ShopifyとYouTubeを連携させるメリット・将来性とは?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyとYouTubeの連携について知りたい
という方のために、ShopifyとYouTubeの連携と将来性について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. YouTube上のショッピング機能がわかる
  2. ShopifyとYouTubeを連携させるメリットがわかる
  3. ShopifyとYouTubeを連携させる将来性がわかる
  4. 今からできる準備がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyとYouTubeについて解説していきます。

 

YouTubeにおけるショッピング機能とは?

ShopifyとYouTube連携の前に、YouTubeショッピング機能を理解しておきましょう。

YouTubeショッピング機能とは何なのかの基礎情報を紹介します。

今後注目される機能のため、Shopifyショップ運営者も知っておきたい情報です。

YouTubeで直接買い物ができる

YouTubeショッピング機能とは、動画から直接買い物ができる機能のことです。

正しくは、「ショッパブル広告」といいます。

YouTubeのショッピング機能は、2021年1月に試験導入が発表されました。

その後、まず一部のクリエーターでショッピング機能が導入されています。

ショッピング機能を導入すると、

動画視聴者にショッピングカートが表示されるようになります。

このカートをクリックすると、視聴動画に関連した商品リストが表示され、

直接商品を買うことができるというものです。

そしてこのYouTubeショッピング機能と相性がいいのが、D2Cブランドです。

動画を通して商品の魅力を消費者に伝えながら、

ショッピング機能で販売を促すことができるようになります。

Shopifyとの連携を発表

もともとYouTubeでは、2015年にショッパブル広告が誕生していました。

しかし2021年になって本格的に試験導入が決まったのは、

2020年ShopifyとYouTubeの連携がGoogleから発表されたためです。

GoogleがShopifyとYouTube連携に踏み切った理由は、幾つかあります。

まず、eコマース市場で存在感を高めてきたFacebook、

Amazonが自社広告事業への投資を増やしている背景があるためです。

また、動画市場ではTikTokへの対抗策としても、

YouTubeショッピング機能は注目されています。

YouTubeショッピング機能は実験中ですが、

インフルエンサーに動画で紹介される商品のタグ付けを進めてきました。

タグのデータは、Googleアナリティクスやショッピングツールで確認できます。

YouTubeショッピング機能は、

将来的に動画を商品カタログとして使えるようにする目的があるようです。

ShopifyとYouTubeを連携させる将来性

ShopifyとYouTubeを連携させると、どのような将来性が期待できるのでしょう。

Googleが考える、動画で商品を購入できる将来性をみてみます。

これによって時代の移り変わりが急速に進むかもしれません。

Googleはコロナ禍において収益減少

YouTubeを運営するGoogleは、年々収益を上昇させてきました。

ところが、コロナ禍において旅行や店舗の売上減少の影響を受け、

Googleの収益も減少しました。

2020年第2四半期の決算発表では、前年と比べて2%減、

純利益は30%減少する結果となっています。

Googleの収益が減少するのは、2004年上場以来はじめてのことです。

収益減少となった理由は、コロナ禍で落ち込んだ広告市場の衰退があったためです。

しかし、Googleが収益減少のまま対策をしなかったわけではありません。

コロナ禍において、消費者は在宅で買い物ができることを求めており、

Googleもeコマース市場に注目しました。

Facebookでは小売店向け機能の「Facebook Shops」を発表しています。

GoogleもFacebookに乗り遅れないよう、eコマース市場に注目し、

その結果がYouTubeショッピング機能としてあらわれています。

商品開封動画の将来性が期待される

GoogleがYouTubeショッピング機能に期待する理由は、

YouTube動画内で商品開封動画が注目されている背景があるためです。

近年では、YouTube動画で紹介された商品を買う機会が増えています。

クリエーターが、商品を買ってみた・開封してみたなどの動画を紹介すると、

消費者の購買行動につながる可能性があります。

Googleも商品紹介動画に注目しており、新たなショッピング機会になると考えています。

またYouTube動画でのショッピングの可能性は、商品紹介や開封動画だけではありません。

化粧をする様子を撮影した動画、調理方法を紹介した動画も、

購買行動につながる可能性があります。

YouTubeには幅広く購買につながる動画が、

潜在的にまだまだあるとGoogleは考えているようです。

ShopifyとYouTubeを連携させるメリット

Shopifyショップの運営者は、

ShopifyとYouTubeを連携させるメリットが気になるところだと思います。

YouTubeショッピング機能は将来的に期待されている内容でも、

連携によってShopifyショップにメリットはあるのでしょうか。

今から連携を考えている人は、ここで紹介するメリットに注目してみてください。

動画でブランディングと販売ができる

第一のメリットは、YouTube動画でショップのブランディングと同時に、

商品の販売ができるという点です。

