Shopifyのビジネスモデルに迫る!世界が注目される理由とは?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのビジネスモデルについて知りたい
という方のために、Shopifyのビジネスモデルの特徴や人気の理由について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyのビジネスモデルの特徴がわかる
  2. shopifyが注目される理由がわかる
  3. 自社がshopifyのビジネスモデルを生かせるかどうかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのビジネスモデルについて解説していきます。

 

アマゾンキラーなどとも言われるShopifyは、

まだ日本でこそ知名度はほかのECサイトと比べて低いものの、

100万ショップ以上のプラットフォームを提供する企業です。

Shopifyでストアを展開する人も世界中にいて、

越境ECを成功させやすいシステムや環境が整っているのも特徴といえます。

なぜそこまで高い人気が出ているのか、Shopifyのビジネスモデルについて、

もっとよく知りたいという人は多いでしょう。

こちらで解説していきます。

Shopifyの成長過程

Shopifyが創業したのは2004年、最初はスノーボードのオンラインストアでした。

その後、EC構築プラットフォームを提供する企業として展開し、

現在では総流通10兆円の大規模な企業へと成長しています。

投資家たちも注目するShopifyは、アメリカで1/3のシェアを誇るEC構築プラットフォームです。

日本でも、STORESやBASEといったネットショップサービスを提供する企業が増えています。

店舗運営をネットで行うことで、

費用も少なくスキルがなくてもショップを経営できると人気です。

さらにデザインやWebサイトの知識がなくてもネット上のサイトを作成できるのも魅力。

個人でオンラインでストアを成功させるためには集客がネックとなりますが、

Shopifyを利用すればその心配も軽減されます。

知識やスキルがなくても、世界中の人を相手に商品を販売することができるのが、

Shopifyの大きな魅力でしょう。

ここまで大きく成長した背景には、ネットショップを利用する人の需要が増え、

それに伴いネットショップを提供する人が増えたという流れがあります。

Shopifyはネットショップを展開するうえで必要な環境を十分に備え、

多くの人が使いやすいプラットフォームとして成長してきたのです。

Shopifyのビジネスモデルの特徴

2019年の時点でShopifyには100万以上のストアがあり、

事業展開地域は世界中175ヵ国にもなります。

これだけ大きな企業へと成長したのはなぜか?

