shopifyで売れない原因は?売上を伸ばすための対策も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyで売れない原因について知りたい
という方のために、売れない原因や売上を伸ばすための対策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで売れない要因を知ることができる
  2. 売るための施策がわかる
  3. 売るためのネット集客の方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyで売れない原因について解説をしていきます。

shopifyで売れない理由

Shopifyで商品が売れない原因は、いくつか考えられます。

ツールを勘違いしている、商品に需要がない、ブームに乗りすぎているなどが挙げられるほか、

集客の努力やリピーターの確保ができていないのも、売れない理由です。

状況を改善するには、現状を正確に把握しなくてはなりません。

売れない現状を理解し、原因を突き止めて改善に活かしましょう。

ツールを勘違いしている

この記事をお読みになっている方の中には、「Shopifyで物販しているけど全然売れない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方の中には、「Shopifyを使えばすぐに大きな利益をあげられる」

と考えている方もいるかもしれません。

Shopifyはたしかに優れたツールですが、

誰でもすぐに利益をあげられるといったものではありませんので、

まずはそこを理解してください。

また、使っているツールが悪いと思い込んでいる方がいるかもしれませんが、

それも間違いです。

Shopifyは優れたツールであり、実際に稼いでいる方はたくさんいます。

つまり、売れないのはShopifyが悪いのではなく、売れないなりの理由があるはずです。

商品に需要がない

扱っている商品に原因があるケースです。

需要があるものは売れやすいのですが、需要の少ないものはあまり売れません。

需要の高い商品とは、多くの人が求めているものです。

需要が見込める商品なら、ターゲットとなる層が厚く、商品は売れやすくなるでしょう。

一方、需要があまり見込めないものは、多くの人が求めていないので、購入につながりません。

ショップで何を扱うかは、商品の需要を見極めたうえで決める必要があります。

ブームに乗りすぎている

ブームに乗るのは、決して悪いことではありません。

事実、ブームに乗って大成功を収めるケースは多々あるので、

一概にそれが悪いとは断言できないでしょう。

ただ、ブームに頼りすぎてしまうのは問題です。

なぜなら、ブームは一過性のものであり、いつまでも人気が続くとは考えられません。

ブームになっているときは爆発的に売れる可能性がありますが、

ブームが去ると見向きもされなくなるおそれがあります。

これが、ブームのおそろしいところです。

トレンドやブームに乗りつつも、そればかりに頼らず、

ほかの商品を売る努力もしないと、

ブームが過ぎ去ったとき大変な思いをしてしまう可能性があります。

集客の努力ができていない

物販ビジネスにおいて集客が重要なのは、ネットショップでも同様です。

お客様が商品を買ってくれない限り利益は生まれないため、

適切に集客努力をしなくてはなりません。

それにも拘わらずネットショップ運営者の中には、SEOがまったくできていない、

SNSを活用できていないなど集客にまったく力を入れていないケースが多々見受けられます。

集客努力をしないと、そもそも消費者に見つけてもらえません。

たまたま見つけてもらえる可能性はありますが、満足できるほどの収益は得られないでしょう。

ネットショップでも実店舗と同様に、お客様を集める施策が必要です。

リピーターを獲得できていない

「商品はちらほらと売れるものの、安定した収益を得られない」といったケースでは、

リピーターを獲得できていない可能性があります。

リピーターは自動的に増えていくものだと思っている人もいるでしょう。

たしかに、そのようなケースもありますが、

それはよほど魅力的な商品やサービスを扱っている場合です。

そうでないのなら、リピーターを確保するための努力をしなくてはなりません。

リピーターを獲得できれば、一定の間隔でショップを利用してくれるため、

安定した利益を得られます。

また、新規客とリピーターとでは、集客にかかるコストが大きく異なります。

リピーターをたくさん増やせれば、集客コストも下げられるのです。

サイト内の構造やサポート内容に問題がある

たとえば、商品の動線がわかりにくいケースが挙げられます。

目的の商品がどこにあるのかわからない、

なかなかたどり着けないといったショップでは、お客様が嫌になって離脱してしまいます。

また、決済方法が少ないのも売れない原因のひとつです。

現在では、多くのネットショップがさまざまな決済手段を導入しています。

それにも拘わらず、クレジットカードしか使えない、といった限定的な決済手段しかないと、

それだけで他社に差をつけられてしまいます。

商品情報が少ないのも、売上につながらない理由だと考えられます。

