Shopifyとモール型どっちで始める?それぞれの特徴を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyとモール型の違いについて知りたい
方のために、それぞれの特徴を解説します。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyとモール型の違いがわかる
  2. モール型の特徴がわかる
  3. Shopifyの特徴がわかる
  4. 双方のメリット・デメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyとモール型の違いについて解説をしていきます。

 

Shopifyとモール型の違い

Shopifyは、海外で誕生したECサイト構築プラットフォームです。

さまざまなテンプレートを使ってサイトを構築でき、

ネットショップに必要な機能もほぼそろっています。

一方のモール型は、正確にはモール型ECと呼ばれます。

ショッピングモールのオンライン版であり、

ひとつのモールにさまざまなショップが出店していることが特徴です。

代表的なモール型ECとしては、Amazonや楽天市場、

Yahoo!ショッピングなどが挙げられます。

Shopifyとモール型にはさまざまな違いがあり、

それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。

今後、物販ビジネスを本格的に始めたいのなら、それぞれの特徴やメリット、

デメリットを正しく理解しておきましょう。

次からは、双方の特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します。

モール型の特徴

1つのECサイトに、さまざまなショップが出店しているスタイルをモール型と呼びます。

モール型ECへ出店するにあたり、あらかじめECサイトを用意する必要はありません。

現実世界における、ショッピングモールをイメージするとわかりやすいでしょう。

ショッピングモールには、決められた区画に店舗が出店しています。

あらかじめ商売を行う場所が用意されているため、

自社で土地や建物を用意する必要がありません。

モール型ECも実店舗と同様に、契約を交わすことでモール内に出店が可能となるのです。

なお、モール型ECにはテナント型とマーケットプレイス型があり、

前者は楽天市場やYahoo!ショッピング、後者はAmazonが該当します。

モール型のメリット

モール型のメリットとしてまず挙げられるのは、集客力の高さです。

認知度も高いため顧客の信頼を得やすく、スピーディなショップ立ち上げを実現できるのも、

大きなメリットといえるでしょう。

集客力が高い

大手のモール型ECは抜群の知名度を誇っており、集客力も圧倒的です。

消費者からすると、まったく知らない無名のお店で買うよりも、

知名度抜群のECサイトのほうが安心できるのは、火を見るよりも明らかでしょう。

また、大手モール型ECは資金力があり、集客にかなりの資金を投入しています。

これも、モール型の集客力が高い理由です。

認知度が高い

先ほどの集客につながりますが、大手モール型ECは認知度や知名度が高いのもメリットです。

プロモーションにも力を入れているため、

多くのネットユーザーに「ネットショッピングなら〇〇」と刷り込まれています。

認知度の高いショップと低いショップなら、多くの方は高いお店で買い物をします。

認知度の高さは顧客の安心感にもつながり、リピーターも効率よく獲得できるのです。

スピーディなショップ立ち上げが可能

たとえば、1からネットショップを構築するとなると、それなりの時間がかかります。

サイトのデザインや機能を考える必要があり、

専門業者に依頼して完成しないと運営を始められません。

一方、モール型なら、

契約を交わして出店できればすぐにネットショップの運営を始められます。

ドメイン設定やデザインに費やす時間を削減し、

スピーディなショップの立ち上げを実現できます。

モール型のデメリット

モール型のデメリットとしては、出店料や手数料が必要になることが挙げられます。

また、数多くのショップがひとつのモールに出店しているため競合が多く、

差別化が難しいのもデメリットといえるでしょう。

出店料や手数料が必要

現実世界のショッピングモールに出店するには、テナント料を支払う必要があります。

場所を借りて商売を行うため、

当然モール側へ場所代や手数料などを支払わなければなりません。

モール側ECも同様に、プラットフォームを利用させてもらうため、

出店料や手数料などが必要となります。

他店との差別化が難しい

モール型ECには、数多くのショップが出店しています。

しかも同じプラットフォームを利用しているため、

どうしてもサイトのデザインや機能が似てしまい、差別化が難しいのが現状です。

そのため、サイトデザインや機能などで差別化が難しく、

