Shopifyで定期購入を導入する方法は?おすすめアプリもご紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyでの定期購入について知りたい
という方のために、Shopifyで定期購入を導入する方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで定期購入を導入する方法がわかる
  2. Shopifyで定期購入を導入する際のアプリがわかる
  3. Shopifyで定期購入を導入するメリットがわかる
  4. Shopifyで定期購入をする際におすすめの商品がわかる
  5. Shopifyで定期購入を導入する際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyでの定期購入について解説していきます。

ネットショップで安定した売上を上げるためにも、定期購入はおすすめの方法です。

すでにShopifyでストアを開設している人の中には、

定期購入の導入を検討している方も多いかもしれません。

では、どのようにしてShopifyで定期購入を始めればよいのでしょう。

Shopifyで定期購入を導入する方法

Shopifyで定期購入を導入するには、定期購入アプリを利用するか、

もしくはShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extennsionを

利用するという方法があります。

以前Shopifyで定期購入を導入するには、

定期購入アプリを利用する方法しかありませんでしたが、

定期購入アプリではShopifyと違った決済方法を設定しなければいけませんでした。

しかし、現在ではShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionが

提供され、単発購入も定期購入も統合して管理ができるようになっています。

ここでは、Shopifyで定期購入を導入する方法について解説します。

ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションApp extension

Shopifyで定期購入を導入する方法の一つが、Shopifyが提供する

ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionを利用する方法です。

Shopifyが提供を始めたのは、2020年10月からです。

それまではShopifyでのサブスクリプション対応ができなかったため、

アプリを利用するしかありませんでした。

しかし現在は、ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionの

導入により、Shopifyの決済方法を利用することが可能になっています。

また、ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionを

導入することで、Shopifyチェックアウトの利用が可能になり管理もしやすくなりました。

このShopifyによってShopifyサブスクリプションAPIと

商品サブスクリプションAPP extensionが完全統合されたことで、

決済や発送、割引などの機能も活用しやすくなっています。

定期購入アプリの活用

Shopifyで定期購入を導入するには、定期購入アプリを活用する方法もあります。

ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionの導入は、

決済方法に関することだけでなく、

発送や割引などに関する機能も管理がしやすいといった点がメリットです。

しかし、活用してカスタマイズするためには勉強も必要となり、

ある程度の時間がかかってしまいます。

できるだけ早く定期購入を始めたいという場合は、

定期購入アプリを検討するのもおすすめです。

Shopifyで利用できる定期購入アプリには、

Bold SubscriptionsやReChargeといったものがあります。

定期購入アプリに関する詳細は、後ほど解説しますので参考にしてみてください。

ShopifyのサブスクリプションAPIで定期購入を設定しよう

Shipifayが提供しているShopifyサブスクリプションAPIと

商品サブスクリプションAPP extensionを設定するにあたり、

ShopifyサブスクリプションAPIについて把握しておく必要があります。

ShopifyサブスクリプションAPIとはどのようなものか、

またShopifyサブスクリプションAPIの設定について解説します。

サブスクリプションAPIとは?

