Shopifyで会員ランク制を導入して売上アップにつなげる方法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyで会員ランク制の導入について知りたい
という方のために、Shopifyで会員ランク制を導入するメリットや会員ランク制の導入方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 会員登録のメリットがわかる
  2. 会員登録を促す会員ランク制についてわかる
  3. 会員ランク制のメリットがわかる
  4. 会員ランク制の導入方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyで会員ランク制の導入について解説していきます。

 

会員ランク制は、Shopifyでの良好なストア運営においてメリットの多い方法です。

ストアを運営している人のなかには、

Shopifyに会員ランク制を導入して売上アップにつなげたいと考える人も多いでしょう。

会員ランク制は本当にメリットがあるのか?

会員ランク制を導入し成功させるコツは?など疑問も出てくるかと思いますので、

解説していきます。。

Shopifyストアに会員登録をしてもらうメリット

ネットショップは、サイトやストアの会員にならなくても買い物が可能です。

しかし、ストア側としてはユーザーが会員登録すると、

メリットが多いので登録を促すことが大切です。

会員登録をしたユーザーには、適切なアプローチができるため、売上アップにつながります。

また、ユーザーにとっても、ポイント付与や会員特典など、魅力的なメリットが多いはずです。

ユーザーが、ストアの会員登録をするメリットを詳しくみていきましょう。

ユーザー一人あたりの売上がアップする

ストアの会員登録をする大きなメリットは、登録したユーザーの売上がアップすることです。

会員登録をしたユーザーに、

ポイントの付与・会員だけの割引サービス・キャンペーンなどの特典をつければ、

それを利用する機会も多くなります。

たとえ割引をしたとしても、これからユーザーが何度も買い物をすれば、

利益が回収できる可能性は十分にあります。

ユーザーに、商品やストアの情報を伝えることができ、

その情報の内容によってストアを訪れる回数も増えるはずです。

その結果、ユーザー一人あたりの買い物回数が増え、ストアに利益につながりやすくなります。

リピート率が高くなる

会員特典があれば、ストアを訪れる回数も増えます。

ストアの売上をアップさせるには、ユーザーのリピート率を高くしていかなければいけません。

もし新規ユーザーをたくさん獲得したとしてもリピート率が低ければ、

結果的に売上は下がってしまいます。

逆にリピート率が高くなれば、ユーザーは何度も訪問するため、

自然とストアのことをよく知ることができます。

何度もストアを訪問すると、ユーザーは気に入った商品を見つけて購入するでしょう。

ユーザーにイベント情報などを伝えることで、

さらにストアを気に入ってもらえるかもしれません。

季節ごとやイベント時など定期的にストアをチェックし、買い物をする可能性が高いです。

会員登録をしてくれたユーザーに適した情報を伝え、

ポイントなどの特典を付与することで、ストアを訪れる回数も増える傾向にあります。

このような関係性を築くことが、ストアの売上につながるはずです。

ユーザーとのコミュニケーションを取るためには、会員登録をしてもらう必要があります。

会員登録は、ユーザーのリピート率を高めるためには大切です。

限定コンテンツを届けやすくなる

会員登録をしたユーザーには、限定コンテンツを届けやすくなります。

ストアから限定コンテンツが送られてきても、

自分に関係のない情報は興味を持ってもらえません。

会員登録をする際には、性別や年齢、趣味などを登録してもらったほうがいいでしょう。

その内容と買い物履歴などから、ユーザーが興味を持ちそうな情報を伝えることができます。

自分に適したコンテンツが送られてくれば、ストアに訪問する頻度が高くなります。

また、ユーザーから「自分のことをよく把握してくれるストア」と好感を得ることが可能です。