YouTubeチャンネルを通してブランドのファンになってもらい、

ファンになった人に対して直接販売ができるため非常に効率がいいといえます。

今までも、YouTubeを通してブランディングを高める方法はありました。

そのひとつが、インフルエンサーに商品紹介をしてもらう方法などです。

しかし商品紹介動画はブランドの認知には役立ちますが、

ショップが考える商品の魅力が上手く伝わるとは限りません。

ところが、ShopifyとYouTubeを連携させれば、

ショップがコントロールをすることが可能です。

ショップ自ら動画を作成すれば、商品開発の背景まで伝えることができるでしょう。

今までインフルエンサーの紹介により認知だけで止まっていたものが、

ショップによる動画作成により、消費者のファン化を促すことができます。

販売の入り口を広げられる

ShopifyとYouTubeの連携は、単純に販売の入り口を広げるメリットがあります。

1つのプラットフォームでの販売と比べて、

入り口が2つに増えれば売上アップが期待できます。

YouTubeチャンネルは、無料で開設が可能です。

誰でも動画を配信できる特徴があるため、

現在は20億人を超える人が利用するプラットフォームへと成長しました。

また、世界中の人がYouTubeを使用している背景があります。

つまり、ShopifyとYouTubeを連携させると、

世界中の20億人以上に商品をアピールできることになります。

さらに今後、YouTubeショッピング機能はYouTubeから直接決済が可能となる予定です。

商品購入に興味がある人は、Shopifyショップに移動する手間が必要ありません。

直接YouTubeから商品注文から決済まで済ませられれば、スムーズな取引が可能になります。

今まで、インフルエンサーが紹介した動画では購入を見送っていた人にも

アピールできる可能性があるのです。

広告コストを押さえることができる

YouTubeチャンネルの開設、動画の配信はすべて無料です。

ショップ自らチャンネルを立ち上げて動画を配信すれば、広告費を削減できます。

今まで広告でのマーケティングを考えていたショップは、

ShopifyとYouTube連携で広告コストを大幅に下げられる可能性があります。

また、YouTubeチャンネルの運営で広告収益が得られるのも魅力です。

ShopifyとYouTube連携で商品販売の収益と、

YouTube動画で利用する広告の収益がWで得られる可能性があります。

YouTube広告の収益が得られれば、ショップの広告費に回すことも可能です。

広告収益には条件がありますが、やってみる価値は十分にあるでしょう。

ほかにも、ShopifyはInstagramでの連携方法があります。

Shopify、YouTube、Instagramと多数連携させれば、さらに広告費の削減が期待できます。

ShopifyとYouTubeの連携前にやるべきこと

ShopifyとYouTubeを連携させる予定なら、その前にやっておきたい対策があります。

後からShopifyと連携させる前提で、自社のYouTubeチャンネルを運営することです。

まずはYouTubeチャンネルを開設して、チャンネルを育てるところからはじめてください。

商品レビュー動画を作成する

YouTubeチャンネルを開設したら、自ら商品レビュー動画を配信しましょう。

自分が使って良かった点や悪かった部分を動画で詳しく解説します。

とくに自己レビューのメリットが得られやすいのは、PtoCのケースです。

PtoCとは、個人が商品を販売するスタイルのことです。

今まではネットショップといえば企業などがやるイメージでしたが、

ShopifyとYouTube連携で個人でも十分に戦える可能性があります。

PtoCモデルの可能性が出てきたのは、無料で情報発信できるようになったためです。

YouTubeを使えば、個人が無料で情報発信できます。

さらにShopifyとYouTubeをかけ合わせれば、

少ないコストで商品をアピールすることができます。

現代のネット商品購入のきっかけは、8割がレビューからだともいわれています。

レビューの信憑性が高いのは、企業より個人です。

自らがインフルエンサーになり、商品をレビューしていきましょう。

ブランディングの動画を作成する

YouTubeチャンネルでは、

ショップの魅力を伝えるブランディング動画を配信してください。

たとえば、商品の開発秘話を動画にすれば、視聴者に共感してもらえる動画になります。

開発で苦労した部分や、商品に対する想いを自ら語るのもおすすめです。

ショップのブランディング動画は、小規模運営でも役立ちます。

現代社会では商品が溢れており、

消費者はどの商品が自分に合うのかわからないといった問題があります。

そこでブランディング動画の配信をすれば、他のショップとの差別化を図ることができます。

どこにでもある商品を目指すのではなく、世界でたった1つの特徴を配信してみましょう。

また、商品の魅力がShopifyショップのページだけでは伝わらない恐れがあります。

文章だけだと伝わる内容が限られてしまうため、

YouTube動画で魅力を配信することはとても有効です。

未来に向けてShopifyとYouTube 連携がおすすめ

ShopifyとYouTubeの連携は、まだはじまったばかりです。

今後どのように成長するかは未知の部分がありますが、

将来性のある販売だといえるでしょう。

また、ShopifyとYouTubeの連携は、

大手企業だけでなく個人や小規模ショップにとってもねらい目です。

新たなマーケティングを取り入れたいなら、

ShopifyとYouTubeの連携をぜひ検討してみることをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。