自身が、ネットショップで買い物するシーンをイメージしてみてください。

商品の情報が少ないと、購入しようと思っても不安になるはずです。

そうなると、ショップから離脱しもっと情報が充実したショップで購入しようとするでしょう。

売るための施策とは

ここからは、Shopifyで商品を売るための、具体的な方法をご紹介します。

商品が売れない、集客できないと悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてください。

需要のある商品を扱う

需要のない商品が売れにくいのは、先ほどお伝えしたとおりです。

そのため、売れない悩みを解消したいのなら、

需要のあるアイテムを優先的に扱うことが大切です。

どのような商品に需要があるのかは、扱うアイテムのジャンルによっても異なります。

インターネット上でもリサーチし、需要が見込めそうなアイテムを見つけてください。

基本的に、多くのネットショップで扱われているものなら、需要が見込めます。

ライバル店のショップも覗き、どのような商品を扱っているのか調べてみましょう。

需要の高い商品が売れやすいのはたしかですが、その分ライバルは増えてしまいます。

誰もが同じことを考えているため、これは仕方がありません。

ブームに頼らない

ブームを利用したキャンペーンやセールなどは効果的ですが、頼りすぎるのは問題です。

ブームだからと大量に在庫を抱えたタイミングで、

ブームが終わってしまうといったことも起こりえます。

一時的にブームを利用するのは問題ありませんが、

並行してほかの商品も積極的に販売することをおすすめします。

普段から扱っている商品はそのまま販売を続け、

ブームになっているアイテムはキャンペーンなど別枠で販売するのも一つの手です。

いつ収束するかわからないので、世の中の動きに目を向けることも忘れないでください。

ネットで日々リサーチし、収束のタイミングを見計らいましょう。

SEOやSNSを活用する

集客努力をしないと、売上につながりません。

ネットでの集客についてはのちほど詳しく解説します。

ここでは、SEOやSNS活用の重要性についてお話ししましょう。

SEOは、簡単にいえばアクセスを増やすための施策です。

特定のキーワードで検索されたとき、上位表示されるための対策です。

サイト内に検索してほしいキーワードを散りばめる、

良質なコンテンツを増やすなど、さまざまな方法があります。

SNSは、ショップの認知度や知名度をあげるのに効果的です。

現在では、多くのネットショップがSNSを活用しているため、

使っていないとそれだけで差をつけられてしまいます。

SNSなら、ショップに興味がある人たちとダイレクトにコミュニケーションもとれます。

そこから集客につなげられるので、SNSを使わないのは悪手でしかありません。

リピーターを増やす

安定した利益を得るには、リピーターの確保が欠かせません。

リピーターを増やす施策としては、クーポンの発行が挙げられます。

また、顧客情報をきちんと管理し、定期的にメールやLINEで情報発信することで、

リピーターを増やすことも可能です。

たとえば、新商品やおすすめ商品の案内や、お得なセール情報などをメール、

LINEで送ります。

すべての人をリピーターにするのは難しいですが、このような努力を続けることにより、

一定数がリピーターになってくれる可能性があります。

売るためのネット集客方法

商品をたくさん売り、利益につなげるには集客に力を入れなくてはなりません。

しかし、ネットでどのように集客すればよいのかわからない、といった方が多いのも事実です。

ネットでできる集客方法はいくつもありますが、ここでは一部を紹介します。

すべて実践すれば効果的ですが、無理をせず取り組みやすそうなものから始めてください。

SEO対策

SEOとは、検索エンジン最適化のことです。

インターネットで何かを調べるときは、キーワードを入力して検索します。

このとき、検索エンジンに見つけてもらいやすく対策するのが、SEOです。

具体的な方法としては、タイトルやメタディスクリプション、本文にキーワードを入れる、

良質なコンテンツを追加するなどが挙げられます。

また、被リンクを増やすのも、有効なSEOの一種です。

リンクしてくれそうなショップや企業があれば、お願いしてみるとよいかもしれません。

SNS運用・SNS広告

SNSでショップの情報を発信すれば、多くの人の目にとまります。

その結果、ショップへの集客につながる可能性があります。

代表的なSNSは、TwitterやFacebook、Instagramなどです。

それぞれのSNSによって、利用者層が異なるため、そこは注意しましょう。

また、SNS広告もネット集客の有効な手段です。

多くのSNS広告はターゲティングがしやすく、属性を絞ったアプローチができます。

そのため、ショップや商品に興味をもってくれそうな方を中心にアプローチでき、

効果的な集客が実現できます。

リスティング広告・リターゲティング広告

リスティング広告は、ユーザーが特定のキーワードで検索したとき、

ページ上部の広告枠へ広告を表示できるサービスです。

