shopifyに商品登録をする方法は?具体的な登録方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyに商品登録をする方法について知りたい
という方のために、具体的な登録の手順や方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyの商品登録方法がわかる
  2. CSVを用いた商品写真の登録方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyに商品登録する方法について解説をしていきます。

 

shopifyの商品登録方法

Shopifyで構築したネットショップで商品を販売するには、登録作業が必要です。

そのため、Shopifyで物販ビジネスをするのなら、

商品登録の手順や方法は必ずマスターしておかねばなりません。

とはいっても、手順や方法はまったく難しくないので安心してください。

次からは、商品登録する際の詳しい手順や方法について解説します。

商品管理から追加

Shopifyに商品登録するには、まず管理画面へアクセスします。

管理画面では、Shopifyで利用できるあらゆる機能にアクセス可能です。

管理画面が開いたら、サイドメニューにある【商品管理】をクリック。

次に、画面の右上にある【商品を追加する】をクリックします。

これで、Shopifyに新しく商品を登録する準備が整いました。

タイトルや画像の設定

商品のタイトルや説明、画像などの情報は、売上に直結する大切な要素です。

先ほどの手順で編集画面を開いたら、まずタイトルを入力します。

また、商品の説明文も作成します。

商品説明では、フォントや色の変更ができるので、消費者の目線で装飾を加えてみましょう。

【メディア】では、画像や動画の登録が可能です。

ここで登録した画像や動画が、商品画像としてページに表示されます。

価格の設定

タイトルや商品説明と同様に、価格も売上に関わってくる重要な要素です。

物販ビジネスを始めたばかりの方は、

むやみに最安値の価格をつけるケースが見受けられますが、あまりおすすめできません。

価格競争になると、大手の通販サイトなどにはまず勝てないからです。

価格をつけるときは、市場の相場を参考にしつつ、適正な価格を設定しましょう。

割引する商品があるのなら、【割引前価格】に値段を入力してください。

また、【商品1点あたりの費用】に仕入れ額を入力すれば、マージンと利益を確認できます。

配送や重量の設定

編集画面を進めていくと、配送や重量に関する設定項目が現れます。

配送の欄には【配送が必要な商品です】の項目があり、横にチェックボックスがあります。

基本的に、物販ビジネスを営んでいるのなら、チェックボックスへチェックを入れましょう。

デジタルコンテンツのダウンロード販売なら、

配送は不要であるためチェックもしなくて問題ありません。

重量の項目には、商品の重量を入力します。

配送料を算出するために必要な情報であるため、漏れなく入力してください。

重量の数値を誤ってしまうと、配送料も違ってきます。

クレーム発生の原因にもなってしまうため、慎重に入力しましょう。

サムネイルやタグの設定

記事のサムネイルやタグ、分類を設定します。

商品に、色やサイズなどのバリエーションがあるのなら、

【この商品には異なるサイズや色など複数のオプションがあります】のチェックボックスに

チェックを入れましょう。

オプションの項目では、具体的なカラーやサイズの情報を入力します。

色のバリエーションを追加するのなら、

オプション項目に【カラー】もしくは【色】などと入力し、

該当する色を記入してください。

SEOの設定

ネットショップを成功させるにあたり、SEOは重要です。

特定のキーワードで検索されたとき、ヒットするように対策しましょう。

SEOの設定では、検索結果のプレビューをチェックできます。

検索エンジンで検索されたとき、どのように表示されるかを確認できるので、

必ずチェックしておいてください。

ページタイトルや説明文なども変更できます。

SEOを意識するのなら、

できるだけキーワードを意識した説明文を作成することをおすすめします。

なお、本格的にSEO対策するとなると、専門的な知識が必要です。

最初のうちは、タイトルや説明文にキーワードを盛り込む程度にしておき、

