Shopifyタグの設置方法とは?広告運用・商品タグの方法も紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyタグについて知りたい(わからない)
という方のために、Shopifyタグの基礎知識と設置方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyタグの基礎知識がわかる
  2. Shopifyタグ設置方法がわかる
  3. Shopifyタグの広告運用方法がわかる
  4. Shopifyタグで商品ラベル設置方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyタグについて解説していきます。

 

Shopifyタグとは?

Shopifyタグは、ショップ向けの機能です。

商品にタグ付けをすると、タグの種類で商品を分類することができます。

タグは、商品の検索や自動コレクションの分類をするのにとても便利な機能です。

タグは通常お客様には表示されませんが、

使用しているテーマによっては商品タグが表示される場合もあります。

お客様がショップの検索機能を使うと、タグが検索結果に反映され商品が見つけやすくなります。

また、商品に「冬」のタグを付けて冬向けの商品だけを限定して

お客様に表示する場合などにも便利です。

さらにタグを使って、特定の商品を一括操作することができます。

たとえば、冬の終わりに「冬」のタグが付いている商品を検索し、

商品一覧から一括削除することも可能です。

またShopifyでは、商品以外にもタグを使用することができます。

• 仕入れ
• 顧客
• ブログ記事
• 注文
• 下書き注文

これらもタグを使って絞り込みをすることが出来ます。

また、それぞれでタグの追加や削除が可能です。

Shopifyタグの設置方法

Shopifyタグの設置方法は、個別に追加する方法と、一括追加で追加する方法があります。

対応数が少なければ個別に、数が多い場合は一括で追加をしましょう。

では、それぞれのタグ設置方法について紹介します。

タグを個別に追加する

タグの設置は、商品・仕入れ・顧客・ブログ記事・注文・下書き注文の作成の際に追加できます。

Shopify管理画面から、追加したいページを開きます。

タグセクションで、追加するタグ名を入力してください。

一度入力したタグはリストに表示されるので、次回からはリストから選択します。

最後に「保存」をクリックします。

なお、タグ名は文字・数字・ハイフンが使えます。

英字の場合は、大文字と小文字の区別がないため注意してください。

また、特殊文字は無視されるか同一とみなされるので、これらも注意が必要です。

さらに、タグ名はスタッフ全員がわかりやすいよう短いものがおすすめです。

たとえば、色なら「blue」「red」、素材なら「cotton」「linen」などでタグ付けします。

商品に複数のタグ付けをすると、たとえば「blue」「cotton」を含む商品が分類できます。

タグを一括で追加する

複数のタグ付けは一括操作で作業をスムーズにしましょう。

個別にタグ付けする場合と同様に、

商品・仕入れ・顧客・ブログ記事・注文・下書き注文に移動します。

まず、Shopify管理画面から商品管理に移動してください。

商品一覧で左側にチェックボックスがあるので、

タグ付けしたい商品にチェックを入れます。

そしてタグの追加を選べば、チェックを入れた商品に一括でタグ付けが完了です。

同じようにタグの削除も一括でできます。

1つずつ個別にタグ付けをしていくと時間も手間もかかるため、

一括操作の方法を覚えておくと便利です。

数個のタグ付けなら個別に対応できますが、多数のタグ付けには一括操作がおすすめです。

Shopifyタグの広告運用とは?

