ドロップシッピングで子供服を販売!仕入先やショップ構築サービスを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ドロップシッピングで子供服を取り扱いたいけれど、仕入先やショップの作成サービスについて知りたい
という方のために、ドロップシッピングで子供服を取り扱うときに利用したい仕入先やショップの作成サービスについて解説します。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピングで子供服をどこから仕入れればいいかわかる
  2. ドロップシッピングで子供服を取り扱うときの、おすすめのショップ作成サービスがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではドロップシッピングで子供服を売るときに使いたい仕入れサイトについて解説していきます。

ドロップシッピングで子供服を売るときに使いたい仕入れサイト3選

ドロップシッピングで子供服を販売する場合、「どのサイトから仕入れるか」が問題となります。

ここでは、ドロップシッピングで子供服の販売を考えている方に向けて、仕入れの際におすすめしたいサイトを紹介します。

それぞれのサイトのメリットとデメリットについて触れるので、自分にとってベストなお店を見つけてください。

NETSEA

ドロップシッピングの卸サイトについて調べていると、まずヒットするのが「NETSEA」ではないでしょうか。

ドロップシッピングに対応している卸サイトの中でも、NETSEAは特に規模の大きいサイトで、非常に多くの商品を取り扱っています。

会員登録は無料で行うことができるので、これからドロップシッピングを始めようと考えている方がお試しで登録するサイトとしてもおすすめできます。

子供服に限らず、ドロップシッピングを始めるのであればぜひ利用したサイトです。

NETSEAの魅力

NETSEAの魅力は、なんといっても取り扱っている商品の数が非常に多いことです。

ドロップシッピングは対応している商品しか仕入れることができないので、取り扱っている商品数が多いと選択肢が増えます。

また、「NETSEAプライム」という特別な会員サービスを提供しているのも魅力的なポイントです。

NETSEAプライムの会員になれば、通常よりも商品を安く仕入れたり、クーポンを獲得したりできます。

NETSEAの注意点

NETSEAはドロップシッピングをする上で非常に魅力的なサイトなので、「ライバルが多い」という点には気をつけなければいけません。

特に、人気になることが予想される商品は購入者が殺到するため、仕入れたい商品が品切れとなってしまう可能性があります。

ドロップシッピングは、手軽に始められる副業として人気です。

さらにドロップシッピングに対応している卸サイトとなれば、利用者が非常に多いことは容易に想像できます。

NETSEAだけを利用するのではなく、他の卸サイトにも登録しておくことをおすすめします。

トップセラー

NETSEAに並んでおすすめしたい卸サイトが「トップセラー」です。

取扱商品はNETSEAには及ばないものの、それでもおよそ25万点取り扱っているので、自分が気に入った商品が見つかるかもしれません。

卸サイトを利用する場合、月額費用が発生することがあります。

しかし、トップセラーは5点までであれば、無料で利用することができます。

「ちょっと試してみたいけれど、いきなり費用は払いたくない」そんな方にうってつけのサービスです。

トップセラーの魅力

トップセラーの魅力はなんといっても「データの連携機能」が充実していることです。

ドロップシッピングを行うためには、別にショップを立ち上げなければいけません。

ただ、ショップを立ち上げるとなるとかなりの時間がかかってしまいます。

しかし、データを提携できるトップセラーであれば、在庫管理や発注などの面倒な作業を簡単に終わらせることが可能です。

トップセラーにデータ提携できるのは、「Yahoo!ショッピング」、「MakeShop」などです。

トップセラーの注意点

トップセラーのデメリットを挙げるとするなら、「サポート体制が弱い」という点でしょう。

ドロップシッピングに対応しているサイトには、手厚いサポート体制を敷いているところもあります。

しかし、トップセラーは残念ながら電話サポートに対応していません。

わからないことがあったらすぐに電話で確認したいという方にとって、電話でのサポートがないのはマイナスポイントです。

ただ、取引先が多いため電話でのサポートができないのは仕方がないのかもしれません。

タオバオ新幹線

最後に紹介するのが「タオバオ新幹線」です。

商品を仕入れるには、国内で仕入れるか、それとも海外から仕入れるかのどちらかになりますが、海外から商品を仕入れるのはハードルが高いのが現状です。

しかし、「タオバオ新幹線」を利用すれば、中国大手のショッピングモールである、タオバオ、アリババ、Tモールなどから商品を簡単に仕入れることができます。

国内仕入れだけでは差別化が難しいと感じているのであれば、ぜひタオバオを利用してください。

タオバオ新幹線の魅力

