Shopifyで利用規約を追加する方法は?作成ポイントと注意点も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyでの利用規約について知りたい
という方のために、Shopifyでの利用規約の追加方法や注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで追加できる利用規約についてわかる
  2. 利用規約の作成方法がわかる
  3. 利用規約の設定方法がわかる
  4. 利用規約の同意ボタンの作成方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyでの利用規約の追加方法や注意点にについて解説していきます。

 

自分がショッピングサイトで買い物をする際に、

利用規約を隅から隅まで読んでいる人は多くはないでしょう。

しかし、把握していないとトラブルが生じた場合に困ったことになります。

利用規約はユーザーだけでなく、販売者を守るためにも重要なもの。

Shopifyのストアページにも、利用規約はしっかり記載しておくことが大切です。

Shopifyで利用規約を追加するメリット

利用規約のメリットは、ユーザーとのトラブルが生じた場合、

スムーズに解決しやすいことです。

例えば、ユーザーがストアに不適切な投稿などをした場合、

ストア側が何もできないと売上に影響してしまいます。

利益を守るためにも、周りに不快な思いをさせないためにも、

「不適切な投稿に対してはストアが判断しユーザーの了解を得なくても削除できる」

というルールを示しておけば、ストア側が判断し削除できます。

ネットショップではユーザーがどのような人であっても、

「購入したい」という人には販売しなければなりません。

信頼できるのか、クレームばかりつけられるのではないか、

などは調べる術がないのです。

もちろん大部分は信頼できる人であり、問題なく販売できるでしょう。

しかし、不特定多数の人を相手にするのですから、

ルールを決めておかないと問題が生じたときにストア側が不利益を被る可能性があります。

ユーザー一人ひとりと決まり事を作成するわけにはいかないので、

ストアに適した規約をまとめ、提示することでトラブルが生じてもスムーズに解消できるよう、

利用規約はしっかりと作成する必要があります。

Shopifyで追加できる利用規約

Shopifyではデフォルトで利用規約や、プライバシーポリシーを設定することができます。

「特定商取引法に基づく表示」以外は内容は作成しなければなりませんが、

利用規約を作成したことはない人でも、設定は機能を利用して作成できるので安心です。

ただし、利用規約の内容は把握しておかなければなりません。

Shopifyで作成できる利用規約について解説します。

返金ポリシー

返金ポリシーは、キャンセルや返品、交換などに関するルールです。

一度購入した商品を返品されるのは売上が下がってしまうし、

送料などの負担がかかったり、返品された商品が破損していたりする可能性もあったりと、

デメリットが多いもの。

しかし、ネットショッピングは実物を手に取って見ることができないため、

届いた商品を実際に見たら思っていたのと違う、ということはありがちなことです。

とくに色や素材などは画像で伝えるのは限界があり、

やむなく返品したいというケースも少なくありません。

そうはいっても「返品不可」とすれば、購入率が低くなってしまう可能性もあります。

色や素材を扱うストアや、返品によって大きな損害を被る商品を扱うストアは、

返金ポリシーをしっかりと決めておくことが必要です。

返金ポリシーでは、

• 返金の基準や条件
• 返金期限
• 返品方法や返金の方法

について、しっかりと明記しておく必要があります。

返品の基準や条件は、ストア側の都合かユーザー側の都合か、1回でも使用したら返品不可、

など基準や条件を決めておきましょう。

キャンセルできる期限は、ストアの商品に適した期限を設定してください。

返品方法や手段に関しては、送料はどちらが負担するのか、

利用できる業者などについても指定した方がトラブルが少ないという場合は、

きちんとルールを決めておくと安心できます。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは、ユーザーの個人情報の取り扱いに関するルールです。

