Shopifyのセキュリティー対策や安全性に優れている理由を徹底解説!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyのセキュリティについて知りたい
という方のために、Shopifyの対策や安全性に優れている理由について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. セキュリティ対策のために講じた内容がわかる
  2. 初心者の方でも安心して取り組める
  3. 脆弱性がないことがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのセキュリティについて解説をしていきます。

 

Shopifyのセキュリティは安全性がある理由は?

Shopifyでサイトを運営するのにあたり心配するのはセキュリティーの安全性です。

日本でもアカウントが乗っ取られる事案があり、不安に思う方も多いかもしれません。

しかしShopifyには、セキュリティーが安全と言いきれる理由があります。

それは

• ISO27001やPCI DSSを取得している
• フィッシングを防止する
• 2段階認証
• ホワイトハッカーが24時間体制で復旧する
• 常時SSL化している

という万全体制で取り組んでいるからです。

ISO27001やPCI DSSを取得している

Shopifyでは「ISO27001」や「PCI DSS」を取得しています。

ISO27001とは、第三者からの審査を経て、

情報セキュリティーに関してしっかりとした信頼がある企業に向けて発行されるものです。

個人情報を沢山取り扱う企業では、ほかに情報が漏れないように社内で徹底的に対策を講じ、

100以上ある項目をクリアする必要があるので、とても信頼性が高いものだと言えます。

PCI DSSは、クレジット情報を安全に取り扱うために設けられた基準で、

クレジットカード業界では世界基準です。

PCI DSSにはVISAやMasterCard、JCB、アメリカンエクスプレス、

ディスカバーの5社が4レベルに項目を分けて基準分けをしています。

その中でもレベル1が要求されるものが高いのですが、Shopifyはレベル1を取得しているため、

5つのクレジットカード会社からの信頼性が高いことがわかります。

フィッシングを防止する

フィッシングとは、偽のメールやサイトに誘導して、

アカウントやパスワードを入力させて盗み取る手口のことをいいます。

本物のサイトと見比べてほぼ同じと言える巧妙なものが数多く存在するため、

見極めるのがとても困難といえるでしょう。

また最近の手口として、利用しているお客様だけでなく、

サイト管理運営者にも被害が拡大しています。

しかしShopifyでは、フィッシングに対する防止策をヘルプセンターで公表しています。

具体的な対応策として

• WebサイトはHTTPSを使用する
• 届いたメールで内容がわからないURLはクリックしない
• 公共WIFIに注意する

という内容です。

フィッシングは年々巧妙化しているので、

自分自身でもしっかりと対策をとるように心がけましょう。

2段階認証

Shopifyではログインする際に、

2段階認証をとって安全にサイトにアクセスできるように対策を講じています。

ログイン方法として

• メールアドレスとパスワード+SMS認証やワンタイムパスワード
• 電話番号+ICカード
• メールアドレス+パスワードと画面操作

という内容です。

ほかのECサイトでも同様に2段階認証してログインするところが増えています。

これは不正アクセスの防止の他、管理者であればアクセス制限も利用可能です。

アクセス制限は、決まった場所でしかログインできないもので、

他所で不正にデータの改竄を阻止するというのが目的です。

これにより、外部から接続されても、

データをいじられることがないので安心してサイトを運営できます。

ホワイトハッカーが24時間体制で復旧する

Shopifyを利用していると、時々バグを生じるときがあります。

バグが生じることで、利用が難しくなりお客様にも迷惑がかかり、

売上にも大きな影響を及ぼしかねません。

そのようなトラブルを直ぐに解決できるようにホワイトハッカーが24時間体制で管理しています。

ハッカーと聞くと悪い人のように聞こえますが、

ホワイトハッカーは政府や企業に雇われている人のことを指し、

バグのほかにもサイバー攻撃も対応しています。

皆が快適に買い物をできるようにホワイトハッカーが常に目を光らせているので、

運営側も安心して商売に専念できるでしょう。

常時SSL化している

Shopifyでは常時SSL化しています。

SSLとはデータの送受信を暗号化し、

万が一傍受されても個人情報が盗難されるリスクを軽減します。

このデータの暗号化はURLの最初がHTTPSとなっており、Shopifyではログインする他にも、

サイト全体にSSLで通信しているため、常時SSL化という表現が使われるようになりました。

これはGoogleでも採用しているもので、HTTPSで始まらないサイトには、

サイトに接続したときにSSL化していないと警告文を出すように全てのサイトが

SSL化にしようとしています。

常にSSL化にしておくことで、データの抜き取りを阻止するという目的があるため、

安心して利用できます。

稼働率が99.8%でもサーバーは安定稼働している

セキュリティーの次に大事なことは稼働率です。

急激なアクセスでサーバーがダウンという話がありますが、

これが商売で起きては売上の損失に大きくつながるため、安定的な稼働率が必要となります。

Shopifyでは

• 1分間で1万件の注文を処理できる
• 表示速度、読み込みが共に速い

この2つを武器に稼働率を99.8%という驚異的な数字で安定に成功しています。

1分間で1万件の注文を処理できる

テレビなどで商品が紹介された場合、

アクセスが急激に集まるためサーバーがダウンするところがあります。

サイトによっては広告費も出して運営しているところがあるので、

サーバーがダウンすると死活問題です。

Shopifyでは1分間で1万件の注文を処理できるほか、

24時間体制でホワイトハッカーが管理しているので、サーバーダウンという心配はありません。

表示速度、読み込みが共に速い

アクセスが急激に集まると、表示速度や読み込みが遅くなるという現象が見られます。

このような現象が起きた場合、利用しているお客様にストレスがかかり、

注文しようとしたのに諦めてしまう可能性があります。

そうなった場合売上減少にもなりかねません。

Shopifyでは、表示速度や読み込み速度が速く利用するお客様にストレスを与えないため、

スムーズな買い物を提供できます。

Shopifyのセキュリティーは安全性が高い!

Shopifyでは

• ISO27001やPCI DSSを取得している
• フィッシングを防止する
• 2段階認証
• ホワイトハッカーが24時間体制で復旧する
• 常時SSL化している

のセキュリティー対策を講じているので、安心して利用可能です。

セキュリティーが高いほかにも稼働率が99.8%と安定的に働くため、

急激なアクセスにも負荷がかからず安心してお客様が利用できるので、

サイト運営者も安心して商売に専念できる環境がShopifyにはあります。

このようにセキュリティーも稼働率も安全性が高いShopifyでは

世界中の方々が沢山利用しています。

安心して利用できるShopifyで、あなたもECサイトで商売をしてみてはいかがでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。