ShopifyサブスクリプションAPIは、アプリケーションやソフトをプログラムと連携するものです。

ShopifyサブスクリプションAPIによって、Shopifyに変更を加えずに、

ほかのアプリケーションやプログラムと接続できます。

ShopifyサブスクリプションAPIは3つのツールからできています。

「今すぐ購入」以外の販売方法をサポートする「Selling Plan API」、

定期購入契約・作成を管理する「Subscription Contract API」、

顧客が手動でチェックアウトしなくても決済できる

「Customer Payment Mathod API」の3つです。

・セットで必要な商品サブスクリプションAPP extensionさらに、

ShopifyサブスクリプションAPIとセットで必要なのが、

商品サブスクリプションAPP extensionです。

商品サブスクリプションAPP extensionは、Shipifyに表示されるアプリの役割を担います。

ShopifyサブスクリプションAPIと商品サブスクリプションAPP extensionを

セットで活用することで、Shipifyで設定した決済方法を変更したり、

追加したりすることなく、ユーザーは定期購入プランの契約などをスムーズに

管理できるようになります。

サブスクリプションAPIの準備

ShopifyサブスクリプションAPIを設定するには、準備が必要です。

まず、サブスクリプション販売の資格基準を満たしているかを確認してください。

確認方法は、GraphQL Admin APIを利用してストアがサブスクリプションを導入できるか、

その資格を満たしているか、を判断する必要があります。

そのうえで、GoogleフォームからAPIへのアクセスをリクエストしましょう。

サブスクリプションAPI設定の流れ

Shopifyでサブスクリプションを導入する資格を満たしていると判断できたら、

サブスクリプションAPIの設定しましょう。

サブスクリプションAPIの設定の基本的な流れは、

1.販売計画→2.チェックアウトの割引コードの作成→3.配送プロファイルの作成→4.関税設定→5.ストアフロントにコードを追加、となります。

1.販売計画

Shopifyでサブスクリプションを活用するために、販売計画を作成しましょう。

SellingPlanのAPIの使用をおすすめします。

2.チェックアウトの割引コードの作成

すでに割引コードを使用している場合は、新しく別の割引コードを作成しなければなりません。

3.配送プロファイルの作成

運送のための配送プロファイルを作成します。

配送プロファイルには、配送方法や料金に関する情報が入っているので、

配送プロファイルを使用すればチェックアウト時に配送方法が表示されます。

4.関税設定

すでにアプリを利用していてサブスクリプション商品に対する関税設定をしている場合は、

Shopify adminを通して関税設定をします。

5.ストアフロントにコードを追加

顧客がストアからサブスクリプションとして購入できるよう設定をします。

そのためには、ストアの製品ページから販売プランの購入オプションを

選択できるようにしておかなければなりません。

Shopifyのサブスクは定期購入アプリを活用

サブスクは定期購入アプリを活用することでも導入できます。

サブスクリプションAPIの設定が難しい場合は、定期購入アプリを検討してみてもよいでしょう。

Shopifyでおすすめの定期購入アプリを3つ紹介します。

Shopifyのサブスクにおすすめの「Bold Subscriptions」

カナダに拠点を持つBold Commerce社が提供するアプリです。

英語アプリですが、翻訳設定があり日本語表示も可能なので使いやすいでしょう。

特徴とメリット

定期購入に関するさまざまな設定がしやすいのが特徴です。

指定した商品から顧客が自由に選べる機能や、

ブログやSNSから決済画面にジャンプできる機能、

定期購入によるディスカウントの設定などができます。

1ヵ月の稼働における分析機能なども充実しているほか、

Google AnalyticsやSNSとの連携もできます。

60日間の無料トライアルもあるので、安心して利用できるのもポイントです。

設定方法

Shopify app storeでBold Subscriptionsを検索し、

「アプリを追加する」を選択しインストールします。

インストールが完了したらダッシュボードから定期購入を設定しましょう。

設定するのは、「Payment Setting」「Subscription Grpoups」「Buy Button」です。

ユーザー数15,000以上の「ReCharge」

ReChargeは、Shopify向け定期購入用に開発されたアプリで、

15,000人以上のユーザーが利用している人気アプリです。

特徴とメリット

いろいろなShopifyアプリと連携ができたり、割引率の設定ができたりするなど、

便利な機能が備わっています。

クレジットカードの更新や請求、カード期限切れが近いユーザーへのリマインドなど、

メール送信による督促処理が充実しています。

ただし、決済プロバイダがStripe、Authorize.net、

Braintreeと選択肢が少ないのがデメリットです。

また、英語表記のみなので読解に苦労することもあるでしょう。

60日間の無料トライアルがあるので、興味のある人は利用してみることをおすすめします。

設定方法

Shopifyの管理画面からアプリ管理を選択し、アプリを検索してインストールします。

start to freeを選択し、初期設定の画面に移動し設定をしましょう。

初期設定後は、set ReChargeを選択し、

定期購入を設定する商品・割引率・定期便の配送頻度を設定すれば定期販売が始められます。

初心者におすすめのHuckleberry Subscriptionsの「定期購買」

Huckleberry Subscriptionsは日本語に対応している数少ないアプリです。

設定画面もシンプルで操作も難しくないので、初心者におすすめです。

特徴とメリット

定期購買のプランや割引の設定が可能です。

テーマへの定期購買機能をインストールすることもでき、

商品への定期購買プランが適用できます。

定期購買の注文など顧客管理もしやすく、

割引率を変更できる会員ランク機能もあるので便利です。

さらに今後は、チャネルごとの分析や商品の入れ替え、

LP制作やアプリの移管機能などにも対応が期待されます。

テストモードは無料で利用できるので、試してみるとよいでしょう。

設定方法

Shopifyの管理画面からアプリストアにアクセスし、

Huckleberry Subscriptionsを検索してダウンロードをしてください。

ダウンロード完了後、Huckleberry Subscriptionsのダッシュボード画面を開き、

インストールをします。

インストールが完了したら、定期購買プランの作成、商品にプランを紐づけ、

Shopifyの設定を行います。

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

サブスクリプションに向いている商品は?

