Shopifyでリダイレクト設定をしないリスク!具体的な手順も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyでリダイレクト設定をしないリスクについて知りたい
といった方のために、具体的なリスクや設定の手順について解説をします。

この記事を読むことで

  1. リダイレクトの基礎知識がわかる
  2. Shopifyでリダイレクト設定しないリスクがわかる
  3. Shopifyでのリダイレクト設定手順がわかる
  4. 複数リダイレクトの設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyでリダイレクト設定をしないリスクについて解説していきます。

 

リダイレクトの基礎知識

「そもそも、リダイレクトって何?」と疑問を抱いた方も多いかもしれません。

Shopifyでリダイレクト設定をしないリスクを学ぶ前に、

まずはリダイレクトの基礎的な知識知っておくことが大切です。

リダイレクトとは、Webサイトのアドレスを変更したとき、

旧サイトのアドレスから新サイトへと自動的に転送する仕組みです。

たとえば、AサイトのURLを変更した場合、ユーザーがAサイトのURLをクリックしても、

アドレスが変わっているため正常にアクセスできません。

このような事態を回避するため、Aサイトにリダイレクト設定を行います。

設定により、ユーザーはAサイトの古いURLをクリックしても、

新たなサイトへとアクセスできます。

Shopifyでリダイレクト設定しないリスク

Shopifyで構築したストアの運営において、ドメインを変更するケースは少なくありません。

ドメインを変更してしまうとアドレスが変わってしまい、

ユーザーがアクセスしようとしても「ページがありません」と表示されます。

その結果、さまざまなリスクを招いてしまうことを理解しておきましょう。

ここでは、Shopifyでリダイレクト設定をしないリスクをまとめました。

ユーザー満足度の低下

Shopifyで構築したストアへアクセスしてくるユーザーは、商品を購入したい、

希望の品物があるか確認したい、といった目的があります。

このようなユーザーが、ストアにアクセスしようとしているのに、

ページを開けないとなればどのような反応になるでしょう。

多くの場合、ストアにアクセスできないユーザーは、ストレスを抱えてしまうはずです。

それまで、ストアで商品を何度も購入したことのあるリピーターの中には、

二度と利用しないと思うユーザーもいるかもしれません。

ストアに好意的なリピーターですらユーザー満足度が下がり、

サイトへの訪問頻度は激減するのは明らかです。

それが、新規ユーザーであれば管理をおろそかにするストアと判断され、

見向きもしなくなる可能性があります。

このようなリスクがあることを、きちんと理解しておく必要があります。

売上の低下

適切にリダイレクト設定をしていないと、

ユーザーは新たなアドレスを適用したストアにアクセスできません。

お店にたどり着けないため、売上が大きく低下してしまうおそれがあります。

現実世界の店舗でいえば、閉店している状態です。

閉店しているお店では、通常通りの販売活動を行うことはできず、

商品を売ることができません。

リダイレクト設定をしていないのは、ネットショップを閉店しているのと同じ状態です。

お店が開いていなければ、当然商品を購入してもらえず、売上は低下します。

しかも、リダイレクト設定をしなければいけないことを知らない場合は、

このような状況に陥っていることに気づかない可能性が高いでしょう。

そのため、

「なぜか急にアクセスがなくなった」「売上が大幅に低下した」

と悩むことになってしまいます。

SEO効果が低下

URLを変更した場合、

リダイレクト設定をしないと検索エンジンの評価がリセットされてしまいます。

つまり、SEOの観点からすると、

リダイレクト設定をしないのはデメリットでしかありません。

オンラインで商品を販売するネットショップは、

モチベーションの高いユーザーのアクセスを増やすことで売上を伸ばせます。

そのためには、特定のキーワードで検索したとき、

ページ上位にショップを表示する必要があります。

上位表示を狙うには、適切なSEOが必要不可欠です。

急にアクセスが少なくなったのなら、

リダイレクト設定をしていないことが原因かもしれません。

心当たりがあるのなら、一度チェックしてみましょう。

Shopifyのリダイレクト設定手順

Shopifyのドメインを変更したのなら、

適切にリダイレクト設定を行うことが大切です。

Shopifyにおけるリダイレクト設定は、まったく難しくありません。

アカウントの管理画面から、簡単な手順で設定を行えます。

ここからは、Shopifyでリダイレクト設定を行うための、

具体的な手順と方法を解説しましょう。

管理画面にアクセス

まずは、Shopifyのアカウント管理画面にアクセスします。

管理画面からは、ストア運営に関するさまざまな設定を行えます。

