ShopifyでBtoB卸売サイトを構築する方法!おすすめアプリ4選

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyとBtoBについて知りたい
という方のために、ShopifyでBtoBをはじめる方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. BtoBのメリット・デメリットがわかる
  2. BtoBの卸売販売をする注意点がわかる
  3. ShopifyでBtoBの構築方法がわかる
  4. ShopifyでBtoB構築に便利なアプリがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyとBtoBについて解説していきます。

 

ShopifyにおけるBtoBのメリット・デメリット

BtoBとは、法人向けオンライン販売のことです。

簡単にいうと、卸売業者になるということです。

Shopifyを活用したショップ運営は、

BtoCやDtoCのように消費者向けが一般的だと思うかもしれません。

しかし、ShopifyとBtoBは相性が良くなっています。

どのような特徴があるのか、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

ShopifyでBtoBをするメリットは、作業効率の良さです。

手間を減らしネットショップ運営をしたいなら、ShopifyとBtoBを組み合わせてみましょう。

販売に注力できる

ShopifyでBtoBショップを運営すると、販売に注力できます。

販売に注力できる理由は、Shopifyと組み合わせることで、受注を自動化できるためです。

通常のBtoBショップであれば、取引先からの電話やFAXの対応が求められます。

たとえば、在庫の問い合わせや注文、商品の質問のためです。

ところが、Shopifyで運営すれば、オンライン対応が可能となり、

自社の作業の手間が少なくすることができます。

取引先にとっても、Webから在庫を確認しやすく、

必要であればその場で注文できるWeb対応はメリットがあると感じられるはずです。

市場規模が大きい

ShopifyでBtoBを運営するメリットのひとつに、市場規模の大きさがあります。

消費者向けのマーケットと比べて、企業が顧客となるBtoBは市場の大きさが特徴です。

どのくらいの市場規模があるかは、経済産業省が発表したデータでわかります。

2020年7月に発表したデータによると、2019年のBtoB市場規模は約353兆円でした。

一方で、2019年のBtoC市場の規模は19兆3,609円です。

もしかしたら、BtoB市場の大きさを実感できない人もいるでしょう。

なぜ実感しにくいのかというと、電話やFAX取引が主流で、取引が一般に触れないためです。

実際は、BtoC市場に比べて、BtoB市場は大きくなっています。

業務を自動化しミスを減らせる

ShopifyとBtoBを組み合わせると、受注管理をWebで自動化することが可能です。

機械による処理が可能なため、手作業の場合と比べてミスを減らせるという期待ができます。

人の手だと、どうしても転記ミスなどが起こりやすくなります。

ミスが起こらない万全の対応をしたとしても、100%防ぐことは難しいかもしれません。

ですがShopifyであれば機械処理となり、人の手が加わる事が少ないため、

ミスをできるだけ減らすことが可能です。

もちろん、ShopifyによるBtoB運営でもミスの可能性はありますが、

対策が明確なので業務の品質向上に役立ちます。

Webで営業ができる

ShopifyとBtoBを組み合わせた方法なら、Webで集客ができます。

Web集客は、お客様に検索エンジンなどから自社をみつけてもらう方法です。

従来のBtoB営業は、各企業に営業マンが足を運ぶ方法が一般的となっています。

しかし、人が回るのには限界があり、遠方への営業は難しい場合も多いです。

ところが、ShopifyによるBtoB運営なら検索エンジン経由の流入が見込めるため、

小規模の企業や遠隔地の企業も取り込むことができます。

また、お客様自らが自社をみつけてくれれば、取引もスムーズになります。

企業向けの販売は、一度契約すれば長期的な収入が見込めます。

デメリット

ShopifyとBtoBの組み合わせには、デメリットもあります。

従来の方法に慣れている人は、操作方法に不安もあるかもしれません。

導入したばかりだと顧客の対応が増えることもあるため、

事前にデメリットも確認しておいてください。

システム構築が必要

ShopifyでBtoBをはじめるには、Shopifyのシステム構築が必須です。

自社にシステム構築や運用に対応するスタッフがいなければ、

新たに雇用するか外注しなければなりません。

また、自社スタッフにShopify構築や運用を任せる場合も、新たに教育が必要です。

Shopifyのシステム構築自体はそれほど難しくはありませんが、

作業に慣れるまでは多少の難しさを感じるかもしれません。

そのため、ある程度の時間や費用がかかることは考えておいてください。

顧客は操作を求められる

ShopifyでBtoB運営をする場合、顧客もWeb操作に慣れる必要があります。

今まで電話やFAXで対応していた取引先には、操作方法の説明をしなければなりません。

また、不明な点があればすぐに対応できるよう、問い合わせ窓口の設置も考える必要があります。

顧客のWeb対応も、慣れるまでに時間がかかります。

慣れてくれば、Web上で注文ができる良さをわかってもらえますが、

従来の方法に慣れた顧客からは、初めのうちは不満の声が出るかもしれません。

BtoBサイトの注意点

ShopifyでBtoB運営をするうえで、いくつか注意点があります。

BtoB運用を成功させるポイントと、Shopify特有の問題点について確認しておきましょう。

大幅な値引きをしすぎない

BtoB運営で重要なのは、卸売販売価格です。

なぜなら、卸売は取引先に利益が出るよう割引率を高めに設定することが一般的だからです。

ですが、契約を継続してもらいたい思いから割引率を大きくしすぎると、

自社の利益は当然少なくなるので注意してください。

一般的に、BtoBの割引率は50%前後です。

また、セール品だと割引率75%の場合もあります。

取引先に喜んでもらいながら自社の利益も得るためには、

取引量に応じて割引率をアップするのがおすすめです。

特定の取引先だけ優遇するのではなく、公平な価格設定にすることで、

信頼関係を築くことができるでしょう。

ターゲットを明確にする

BtoBビジネスでは、ターゲット設定が重要です。

消費者向けの販売と比べると、企業向け卸売は取引理由が明確だからです。

ターゲットが曖昧のままだと、商品の魅力が伝わりにくくなります。

卸売業者は他にも多数あるので、

魅力が伝わらなければ別の業者へと流れてしまう恐れもあります。

また、ターゲットを明確にしたらサイトの情報に力を入れるようにしてください。

消費者向け販売はサイトの見た目に注力しますが、

企業向け卸売では商品についてのわかりやすさが重視されます。

アナログ対応の顧客をどうするか?

