Shopify商品発送でヤマト一択?発送おすすめアプリもご紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyショップ商品発送について知りたい
という方のために、商品発送についての基本を解説をします。

この記事を読むことで、

  1. あなたのShopifyショップで商品が売れたときにスムーズに対応できる
  2. 発送業務は意外と手間がかかる!業務の効率化が望ましいと理解できる
  3. 国内、海外発送でおすすめのアプリとその特徴が分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは商品発送について解説していきます。

 

Shopifyショップをはじめるにあたって、

商品が売れた場合、スムーズに商品発送をしなければなりません。

商品発送に時間がかかったり、

梱包が甘かったりすると顧客に商品が届いたときに破損していることもあるでしょう。

そのような事態にならないために、商品発送について基本から理解し、

最終的には業務の効率化へつなげてください。

Shopifyで商品が売れた!まずやるべきこと

Shopifyショップで商品が売れたとき、最初の頃はただそれだけで嬉しいものです。

しかし、大事なのは商品が売れてからのこと。

スムーズに顧客に商品を発送し、顧客の手に届かなければ取引終了とはなりません。

商品が売れたら、顧客の情報を確認したり、商品を確認したりする必要があります。

これらの確認については、Shopifyショップの業務のなかでもアナログな要素が高いため、

時間を割いてしまうこともあります。

商品が売れたときに、まずやるべきことについて確認していきましょう。

顧客の情報を確認

Shopifyショップで商品を購入してくれた顧客情報について、確認していきます。

購入者の住所や氏名は書かれてあっても、電話番号の記載がないことがあります。

電話番号は荷物の配送をする際には必要な情報です。

顧客が不在のときは、宅配ボックスがないご家庭の場合は不在通知を入れることになります。

基本的にはそれを見て再配達の連絡があり、希望の日時に合わせて配達します。

しかし、この不在通知を見ていない、

見たけど連絡するのを忘れてしまっている顧客も一定数いるものです。

直接自宅に行っても不在がちという場合、電話連絡をするのが一般的となっています。

商品が顧客の手元に届かないという事態にならないためにも、

電話番号は大切な情報として把握するようにしましょう。

商品を確認

次に、Shopifyショップで売れた商品を確認します。

幅広い商品を取り扱っている場合は、この作業に時間がかかることもあるので、

時間があるときに商品管理をすることをおすすめします。

在庫管理ができていないと、商品が売り切れてしまったにもかかわらず、

サイト上では在庫があることになっている場合も。

大事な顧客を逃すことになってしまうので、在庫管理は徹底して行うようにしてください。

いくつかのECサイトで商品販売をしている人は、

タイミングが悪いと在庫管理ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

商品が売り切れた場合は、速やかにサイト上の在庫を「売り切れ」に変更することが必要です。

商品の大きさ

売れた商品の大きさについてチェックしましょう。

商品の大きさにより、梱包パターンも変わってきますし、

配送料金も大きく変わってくるものです。

商品があまりにも大きい、いくつかの発送が重なっているという場合、

荷物の集荷を依頼すればきてくれる宅配業者もあります。

大手宅配業者である、ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便は集荷にきてもらえるので、

利用するのも一つの手です。

梱包はしっかり!