数多いショップの中に埋もれてしまうおそれがあります。

顧客データを活用できない

自社で立ち上げたネットショップなら、取得した顧客データを最大限ビジネスに活かせます。

顧客データを分析し、マーケティングやプロモーションに活かせますが、

モール型ECではそれができません。

モール型ECの場合、顧客情報はモール運営側に所有権があるからです。

そのため、たくさんの顧客を抱えているショップでも、

顧客データをビジネスに活かすことができません。

Shopifyの特徴

Shopifyは、海外で誕生したECサイト構築プラットフォームです。

誰でも簡単にネットショップの開設、運営が始められ、

日本をはじめ世界中で利用されています。

定期課金型のサービスであることが、ひとつの特徴といえるでしょう。

毎月定額で利用できるサービスで、ショップ立ち上げ時の費用を大幅に節約できます。

なお、Shopifyでサイトを構築した場合、月々の費用にサーバー代やドメイン代、

SSL代などが含まれています。

自社でサーバーを用意する必要がなく、SSL化を自動的に行ってくれるのも特徴です。

Shopifyのメリット

Shopifyは、スムーズにECサイトを構築できることが大きなメリットです。

また、高水準なセキュリティ環境を整えているため、

安全に運用できるのもメリットといえるでしょう。

月額の課金制であり、サーバー代やドメイン代も含まれるため、

低コストで運用できるのも魅力です。

スムーズなECサイトの構築

Shopifyなら、サイト構築に便利な数多くのテンプレートを使い、

簡単にECサイトを作成できます。

自社で1からECサイトを構築するとなれば膨大な時間を要しますが、

Shopifyなら最短数分でショップを立ち上げることができ、

1~2日で運用を開始することが可能です。

高水準なセキュリティ環境

ネットショップの運営においては、顧客の個人情報をやり取りすることも多く、

サイトの安全性が求められます。

そのため、多くのECサイトではSSL化による暗号化通信の技術を採用しています。

Shopifyで構築したサイトは自動的にSSL化してくれるため、

安心安全な状態で運用を開始できるのが魅力です。

ホワイトハッカーによる常時監視も実施しており、高水準なセキュリティ環境を整えています。

低コストで運用できる

ネットショップを立ち上げるにあたり、もっとも気になるのはコスト面という方も多いでしょう。

専門業者に構築してもらうのなら、多額の費用が必要となり、

モール型ECへ出店するにもそれなりのコストがかかります。

一方、Shopifyは比較的リーズナブルな料金設定で、なおかつ月々の支払いで利用できます。

そのため、低コストでECサイトの構築と運営をすることが可能です。

Shopifyのデメリット

いくつものメリットがある一方で、少なからずデメリットもあるため把握しておきましょう。

以下、Shopifyの代表的なデメリットをピックアップしました。

日本語に対応していない部分がある

もともと海外で誕生したサービスであるため、一部日本語に対応していない部分があります。

そのため、英語が得意でない方は、不明な部分をその都度調べなければなりません。

高度なカスタマイズには知識が必要

豊富なテンプレートが用意されているため、ある程度のカスタマイズは容易です。

ただ、高度なカスタマイズを実行したい場合には、

コーディングの知識や技術が必要不可欠となります。

日本向けのサポートが弱い

電話やメール、チャットなどによるサポートを実施していますが、

日本語には対応していません。

そのため、急なトラブルに対応してもらえない可能性があります。

ただ、今後アップデートが実行される可能性はあり、

いずれは日本語サポートにも対応するのではないかと考えられます。

結局Shopifyとモール型どっちがいい?

モール型ECにもたしかにメリットはあるのですが、

総合的に見るとShopifyに軍配があがると考えられます。

スピーディなショップ立ち上げが可能で、

なおかつ低コストで利用できるのは大きな魅力です。

ただ、集客力や認知度に関してはモール型ECに及ばないため、

これらの要素を重視するのであれば、モール型ECへの出店を検討するとよいかもしれません。

Shopifyのメリットを活かしたショップ運営を

Shopifyとモール型EC、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。

オンラインの物販ビジネスを始めたいと考えているのなら、それぞれの特徴やメリット、

デメリットを正しく理解することからスタートしましょう。

すぐにでもネットショップ運営を始めたい、コストを抑えてスタートしたい、

と考えているのならShopifyがおすすめです。

Shopifyのメリットを活かしたショップ運営を行い、安定した収益の確保を目指してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。