少しずつ勉強して知識を増やしましょう。

商品登録の設定

ここまでの手順が、基本的な商品登録の流れと方法です。

設定が完了したのなら、画面右上や右下に表示されている、【保存】をクリック。

この状態で設定画面をもう一度開くと、【プレビュー】ボタンからプレビューを確認できます。

商品ページがどうなっているのか確認できるので、プレビューは必ず実行してください。

設定に何かしら気になるところや、問題点が見つかったのなら、再度設定をやり直します。

設定とプレビューを繰り返しながら、ベストな状態に仕上げていきましょう。

色やサイズを設定

基本的には、先ほどまでのプロセスで、商品登録はほぼ完了です。

ただ、扱う商品によっては、もっと細かい設定をしたい、

といったケースもあるかもしれません。

たとえば、複数色のバリエーションがある商品を扱っているのなら、

それぞれの画像も設定したいでしょう。

Shopifyでは、このような設定も可能です。

登録した画像の一覧から、該当する画像を選んで設定するだけなので簡単です。

分類・商品タイプ・コレクションタグの設定

商品をカテゴリごとにわけたいときは、【分類】で設定しましょう。

商品タイプや販売元などでわけられます。

また、【コレクション】を設定しておけば、お客様がストア内でスムーズに商品を見つけられます。

管理画面から【商品管理】→【コレクション】と進み、登録を済ませておいてください。

【タグ】では、商品をカテゴリやトピックごとにわけられます。

こちらも便利な機能なので、ぜひ活用してみましょう。

CSVを用いた商品写真の登録

運営しているネットショップの規模が小さいうちは、

管理画面からの商品登録でさほど問題ありません。

しかし、規模が大きくなり、取り扱う商品の数も膨大になったのなら、

CSVを活用した商品写真の登録方法をマスターしておくと便利です。

ここからは、CSVを用いた商品写真登録の方法を解説します。

いずれCSVで一括管理したい、と考えている方の参考にもなるので、ぜひ目を通してください。

写真の登録

まずは、商品マスタへ写真を登録しましょう。

扱う商品にもよるかもしれませんが、アイテムの魅力や特徴を詳細に伝えたいのなら、

できるだけ複数枚の写真を登録することをおすすめします。

たとえば、衣服なら正面から撮影したものだけでなく、

後ろや横、上、部分的なアップ写真など、複数枚登録することで、

お客様へ詳細な情報を伝えられるでしょう。

管理画面から【商品管理】へと進み、【商品を追加する】で登録します。

メディアの領域に【ファイルを追加する】の項目があるので、クリックしてファイルを選択。

もしくは、ドキュメントから直接領域へドロップしてアップロードすることも可能です。

CSVに画像ファイルを指定

【Image Src】の項目でファイルのあるURLを指定すれば、取り込みが完了します。

ただ、一括で画像を扱えるWebサーバーが必須です。

Webサーバーがないのなら、Shopifyサーバーのファイル管理から【設定】へ進み、

【ファイル】を選択しましょう。

ファイルが表示されるので、【ファイルをアップロード】を選択します。

ファイルを選択できる画面が展開するので、アップロードしたい画像を選んでください。

複数写真の登録方法

登録した写真のHandleと同様のレコードを追加し、

Image Srcに追加したい画像のURLを指定、Image Positionへ画像の並び順を入れます。

商品画像が並ぶときに反映されるので、指定する際には注意してください。

メインにしたい画像は1番にします。

商品登録はshopifyビジネスの基本

Shopifyで物販ビジネスをするにあたり、

商品登録方法は絶対にマスターしておかねばなりません。

Shopifyビジネスの基本なので、ここでお伝えした内容を参考に、

しっかりとマスターしてください。

本記事でお伝えしたように、商品登録の方法や手順はまったく難しくありません。

とくに、管理画面から行う登録なら簡単です。

これからShopifyでビジネスを始めようとしている方も、

本記事の内容通り進めれば商品登録を簡単に行えるでしょう。

わからなくなったら、再びこの記事に戻り、参考にしつつ進めてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。