Shopifyのビジネスモデルに注目してみましょう。

月額課金のサブスクリプション

Shopifyのビジネスモデルの特徴の一つが、月額課金制です。

Shopifyでは最初の14日間は無料ですか、

無料期間を過ぎるとプランによって月額利用料がかかります。

Shopifyの収益の一つは月額利用料です。

月額料利用料は、ベーシック、スタンダード、プレミアム、

さらにはShopifyPlusといった顧客のニーズに対応した複数のサブスクリプションがあり、

ストアを利用する人はShopifyにプランに応じた料金を支払います。

Shopifyのもう一つの収益は手数料です。

主な手数料は決済手数料で、決済方法や商品の販売数、単価などに応じた料金が発生します。

越境ECに適したプラットフォーム

世界175ヵ国において事業展開ができるということは、

それだけ越境ECがしやすいということです。

Shopifyのプラットフォームは20ヵ国の言語に対応しているほか、

世界中で利用できる決済方法、海外配送、税率などにも対応しています。

このような環境は、越境ECのハードルを低くし、

海外への販売ができなかった人たちにチャンスを与えてくれます。

日本の商品は海外でも人気がありますが、日本人が越境ECをするのは言語の壁などもあり、

そう簡単ではありませんでした。

Shopifyなら越境ECもしやすく、利用すれば成功しやすいでしょう。

豊富なテンプレート

Shopifyの特徴としてテンプレートが豊富に用意されている点が挙げられます。

Shopify独自の「テーマ」と呼ばれるテンプレートは、

無料のものでもデザイン性に優れているだけでなく、

ストア側にもユーザー側にとっても便利な機能が豊富に搭載されているのです。

テンプレートは「テーマ」によって機能は異なりますが、

商品ズームやアニメーションスライドシーなどで商品の魅力を伝えやすい機能や、

プロモーションバナー、お客様の声などで売上を伸ばす機能など、さまざまな機能があります。

テンプレートを利用すれば、デザインやWebサイト構築の知識がなくても、

クオリティの高いストアをつくることが可能。

さらにカスタマイズもしやすく、知識がなくても、

また知識がある人はより質の高いストア形成ができるのです。

SNS連携がしやすい

SNS連携がしやすいのもShopifyの特徴です。

たとえば、Facebookと連携し「ショップ」という機能を利用すれば、

「ショップ」でShopifyに登録した商品が出せるようになります。

商品の色やサイズ、価格や商品点数なども表示されるので、

Facebook上で商品を選ぶことが可能です。

FacebookやInstagramなどのSNSと連携することで、

アクセス数が増え集客や売上につながりやすくなります。

現在ではFacebookやInstagramなどのSNS利用者は多く、

これらのツールを利用しない手はありません。

ShopifyではSNS連携の方法も簡単で手間がかからない点もメリットです。

SEO対策に優れている

ストアの売上を伸ばすためにSEO対策は欠かせませんが、自分で行うとなると難しいもの。

ShopifyはSEO対策にも優れている点が、多くの人から選ばれる理由の一つです。

デフォルトでもSEOの基本的な設定ができ、タイトルやディスクリプション、

URLとハンドルの編集などができるようになっているので、SEO対策に適した設定が可能。

しかもストア全体だけでなく、それぞれの商品ページやコレクション、

ブログ記事など各ページで検索されやすい設定ができます。

このような細かいSEO対策が可能なのが、Shopifyの大きな魅力でしょう。

加えて基本的なSEO対策だけでなく、

アプリを利用することでさらにストアに適したSEO対策が可能です。

アプリによっては、

Google検索でのインデックス状況やモバイル 最適化のチェックなどデータ分析ができ、

マーケティングに活用できます。

クオリティを追求できるアドオン

アドオンと呼ばれるアプリケーションが豊富にあり、

機能拡張ができるのもShopifyのビジネスモデルの特徴です。

アプリケーションを導入することで、ネット上のストアの機能性を高め、

ユーザーはより使いやすく、ストアはより操作しやすく、

売上を伸ばしやすくすることができます。

Shopifyのアプリケーションはストアデザイン、配送、SNS連携、SEO対策、

さらにはお気に入りの追加、

マーケティングなどさまざまなニーズに対応した種類が2,000以上あります。

有料はもちろん、無料のアプリケーションでも機能性が高く、

必要に応じて導入していくことで質の高いストアに成長していけるでしょう。

【Amazonと比較】Shopifyと他社とのビジネスモデルの違い

ネットショップを出すなら、AmazonやeBayなども検討する人も多いかもしれません。

どちらも規模が大きく知名度も高いため、集客力もあります。

Amazonは世界中に顧客を得ることができ、ストア運営に関する環境も整い、

売上アップも目指せるのでは?と考える人も少なくありません。

それでもShopifyを選ぶ人は多いです。

確かにAmazonなら集客しやすいですが、

柔軟性としてはShipifyの方が高くストアの個性を出せるというメリットがあります。

Amazonはストアの個性を出して売上を出すというより、

売れる商品を見つけ出品するという形です。

Amazonというネームバリューはないものの、

ユーザーはShipifyのストアや商品に魅力を感じて購入につながります。

デザインや機能のカスタマイズができるShopifyは自由度が高く、

個性を出して売上アップを目指せることでストアのやりがいにもつながると言えるでしょう。

Shopifyのビジネスモデルが注目される理由

ストア運営において知名度の高いAmazonではなく、Shopifyを選ぶのはなぜか?