数多くあるストアのなかで選ばれるには、商品の魅力は大切です。

しかし、ユーザーに好感を持ってもらえることも同じくらい大切と言えます。

限定コンテンツを届けると、会員とコミュニケーションを取ることができ、

よい関係性を築いていけます。

マーケティングに活用できる

会員登録をしてもらうことで、ユーザーの情報が入手でき、マーケティングに役立ちます。

会員登録をしたユーザーに特定の情報を伝えると同時に、

ユーザーの購入履歴も把握することが可能です。

ユーザーごとに好み・傾向・購入の動向・ニーズなどを把握したうえで、

適切なサービスを提供できます。

さらにニーズを把握できれば、販売する商品の選び方や商品開発にも役に立つでしょう。

ユーザーのリアルな情報を把握し分析することで、間違ったアプローチを避けることができ、

ストアの信頼も高くなります。

Shopifyで会員登録機能を設定する方法

Shopifyのストアに会員登録機能を設定するには、

コード編集をする方法とアプリを利用する方法があります。

基本的な会員登録機能の設定は無料ですが、

会員ランクやポイント制などを搭載したい場合は有料アプリが必要になるケースも。

自分のストアに、どのような会員登録機能が必要かを検討し、適切な方法を選択しましょう。

コード編集

コード編集で会員登録機能を設定するには、「顧客アカウント」を選び、

「liquidコード」を追加します。

具体的な手順は以下の通りです。

最初にShopifyストアの管理画面から、

「設定」→「チェックアウト」→「顧客アカウント」の「アカウント作成を必須にする」

をチェックし、保存します。

次に「オンラインストア」→「アクション」→「コードを編集する」を選択。

Layoutディレクトリから「theme.liquid」を選択し、コードを入力します。

アプリを利用

コード編集での会員登録機能設定は無料ですが、会員登録制機能しか設定できません。

会員となったユーザーに限定コンテンツを送ったり、サービスや特典を受け取ったりするには、

アプリを導入します。

アプリを利用することで、より詳しいユーザー情報を入手してマーケティングに役立てたり、

会員ランク制やポイントを付与したり、細かい設定が可能になります。

アプリにはさまざまな種類があるので、

機能や料金などを比較してストアにあったものを選択しましょう。

カスタマイズのしやすさ、

コーディングなどの知識がなくても利用できるかなどを確認するためにも、

無料トライアルを利用することをおすすめします。

Shopifyストアに会員登録を促すコツ

ユーザーは、多くの特典やサイトが使いやすくなると、会員登録をするはずです。

会員登録は個人情報も登録するので、

リピートする気がないと考えればユーザーはわざわざ登録しません。

会員登録数がなかなか伸びないストアは、魅力不足とも言えるでしょう。

逆を言えば、会員登録数が多いほど、ユーザーに有益で魅力的に思われると同時に、

売上にもつながっていくはずです。

では、どうしたらShopifyのストアに会員登録数を増やすことができるか、

ストアに会員登録を促すコツを紹介します。

会員ランク制を導入

一つは会員ランク制を導入することです。

会員登録制はほかとは違う、という特別感が必要です。

それによって、ユーザー満足度も高くなります。

会員ランク制は、ランクによってサービスや特典が異なったりするものです。

購入金額が多いほど上位ランクになり、特典も大きくなるという仕組み。

ストアの買い物金額が多い人と少ない人の特典やメリットが同じより、

たくさんの買い物をしているユーザーに特典が多いほうが魅力的です。

会員ランク制があったほうが、ユーザーは登録しようという気持ちになるでしょう。

会員特典の充実

会員と会員ではないユーザーの差は大きいほど、会員になることのメリットを感じるものです。

そのためには、会員特典を充実させることが必要です。

• 会員には新入荷などの情報が早く届けられる
• 会員限定のイベントやキャンペーンがある
• 会員になると低価格で買い物ができる
• 値引き率が高くなる
• ポイントが付く
• 誕生日などにプレゼントがある