Shopifyショップの集客として、広告運用があります。

とくにショップを立ち上げたばかりだと、ストアが認知されていない場合があります。

そこで、まずストアを認知してもらうために必要な対策がWeb広告運用です。

Web広告の運用は、それぞれの広告のタグを使用します。

Google広告・Facebook広告の連携が可能

ShopifyでWeb広告が連携できるのは、Google広告とFacebook広告です。

検索結果からの集客ならGoogle広告、

SNSからの集客を考えているならFacebook広告が向いています。

どちらもタグの設置で簡単に導入できるため、手間が少なく済みます。

ただし、Shopifyカート部分にタグを設置できるのは、

Shopifyの「Shopify Plus」のみです。

Web広告運用を簡単に導入したいなら、Shopify Plusの利用を検討してみてください。

なお、Shopifyの通常プランでGoogle広告を設定する方法も別途あるため、

あとで詳しく解説します。

ですが厳密にいうと、Google広告はGoogleアナリティクスとの連携が必要です。

多少手間はかかりますが、ShopifyとGoogle広告の連携ができます。

Facebook広告に関しては、Shopifyで直接連携が可能なので、

作業を簡単にしたい人におすすめです。

運用可能な広告は2タイプ

Shopifyでの運用におすすめのWeb広告は2タイプあります。

1つはリスティング広告、もう1つはSNS広告です。

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索結果に広告を表示するタイプです。

検索結果の目立つところに広告が表示されます。

Web広告の中でも効果が高い方法で、Shopifyでの広告運用にもおすすめです。

なお、Googleショッピングでは無料でリスティング広告が出せます。

ShopifyのGoogleチャネルにGoogle広告アカウントを連携させて、

Googleスマートショッピングのオートメーションを作成してください。

SNS広告は、Facebook・Instagram・Twitter・LINEなどでの広告のことです。

商品によっては、SNS利用者をターゲットにした広告を出すと効果的な場合があります。

またFacebookは利用者層が幅広いので、ショップの認知度を上げることにも役立ちます。

Shopifyタグで広告運用する方法

ShopifyでWeb広告を運用する方法を、Google広告とFacebook広告で紹介します。

ショップとの相性がいい広告を選んで運用してみましょう。

Google広告の連携とタグの設置方法

まずShopify とGoogleアナリティクスを連携させます。

アカウントがない場合は、Googleアナリティクスアカウント作成からはじめてください。

続いて、Shopifyの管理画面から、オンラインストアを選び各種設定に移動します。

Googleアナリティクスの項目に、GoogleアナリティクストラッキングIDを貼り付けてください。

トラッキングIDは、Googleアナリティクスの管理からトラッキング情報で確認できます。

さらに、GoogleアナリティクスとGoogle広告を連携させます。

連携させる前に、Googleアナリティクスの「編集権限」、

Google広告の「管理者権限」が付与されているか確認してください。

Google広告の「ツールと設定」からリンクアカウントをクリックします。

Googleアナリティクスの「詳細」をクリックして、Shopifyストアのリンクを選択します。

リンクをスライドさせてオンに変えると、Google広告が連携できました。

なお、Shopifyの通常プランでは、カート画面にタグを設置することはできません。

通常プランでは直接タグを設置する方法ではなく、

GoogleアナリティクスとGoogle広告で設定が必要です。

Googleアナリティクスでコンバージョンポイントの目標設定をしてから、

Google広告にインポートするようにしてください。

Facebook広告の連携とタグの設置方法

Shopifyの管理画面からオンラインストアを選び、各種設定に移動します。

Facebookピクセルの項目から「Facebookを設定する」をクリック。

項目にFacebookピクセルIDを入力してください。

これで、Shopifyの全ページにFacebook広告のタグ設置ができました。

Facebook広告は、Google広告よりも簡単にタグ設定ができるためおすすめです。

操作の手間をかけずにWeb広告運用をしたいなら、Facebook広告を試してみてください。

Shopifyタグで商品ラベル表示させる方法

Shopifyタグ機能を使うと、商品にラベル表示ができます。

商品ラベルとは、「タイムセール」などのラベル表示のことです。

特定の商品を目立たせてアピールしたいときに、ラベル表示をさせてみましょう。

ラベル表示させる商品を登録する

まずは、Shopifyで商品にタグ付けしていきます。

先に説明したように、タグ付けの方法は個別でタグ付けする方法と、

一括でタグ付けする方法があります。

また、ここでは通常のタグと区別できるように、ラベル専用のタグ名にしておきしょう。

商品のラベル表示でおすすめなのは、タイムセール・送料無料・予約商品などです。

タイムセールのように時間や期間が限られている商品でも、

一括でタグを追加・削除すれば、短時間で対応できます。

タグを出力する

商品にタグをラベル表示させるため、HTMLの操作が必要です。

商品詳細ページにタグを出力する記述を追加してください。

なおタグを出力する記述は、{{ tag }}です。

ですが、{{ tag }}の記述だけではすべてのタグが商品ラベルとして表示されてしまいます。

ラベル専用のタグ名だけを指定して表示させる場合は、if文を使用してください。

またラベル表示は、CSSを使うことで表示を調節することができます。

目立たせるためにラベルに色を付けるなど、好みにCSSを調節してください。

ラベル表示では、HTMLやCSSの調節が必要となるため注意しましょう。

もし不安な時は、知識のある人にお願いするのも一つの方法です。

その場合、Shopifyのカスタマイズに慣れている運用会社などに依頼すると安心です。

Shopifyタグを設置してみよう

Shopifyタグは、設置することで商品などが扱いやすくなります。

最初は操作方法が面倒だと感じるかもしれませんが、

慣れれば簡単ですので是非チャレンジしてみてください。

タグは多数設置できるので、スタッフがわかりやすいよう適切に管理する必要があります。

また、Web広告タグをShopifyに設置する方法もおすすめです。

ショップを立ち上げたばかりの時期は集客が課題となるため、

多少費用をかけてでも多くの人に認知してもらえるようにしましょう。

Shopifyタグのカスタマイズは、HTMLやCSSの操作が必要なため、

対応に慣れてからでも遅くはありません。

それでも操作が心配な場合は、専門家への相談も検討してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。