Shopifyで売上アップにつながる顧客管理とは?機能と方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyでの顧客管理について知りたい
という方のために、Shopifyでの顧客管理の方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 顧客管理の重要性がわかる
  2. Shopifyでの顧客管理の方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyでの顧客管理の方法について解説していきます。

 

ECサイトでユーザーが増えれば管理が必要です。

顧客管理はユーザーの情報を正しく管理していればよい、というわけではありません。

売上を伸ばすためにも、顧客管理の方法は重要です。

Shopifyには売上につながる顧客管理をサポートするアプリもあります。

Shopifyでの顧客管理の必要性

Shopifyストアで買い物をしてくれたユーザーの情報は、しっかり管理をする必要があります。

管理というのは、名前・住所・年齢などの個人情報を持っているだけではなく、

活用することが重要です。

顧客管理はなぜ必要なのか、どのようなメリットがあるのかを解説します。

ユーザーに効果的な働きかけができる

Shopifyで顧客管理をすることで、ユーザーに効果的な働きかけが可能です。

また、ユーザーの情報を得られるので、それぞれに適した情報を提供しやすくなり、

適切なアプローチがしやすくなります。

自分の趣味や好みとは関係ない情報には興味を示しませんが、

自分のニーズにあった情報は魅力を感じるものです。

それがタイミングにあわせて適した情報がくれば、購入意欲も高まります。

効果的な働きかけは、リピートにつながります。

ECサイトでは1回だけの購入ではなく、

何度も繰り返しサイトを訪問し買い物をしてくれるユーザーを確保することが必要です。

リピーターを増やすことで、一人あたりの売上コストが上がり、

安定した売上につながります。

また、顧客管理をすることで顧客満足度を把握することも可能です。

顧客が満足するECサイトを作成することで、リピート率も高まるでしょう。

ユーザーがリピートをするたびにストアを好きになれば、

ストアのファンになってくれます。

ファンを増やせば、

安定した売上につながると同時に広告宣伝費などをかけずにすむようになるでしょう。

ユーザーが満足してくれるようなECサイトを作成するためにも、顧客管理は重要です。

さらにShopifyの顧客管理は売上も管理できます。

売上管理でストアの売上の分析ができ、売上アップのプランを立てやすくなります。

マーケティングができる

ユーザーの情報を管理することで、マーケティングに活用できます。

サイトを閲覧したユーザーの属性をはじめ、

リピート率・購入時期・購入価格帯・キャンセル率などを把握することで、分析が可能です。

どのような時期にどのようなユーザーが何を購入しているかといった、

リアルな情報を得られることで、商品の選択や販売プランを立てやすくなります。

また、年齢・住んでいる地域・性別などによる情報が把握できれば、

同じ顧客属性の傾向を割り出し、それにあわせたアプローチも可能です。

マーケティングによる適切なアプローチは、売上アップにつながるでしょう。

管理がしやすい

アプリなどを利用した顧客管理は、ユーザー情報を管理しやすくなります。

データを一覧でチェックすることができたり、知りたい情報だけを選択できたり、

必要なデータをすぐに把握できるのもメリットです。

知りたいデータを入手する際に情報がまとまっていないと、時間がかかってしまいます。

データ分析や、ユーザーにメールを送る際にも、

ユーザー情報を管理できていればスピーディに実行できるでしょう。

また、ユーザーデータをスピーディに確認したり、

追加や削除ができたりすれば作業の負担も減らすことができます。

顧客管理は、作業の効率化にもつながるということです。

Shopifyの顧客管理機能でできること

Shopifyの顧客管理機能においては、

ユーザー情報の追加や変更などの基本的なことだけでなく、

タグ付けやユーザーへのメール送信など、さまざまなことができます。

Shopifyの顧客管理機能でできることを解説します。

顧客情報の追加・変更・一括編集・削除

Shopifyの顧客管理機能では、

Shopifyの「顧客管理画面」においてユーザー情報の追加・変更・一括編集・削除ができます。

一括編集をする際には、

編集したいユーザーにチェックをいれて選択すれば、一括編集も可能です。

登録してから一度も買い物をしていない、などのユーザーは削除をすることもできます。

他社からの情報移行