さきほどタオバオ新幹線を利用すれば、中国から商品を仕入れることができると説明しました。

しかし、タオバオ新幹線を利用するメリットはそれだけではありません。

タオバオ新幹線を利用するとショッピングサイトの構築サービスである「BASE」と連携することができます。

BASEとの連携はドロップシッピングを行う上で必須であり、商品データを自動で取り込んでくれるなど、ショップ運営に関する作業を簡単に行うことができるのです。

タオバオ新幹線の注意点

タオバオ新幹線を利用する上での注意点としては、「ユーザーに直送してしまうと、状態が悪いものが届く可能性がある」という点が挙げられます。

中国から発送される商品の中には、商品の状態が劣悪だったり、梱包に難があったりすることも。

そのような商品をいきなりユーザーに直送してしまうと、クレームに発展してしまう可能性があります。

仕入れたい商品を見つけたら、いきなりショップで取り扱いを開始するのではなく、まずは自分で購入して商品や梱包に問題ないかを確認すると安心できます。

ショップの構築サービスの選び方

ドロップシッピングで子供服を取り扱うのであれば、ショップの構築サービスを慎重に選ばなければいけません。

ショップの構築サービス選びを間違えてしまうと、意外なところでつまずいてしまうからです。

ここでは、ドロップシッピングで子供服を取り扱おうと考えている方のために、ショップの構築サービスの選び方をまとめます。

これからドロップシッピングで子供服を販売しようと考えている方は、参考にしてください。

容量に余裕はありそうか

まずドロップシッピングで利用するサイトの構築サービスを選ぶときに意識したいのは、「どれだけの容量を使用できるか」ということです。

ドロップシッピングをするにあたってショップサイトを作成する場合、商品紹介のテキストや画像など掲載しなければいけません。

テキストはそこまで容量を圧迫しませんが、画像は数が多くなってしまうと、容量がかなり大きくなってしまいます。

商品画像は、ユーザーが商品を購入する際に特に参考にするポイントなので、できるだけ多く掲載したいものです。

しかし、使用できる容量を小さく設定しているサイトでは、画像を満足に掲載することができないので、アピール不足になってしまう可能性があります。

また、容量ギリギリの状態でサイトを表示しようとすると、サイトの表示速度が遅くなることもあるので、注意が必要です。

デザインをどこまで調整することができるか

子供服をドロップシッピングで販売しようとしている人は非常に多いので、なんらかの工夫をして他のショップとの差別化を図らなければいけません。

差別化というと、できるだけ商品を安売りしてユーザーを集めようとしてしまいがちです。

しかし、もともと利益率の低いドロップシッピングではあまり現実的な方法ではありません。

それなら、「ショップのデザイン」を変更することにより、他のショップとの差別化を図ってみましょう。

子供服を販売するショップなので、それを意識したデザインをするのが理想です。

しかし、中にはデザインが苦手な方もいるかもしれません。

その場合はショップのデザインを外注するという方法もあるので、デザインに自信がない方におすすめです。

独自ドメインを利用することができるか

独自ドメインを取得することによって、ショップのブランド力を向上させることができます。

独自ドメインを使用したい場合、利用しようとしているネットショップのサービスが対応しているかをあらかじめ確認してください。

独自ドメインを使用する上でいくつか注意点があります。

まず、「独自ドメインに対応しているのは有料ショップが多い」ということです。

無料のネットショップはサイトが用意したドメインしか利用できないことが多いので気をつけてください。

また、独自ドメインの取得・維持には費用が発生することにも気をつけなければいけません。

独自ドメインでショップを運営すると、意外な費用が発生することを覚えておきましょう。

SEO対策をはじめとした集客対策はできているか

ドロップシッピングの中でも子供服を取り扱う方は多く、競争が激化しているのが現状です。

ショップの売り上げを上げるためには、差別化に加えて集客も積極的に行う必要があります。

しかし、自分で広告を利用するのは費用面で現実的ではありません。

地道にできる対策としては「SEO」が挙げられます。

しかし、非常に手間がかかるので現実的ではありません。

有料のネットショップ作成サービスの中には、SEOに特に注力しているものがあり、ショップ出店者の手間をかけずに集客できるシステムがあります。

SEO対策にそこまで時間はかけられないけれど、集客は頑張りたいという方は、作成サービスがどこまでSEO対策に力をいれているか確認しましょう。

利用にどれぐらいの料金がかかるか

有料ショップ作成サービスは、確かに便利です。

しかし、思った以上にお金がかかってしまうケースもあります。

ドロップシッピングは一つの商品に対して利益がそこまで大きくないビジネスモデルなので、安定した利益を出すためにはできるだけ多くの商品を販売しなければいけません。

多くの商品を販売するという目標を達成するためには、有料ショップ作成サービスのサポートは非常に力になってくれます。