個人情報保護法の内容を踏まえ、

販売をするうえで得たユーザーの情報の利用目的や第三者提供などに関する内容を記載します。

ユーザーは買い物をする際に個人情報を提供するので、

その情報がきちんと守られるかどうかをチェックする人も増えています。

安心してストアを利用してもらうためにも、きちんとルールを提示しておきましょう。

プライバシーポリシーには、

• 利用目的
• 個人情報の管理
• 第三者提供について
• 情報の共同利用について
• 保有個人データについて
• 個人データの開示
• 匿名加工情報について
• 個人情報の取り扱いに関する相談などの連絡先

といった内容を記載しておいてください。

ほかにも、スマホアプリ用のプライバシーポリシーを用意するケースも増えています。

利用規約

利用規約はオンラインストアを利用する際のルールです。

ストアのサービスを利用する際に知っておいてほしい決まり事を記載しておきます。

主な内容としては、

• 利用登録
• ユーザーIDやパスワードの管理
• 売買契約
• 商品の返品や交換
• 送料
• 購入代金の支払い
• 禁止事項
• 知的財産権
• サービス提供の禁止
• 利用制限
• サービス内容の変更
• 利用規約の変更
• 個人情報の取り扱い

などについてのルールを記載します。

サービスを利用する際のルールが詳細まできちんと記載されていれば、

ユーザーも安心して利用できますね。

配送ポリシー

配送ポリシーは配送に関するルールです。

主な内容としては、

• 配送にかかる時間
• 荷物の追跡
• 配送オプション
• 紛失や破損
• 関税と国際配送

などについてルールを決め、記載します。

荷物はいつ届くのか?配送方法は?荷物が届かなった場合の対処法など、

配送に関する疑問や不安は多いものです。

とくに商品が届かない場合、追跡できるのか?その方法は?

などを気にするユーザーも少なくありません。

また、届いた商品が破損していた場合の責任は?どう対処してもらえるのか?

なども気になる点です。

ユーザーが心配する内容について、どのようなサポートができるのか、

またサポートできないことについても記載しておきましょう。

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法という法律に基づき、表示しなければならない項目を明記します。

特定商取引とは、悪質な販売によってユーザーが被害を被らないよう、

販売者が守らなければならないルールを規定したものです。

例をあげると、

• ストアの氏名や住所、電話番号、メールアドレス
• 販売価格
• 商品以外にかかる費用
• 支払い方法や期限
• 商品のお届け時期
• 返品・キャンセル
• 商品の破損
• クーリングオフ

