Shopifyは副業に適している?メリットと注意点を把握しよう

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyは副業に適しているかついて知りたい
という方のために、副業としてShopifyを選ぶメリットと注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 副業としてネットショップが向いている理由がわかる
  2. 副業としてShopifyを選ぶメリットがわかる
  3. 副業としてのShopifyのデメリットや注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、副業としてShopifyを選ぶメリットと注意点について解説していきます。

 

近年では副業を認める企業も増えたこともあり、副業を始める人も少なくありません。

とくに在宅でできる副業なら体力的にも負担が少なく、

なかでも人気のネットショップ運営なら、

楽しみながらできるのでは?と考える人もいるでしょう。

そこで、ネットショップを運営できるShopifyは副業に向いているのか、解説していきます。

副業でネットショップがおすすめの理由

実店舗を用意して販売をするのは、費用も手間もかかりますが、

ネットを利用した販売なら費用も手間もそれほどかからずに始めることができます。

ネットショップサービスを利用すれば、

サイト作成やデザインの知識がなくてもECサイトの構築・ネットショップ運営が可能です。

在宅で仕事ができれば、体力的な負担も少なくなります。

副業でネットショップ運営がおすすめの理由を詳しくみていきましょう。

自分の都合で仕事ができる

ネットショップ運営は、自分の都合のよい時間を利用してできるのが大きなメリットです。

アルバイトとして仕事をするとなれば、曜日や時間などに縛られることになり、

さまざまなデメリットも生じます。

本業が忙しくて残業になれば、副業先に遅れてしまったり、

体調が悪くても簡単に休めなかったりするでしょう。

副業だからといって、無責任に投げ出すことはできません。

また、本業を優先しなければならないので、

それにあわせて時間に融通がきく仕事先を見つける必要があります。

しかし、そんなにうまく見つかることのほうが少ないのが現状です。

その点、ネットショップならネット環境があればどこでも仕事ができます。

時間に縛られることもないので、

自分でスケジュール管理をすることで本業との両立もしやすいのがメリットです。

初心者でも始めやすい

ネットショップは実店舗での販売のように、費用がかかりません。

そのため、初心者でも始めやすいのが特徴です。

実店舗を運営するとなると、

店舗探し・内装・販売に必要なレジなどの

道具・看板などさまざまな準備が必要になります。

その準備にはいろいろな知識がないといいものを選べません。

また、資金調達も多く必要です。

一方、ネットショップなら、ネット環境がありWebサイト用のショップを作成できれば、

すぐにでも始めることができます。

自分でサイトを作成できれば商品を仕入れる費用だけで、ほかはほとんどかかりません。

ネットショップサービスを利用するとしても、

基本は月額費用だけなので低予算で運営できます。

販売経験があったほうが多少有利にはなりますが、

経験がなくても挑戦しやすいのも魅力の一つです。

好きな分野を仕事にできる

何を販売するかは自由で、自分の好きなものや得意分野を仕事にできるのも魅力です。

ネットショップで売上が出やすい、または初心者向きの商品などもあります。

しかし、自分の趣味や知識があるものを扱ったほうが、売上に結びつく可能性が高くなります。

いくら販売しやすくても、なんの知識もないものを売るわけにはいかないので、

ある程度調べたり勉強したりする時間が必要です。

自分の好きなもの・興味のあるもの・知識のあるものであれば、

販売プランを立てやすいでしょう。

そのうえ、人気商品やこれから注目が集まりそうなものなども見つけやすいです。

仕入れ先や適正価格なども把握しやすいため、失敗を避けることもできます。

何より、自分の好きなことを仕事にするほうが楽しみながら仕事ができます。

特技や知識を活かせる

販売経験がある、Webサイトの知識があるといった特技や経験を活かすこともできます。

とくに、ネットショップではサイト作成が重要です。

ネットショップのデザインを含め、

見やすくわかりやすいページ作成や商品を魅力的に見せるレイアウトや画像なども大切。

商品に魅力があっても、ネット上で魅力的に見えなければ購入につながりません。

ページがわかりにくかったり、

商品情報が少なかったりするとページを飛ばしてしまう可能性があります。

さらに、購入や支払いがスムーズにできないなど、

ストレスを感じるサイトはリピートしてもらえません。

Webサイト作成の知識があれば、よりよいECサイトができるでしょう。

また、マーケティングなどの経験があれば、

どのような商品をどう販売すればよいのかなどを分析できます。

ネットショップを成功させるには、マーケティングが欠かせません。

知識やスキルがあれば、ショップ経営も軌道に乗せやすくなります。

情報が多い

Webデザインや販売経験がなくても、

勉強すればネットショップを副業としてスタートできます。

ネットショップに関する情報は非常に多く、

初心者用の基本的な知識から上級者用の応用やテクニックなどさまざまな情報を入手可能です。

BASEやSTORESなど、ネットショップサービスもいろいろあります。

それぞれのメリットやデメリットなどの情報も多数あるので、

自分で調べて適したサービスを選ぶことも可能です。

初心者にとっては、多くの情報が得られるのはとても助かるでしょう。

ただし、情報が多い分、自分にあった情報を見極めないと失敗したり、

無駄なお金を払ったりする危険性もあるので注意が必要です。

Shopifyで副業をする4つのメリット

Webに関する知識を含め、ネットショップ運営に関する知識がない場合、

ネットショップサービスを利用するのがおすすめです。

ネットシップサービスは、

