ドロップシッピングの無在庫販売のメリット・デメリット・成功ポイント

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではドロップシッピングの無在庫販売について知りたい
という方のために、メリット・デメリット・成功ポイントについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピングのメリット・デメリットがわかる
  2. ドロップシッピングの無在庫販売のコツがわかる
  3. 無在庫販売をスタートできる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ドロップシッピングの無在庫販売について解説をしていきます。

ドロップシッピングの無在庫販売のメリット・デメリット

ドロップシッピングは、無在庫販売のネットショップサービスです。

無在庫販売にはメリット・デメリットがあります。

まずは、メリット・デメリットについて紹介します。

無在庫販売のメリット

ドロップシッピングの無在庫販売のメリットは4つあります。

在庫がないことで得られるメリットが多数あります。

また、作業工程を減らしたい人も、無在庫販売のメリットを感じられるでしょう。

在庫リスクがない

ドロップシッピングは無在庫のため、在庫リスクがありません。

在庫リスクがないとは、在庫の仕入れや管理の手間がないという意味です。

一般的なネットショップだと、卸売業者から商品を仕入れる作業が必要になります。

さらに在庫は足りているか、過剰在庫を抱えていないかの管理もあります。

ショップの販売状況を見なければならず、管理のための人員が必要です。

一方で、ドロップシッピングなら無在庫のため、商品管理がありません。

在庫管理はドロップシッピング業者側がやるので、手間がなく少ない人員でもネットショップを管理できます。

また、純粋に商品が売れ残るリスクがないという意味もあります。

赤字になりにくい

赤字になりにくいのは、在庫を抱えるリスクがないためです。

ショップに注文が入れば、ドロップシッピング業者に発注の連絡を入れるだけです。

在庫管理はドロップシッピングサービス側がするため、不要な在庫を抱えるリスクがありません。

ショップに費用がかかるのは、お客様から注文があった分のみです。

大量の注文があれば多少のコストはかかりますが、注文分だけの負担で済みます。

このようにドロップシッピングは、赤字リスクが少ないビジネスモデルです。

開業費用が少ない個人や、毎月かかるコストを減らしたい人に向いています。

注文があった分だけの負担なら、一度に大きな費用負担の心配がありません。

発送と梱包が不要

商品の発送や梱包は、ドロップシッピング業者に任せることができます。

ショップの工程が少なく、発送や梱包のためのスペースや人員確保の心配がありません。

発送や梱包を任せられれば、狭いスペースでもネットショップ運営ができるでしょう。

通常のショップは商品の仮置き場が必要なのですが、ドロップシッピングならいりません。

自宅でネットショップ運営をしたい人や、スペースに限りのある事務所の場合に、ドロップシッピングが向いています。

また、発送や梱包の手間がなければ、運送会社の手配が不要です。

梱包のマニュアルも不要で、スタッフに発送や梱包の指導がいらないメリットがあります。

マーケティングに専念できる

ドロップシッピングを活用したネットショップは、作業工程が少なくなります。

ショップがやることは、ウェブサイトの管理やマーケティングくらいです。

マーケティングに専念できれば、ショップ売上アップのための工程を増やすことができます。

ネットショップの運営では、商品が売れることが重要です。

売れなければどんなに良い商品を扱っても意味がありません。

ドロップシッピングを活用したネットショップなら、売上アップのためのマーケティングに専念できます。

たとえば、ターゲティング、SNSを通したコミュニケーションなどです。

また、広告運用やコンテンツSEOにも力を入れることができるでしょう。

無在庫販売のデメリット

ドロップシッピングの無在庫販売は、デメリットがあります。

メリットだけに注目しないで、デメリットも知っておくようにしましょう。

デメリットは影響がなくメリットが大きいと感じるなら、ドロップシッピングが向いています。

商品が売れても在庫がないリスク

在庫管理はドロップシッピング業者にゆだねられます。

ネットショップ運営側が在庫をコントロールできないため、商品が売れても在庫が切れてしまうリスクがあります。

在庫切れになっていれば、ショップは機会損失です。

商品を欲しいというお客様がいるのに、在庫がないため商品を販売できません。

一般的に、ドロップシッピング業者は十分な在庫を用意してくれます。

しかし、すべての商品で十分な在庫があるとは限りません。

売れ筋商品の在庫を多くして、売れ残るリスクのある商品は在庫を少なくするのは、ドロップシッピング業者側としては当然のことでしょう。