などがあります。

ストア側の表示や広告で誤解を生じないように、

ユーザーが安心してサービスを利用できるように、細かい決まりを記載してください。

特定商取引に基づく表記に関しては、Shopifyでテンプレートが用意されています。

自動で作成してくれるものですが、きちんとチェックして作成しましょう。

Shopifyで規約を設定する方法

利用規約に関する内容を把握したら、Shopifyのストアに実際に設定してみましょう。

返金ポリシーやプライバシーポリシーなど、Shopifyで規約を設定する方法について解説します。

規約設定の流れ

利用規約などの規約設定の基本的な流れは、

1. ページの登録・作成
2. ページのリンク設定
3. ページの表示確認

です。

Shopifyでそれぞれの規約ページを作成するには、まず法務関連画面を表示させてください。

この法務関連画面で返金ポリシー、プライバシーポリシー、利用規約、配送ポリシー、

特定商取引法に基づく表記のページ作成をしていきます。

それぞれの規約ページの内容を入力し、保存をすればページ作成が完了です。

ページ作成ができたら、

リンクを設定しきちんと表示されるかどうかをチェックして完了となります。

返金ポリシー

管理画面→設定を選択し「法務関連」をクリック。

「法務関連」のページで「返金ポリシー」の欄にテキストを入力します。

見出しや太字も利用可能です。

わかりやすく、見やすく作成するようにしてください。

ページ作成ができたら、リンク設定をします。

「販売チャネル」→「オンラインストア」→「メニュー」を選択。

メニュー画面で「タイトル」の「フッターメニュー」を選択し、

「メニュー項目追加」を選択し、必要な情報を入力します。

フッターに「返金ポリシー」ページのリンクが設置されているかを確認します。

「販売チャネル」→オンラインストアの右にある「目のアイコン」を選択し、

登録したテキストリンクが表示されていることをチェックしましょう。

プライバシーポリシー

管理画面→設定を選択し「法務関連」をクリック。

「法務関連」のページで「プライバシーポリシー」の欄にテキストを入力します。

その後の設定は、「返金ポリシー」と同様に設定していきましょう。

利用規約

管理画面→設定を選択し「法務関連」をクリック。

「法務関連」のページで「利用規約」の欄にテキストを入力します。

その後の設定は、「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」と同様に設定していきます。

配送ポリシー

管理画面→設定を選択し「法務関連」をクリック。

「法務関連」のページで「配送ポリシー」の欄にテキストを入力します。

その後の設定は、「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」

などと同様に設定してください。

内容の記入例としては、

「送料は一部地域を除き一律500円(税別)です」

「商品の購入合計が2,000円以上の場合は、送料無料とさせていただきます」

「原則、配送完了後2~3日で商品到着となります」などです。

特定商取引法に基づく表記

「特定商取引法に基づく表記」に関しては、

テンプレートが用意されているので利用してもよいでしょう。

「法務関連」のページで「テンプレートから作成する」をクリックすると、

Shopifyに登録されている内容が表示されます。

項目が表示されているので、空欄の部分を入力し規約を完成させてください。

商品によって追加する項目があるかもしれないので、

その際はストアや商品内容に適した項目を、漏れのないように記載することが必要です。

Shopifyで利用規約を作成する際の注意点

Shopifyでストアを運営する際に重要な利用規約ですが、作成するにはノウハウが必要です。

Shopifyではすべての規約にテンプレートがあるわけでないので、自分で作成しなければなりません。

またテンプレートがあっても、ストアの特性や商品内容によって適切な内容でなければならず、

追記が必要な場合もあります。

Shopifyで利用規約を作成する際の注意点について解説します。

Shopifyでテンプレートが使える規約は限られている

Shopifyではページ作成をする際に、さまざまなテンプレートを利用できるのがメリットです。

しかし、利用規約に関しては利用できるテンプレートは

「特定商取引法に基づく表記」のみです。

利用規約を設定する方法は簡単で、

管理画面から設定を選択し「法務関連」ページを表示したあと、

それぞれの規約内容を入力して保存するだけで完了となります。

しかし問題は内容です。

法務関連の知識があればまだよいのですが、知識がなければ自分で作成する必要があります。

英語版のテンプレートはあるようですが、

英語でのみ利用が可能なので日本語版は自分で作成しなければなりません。

特定商取引法に基づく表記に関しても、テンプレートはあるものの、

ストアや商品によっては追加項目が必要なケースもあるでしょう。

すべてShopifyのテンプレート任せ、というわけにはいきません。

利用規約はストアに適した内容の規約を、

自分で作成しなければならないことを把握しておいてください。

法務関連の文書は自分で作成

返金ポリシーやプライバシーポリシーなど法務関連の内容は、自分で文書を作成します。

作成する主な方法としては、

• ほかのストアの文書を参考にする