知識やスキルがなくてECサイトを簡単に作成できることが大きなメリットでしょう。

しかも、さまざまなテンプレートがあり、

オシャレで自分の取り扱う商品に適したページ作成が簡単にできます。

なかでもShopifyは低コストで洗練されたデザインのショップ作成ができると評判です。

Shopifyにはほかにもさまざまなメリットがあります。

Shopifyのメリットについて解説します。

導入しやすい

Shopifyのメリットの一つは導入しやすいことです。

Shopifyの特徴として「テーマ」というオリジナルテンプレートがあり、

基本的なサイト作成なら初心者でもできます。

テンプレートの数は有料のものもあわせると100種類以上。

テンプレートはデザインの違いだけでなく、

機能も多種多様なので自分のショップに適したテンプレートを選べるでしょう。

HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、ECサイトの構築ができるので、

初心者にもハードルが低いのが魅力です。

また、低コストで利用できるのもShopifyのメリット。

ベーシックプランなら月額29ドル、

スタンダードプランでも月額79ドルで利用可能(2021年8月現在)です。

Shopifyペイメントという決済方法を利用すれば、取引手数料もかかりません。

知識を活かせる

ECサイトの構築に関する知識がなくてもできますが、

知識があればよりクオリティの高いECサイトが作成できます。

Shopifyはテンプレートを利用すれば、知識がなくてもECサイトの構築ができますが、

テンプレートはカスタマイズも可能です。

カスタマイズすることでより便利な、デザイン性の高いサイトができます。

知識があれば、それを活かしてECサイトを作成できるでしょう。

海外向け販売がしやすい

Shopifyは越境ECに適したサービスです。

多数の言語や世界で通用する決済方法、海外発送に対応しているので、

海外向けにも販売をしたい人におすすめのサービスでもあります。

デフォルトで、世界のさまざまな言語や通貨に対応しているのもメリットでしょう。

日本の商品を購入したいという海外の人は少なくありません。

Shopifyを利用すれば、海外ユーザーにスムーズな販売が可能です。

質の高いショップ運営ができる

Shopifyでは多数のアプリを利用できます。

アプリを導入することで、質の高いショップ運営が可能です。

アプリには、

配送関連・メール配信やSNS連携・SEO対策・マーケティング・ポイント機能・会員ランク制

などさまざまな機能を実装できるアプリの導入ができます。

出荷作業の効率化・SEO対策に力を入れたいなど、

要望に適した必要なアプリを選択し導入することで、

便利で魅力的なECサイトとなり売上にもつながるでしょう。

国内だけでなく海外販売ができ、配送などの作業も自動化できるなど、

より本格的なECサイトの構築・ショップの運営ができるのが、Shopifyの魅力です。

Shopifyで副業をする際の注意点

デザイン性も高く質の高いECサイトを作成できるShopify。

しかし、Shopifyはカナダ生まれで英語が主流なので、日本語に対応していないこともあります。

また、さらに質の高いECサイトを構築するには、専門知識が求められる場合もあります。

Shopifyで副業する際の注意点を把握しておきましょう。

英語力が求められることがある

Shopifyを利用する際には英語力が必要なケースがあります。

Shopifyは基本的な操作や使い方は日本語に対応しています。

しかし、英語を直訳しているので、文章がわかりにくい箇所も少なくありません。

さらに、アプリは英語しか対応していない場合が多いのが現状です。

ネットショップは時間の融通がききやすいとはいえ、副業で行う以上、

時間は限られているものです。

英語の勉強や翻訳などに時間がかかってしまうのは、デメリットとなってしまうことも。

英語力が苦手な人は不便さを感じることもあるでしょう。

質を求めるなら専門知識が必要

Shopifyは専門知識があれば、便利で質の高いECサイトが構築できます。

反対に、知識がないとできない場合があります。

Shopifyはアプリを導入したりカスタマイズしたりしながら、

便利で質の高いサイトを作製できます。

カスタマイズするには、HTMLやコード編集の知識が必要です。

もっとショップのオリジナル性を出したい、

会員ランク制を導入してリピート率を高めたいと思う人も多いでしょう。

実装したいアプリや機能があっても、

専門知識がないと難しく、時間がかかってしまうこともあります。

サポート体制が十分ではない

Shopifyのデメリットの一つが、サポート体制が万全ではないことです。

とくに初心者の場合、基本的なことがわからなかったり、

アプリがうまく機能しなかったりすることもあります。

そういった際にすぐに問い合わせができ、対応してくれるのが理想です。

とくに副業として作業している人は、

限られた時間の中でネットショップを運営しています。

わからないことや困った時は、すぐに返答がほしいと思っている人が多数いるでしょう。

Shopifyにカスタマーセンターはあるものの、

問い合わせてもすぐに対応してくれるとは限りません。

メールの返信には数日かかることも多いようです。

Shopifyのメリットとデメリットを把握して副業ビジネス選びをしよう

副業としてShopifyを利用してのネットショップサービスはメリットが多いです。

テンプレートを利用すればECサイト構築の知識がなくても、

オシャレで便利なネットショップを作ることが可能です。

カスタマイズしたり、アプリを導入したりすれば、より質の高いECサイトになります。

配送や出荷などの作業の効率化やSEO対策を高めることもできます。

ただし、アプリには英語で読解しなければならないものがあったり、

サポート体制が万全ではなかったりなど、注意したい点もあります。

デメリットも把握して、自分にあっているかどうかを見極めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。