しかし、毎月の使用料金には注意が必要です。

ドロップシッピングビジネスを始めてみると、想像以上に費用が発生することに驚く方もいるでしょう。

経費がどれぐらいかかるかを適切に確認し、どれぐらいの売り上げがあれば目標を達成できるかについて必ず確認してください。

ドロップシッピング用のサイト構築で使いたいサービス7選

ドロップシッピングを行うのであれば、ショップを作成しなければいけません。

ここではドロップシッピングのためにショップを作成するときに、ぜひ利用したいサービスを紹介していきます。

それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあるので、自分にとってぴったりなサービスをじっくりと探し、ショップを作成しましょう。

Shopify

ショップを細かくカスタマイズしたいという方におすすめしたいのが「Shopify」です。

Shopifyでは専用のアプリが幅広くリリースされているので、自分のショップ運営にあったアプリを利用してみてください。

アプリを利用することにより、ショップ運営の幅を大きく広げることができるでしょう。

また、越境ECの制作にも強いのがShopifyの強みとなっています。

将来的に海外展開も視野に入れているなら、Shopifyの利用がおすすめです。

Yahoo!ショッピング

商品をできるだけ多くの人に見てもらいたいのであれば、大手ECモールを利用するのが一番の近道です。

大手ECモールの中で特におすすめしたいのが「Yahoo!ショッピング」であり、大手でありながらも出店店舗数にはまだのびしろがあるようです。

また、大手ECモールの中には出店に際して費用が発生するものもありますが、Yahoo!ショッピングは基本的に費用がかかりません。

ショップ運営にできるだけ費用をかけたくない方におすすめのサービスです。

Jimdo

ドロップシッピングはどのようにショップを差別化するかが重要なテーマです。

「Jimdo」は他のショップにないような要素を加えたい方におすすめです。

Jimdoはブログや動画などをサイトに投稿することができるため、コンテンツ力で差別化を図りたいという方にとってはうってつけのサービスとなっています。

サイトをメディア化して集客したい方にとっては、非常に使い勝手のいいサービスですが、利用にはPCが必要です。

イージーマイショップ

ネットショップを運営するなら、商品画像に力をいれなければいけません。

しかし、多くの商品画像を美しい状態に編集するのは時間がかかってしまいます。

そんな作業を効率的に行えるのが「イージーマイショップ」です。

イージーマイショップには「キレイ機能」があり、登録した画像を簡単に修正することができます。

ユーザーにとって商品画像は非常に重要なポイントなので、妥協はできません。

しかし、キレイ機能があれば美しく商品画像を表示できます。

ネクストショップ

とにかく初期費用をかけたくないという方におすすめしたいのが「ネクストショップ」です。

初期費用・月額固定費ともに無料なので、なかなかショップ運営が軌道に乗らなかったとしても、余計な費用が発生しないのが魅力でしょう。

売り上げが出ないのに、費用だけ発生してしまい赤字になってしまう、そのようなリスクを避けたい方におすすめです。

ただ、売り上げに応じて発生する決済手数料・販売手数料が割高な点には気をつけなければいけません。

STORES

日本国内だけでなく、海外のユーザーにも商品を販売したいのであれば、「STORES」の利用をおすすめします。
STORESは海外発送にも対応しています。

さらに、英語への表示切り替えを簡単に行うことができるので、将来的に越境ECサイトにしたいという方にもおすすめです。

また、Instagramと連携を行うことができるので、流行に敏感な主婦層に対してもリーチできるのがSTORESの魅力的なポイントです。

BASE

簡単にドロップシッピングのためのサイトを解説したいのであれば、「BASE」を利用してみてはどうでしょうか。

BASEには初めてショップを立ち上げるという方のために、デザインテンプレートが数多くあります。

また、そのデザインテンプレートは無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

先ほど紹介したタオバオ新幹線もBASEに対応しているので、中国から商品を仕入れたいと考えている方にもBASEをおすすめします。

ドロップシッピングで子供服を販売するならショップの作り方が鍵!

ドロップシッピングで子供服を取り扱うのであれば、どのようにショップを制作するかがポイントとなります。

ドロップシッピングで子供服を取り扱う方は非常に多いので、どのように他のショップと差別化を図るかが重要です。

デザイン・取り扱う商品・価格と差別化できる要素は多岐にわたります。

しかし、方法を間違えるとショップ運営に失敗してしまいます。

ショップを立ち上げる際は、どのようなコンセプトで行うのかを明確にし、それにあったショップ作成を心がけましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。