Shopify以外のECサイトや実店舗などで管理していたユーザー情報を移行することも可能です。

手順は次の通り。

  1. 「お客様CSVテンプレート」をダウンロード
  2. 「顧客情報」を選択
  3. 「顧客情報をインポートする」をクリック
  4. CSVファイルを指定

ただし、パスワードはインポートされないので、最初にログインをする際、

パスワードを再設定してもらうことを忘れないようにしてください。

パスワードの設定だけならまだよいのですが、サイトが変わったからといって、

住所やメールアドレスなどユーザー情報を一から登録してもらうのは手間になります。

そのせいで、登録をしないというユーザーも出てくるでしょう。

他社からの情報移行ができないと、今までの情報も再度入力し直さなければなりません。

移行機能があれば、そのような手間を避けることができます。

タグ付け

ユーザーにタグ付けができます。

情報として目印を付けておきたいユーザーにタグ付けすることで、

マーケティングや売上につながるアプローチに役立つでしょう。

条件に適したユーザーにまとめてメールを送ることもできます。

ただし、あまりタグばかりつけてしまうと管理しにくくなるので、付けすぎには注意してください。

ユーザーへのメール

「顧客管理画面」でユーザーの名前を選択すれば、その人だけにメールを送信できます。

検索や絞り込みもできるので、同じ内容のメールを送信したい場合にまとめて送信できます。

検索・絞り込み

検索や絞り込みも可能です。

「顧客管理画面」の検索バーにキーワードを入力すれば、検索可能です。

検索できるのは、ユーザーの名前・メールアドレス・電話番号・住所です。

特定のユーザーを簡単に見つけることができます。

特定の条件にあったユーザーを見つけるのに便利なのが絞り込みです。

• メール購読状況
• タグ付け
• ユーザーアカウントのステータス
• ユーザーの言語
• ストアで払った金額
• 注文の数
• 注文した日付
• 顧客情報に追加した日付
• カゴ落ちの日付け

などの条件で絞り込みができます。

Shopifyで顧客・売上管理ができるツール

顧客管理はユーザーの数が膨大になるほど、手動での管理は難しくなり、

ミスや見落としなどが増えてしまいます。

正確に、効率的にユーザーや売上を管理するためにも、ツールの利用がおすすです。

Shopifyで顧客管理・売上管理ができるおすすめのツールを紹介します。

HubSpot

HubSpotは顧客管理のほか、

セールスオートメーション・マーケティングオートメーションなどができる

クラウドサービスです。

Shopifyと連携しているので、機能を利用することができます。

HubSpotでは、

リスト機能によるユーザー分析・かご落ちメールの作成と自動送信・製品に基づいたユーザーの

セグメント化などが可能。

さらに、キャンペーンを自動化することができ、作業の効率化にもつながります。

チャネルトーク

サイトに訪れたユーザーにオンライン上での接客ができるなど、

チャットでのコミュニケーションができ、関係性を高めることができます。

ユーザーの動向にあわせて、適切なポップアップメッセージを表示したり、

メッセージ通知ができたりします。

クーポンの表示などもできるので、売上アップにもつながるでしょう。

Easy Tagging

タグ付けをサポートするツールです。

タグ付けをすることで、特定のユーザーをセグメントし適した情報を送ることができます。

キャンペーンのお知らせや商品の新しい情報など、

タグ付けをしたユーザーに送ることができ、効率的な売上が期待できます。

また、ユーザーの特徴をタグ付けすれば、

ストアや商品の購入傾向なども把握することが可能です。

特徴を把握することで、商品の選択やストアの販売計画に役立てることができるでしょう。

Easy Taggingを利用すれば、注文情報や商品情報、

ユーザー情報にタグ付けを自動化できるので、

作業の効率化ができると同時に人為的ミスを減らせます。

タグのメンテナンス機能や、アプリ導入前のユーザーに関するタグの追加や削除も可能です。

タグ付けルールを設定するだけなので、

簡単に利用でき、なおかつ作業がスムーズになるでしょう。

顧客管理の方法を把握し効果的なマーケティングをしよう

顧客管理とはユーザーの情報をまとめておいておくだけではありません。

情報を活用し、マーケティングをしたり、適したアプローチをしたりしながら、

売上につなげていくものです。

ユーザーの数は増えれば、手作業では時間もかかり間違いも増えてしまいますが、

Shopifyには便利なツールがあります。

顧客管理の重要性を理解し、ツールを利用して効果的なマーケティングをしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。