shopifyの購入ボタンとは?既存サイトへの設置方法も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyの購入ボタンについて知りたい
という方のために、購入ボタンの概要や既存サイトへの設置方法など解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyの購入ボタンが何なのかわかる
  2. 購入ボタンの作成方法がわかる
  3. 購入ボタンの設置方法がわかる
  4. 購入ボタン設置のメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyの購入ボタンについて解説をしていきます。

 

shopifyの購入ボタンとは

Shopifyで作成できる購入ボタンは、外部メディアに設置して商品の購入を促せるボタンです。

Shopifyでネットショップを運営している場合、

お客様はショップにアクセスしないと商品の購入ができません。

仮に、以前から運営しているブログやサイトがあり、

ショップよりもアクセスが多いとしましょう。

このケースでは、ブログやサイトでもショップで扱う商品を販売できたほうが、

トータルでの売上や利益を拡大させられます。

このようなときに活用できるのが、Shopifyの購入ボタンです。

購入ボタンを作成し、運営しているブログやサイトに設置すれば、

アクセスしてきた方がショップを訪れることなくそこで商品を購入できます。

購入ボタンの作成方法

購入ボタンの作成は、Shopifyの管理画面から可能です。

まずは、管理画面へアクセスします。

管理画面から、購入ボタン販売チャネルを追加し、購入ボタンを作成してください。

作成が完了すると、コードが生成されるので、忘れずにコピーをするようにしましょう。

あとは、自身の運営しているブログやホームページなどに、

作成した購入ボタンを設置するだけです。

ホームページやブログにコピーしたコードを追加すれば、購入ボタンの設置は完了します。

なお、ブログやホームページに設置したあと、購入ボタンのデザイン変更はできません。

デザインを変更したいときは、新たに購入ボタンのコードを作成し、

ホームページやブログで置き換えてください。

購入ボタンはカスタマイズできる

購入ボタンはカスタマイズができるので、ホームページやブログのデザインに合わせられます。

Shopifyで作成した購入ボタンは、

新たな販売窓口を増やせる優れたツールであることには違いありません。

しかし、設置するホームページやブログのデザインとまったく合っていないようでは、

訪れたユーザーが違和感を抱く可能性があります。

お互いの顔が見えないオンライン販売において、

お客様に違和感や不安を抱かせてしまうのはNGです。

お客様は、少しでも怪しい、胡散臭いと感じたところでは商品を購入してくれません。

「たかが購入ボタンひとつで大げさな」と思われた方もいるでしょうが、

オンライン販売だからこそそのような細かい部分にも配慮する必要があるのです。

既存のネットショップに設置する方法

すでにお伝えしたように、Shopifyで作成した購入ボタンは、

既存のブログやホームページなどに設置できます。

同様に、Shopifyとは関係のない、既存のネットショップにも設置できるため、

気になる方は検討してみてください。

たとえば、Shopifyで運営しているショップよりも、

既存ネットショップのほうが多くのアクセスを集められているのなら、

購入ボタンの設置は有効です。

さらに売上と利益を拡大するチャンスです。

具体的な手順としては、購入ボタンを作成後に詳細設定を行い、

コードをコピーして設置します。

詳しく見ていきましょう。

購入ボタンを作成

管理画面から購入ボタン販売チャネルを追加すると、購入ボタンの作成ができます。

自動的にコードが生成されるので、コピーしておきましょう。

すでにお伝えしましたが、購入ボタンは作成後にカスタマイズが可能です。

既存のネットショップへ設置するのなら、デザインにマッチするようカスタマイズします。

カスタマイズでは、色やサイズ、フォントなどのほか、

クリックされたときのアクションを変更できます。

また、カスタマイズした購入ボタンはプレビューで確認できるので、

設置前に必ずチェックしておきましょう。

なお、購入ボタンのレイアウトは、ベーシックやクラシック、フルビューなどがあり、

それぞれに特徴があります。

Shopifyの公式サイトに詳しい説明が掲載されているので、

カスタマイズ時には参考にしてください。

詳細設定

購入ボタンを作成し、ある程度カスタマイズできたら、