アナログからShopify運用に切り替える場合、

アナログ対応の顧客をどうするか決めなければなりません。

自社の作業効率を考えれば、すべての取引をWebに移行するのが理想です。

しかし、Web対応に馴染めず、

今までと同じように電話やFAX対応を希望する取引先もいるかもしれません。

どのようにするかは、3つの対応方法があります。

• アナログの対応は一切しない
• 代行業者にアナログ対応を任せる
• アナログ対応も継続する

Shopifyプランに注意

消費者向け販売では、Shopifyベーシックプランで十分でしょう。

ベーシックプランなら、月額29ドルとカード決済手数料の負担で済みます。

しかし、BtoB運営となるとベーシックプランでは機能が不足するかもしれません。

いずれ大規模な卸売販売に移行する場合は、

Shopify plusへの切り替えの検討も必要になってきます。

月額料金2,000ドルと料金は上がりますが、たとえば以下のような機能が追加されます。

• スタッフアカウント無制限
• 高度なレポートビルダー
• 外部サービスの自動計算送料
• 卸売チャネル

ShopifyでBtoB卸売サイト構築方法

ShopifyでBtoB運用をする流れを解説します。

シンプルなBtoB構築方法から、アプリを使って割引率を設定する方法もあります。

構築方法はいくつか種類があるので、自社に合わせた方法を選んでください。

Shopifyショップにパスワードを追加する

簡単な方法がいいなら、Shopifyストアにパスワードを追加しましょう。

すでにShopifyショップを運営しており、今後はBtoB運営に切り替えるなら、

ショップのパスワード追加がおすすめです。

または、新たにBtoBショップを開設する場合でもこの方法が使えます。

ショップにパスワードを設置すると、閲覧できる顧客を限定できます。

検索エンジンから流入した人は、商品ページを閲覧することができません。

卸売の契約をした取引先のみが、割引価格を見ることができます。

Shopifyの管理画面から、オンラインストアの「各種設定」に移動します。

パスワード保護エリアに移動して、「パスワードページを有効にする」にチェック。

取引先に提供するパスワードを入力しましょう。

最後に保存をクリックしたら、設定完了です。

既存Shopifyストアとは別にBtoB卸売ストアを開設

消費者向け販売とは別に、BtoB卸売ストアを開設する方法を紹介します。

シンプルな方法としては、別URLストアを立ち上げる方法です。

別URLストアの開設はドメイン取得費用がかかりますが、

URLが異なるため卸売専用のストアにすることができます。

また、Shopify Plusプランへアップグレードをしてから、

卸売チャネル機能を使う方法もあります。

Shopify Plusプランを活用するメリットは、既存の商品を活用できる点です。

別ショップの運営ではないため、BtoBストア構築の手間が少なくてすみます。

アプリで割引設定をする

上記2つの方法以外で試したいなら、Shopifyアプリを使う方法がおすすめです。

Shopify Plusプランだと月額料金が高くなりますが、

アプリなら月額料金の負担を少なくしながら、

既存ショップに卸売機能を付けることができます。

アプリによっては、卸売に役立つマーケティング機能が付いたものがあります。

より多く購入してくれる取引先には、割引率を高めてアピールも可能です。

対応できるアプリは複数あるので、自社に合うアプリを比較してみてください。

アプリを使った方法なら、別URLにならず卸売ショップを運営できます。

費用をかけず、既存ショップの商品情報を利用したい人におすすめです。

具体的なアプリについては、次の項目で紹介しますので、参考にしてみてください。

ShopifyのBtoBサイト向けおすすめアプリ4選

Shopifyで使えるBtoBショップ向けアプリを4種類紹介します。