商品の入れ替わりが激しい

ドロップシッピングのネットショップは、主要商品を数個扱う販売方法ではありません。

商品数は数十から数百に及ぶため、商品の入れ替わりが激しくなります。

また、それぞれの商品の在庫がなくなれば、ショップから削除が必要です。

大量の商品を扱っていれば、それに比例してショップの更新作業が多くなってしまいます。

無在庫販売はたくさんのメリットがありますが、ショップ運用の手間という形でデメリットがあります。

商品チェックはこまめに行わなければなりません。

もし、在庫切れの商品をそのままにしておくと、お客様に悪い印象を与える恐れがあります。

悪い印象は売上にも直結するので、適切な運用が必要だと考えておきましょう。

利益が小さくなりやすい

ドロップシッピングを活用したネットショップは、利益が小さくなりやすいと言われています。

理由は、多くのショップが取り扱う商品を販売するためです。

どこでも扱う商品を販売する場合、1円でも価格を下げなければなりません。

販売価格が低ければ、それだけショップの利益も小さくなってしまいます。

商品を大量に扱うことが多いのも、1商品の利益が小さいためです。

多数の商品を取り扱い、ショップ全体で利益を上げるようにしましょう。

ある商品に興味をもったお客様に対し、ついで買いがしやすい工夫がおすすめです。

同じ商品を扱う競合が多い

ドロップシッピング業者が扱う商品は、多数のショップで商品を共有します。

結果的に、多くのショップで同じ商品を扱うことになります。

多くのショップが同じ商品を扱うと、価格競争に巻き込まれてしまう恐れがあるでしょう。

また、競合が多いと、在庫切れリスクがあります。

ほかのショップでたくさん売れれば在庫が少なくなり、自分のショップも影響を受けます。

自分のショップで在庫をコントロールできないと考えておいてください。

競合が多いということは、ショップの差別化が難しくなります。

ショップオリジナル商品ではないため、商品自体の魅力を伝えづらくなってしまうのです。

無在庫販売を成功させるコツ

ドロップシッピングの無在庫販売をするなら、成功のポイントを確認しましょう。

多数のデメリットがありますが、やり方によっては売上アップは可能です。

どこにでもあるショップではなく、お客様に選ばれるショップを目指し、利益率を高めることが重要です。

利益率の高い商品を狙う

ショップの売上アップのため、利益率の高い商品を選んでください。

利益率の高い商品を扱うことで、ショップの売上が安定します。

売れ筋商品や人気商品は、ショップとしても取り扱いたいでしょう。

しかし、話題の商品はあっという間に在庫切れになる恐れがあるため、それらの商品だけに頼るのは得策ではありません。

ショップでは、人気商品と利益率の高い商品をバランスよく扱いましょう。

ただし、利益率の高い商品が売れるには、マーケティングセンスが問われます。

ネットショップのマーケティングも学びながら、ショップを運営するようにしてください。

リピーターを増やす

安定した売上を目指すなら、リピーターを増やすことが大切です。

リピーター獲得は、コンテンツマーケティングと相性が良いでしょう。

コンテンツマーケティングは、特定の商品をアピールするための記事を公開するようにしてください。

ユーザーにとって役立つ情報があれば、リピーターになりやすくなります。

記事を読む目的のユーザーであっても、ショップのファンになる可能性があります。

ただし、ドロップシッピングでは多数の商品を扱うため、どの商品をコンテンツにするかは迷うかもしれません。

コンテンツマーケティングでリピーターを増やすなら、ショップの商品を絞りましょう。

特定のカテゴリーに絞ると、共通したコンテンツ作成がしやすくなります。

ショップのコンセプトを決める

ショップのコンセプトとは、お客様にどのような価値提供ができるかです。

コンセプトのないショップは、どこにでもあるお店になってしまいます。

しかし、明確な価値提供があれば、その価値を求めてお客様が集まりやすいでしょう。

どのようなコンセプトにするか迷ったら、商品を手に入れたお客様を想像してください。

お客様はどのような気持ちになるのか、どのような生活を手に入れるかです。

また、ショップを運営する目的に沿ってコンセプトを決める方法もおすすめです。

たとえば、洋服のお店なら、リラックス感や自分らしさ、ゴージャス感などのコンセプトにできます。

特定のユーザーに絞ると、その人に合うコンセプトを思いつきやすくなります。

無在庫販売のドロップシッピングをはじめよう

ドロップシッピングの無在庫販売の特徴を理解したら、ショップを開設してみましょう。

どのようなドロップシッピングサービスがあるのか、ショップ開設には何が必要なのか調べてみてください。

何となくイメージできたら、情報を得ながらショップ開設を進めてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。