さらに細かい部分を詰めていきましょう。

先ほどまでの手順で、購入ボタンはほぼ完成していますが、

クリックされたときのアクションも決めておくことがおすすめです。

選択できるアクションはいくつかあり、

[カートに商品を追加する]、[チェックアウトに移動する][商品の詳細を開く]などがあります。

[カートに商品を追加する]をクリックされると、対象の商品がカートへ追加されます。

[チェックアウトに移動する]は、そのまま商品の決済ページへと移動可能です。

コードをコピーして貼り付け

既存のネットショップへ、コピーしたコードを貼り付けましょう。

基本的には、これで購入ボタンの設置が完了します。

これで、既存のネットショップへ訪れたお客様は、

ページを移動することなくShopifyで扱っている商品も購入できます。

購入ボタンを設置しても、きちんと動作しなければ意味がないため、

確認は忘れずに行ってください。

正常に作動しない場合、何かしら問題が発生していると考えられます。

前の手順に戻り、誤りがなかったか確認してみましょう。

shopifyの購入ボタンのメリット

Shopifyの購入ボタンには、さまざまなメリットがあります。

だからこそ、多くの方がわざわざShopifyで購入ボタンを作成し、活用しているのです。

代表的なメリットとしては、セキュリティが高度であること、

決済システムの管理が不要、既存サイトをネットショップにできることなどが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

高度なセキュリティ

Shopifyの購入ボタンは、高度なセキュリティを実現しています。

そのため、実装すればお客様は安心安全な環境のもとネットショッピングを楽しめます。

ネットで買い物をしている方の多くが、セキュリティを気にしています。

なぜなら、ネットショッピングではクレジットカード情報を入力することも多く、

お客様は「もし情報が漏れたら」「騙されたらどうしよう」

といった不安を常に抱えていると考えられるからです。

その点、Shopifyの購入ボタンは、強固なセキュリティを構築しているため、

すべてのお客様が安心して買い物を楽しめます。

事実、shopifyの購入ボタンは、世界170万以上の事業者が導入しており、

たしかな実績があります。

お客様が安心して買い物を楽しめる環境を構築できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

決済システムの管理が不要

現在では、さまざまな決済システムサービスがリリースされています。

中には、管理やメンテナンスの手間がかかるものもありますが、

Shopifyの購入ボタンならその心配もありません。

メンテナンスフリーで利用できるのが、メリットのひとつです。

決済システムの管理は、Shopifyが行ってくれるため、

運営者にはメンテナンスの手間が発生しません。

決済システムに何かしらのトラブルが発生したときも、Shopifyが対応してくれます。

決済システムのトラブルは、売上に直結してしまうため、

事業者としては何としても避けたいところです。

そのような心配をせずに済むのは、魅力的なポイントといえるでしょう。

既存サイトをそのままネットショップにできる

Shopifyで作成した購入ボタンは、ホームページやブログなどに設置できます。

とりあえず購入ボタンさえ作成すれば、

手軽に既存サイトをネットショップにできるのは大きなメリットです。

とくに、アクセスの多いサイトやブログを運営しているのなら、

利用しない手はありません。

たくさんのアクセスを集められる既存サイトへ購入ボタンを設置すれば、

商品を購入してもらえる確率がアップします。

運営しているネットショップでスキンケアアイテムを扱っているとしましょう。

この場合、運営しているブログでスキンケアに関する記事を執筆し、

さりげなくショップで扱っている商品の購入ボタンを設置するのです。

このように動線を作れば、記事を読んでくれた方が商品を購入してくれる可能性がアップします。

shopifyの購入ボタンを活用しよう

Shopifyの購入ボタンはセキュリティが高度で、既存サイトへの設置も可能です。

販売窓口を増やすことができ、売上や利益の向上にもつなげられるでしょう。

このような優れた機能を、使わない手はありません。

作成からカスタマイズ、設置までまったく難しくないので、

今よりも売上や利益を増やしたいと考えている方、

既存サイトをネットショップ化したい方はぜひ検討してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。