紹介するアプリは、卸売構築に役立つものから、レビューに対応するアプリなどです。

アプリで機能を充実させて、卸売販売をスムーズにしてみましょう。

Wholesale Club

アプリを使った卸売ページの作成は、「Wholesale Club」のアプリで対応できます。

Wholesale Clubを使うと、卸売の取引先向けにパスワードを設定できるので便利です。

既存の消費者向けショップに、BtoB機能を付けることができます。

また、Wholesale Clubは、VIP顧客に向けて独自の割引率を設定することができます。

顧客を階層化して、より価値のある顧客に対し、価格でアピールしましょう。

料金は、月額24ドルと月額49ドルの2プランです。

月に300件までの注文なら、月額24ドルプランで十分です。

また、アプリは14日間無料で試すことができるので、自社に合うか確かめることもできます。

Product Reviews

Product Reviewsは、レビューを追加するためのアプリです。

顧客が卸売向けの商品を注文する際には、レビューを参考にする場合が多くあります。

すでに購入してもらった取引先にレビューの掲載をお願いできれば、

商品の魅力も伝わりやすくなります。

Product Reviewsは、無料で使えるレビューアプリです。

ストアに合ったデザインや文字に調節が可能で、ショップにも馴染みやすいでしょう。

簡単なカスタマイズ機能のため、操作に不安がある人にもおすすめです。

投稿されたレビューは、CSVでのインポートやエクスポートに対応します。

また、日本語サポートが可能で、わからない点も解決しやすくなっています。

Klaviyo

Klaviyoは、メールマーケティング向けのアプリです。

割引商品の案内は、顧客にも喜んでもらえるサービスです。

メールで既存客に商品案内をすれば、再購入の可能性を高めることができます。

メールマーケティング機能を付ければ、受注を待つだけの姿勢ではなく、

こちら側から商品をプッシュすることができるようになります。

取り込んだ顧客を逃さないためにも、

卸売ショップではメールマーケティングの活用がおすすめです。

Klaviyoでは、ターゲットを絞ったメールやSMSメッセージの送信ができます。

また、商品をカートに入れたままで、

決済まで進んでいない注文に対してメッセージを送り購入を促す機能も便利です。

料金は、無料プラン・月額20ドルプラン・月額5ドルプランの3つです。

250件までのメール送信なら、無料プランでも十分に対応できます。

Hulk Contact Us Form

Hulk Contact Us Formは、問い合わせフォームを設置するためのアプリです。

BtoBショップ運営では、顧客を逃がさないためサポート体制が重要になります。

不明な点があった場合にはすぐ連絡ができるよう、問い合わせフォームの設置がおすすめです。

Hulk Contact Us Formは、簡単にフォームを埋め込むことができます。

難しいコーディングの知識が不要で、操作が不安な人にも扱いやすくなっています。

また、問い合わせフォームは文字や画像でカスタマイズが可能です。

料金は、無料プランと月額9.99ドルプランの2つです。

簡単なお問い合わせフォームの作成であれば、無料プランで問題ありません。

ShopifyでBtoBサイトを構築してみよう

BtoBの魅力がわかったら、早速ShopifyでBtoBサイトを構築してみましょう。

Shopifyを使った方法なら、

簡単な操作でパスワード付きの卸売ショップを開設することができます。

また、アプリを利用して機能を充実させられるのも、Shopifyの魅力です。

自社でBtoB構築を考えているショップや、外注を考えている場合にも、

Shopifyの利用がおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。