザーは便利なギフトカードを購入できることで利便性を感じ、

ストアのファンになってくれる可能性もあります。

Shopifyのギフトカード機能の設定方法

Shopifyのギフトカード機能を利用するには設定が必要です。

ギフトカードをユーザーに贈る場合と、

商品として販売する場合の設定方法について解説します。

ギフトカードコードを発行する場合

Shopifyでストアがユーザーに贈り物としてギフトカードを発行する場合は

ギフトカードコードを発行します。

設定方法は、以下の通りです。

1. 「商品管理」→「ギフトカード」から「ギフトカードを発行する」を選択。
2. 発行するギフトカードの金額を入力。
3. 有効期限を設定する場合は「有効期限を設定する」を選択。
4. 「お客様を探すか作成する」でギフトカードを贈るユーザーを選択。
5. 「保存する」を選択。

上記の設定をすると、ユーザーにギフトカードがメールで送られます。

ユーザーは付与されたコードを入力すれば、

Shopifyでギフトカードに表示された金額分の買い物ができます。

商品として販売する場合

ギフトカードを商品として販売する場合は、次のような設定をします。

1. 「商品管理」→「ギフトカード」→「ギフトカード商品を追加」を選択。
2. 「タイトル」「説明」を入力。
3. 「メディア」にカードの画像や3Dデータを追加。
4. デフォルトで複数の金額が用意されていますが、追加があれば「金額」を追加。
5. 「商品のステータス」で「アクティブ」をクリック。
6. 「ギフトカード商品を保存」をクリックで完了。
7. ストアの商品にギフトカードが並びます。

「タイトル」には「Birthday Gift Card」などギフトカード名を、

「説明」にはギフトカード商品に関する説明を入力します。

Shopifyのギフトカード機能の注意点

ユーザーにとっては便利で、ストアにとっては将来の売上にもつながるギフトカードですが、

使用する際には注意したい点があります。

一つは、ユーザーが友人や知人にプレゼントするため、

商品として購入した場合のギフトカードの送り先です。

ユーザーがShopifyのストアでギフトカードを購入した場合、

購入したユーザーのメールにギフトカードが送られます。

送りたい友人や知人の元に直接届くわけではないので、

購入したユーザーがストアから送られてきたURLを、

友人や知人に転送しなければなりません。

ユーザーが混乱しないためにも、その点を明記してくことをおすすめします。

また、購入金額が、ギフトカードの残高を上回った場合についても、

しっかり明記しておきましょう。

ギフトカードの金額分だけで購入できる場合は、

そのまま「ご注文完了」で買い物ができます。

ギフトカードの金額を上回る買い物をする場合、ユーザーは差額分を自分で決済します。

その際、ユーザーは注文確定の前に決済方法を選択しなければなりません。

ストアはユーザーの立場になり、

スムーズにギフトカードが使えるよう問題となりそうな点はきちんと説明をしておきましょう。

Shopifyのギフトカード機能を上手に活用して売上アップを目指す

Shopifyのギフトカード機能は、ユーザーにメリットとなると同時に、

ストアの認知度のアップ、売上アップにもつながる機能なので、利用してみてください。

その際、ギフトカード機能に慣れていないユーザーでも、

スムーズに利用できるよう、説明もしっかりしておくことが大切です。

ギフトカード機能をうまく活用し、ユーザーとのコミュニケーションを取ると同時に、

売上アップを目指しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。