商品の梱包はしっかり行うようにしてください。

箱に入れるときは、商品に合った箱の大きさにするようにし、

余白が出来てしまうときは緩衝材を入れて、商品が破損しないように配慮します。

割れ物のときは、梱包はとくに厳重にしなければなりません。

海外の顧客に発送する場合は、とくに注意が必要です。

一般的に日本の配送業者と比べて、海外の業者は荷物の扱いが雑なことが多いです。

どの配送業者に依頼するのか決める

Shopifyショップで売れた商品の梱包が終わったら、どこの配送業者に依頼するのか決めます。

多くは大手の配送業者に依頼することがほとんどかと思いますが、

配送業者によって得意な荷物というものがあるようです。

たとえば、大きめの箱に入れた荷物であれば、ヤマト運輸の宅配便や佐川急便の飛脚宅配便、

日本郵便のゆうパックの3社で全体の90%以上となっています。

小さめの荷物の場合、メール便、クリックポストなどがあり、

こちらも各社で取り扱いがあります。

配送業者によって微妙に金額が違っており、

少しの差でも年間にすると金額的に大きくなるものです。

配送業者を決める際には、コスト面も大事ではありますが、

商品の取り扱いがしっかりしているところを選びましょう。

配送時の破損などのトラブルは、あなたのShopifyショップには責任がないにしても、

決して気持ちのよいものではありません。

配送にShopifyアプリを利用するメリット

Shopifyショップで売れた商品をどの配送会社のどの方法にするのか、

ひとつひとつ当たっていく方法もありますが、ある程度注文数が増えてくると、

その工程で時間を割き過ぎてしまいます。

ひとつの配送について決まっていないのに、次々に注文が入ってしまう可能性もあります。

注文が入ることはショップとしては嬉しいことなのに、

抱えきれない仕事量にストレスが溜まったり、手続きに関するトラブルになるかもしれません。

配送にShopifyアプリを使うとどのようなメリットがあるのでしょう。

業務の効率化

基本的に配送は大手の配送業者を利用することが多いと思いますが、

これらの配送業者はそれぞれの配送料金を設定しているため、金額に差があります。

また、商品の大きさによって、この大きなならA社がお得だけど、

これくらいの大きさならB社がお得というように違いがあるものです。

加えて、発送先によっても料金には違いがあり、

基本的に遠い場所に送る際は料金が高くなります。

日本国内の場合、北海道や沖縄、離島は配送料金も高くなってしまい、

購入した商品の料金と同じくらい必要になってしまうこともあるようです。

Shopifyショップの配送にアプリを利用することによって、

どの配送方法がお得なのか解決してくれるので、機械的に発送手続きが行えます。

手続きのトラブルを無くす

Shopifyショップの配送にアプリを導入することによって、

手続きのトラブルを無くすことができます。

ショップ運営において、一番気を付けたいことはクレームでしょう。

クレーム対応はどうしても時間がかかってしまいますし、

顧客によっては二度とあなたのShopifyショップを利用しないという可能性もあります。

また、ネット上に口コミを投稿される可能性もあります。

インターネットを利用した買い物では8割ほどのユーザーが

事前の口コミをチェックするというデータもあるため、

ショップ側も意識しておいた方が賢明です。

顧客に発送する際にアプリを利用すれば、自動的に手続きができるので、

発送もれを防ぐこともできます。

海外への発送はかならず利用したい

Shopifyは海外からも商品を購入されることがあります。

売り上げが上がることは喜ばれますが、同時に海外発送にはトラブルも付きものです。

Shopifyショップの配送アプリを入れる際は、海外からの注文の可能性があれば、

それらに対応したものを導入すると、いざ注文がきたときに慌てずに済むでしょう。

Shopifyショップの商品に見合った発送をしてくれるところを見つけてくれます。

販売する商品によっては、海外からの注文が大半を占めるという可能性もあります。

たとえば、アニメ関連グッズなどは海外の人から注目度が高いです。

海外の人から購入されることも考えて、準備をすすめることをおすすめします。

国内発送おすすめアプリ

Shopifyショップの配送アプリは複数あり、それぞれ特徴があります。

国内発送のシェアはヤマト運輸が40%以上という数字であるため、

Shopifyの国内発送についてはヤマト運輸に特化したものや、

関連したものが数多くあるようです。