• ネットに掲載されているひな形を使う
• 弁護士などの専門家に依頼する

といった方法があります。

法務関連の知識がない場合、最初から自分で利用規約を作成するのは難しく、

また適切かどうかの判断もできないかもしれません。

それなら、似たような内容を探して参考にしてはいかがでしょう。

自分のストアに近いストアの利用規約を参考にする方法なら、規約を作成しやすいです。

ただし全く同じ内容で、というわけにはいかないので自分で考えて作成する必要もあります。

ネットには利用規約のひな型が掲載されており、

そのようなひな形を利用するのも便利な方法ですが、テンプレートやひな形は数多くあり、

自分のストアに適しているものを選択するのも簡単ではありません。

最終的には他のストアなどと比較して、適したテンプレートを探す必要があります。

また、弁護士などの専門家に依頼するという方法もあります。

専門家に依頼すれば、安心ですが、費用がかかるのがデメリットです。

専門家への依頼内容も、すべて丸投げするほか、

相談やチェックなど専門家によってプランがあるので、

費用を踏まえて検討するのも選択肢の一つといえます。

著作権侵害に注意

ほかのストアやサービスの利用規約を参考にして作成する場合、著作権侵害に注意が必要です。

利用規約は基本的に同じストアであれば、同じ内容の文書になることも多いでしょう。

とくにほかのストアの利用規約を参考にすると、どうしても同じ内容、

同じ文章になってしまいがちです。

しかし、コピーのように同じになってしまうと、著作権侵害と判断されてしまう場合があります。

利用規約に著作権が存在している場合、無断でコピー・転載などをすると、

訴えられるかもしれません。

利用規約のなかには、条文のように定型化されている文書もあります。

ある程度定型化された文章は著作権侵害とはなりにくいですが、

ストアやサービスによるオリジナルな内容や文書に関しては、

著作権が存在する可能性が高いです。

そういった利用規約を参考にするのは問題ありませんが、

自分のストアの利用規約を作成する際には自分で考えた内容・文書にすることが必要となります。

他社では有効でも自社では無効になることも

ほかのサイトやストアの利用規約を参考にする際、

似ているストアやサイトのものであっても自分のストアでは適さない場合もあります。

また、知名度の高いサイトだから大丈夫だと参考にしても、

すべてにおいて法的に有効であるとは限らないこともあるようです。

利用規約を作成する際には、自分のストアに合っていること、

Shipifyストアとして安全なサービスを提供できることを念頭に置いて作成することが大切。

利用規約は注意しないと、

販売者側が一方的に有利になってしまう内容に傾いてしまうことがあります。

また、利用者の利益を過剰に害する内容は無効となることも。

利用規約はトラブルが生じた場合に、対応の正当性を裏付けるものです。

規約に正当性がなければ、トラブルの解消につながりません。

トラブルを解消できるための、またユーザーが安心して利用できるために作成するもの、

ということを忘れないようにしましょう。

利用規約の同意ボタンを作成する方法

ユーザーが利用規約を読み同意する場合、

「同意ボタン」をチェックする設定にしておく必要があります。

Shopifyで利用規約に同意する際の、同意ボタンを作成する方法について解説します。

コード編集をする

Shopifyで利用規約の同意ボタンを作成する方法の一つが、コード編集です。

知識のある人はコードを使い、同意ボタンを作成しましょう。

設定の流れは「テーマ」→「アクション」→「コード編集」です。

メニューから「Sections」→「cart template.loquid」

を選択するとカスタマイズするファイルが出てきます。

アプリを利用する

コード編集は専門知識が必要なので、知識のない人にとってはハードルが高いでしょう。

その場合は、アプリを利用するのがおすすめです。

またテーマによっては、コード編集が難しい場合もあります。

その際、Terms and Conditions Checkboxアプリを導入すれば、

利用規約に同意するチェックボックスを作成することが可能です。

Terms and Conditions Checkboxは月額2ドルの有料アプリ。

カートページにチェックボックスを設置できるほか、複数の遷移方法があるのも特徴です。

ほかにも

• チェックボックスのカスタマイズが可能
• チェックボックスの後に表示するテキストの編集が可能
• 利用規約に同意しなかったときのポップアップ項目を表示できる
• 「今すぐ購入」でカートをスキップする場合の制御

などといった機能があります。

7日間の無料体験ができるので、試してみるとよいでしょう。

適切な利用規約を作成し安全な運営を目指す

ユーザー向けに販売者が作成する利用規約は、

ユーザーがショップを利用するうえでのさまざまなルールをまとめたものです。

ユーザーのなかには、よく読まずに「同意する」をクリックする人も少なくありませんが、

利用規約はきちんとまとめておく必要があります。

利用規約はユーザーが安心してストアを利用できることだけでなく、

ストア側にとっても不利益を被らない、またトラブルを解決しやすくするために必要なものです。

適切な規約を作成し、安全な運営を目指しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。