ShopifyのページURLを変更するメリットと変更方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyストアのページURLついて知りたい
という方のために、ShopifyストアのページURLを変更するメリットと変更方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyのページURL変更の重要性がわかる
  2. ShopifyのページURL変更の方法がわかる
  3. URLのハンドル名を決める際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyストアのページURLを変更するメリットと変更方法について

解説をしていきます。

 

ShopifyストアのページURLを確認したことがあるでしょうか。

そのままだと、ページの内容がわかりにくく、検索結果に影響するなどデメリットがあります。

ショップのページURLの変更は売上にも影響する重要なものです。

確認して変更することをおすすめします。

では、ShopifyではページURLはどのように変更すればよいのか、紹介します。

ShopifyのページURL変更の重要性

サイトのURLはわかりやすく、あまり長くない方がよいとされています。

たとえば、「ドメイン/yoyaku/」と表示されていれば、

予約のページだということがわかります。

しかし、必要のない文字が入っていたり、長いURLだったりするとわかりにくいものです。

また、わかりにくいだけではありません。

ShopifyストアのURLを変更しないと、売上にも影響するさまざまなデメリットがあります。

ShopifyでページURLを変更する重要性について解説します。

ShopifyでページURLを変更しない状態とは?

ShopifyでページURLを変更しないままの状態というのは、

たとえば「ドメイン/collection/%EB%97%8F%B4%~」など、

ストアや商品名とは一見無関係の記号やアルファベット、数字などが並んで表示されています。

ページURLが長くても、いろいろな記号やアルファベットが入っていても、

気にしたいユーザーもいるでしょう。

しかし、あまりにも長いURLだと、不信感を抱かれることもあります。

また、URLのなかに日本語表示がされている場合もあります。

日本のユーザーであればわかりやすいと思うかもしれませんが、

日本語が入っていると不具合につながることがあるので注意が必要です。

ShopifyでページURLを変更した方がよい理由

ShopifyのページURLを変更しないと、さまざまなデメリットが生じます。

先にも述べたように、あまりにも長かったり、

関係のない文字や記号が並んでいたりすれば「どこにつながってしまったのだろう?」

と不安になるかもしれません。

さらにSEO評価にも関係することがあります。

ShopifyストアのページURLを変更した方がよい理由について把握しておきましょう。

検索されたときの表示がわかりにくい

ShopifyストアのページURLを変更した方がよい理由の一つは、

わかりやすい表示にするためです。

ユーザーが商品などを検索した際、URLは必ず目にするものです。

URLが複雑だったり、ストアや商品などを関係なさそうな文字や記号が入っているより、

商商品に関するワードが入っていた方が安心でしょう。

わかりやすく不安を感じさせないURLのほうが信頼度もアップすることができます。

また、細かい点まで配慮しているストアであると、印象づけることもできます。

文字化けなどをしやすくトラブルの原因になる

とくに日本語が入っていると、URLを貼り付けた後アルファベットや数字、

記号などの羅列になってしまうことがあり、トラブルの原因になります。

文字化けをして検索がスムーズにいかなかったり、検索に時間がかかったりするなど、

不具合を生じやすくなるので注意しましょう。

SEO評価が下がるリスクがある

わかりにくいページURLは、SEO対策においてもマイナスです。

Google検索では、わかりやすい、親切なサイトが推奨されるため、

わかりにくく、不親切なサイトは評価が低くなります。

日本語が入っていたり、複雑なURLは、クロールの際にトラブルが生じやすいことも、

検索エンジンにクローリングされにくくなる原因となるため、

SEO対策においてはデメリットとなります。

ユーザーの信頼を失う可能性がある

検索したページURLに関係のない記号や意味不明のアルファベットなどが入っていれば、

不安になります。

そのようなURLを使用していることで、信頼を失ってしまうかもしれません。

ページURLをシンプルでわかりやすいものに変更する知識がないということは、

ショップ運営に慣れていない、もしくは細かい配慮をしていない、

ということにもなります。

そういったストアは、細かい点まで気遣いをしてくれないのでは?不親切なのでは?

と深読みしてしまうこともあるでしょう。

少しの手間を省略して、ユーザーの信頼を失うようなことは避けたいものですね。

Shopifyの設定で知っておきたい「URLとハンドル」

Shopifyで商品登録を商品ページを作成する際、商品名や説明、画像、価格、

バリエーションなどを登録します。

正確にわかりやすく説明することも重要ですが、その際のSEO対策を忘れてはいけません。

Shopifyでは商品ページのSEO対策ができます。

その際に重要なのが、「URLとハンドル」です。

Shopifyの「URLとハンドル」について解説します。

Shopifyの「URLとハンドル」とは?