もちろん、佐川急便や日本郵便といった大手に対応したアプリもあります。

Shopifyショップが、主にどこの配送業者を利用するかを見極めていくことも大切です。

Japan Order CSV

Shopifyの受注データCSVが英語圏のフォーマットに合わせたものとなっているので、

日本人には少々見づらいものになっています。

たとえば、名前は名・氏となっていますし、

都道府県がコード表示となっているためお世辞にも見やすいものではありません。

このような英語圏のスタイルを日本スタイルに変えてくれるのが、

Japan Order CSVというアプリです。

このほかにも、受注データCSVをExcelに出力可能となっています。

有料プランでは、国内発送で利用されると予測されるフォーマットがワンクリックで出力でき、

配達日時設定など幅広いサービスにも自動反映できるアプリです。

利用は、無料プランと有料プランがあります。

Ship&co

Ship&coは出荷時間を90%削減できるアプリとして知られており、

受注データをリアルタイムに同期、複数の配送会社の送料を比較してくれるので、

最適な配送方法を選択することができます。

さらに、ワンクリックで送り状と納品書を発行できるという優れもののアプリです。

Ship&coでヤマトを利用する場合は、登録が必要です。

ヤマト運輸との法人 契約およびヤマトビジネスメンバーズのログイン情報が必要となります。

さらに、APIキーの取得も必要なので忘れずに行ってください。

利用は、従量課金プランと月額割引プランがあります。

海外発送おすすめアプリ

海外発送の際には、アプリを使うことをおすすめします。

海外の発送は分かりにくく難しいものであり、

どの国に送るかによって状況も変わってくるものです。

配送会社も複数ありますし、配送方法も航空便や船便などがあります。

海外発送アプリを使えば、業務の効率化が大きく、

ビジネスの幅を広げることにもつながるでしょう。

新型コロナウイルスにより、2021年夏現在でも航空便の減便が継続されていることから、

配送については遅延の可能性があります。

EasyRates Japan Post

EasyRates Japan Postは、日本郵便の海外発送に特化したアプリです。

インストールすると一瞬で利用できる配送方法と料金が表示され、

ラベル作成が簡単にできます。

日本郵便は世界120カ国や地域に配送ができ、

海外発送についてもあらゆる種類の発送方法があります。

これらを網羅しているので、かなり利用価値が高いでしょう。

料金は月額制となっています。

Ship&co

国内発送アプリとして利用をおすすめしましたが、海外発送アプリとしても万能です。

ひとつの管理画面でShopifyをはじめ、あらゆるECサイトの管理ができます。

海外向けの発送をする場合には、

国際郵便(EMS、eパケット、eパケットライト、SAL書留、SAL/Airmail、船便)、

FedEx、DHL、UPS、SF Expressなどで利用できる心強いアプリです。

インストールは無料ですが、利用には従量課金プランと月額割引プランがあります。

shopify送り状はヤマト連携のスマートCatがおすすめ!

スマートCaは、ヤマトの送り状発行業務支援サービスです。

どうしても手間がかかってしまう受発注作業を効率化してくれるので、

作業時間を短縮してくれます。

・送り状と納品書の一体型伝票となるので組み合わせ間違い防止
・伝票発行作業の自動化でシステム操作時間を短縮
・複数運送会社対応しているため、システムを1つに統一

という画期的なサービスとなっています。

指定フォルダにデータ保存をするだけで、自動で取込が行われ、送り状印刷が完了。

データ加工の必要もありません。

Shopifyはヤマトなど大手の配送が安心

Shopifyの発送は、ヤマトなど大手を利用した配送が安心です。

これまで多くの実績があり配送サービスの種類も豊富であるため、

発送する商品に応じて無駄のない料金で発送できます。

しかし、あらゆる配送サービスがあることから、

適切な料金をひとつひとつ調べるようなアナログなやり方だと

膨大な作業時間がかかってしまいます。

どの配送サービスがお得なのかは、Shopifyアプリを利用すると業務の効率化につながり、

ミスもなくなります。

国内発送、海外発送の両方でアプリがあるので、

あなたのShopifyショップに合ったものを選ぶようにしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。