管理画面にアクセスしたら、[オンラインストア]を選択し、

展開されるメニューから[メニュー]を選んでください。

次に、画面右上に表示される、[URLのリダイレクトを表示]を選択します。

URLリダイレクト

先ほどの手順で、[URLリダイレクトを表示]を選択すると、

別のページへ移動します。

[URLのリダイレクトを管理する]のページへ移動するので、

ここでURLリダイレクトを作成します。

なお、すでにリダイレクトの作成が完了している場合には、

一覧で情報が表示されるので、必要に応じて確認してください。

今まで一度もリダイレクト設定をしていないのなら、何も表示されません。

ページの下部に目を向けると、[URLリダイレクトを作成]のメニューボタンがあります。

これをクリックしましょう。

変更前のURLを入力

[URLリダイレクトを作成]からURLリダイレクトのページに移動するので、

設定を続けます。

ページには、リダイレクト元とリダイレクト先の選択領域があります。

ここでは、リダイレクト元、つまり変更前のURLをフォームへ入力してください。

リダイレクト元と書かれた下には、説明があるので念のために目を通しておきましょう。

リダイレクト元のフォームに、変更前のURLを入力すれば、このステップは終了です。

続けて、リダイレクト先となるURLを、同じように入力していきます。

変更後のURLを入力

リダイレクト元の説明や入力フォームの下には、

リダイレクト先を指定する領域が確保されています。

ここで、変更後のURLを入力しましょう。

こちらは、新しくなるアドレスであり、元のサイトURLから転送する先を入力します。

リダイレクト先の下にも、リダイレクト元と同様に説明書きがあるので、

目を通しておいてください。

変更後のアドレスを入力すれば、このステップも終了です。

リダイレクトを保存する

ここまでのステップがすべて終了したら、[リダイレクトを保存する]をクリックします。

これで、ここまでの設定をすべて保存しました。

きちんと設定が反映されているかどうか、確認をしておくことが重要です。

万が一、設定に誤りがあると、正常にリダイレクトできず、

ユーザーが新しいアドレスにアクセスできません。

ユーザーとして古いアドレスをクリックし、

新たなアドレスに転送するかどうかをチェックしてください。

正常に転送したのなら、問題はないのでここで終了です。

もし、転送しないようなら、設定に何かしらの不備がある可能性があるので、

再度確認しましょう。

複数リダイレクトの設定方法

Shopifyで構築したストアの複数ページを、

一度にリダイレクト設定したいケースもあるでしょう。

このようなケースにおいて、ひとつずつ設定していくのは効率的とはいえません。

Shopifyでは、一括で複数のリダイレクトを設定する方法があります。

大量にリダイレクトが必要な場合には、ぜひこちらの方法を参考にしてみてください。

URLリダイレクト

複数リダイレクトを設定するときも、URLリダイレクトのページから進めます。

まずは、URLリダイレクトのページへアクセスしましょう。

[オンラインストア]→[メニュー]と進み、URLリダイレクトのページが開いたら、

[アクション]を選んでください。

[アクション]を選んだら、[インポート]をクリックします。

CSVファイルをダウンロード

次に、CSVテンプレートをダウンロードします。

[URLリダイレクトをインポートする]のページに移動すると、

「CSVファイルからリダイレクトをインポートする」と記載があります。

その隣に、ファイル選択のタブと、[CSVテンプレート]のリンクがあるので、

そこをクリック。

ダウンロードしたファイルは、Excelなどのソフトで編集が可能です。

ここに、リダイレクト設定したいアドレスをすべて記載していきます。

すべてのリダイレクトを記載したら、ファイルを保存してください。

ファイルをアップロード

管理画面から、ファイルをアップロードしましょう。

先ほどの、[CSVテンプレート]の上に、ファイル選択のタブがあるので、

そこを選択してください。

編集したExcelファイルなどを選択し、[ファイルをアップロード]をクリックします。

確認画面が表示されるので、間違いがなければ[リダイレクトをインポートする]をクリック。

これで、正常にリダイレクトできれば、設定は完了です。

最後の確認は怠らないようにしてください。

リダイレクトが必要なときは必ず設定を

Shopifyで構築したストアで、リダイレクト設定が必要になったときは、

忘れずに設定を行うようにしてください。

設定をしないと、売上や利益が低下してしまい、ユーザー満足度も下がってしまいます。

今後のショップ運営に大きく影響してしまうため、必要に応じて設定を行いましょう。

設定の方法についても、本記事でお伝えしましたが、正常にリダイレクトされるかどうか、

最後にきちんと確認することは忘れないようにしてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。