ネットショップサービスとしてShopifyのビジネスモデルが

注目されている理由について解説します。

自社のメッセージを伝えやすい

できあがったイメージがないので自社ブランドを印象付けやすい、

という点がShopifyが選ばれる理由として挙げられます。

ストアを柔軟にカスタマイズできるShopifyは、

自分のイメージ通りのストア形成を目指すことができるでしょう。

自由度が高いということは、反面自分で考えて作成していく必要があり、

その分の努力も必要です。

しかし、個性を出しやすいのがShopifyの魅力です。

サイト構築の知識がなくても、豊富なテンプレートやアプリもあります。

アプリの数は豊富で無料はもちろん有料のものもありますが、

自分のストアに適したアプリを選択し導入していくことで、ストアの質も高まっていきます。

それと同時にストアの個性が出せること、

その環境があるので自社のメッセージをユーザーに届けやすいのです。

SNS利用者にとって販路を広げやすい

FacebookやInstagram、TwitterなどSNSで情報発信をしている人にとって、

Shopifyでは販路を広げやすいというメリットがあります。

ShopifyではSNSとの連携がしやすく、またそれぞれのツールにEC機能を搭載できるため、

売上アップにつながります。

ストアだけでなくさまざまなツールがあれば、

その分顧客とのコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

ユーザーや顧客とのコミュニケーションが取りやすければ、

的確なマーケティングができたり、顧客にとってメリットとなる情報を流したり、

売上につながるイベントやセールなどを開催しやすくなります。

柔軟なカスタマイズによる差別化がしやすい

ストアの差別化がしやすいのも、Shopifyのメリットです。

Shopifyではさまざまなテーマがあり、それぞれにサイトを魅力的に見せたり、

商品をわかりやすく伝えたりする機能があります。

デフォルトでもストアの個性を出すことは可能ですが、

さらにアプリなどを導入することで柔軟なカスタマイズができます。

見た目の雰囲気だけでなく、SNSとの連携やSEO対策、ブログ記事の作成などにより、

ストアや商品の魅力を印象づけることが可能です。

ほかとの差別化を図るのは簡単ではありませんが、

Shpifyのようにさまざまな手段や方法があり、

ストアのコンセプトがしっかりしていてスキルがあれば、

差別化を図るのも難しいことではありません。

このように、ほかとは違った魅力を出しやすい点が、Shopifyの魅力です。

Shopifyのビジネスモデルのデメリット

ストアの魅力を出しやすく、やりがいを持ってストア運営ができるShopifyですが、

デメリットもあります。

とくにまだ日本では知名度も低く、日本向けの環境が整っていない点もその一つです。

Shopifyのビジネスモデルのデメリットについて解説します。

ランニングコストの管理が必要

Shopifyを利用するにあたり、基本的にかかる費用は月額利用料と決済手数料だけです。

しかし、ランニングコストの管理が必要になることがあります。

デフォルトのままストア運営をしていけばコスト管理も楽ですが、

質を求めるようになると費用がかかってしまいます。

アプリには無料と有料があり、有料のほうが多機能で目的やニーズに合ったものであれば、

導入したくなるでしょう。

Shopifyには有料で機能を高められるアプリが数多くあります。

しかしあれもこれもと導入していると、気がつけばコストが高くなっていた、

といった事態になることも。

アプリの導入は費用対効果を見極め、必要なものを導入することが必要です。

英語ができないと不便な点がある

カナダ生まれのShopifyは、基本的に英語が使用されています。

基本的なインストールや操作方法などは日本語になっていますが、

時々意味の通らない日本語が出てくることも。

さらにコーディングなど専門知識がないと、理解しにくい部分もあります。

また、導入したいアプリがあっても英語しかない、利用規約のテンプレートも英語版しかない、

といったこともあり、英語ができないと不便に感じることもあるでしょう。

実際、日本語版がないことでデメリットを感じているといった口コミも少なくありません。

Web制作の専門知識がないとメリットが少ない

Web制作やデザイン、コーディングなどの専門知識がないと、

質の高いサイトの追求には限界があります。

Shopifyはストア運営が初心者でも、Web制作に関する知識がなくても、

ストアを運営していくことは可能です。

デフォルトでもテーマは魅力的で、サイトの操作もそれほど難しくありません。

しかし、アプリを導入したりカスタマイズをしていったりする際は、

コード編集をしなければならないことも多いです。

コード編集をすることで、機能性が高まるケースも多いもの。

専門知識があればどんどんカスタマイズをして、

個性的でクオリティの高いストアを作っていけるのですが、

そうでない場合はメリットは少ないかもしれません。

Shopifyのビジネスモデルに向いている人

個性的で質の高いストア運営ができるShopifyは多くの人から注目され、高い人気を得ています。