など、特典を充実させましょう。

また、会員コミュニティ・ギフトラッピングが無料など、

会員になることで利用できるサービスがあると、より会員登録を促せるはずです。

会員登録フォームはシンプルにする

会員登録をする際、ユーザーが入力する登録フォームはシンプルなものがおすすめです。

マーケティングのためにも、多くの情報を得たいと考えるものですが、

入力項目は少なめにしておいたほうがよいでしょう。

項目が多いと、面倒になって途中で入力をやめてしまうユーザーが多くなってしまいます。

あまり詳しい情報を提出しなければならないと、

不安になり登録せず終わってしまう可能性もあります。

登録フォームはユーザーが迷うことなく、

スムーズに入力できる項目や内容にしておくことが大切です。

登録フォームが複雑だと、入力ミスも多くなります。

入力ミスをすると先に進まずに、途中で登録を断念してしまうこともあります。

また、入力ができても誤った情報だと、トラブルの原因になります。

たとえばメールアドレスが間違っていれば情報を届けることができません。

全角や半角などの指定や、必須項目などはわかりやすく表示しておくことも必要です。

利用規約をしっかり記載する

会員登録に関する規約も含め、利用規約はしっかり記載するようにしましょう。

ユーザーは信頼できるストアに登録をするものです。

利用規約がきちんと記載されていないと、不信感を抱きます。

とくに個人情報を提出するユーザーにとって、

「個人情報はどのように利用するのか」

「個人情報はきちんと保護しているのか」

「プライバシーを守るのか」といった点は気になるものです。

安心して会員登録をしてもらうためにも、利用規約をしっかり記載しておきましょう。

Shopifyストアに会員ランク制を導入して売上アップ

ストアに会員登録をするだけではなく、

会員ランク制を導入することで会員登録数も増えるので、

売上アップにつなげることができます。

一般的には購入金額に応じてランク分けをして、

上位ランクになるほど多くの特典やサービス、ポイント付与率が高くなります。

購入金額の合計があがるほどメリットも多くなるので、

ユーザーはお得なストアで買い物をするようになるでしょう。

次に、Shopifyのストアに会員ランク制を導入するメリットや方法について解説します。

会員ランク分けのメリット

会員ランク分けのメリットは、会員登録を増やせて、売上アップにつながることです。

利用回数や購入金額が多いほどランクアップできるシステムなので、

ユーザーは利用するほど得られるメリットが多くなります。

同じ金額の商品を購入しても、ランクが上位の方がポイントを多く付与するなど、

メリットがあります。

そのため、ユーザーはランクアップを目指して商品の購入回数も増えやすくなるでしょう。

リピートすればするほど、商品の購入金額も増えます。

利用回数や購入金額が減るとランクダウンになってしまうとなれば、

定期的な商品購入をする可能性も高くなります。

結果、ストアの売上もアップするということです。

会員ランク分けの方法

会員ランクは、ストアを利用するほど特典が大きくなる仕組みにしなければなりません。

そのため、購入金額や利用回数などによって、ランク分けをします。

ランクはあまり多すぎるとランクの差もなくなってしまい、

ユーザーにわかりにくくなるので3~5程度がおすすめです。

ランク名は「ブロンズ・シルバー・ゴールド」や

「Aランク・Bランク・Cランク」などわかりやすいものが多いです。

差別化するために、ストアや商品にちなんだユニークなランク名にするのもよいでしょう。

会員ランクを効果的にするコツ

会員ランク制を導入しても、それを利用するユーザーが多くなければ意味がありません。

会員ランクはユーザーにとって魅力的であることが重要です。

そのためには、ストアのユーザーに適した特典を用意する必要があります。

ストアのユーザーは現金払いが多いのに、クレジットカード利用でポイント付与、

という特典があっても魅力を感じません。

割引特典があっても、

「〇個以上お買い上げの人」や「対象商品に限る」

など条件が多いのも魅力が半減してしまいます。

ランクアップが難しいのもよくありません。

とくに最初のほうのランクは、比較的簡単にランクアップできるように設定しておきましょう。

また、特典はすぐに利用できるとユーザーにとって便利で魅力的です。

自分があとどれくらいでランクアップできるのかがすぐにわかれば、

購買意欲もわきやすいはずです。

Shopifyのストアで会員ランクごとにカスタマイズできるアプリ

Shopifyのストアに会員ランク制を導入し、細かい設定をするにはアプリの導入が必要です。

会員ランク制を実装できるアプリは複数ありますが、おすすめの一つがBold Custom

Pricing:Wholesaleです。

Bold Custom Pricing:Wholesaleの機能やメリット、料金について解説します。

Bold Custom Pricing:Wholesaleとは?

Bold Custom Pricing:Wholesaleは、ユーザーによって異なる商品価格を表示できるアプリです。

会員ランク制を導入することになれば、

ランクごとに商品の割引率を変えるという特典を設定すれば、喜ばれます。

Bold Custom Pricing:Wholesaleなら、

業者・ランクごとなどで異なる割引率の商品価格を表示させることが可能です。

タグに基づいた商品価格のページを表示できる仕組みです。

たとえばゴールドというタグが付いた会員がログインすると、

ゴールドのユーザーだけの割引価格で表示されます。

タグが付いていないユーザーがログインしても、同じ価格では表示されません。

また、「靴が10%OFF」「バッグが20%OFF」など、商品ごとの割引率や、

利用回数などによる価格設定など細かく設定できます。

Bold Custom Pricing:Wholesaleの機能

Bold Custom Pricing:Wholesaleの主な機能は次の通りです。

• ランク分けができる
• ユーザーやグループごとに異なる価格表示を設定・管理できる
• 購入金額・利用回数・購入商品・場所などに基づく自動タグ付け
• タグ付けされたユーザーへの自動メール送信
• すべてのチャネル・商品フィード・ERPなどとの統合
• CSVファイルからユーザー情報のインポート・エクスポート
• 特定の商品などで特定のユーザーやグループごとの割引設定
• 数量ベースでの割引設定

会員ランクごとや商品ごとの割引価格での表示ができるなど、細かい設定ができるのが、

Bold Custom Pricing:Wholesaleの特徴。

ただし、プランによってできることとできないことがあるので確認が必要です。

料金プラン

Bold Custom Pricing:Wholesaleには「BASICプラン」と「PREMIUMプラン」があります。

BASICプランは月額39.99ドル、PREMIUMプランは月額59.99ドルです。

PREMIUMプランでは、

「購入商品ごとの自動タグ付け」や「特定商品ごとなどに異なる価格」を設定ができ、

「CSVファイルでのユーザーデータのインポート・エクスポート」などが可能です。

14日間の無料トライアルがあるので、利用してみるとよいでしょう。

Shopifyのストアに会員ランク制を導入して売上アップを目指そう

Shopifyのストアの売上をアップさせるには、ユーザーに会員登録をしてもらうことが必要です。

ストアに会員ランク制を導入しユーザーにメリットを提供すれば、

「会員の数が増える」

「ユーザー一人あたりの買い物金額のアップ」

「リピート回数が増える」など、売上アップにつながります。

ストアを利用するユーザーが魅力を感じる会員ランク制を導入し、

会員の数を増やしていくことで安定した売上につなげましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。