キーワードに興味のある人を集客できる可能性が高く、効果的な集客が可能です。

SEOの効果はすぐにでにくいのですが、リスティング広告は即効性があります。

そのため、すぐ集客効果を得たい、といったショップにおすすめです。

リターゲティング広告は、ショップを訪れたユーザーを追跡し、

行く先々で広告を表示するサービスです。

クッキーの仕組みを利用したサービスであり、こちらも高い効果が望めます。

それぞれに特徴があり、必要な費用も異なるため、

導入や運用にあたっては慎重に進めることをおすすめします。

ブログ・メルマガ

集客のためにブログを執筆するのもひとつの手です。

運営者自身がブログを執筆し、人柄やショップ運営への想いなどを発信することで、

読んだ人が興味をもってくれる可能性があります。

また、主力商品についてブログで詳しく説明するのもよいかもしれません。

ネットショップの商品説明文は、どうしても短くなってしまいがちです。

ブログなら、相当なボリュームで商品の紹介ができるため、しっかりと魅力を伝えられます。

併せてメルマガも運用すれば、相乗効果が期待できるでしょう。

売れないならサイトの見直しも

いろいろ試しても売上が伸びないのなら、サイト自身に何かしらの問題があるのかもしれません。

サイトそのものを見直し、問題点は改善しましょう。

以下、見直すべきポイントについてまとめました。

カゴ落ちの対策

カゴ落ちとは、お客様が商品をカートに追加したまま、サイトから離脱してしまうことです。

このようなケースは多いため、適切に対策し、カゴ落ちを回避しましょう。

できる対策としては、ポップアップの表示が挙げられます。

カートに商品が入っていることを示すポップアップを表示すれば、

お客様がそのまま離脱してしまうのを防げる可能性があります。

また、お客様が別のページへ移動したとき、

その日限定のクーポンをポップアップ表示するのも効果的です。

購入までの流れが長く、離脱してしまうケースもあるため、

購入フローを簡略化するのもおすすめです。

決済サービスの見直し

決済手段が少ないのなら、充実させる必要があります。

現代は決済手段が多様化しており、ユーザーはさまざまな選択肢を求めています。

限定的な決済手段しか利用できないとなれば、即離脱されてしまうおそれがあるため、

注意が必要です。

さまざまな国際ブランドのクレジットカードを使えるようにする、

電子マネーやコンビニ決済に対応するなど、決済方法を充実させましょう。

決済方法を充実させることにより、クレジットカードは使えないけど電子マネーなら使える、

といった層も取り込めます。

商品情報の追加・画像の見直し

商品情報が少なすぎるのは、お客様に対して不親切です。

不安を抱かれる原因にもなるので、できる限り商品情報は充実させましょう。

これまでに購入してくれたお客様の、口コミを掲載するのも効果的です。

口コミは使い道がたくさんあるので、日ごろから取得しておいて損はありません。

また、商品画像も重要となります。

画像はお客様の視覚に訴えられるため、充実させるのは効果的です。

必要に応じて、加工や修正も行ってください。

ショップ情報の追加

初めて訪れるお客様の多くは、ショップ情報に目を通しています。

ショップ情報があまりにも少ないと、「本当にここで買って大丈夫かな?」

と不安にさせてしまうおそれがあります。

店舗の基本的な情報を掲載するだけでなく、

商品やショップに対する想いなどを載せると、お客様の心に響くかもしれません。

お客様が知りたいと思える情報を、積極的に掲載することがポイントです。

サイト内の導線改善

目的の商品になかなかたどり着けないとなると、

お客様はしびれを切らして離脱してしまいます。

商品をきちんとカテゴリやジャンルでわけるなど、

探しやすいサイト設計を目指してください。

売れ筋や人気の商品をトップページに掲載するのも効果的です。

とくに、ブームの商品を扱うときには、トップページでアピールしましょう。

カスタマーサポートの充実

カスタマーサポートが充実していないと、お客様が不安になってしまいます。

専用の問い合わせフォームや電話での連絡先を設置する、

Q&Aのページを作るなど、お客様のことを考えたサイトを構築しましょう。

カスタマーサポートがしっかりしていると判断してもらえれば、

購買に結びつく可能性が高まります。

もちろん、問い合わせには真摯かつ誠実に対応しなくてはなりません。

売れない原因を理解することが先決

Shopiyで商品が売れないのには、それなりの理由があると考えられます。

売れないと嘆くのではなく、どうして売れないのかを考えなければなりません。

売れない原因がわかれば、対策を打ち出せます。

決済方法が少ないから充実させよう、集客が弱いからSNSも活用しよう、

など、この先何に取り組むべきかが見えてきます。

原因を解明せずに状況を改善しようとしても、まずうまくいきません。

行き当たりばったりな対応になってしまい、二度手間になってしまいます。

本記事では、代表的な売れない原因をお伝えしました。

参考にしつつ、売れない原因を探り、そこから改善策を推し進めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。