しかし、すべての人にとって満足できるストア運営ができるとは限りません。

環境があってもそれを活用できるスキルがなければ、メリットも小さくなってしまいます。

Shopifyのビジネスモデルに向いている人とはどういった人なのでしょう。

越境ECを目指している

越境ECを目指している人なら、Shopifyのビジネスモデルに向いています。

日本の商品を海外の人に紹介し、魅力を伝えて商品を販売したいと考えているなら、

Shipifyを利用する価値があります。

日本だけでなく世界中の人が販売対象で、その数は100万人以上。

高い人気を誇る日本商品を販売すれば、売上げが期待できるでしょう。

決済方法も豊富で世界に対応しており、多言語、税率の計算、

送料の計算なども自動で行うアプリもあります。

国内のネットショップサービスではそこまで便利な機能は期待できないかもしれません。

越境ECを検討していたけれど、なかなか踏み切れなかったという人は、

Shipifyのサービスをしっかりチェックしてみることをおすすめします。

SNSを活用できる

ストアの売上げを伸ばすコツとしては、SNSの活用が重要です。

SNSを活用できる人であれば、Shopifyの連携機能を利用し販路を拡大することができます。

FacebookやInstagramなどでフォロワー数が多ければ、

多くの人にストアや商品の情報を伝えることができます。

オンラインのストア運営は集客が重要です。

しかし個人で集客をするのは難しく、

そのため知名度のあるプラットフォームを選ぶことも多いものです。

Shopifyは、集客力としてはAmazonと同じとは言えません。

しかしSNSを活用し、

多くの人とコミュニケーションが取れるなら集客に役立てることができるでしょう。

まったくの初心者より、画像の見せ方や情報の伝え方なども把握していれば、

集客やアクセス数もアップしやすいです。

Web制作の知識やスキルがある

柔軟なカスタマイズができるのが、Shopifyの魅力です。

Webサイト構築の知識やスキルがあれば、個性的で高い機能のストア運営ができます。

ただし、Shipifyではアプリを導入したり、

テーマをカスタマイズしたりして質の高いストアを形成していくことが可能ですが、

そのためにはWeb制作の知識やスキルが必要です。

知識のない人でも商品ページを作成し、ストアを運営していくことはできます。

テーマの選び方や写真の使い方、

説明文の書き方などを工夫すればほかとの差別化も図れるでしょう。

しかしコード編集などがあれば、もっとShopifyのメリットを活用できます。

専門知識やスキルがあれば、

さまざまなアプリを活用してよりクオリティの高いストアを運営することができます。

ストアの規模が大きい

ストアの規模が大きく取り扱う商品も豊富な企業は、

Shopifyの環境は便利でスムーズな運ストア運営ができるでしょう。

取り扱う商品が多いほど、在庫管理や配送などに手間がかかります。

Shopifyにはそれらの作業を簡単にできるアプリがさまざま用意されており、

企業に適したアプリを採用することで、作業の効率化を図ることが可能です。

ShopifyにはShopifyPlusという大規模事業者向けのプランもあります。

ストア運営をするうえでの作業の効率化・自動化ができるアプリが利用できるほか、

1分間に10,000件以上の注文を処理できる、強固なサーバー環境があります。

サーバーがしっかりしていれば、一度に大量のアクセスや注文があっても、

サーバークラッシュなどのアクシデントを避けることが可能です。

また、サイト構築や売上アップを提案してくれる専任のサポートを受けられるなど、

さまざまなサポートを受けられるのも、ShopifyPlusのメリット。

月額利用料は高額になりますが、費用対効果は高いと言えるため、

規模の大きな企業であればメリットも多いでしょう。

自社ブランドや確固なストアイメージがある

Shopifyで成功しやすいのは、すでに人気のあるブランドだったり、

一定のファンがいる店舗だったりします。

なぜ成功しやすいかというと、

柔軟にカスタマイズできるShopifyはオリジナリティを出しやすく、

個性的な魅力をアピールしやすいからです。

ストアイメージやコンセプトが明確で個性を出しやすいストア、

または個性を出したストア運営をしたい人の方がShopifyのメリットを利用しやすく、

向いていると言えるでしょう。

Shopifyのビジネスモデルを把握しメリット生かそう

Shopifyのビジネスモデルの特徴は、柔軟なカスタマイズができ、

ストアの個性を出しやすい点です。

豊富なアプリやカスタマイズ可能なテーマなど、

ストアの個性を出しやすい環境がそろっているのがShopifyの魅力といえます。

作業の効率化や自動化がしやすく、越境ECなどもしやすい環境もあり、

規模の大きなストアにおすすめの点も多いです。

また今後事業を拡大したい、越境ECをしたい、というストアにも向いています。

このようなShopifyのビジネスモデルの特徴を把握し、

メリットを生かしたストア運営をしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。