Shopiftyの「URLとハンドル」はSEO対策において重要な項目です。

URLとハンドルを変更することで、

Googleなどの検索エンジンのランキングを必要以上に下げないいようにできます。

Shopifyのハンドルとは、

たとえば「https://〇〇.com/products/womens-shirt」だった場合、

「womens-shirt」がハンドルになります。

商品ページの場合は商品名が、ブログページなどの場合は、

ページタイトルがそのままハンドルに挿入されます。

そのため、日本語で商品名やページタイトルをつけた場合、ハンドルには日本語が挿入され、

トラブルの原因になるので注意しなければなりません。

「ページタイトル」と「説明」でSEO対策

ハンドルに入る単語は商品やページが一目でわかるシンプルなものを入れることで、

SEO対策につながります。

先にも述べたように、日本語はトラブルの原因になることがあり、

検索結果にも影響してしまうのです。

必ずしもSEOにおいて日本語がマイナスになることはないようですが、

URLに日本語が入っていると、

そのURLをコピー&ペーストした際に違った文字列で表じされてしまいます。

ハンドルにもなるページタイトルは、

商品やページに関連する単語を英語で表示しましょう。

また、説明文は直接的にSEO評価を上げるとは限りませんが、

ユーザーに対して親切な文章を書くことでサイトへの誘導率がアップすると言えます。

そのページには何が書いてあるのか、的確にわかりやすく書かれていることが重要。

ユーザーが求めている内容を伝わりやすく書くことで、サイトへの訪問につながるでしょう。

URLのハンドル名を決める際の注意点

URLのハンドルを変更する際、注意したい点があります。

わざわざ変更してもわかりにくかったり、

SEO対策にならなかったりしては変更する意味がありません。

URLのハンドル名を決める際のポイントや注意点について解説します。

ハンドル名を決める際の基本的なルール

ハンドル名はシンプルでわかりやすいことが基本です。

ユーザーに不安感を与えず、ページの内容と合っていることは当然ですが、長すぎたり、

複雑すぎたりするURLもトラブルの原因になるので注意しましょう。

page1やfolder-1といったサイト運営者だけがわかる記号や数字よりも、

コンテンツに関連する単語を使うこと。

誰が見ても、何についてのページなのかわかるものであることが大切です。

また、シンプルなURLであるためには、できるだけ全角を入れず半角英数のみにすること、

大文字と小文字は統一すること、日本語は英単語に変更することも必要です。

多くのユーザーにとってURL小文字という印象があるため、

大文字よりも小文字で統一することをおすすめします。

さらに、わかりやすくても、キーワードとなる単語を必要以上に使用するのも避けましょう。

ページ公開前に設定する

URLの変更はページを公開する前に設定しておきましょう。

後で変更することもできますが、

一度設定したURLを変更するとSEO対策においてデメリットが生じることがあります。

URLを変更するということは、住所が変わるということなので、

変更前のURLではたどれません。

リンクを貼っていたとしても、リンク切れが生じてしまう可能性があり、

たくさんのリンクを貼っていたことでSEO評価が高かったとしても、

それが評価されなくなることも。

URLを途中で変更することで、

今まで積み上げてきたSEO評価が元に戻ってしまう可能性もあります。

URLはできるだけページ公開前に、設定しておいてください。

ShopifyのページURLの変更方法

URLはシンプルでわかりやすいものにしたほうがよい、ということが理解できたら、

ストアのURLをチェックし、変更したほうがよい場合は変更しましょう。

具体的にはどのように変更すればよいのか、

Shopifyの商品ページ、ブログページ、固定ページ、

コレクションページの変更方法について解説します。

商品ページのURL変更方法

Shopifyストアで商品ページは非常に重要なので、しっかり決めておくことが大切です。

変更する際は、管理画面→商品管理→該当商品をクリックしてから、

次のような手順で変更します。

「検索結果のプレビュー」の「ウェブサイトのSEOを編集する」を選択し、

URLを編集してください。

ここでは、ページタイトル、説明、URLとハンドルを変更できます。

ブログページのURL変更方法

ブログページのURL変更も、基本的には商品ページと手順は同じです。

管理画面→オンラインストア→ブログ記事→該当するブログ記事を選択し、

ページの下のほうにある「ウェブサイトのSEOを編集する」を選択します。

ここでURLとハンドルを変更し、保存しましょう。

参考としては、「ブログを始めました」→「blog-start」、

「ストアについてのブログ」→「blog-about-store」など。

日本語を英語に変換する際にはGoogle翻訳を参考にするのもおすすめです。

固定ページのURL変更方法

固定ページのURL変更方法も、基本的には同じです。

固定ページには、お問い合わせページやプロフィールページ、

企業概要ページなどいろいろな固定ページを作成する必要があります。

変更する際には、管理画面→オンライン→ページ→該当ページを選択し、

「ウェブサイトのSEOを編集する」をクリックしURLとハンドルを変更します。

コレクションページのURL変更方法

コレクションページのURLも同じ手順で変更することが可能です。

コレクションページを開き、

「ウェブサイトのSEOを編集する」をクリックしてURLとハンドルを変更します。

「ドメイン/collections/日本食」だったら、「ドメイン/collections/japanese food」、

「ドメイン/collections/女性用シューズ」だったら、

「ドメイン/collections/womens-shose」といったように変更します。

日本語のURLには注意!変更してトラブルを減らそう

ShopifyストアのページURLはユーザーにとってわかりやすい、

親切なURLを設定しましょう。

URLをわかりやすくシンプルなものにすることで、クリックしてくれる確率が高くなる、

信頼されやすい、などのメリットがあります。

とくに日本語が入っていると、

貼り付けをした際に文字列が変わってしまい複雑な記号と数字が表示されてしまいます。

何のページなのかわかりにくいものは、

SEOにおいても評価が低くなる可能性があるので注意してください。

ページURLを変更する意味や重要性を把握し、

きちんと変更してSEO対策すると同時にトラブルを減らすことが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。