定期購入は安定した売上を見込める方法ですが、成功するにはポイントがあります。

それはまず第一に、サブスクリプションに向いている商品を選ぶということです。

もちろん、現在ではさまざまなサブスクビジネスが展開され、

どのような商品でも方法によっては成功すると言えるでしょう。

しかし、選択する商品によっては苦労をすることもあります。

たとえば、アパレルにはクリーニング費用がかかります。

何度もクリーニングをしていれば商品の質が落ちて価値がなくなってしまいますし、

廃棄率も高いのでその分のコスト計算をしっかりとしておくことが必要です。

また、サブスク商品は顧客が楽しみながら待てるもの、ということも大切です。

店舗ですぐに購入できるものより、

「配送されることがうれしい」と感じる商品の方が選ばれやすい、ということがあります。

さらに近年では、購入型よりもレンタル型が人気です。

レンタル型の方が費用面においても利用しやすく、気軽に試す人も増えています。

費用がかかりすぎて長く続かないものより、

継続率の高い商品を選ぶことで成功もしやすくなるでしょう。

サブスクリプションを始める前に知っておきたい注意点

サブスクリプションで成功するには商材選びも重要ですが、

それだけでは成功しないこともあります。

もちろんコストや利益率の計算は大事ですが、

顧客に長く利用してもらうということも大切です。

サブスクリプションを成功させるため、始める前に知っておきたい注意点を確認しましょう。

価格設定を低くしすぎない

どのビジネスにも言えることですが、サブスクリプションにおいても価格設定は重要です。

とくにサブスクの場合は、価格設定を低くしすぎると失敗につながりやすくなってしまいます。

しかし、サブスクリプションは月額利用料をなるべく低く設定しなければ意味がありません。

高すぎれば利用しようと思うユーザーも減ってしまい、

軌道に乗るまでは利益が増えにくいということになります。

ですが運営コストは変わらずかかります。

利益が出る前に運営が続けられなくなった、ということにならない価格設定が必要です。

確かに価格は安い方が利用者は増えやすいでしょう。

順調にユーザーが増え、利益が出るまでビジネスを継続できれば問題ないのですが、

それまでに苦しくなってしまうとビジネスは続けられなくなります。

さらに、一度安く設定した価格を値上げすることはなかなかできません。

値上げした途端に利用者が減ってしまう可能性があるからです。

ストアの印象も悪くなりかねませんので、価格設定は十分に考慮し、

安く設定しすぎないようにしてください。

飽きさせない工夫が必要

サブスクリプションで安定した収入を得るには、長く続けてもらうことが必要です。

そのためには、顧客が飽きないような工夫が求められます。

ずっと同じような性能、デザインだと、

他にもっと魅力的なものがあればそちらに行ってしまうでしょう。

常に顧客のニーズを把握し、適したものを提供することが大切です。

常に変化があれば、顧客は次を楽しみにします。

どのようなものが提供されるのかとワクワクさせることができれば、

継続して利用してもらえるでしょう。

時には関連商品などを提供したり、サービスをすることも重要です。

顧客にとって、「サブスクをしていることで得をしている」と

感じさせるビジネス展開を目指してください。

顧客へのサポートも大切

サブスクリプションを継続してもらうためには、顧客へのサポートも忘れてはいけません。

契約した後は何もサポートがないとなると、顧客は不安になったり不満が出てきてしまい、

他のサブスクと比較をした結果、契約更新をしてもらえないという可能性も高くなります。

そのため、サブスクリプションは顧客とのコミュニケーションがなくては成功しない、

と言ってもよいでしょう。

定期的にこちらからメールなどで使用状況や要望についての質問をしたり、

顧客からの気軽な質問や困ったときの連絡にはすぐに対応できる、

といった体制を整えておくことはとても大切です。

こうした顧客とのコミュニケーションを取ることで、

顧客の不満や満足度を把握することができます。

さらに、顧客が求めているものを直接認識できるので、

的外れなサービスをしてしまうといったことも避けられるかもしれません。

自分に適した方法で定期購入を導入しよう

Shopifyで売上を伸ばしたい、安定した収入を得たいなどの要望を叶えてくれるのが、

定期購入(サブスクリプション)です。

ここまで紹介したように、Shopifyで定期購入を導入する方法はいくつかありますが、

それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを把握して、

自分に適した導入方法を検討することをおすすめします。

また、価格設定や顧客対応などにも配慮し、

長く契約を続けてもらえる施策を考えながらサブスクリプションを始めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。