Shopifyでできる無在庫販売の種類とおすすめサービスを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyの無在庫販売について知りたい
という方のために、無在庫の種類とおすすめ海外向けサービスについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫販売の種類がわかる
  2. Shopifyで無在庫販売する流れがわかる
  3. おすすめ海外向け無在庫サービスが比較できる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyと無在庫について解説していきます。

 

無在庫販売の種類

無在庫販売といっても、種類があります。

どのように無在庫販売するかにより、使い分けてみましょう。

Shopifyで使える無在庫販売として、

オリジナル商品の販売・ドロップシッピングの利用の2種類を紹介します。

オリジナル商品の販売

無在庫販売のオリジナル商品の販売とは、受注生産のことです。

商品のメーカーと直接契約して、注文があったときに生産してもらいます。

受注生産は在庫を抱えるリスクがなく、注文があったときだけ発注をかけられます。

オリジナル商品の販売は、在庫リスクを軽減しながら高い利益を得ることが可能です。

ただし、注文があっても生産が滞るとショップの運営が不安定になります。

お客様を待たせる形となってしまい、

もしかしたら注文をキャンセルするお客様もいるかもしれません。

生産体制が安定しているメーカーとの提携なら、問題はないでしょう。

注文から発送までの期間を長めに設けておけば、売れてからの発注でも問題ありません。

商品到着まで多少時間がかかることを表記すれば、

納得してくれたお客様が購入してくれます。

ドロップシッピング

一般的に、無在庫販売ではドロップシッピングを使っています。

ドロップシッピングとは、

メーカーが発送から代金の回収までしてくれるサービス内容のことです。

Shopifyに対応するドロップシッピングサービスは多くあるため、

提携するだけで無在庫販売が始められます。

Shopifyショップは、商品の販売だけに注力できます。

商品価格の設定はショップが自由に行ってもよく、利益率を高められるでしょう。

ショップが受け取るのは、原価と商品販売価格の差額です。

ドロップシッピングは無在庫販売のため、資金ゼロから始められます。

かかる費用は、Shopifyの構築や月額費用のみです。

初期費用を少なくできるため、これから起業する人や、

副業でネットショップ運営したい人にドロップシッピングが向いています。

Shopifyで無在庫販売する方法

Shopifyで使える無在庫販売の特徴を理解したら、次は始め方です。

無計画にネットショップを始めても失敗するリスクがあるため、

流れを理解しておきましょう。

6つのステップで無在庫販売を始める方法を紹介します。

市場調査をする

まずは、市場調査をします。

市場調査をする理由は、売れる市場でなければ、

ショップを開設しても利益が得られないためです。

ある程度の市場規模があるマーケットなら、利益が期待できるでしょう。

市場規模とは、簡単にいうと1年間の売上総額のことです。

どのくらいの市場規模があるかは、以下のような情報を活用できます。

• 経済産業省のデータ
• 公益社団法人日本通信販売協会
各省庁や各団体が発表するデータは、ほとんど無料です。

または、Amazonが提供する「セラースプライト」でも市場規模の調査ができます。

セラースプライトでは、Amazonのカテゴリー販売数トップ100のデータを抽出可能です。

データは、アメリカ・日本・ヨーロッパなど5か国にも対応しているため、

Shopifyを使った海外向けネットショップにも対応できるでしょう。

ショップ名を決める

Shopifyショップのジャンルが決まったら、次はショップ名を決定します。

ショップ名は、ショップのブランド名のことです。

名前を決めるときは、覚えやすく、どんなショップかイメージできるようにしましょう。

注意したいのが、他のショップと名前がかぶってしまうことです。

どこかのショップがすでに使っていないかは、商標登録で調べることができます。

商標登録されていないショップ名は、検索エンジンで実際に調べてください。

似たようなショップ名があれば、

オリジナル性を出すため名前を変えたほうがいいかもしれません。

一度決めたショップ名は、変更が難しいと考えてください。

最初は考えるのが面倒ですが、ずっと使い続けられるショップ名にしましょう。

合わせて、ショップ名と同じドメイン名も決めておいてください。

Shopifyサイトを作る

商品ジャンルとショップ名が決まったら、いよいよShopifyサイトを作ります。

Shopifyは14日間の無料お試しがあるので、自分に合うか確かめられるでしょう。

使いやすさが気に入ったら、有料プランに申し込みます。

Shopifyの登録が完了したら、テーマを選択しましょう。

公式のテーマは100種類以上、非公式のテーマを合わせると1,000種類以上あります。

料金は無料のテーマと有料のテーマの2種類です。

気軽に始めたいなら無料テーマ、本格的にショップを作りたいなら有料テーマがおすすめです。

テーマの選び方は、誰にどのような商品を届けたいかで決めます。

または、ショップコンセプトと合うテーマを選んでもいいでしょう。

無在庫販売ではライバルが多くなりやすいので、ショップの強みを明確にして、

それに合うテーマを選んでください。

Shopifyに商品を登録する

Shopifyアカウント作成、テーマを決めたら、商品を登録していきましょう。

商品追加は、Shopify管理画面の商品管理から、「商品を追加」で追加可能です。

追加方法は、1つずつの商品を手作業で入力する方法と、

CSVファイルで一括追加する方法があります。

また、Shopifyではコレクション作成機能があります。

Shopifyのコレクションとは、商品をジャンルごとに表示できる機能のことです。

お客様が商品を見つけやすくするため、

商品のブランドや色などでカテゴリー分けをしておいてください。

最後に、お問い合わせページ・特定商取引に基づく表示などのページを作成します。

無在庫販売の場合でも、特定商取引法のルールに従う必要があるため注意しましょう。

ShopifyにSNSを連携させる

Shopifyの集客方法として、SNS連携機能があります。

連携できるのは、FacebookやInstagramなどです。

Shopifyショップは、大手ショッピングモールへの出店とは異なり、独自の集客が必要です。

ショップを開設しただけでは、誰にもショップを知られていません。

気軽にショップを開設できる理由から、

ライバルも多くなるためSNSでの集客を考えてみるのも一つの手です。

ShopifyとSNS連携をさせると、SNSを通して商品をアピールできます。

自分でSNS運営を通して、商品に関心のあるユーザーを取り込んでみましょう。

SNS集客のポイントは、ユーザーの共感を高めることです。

スタッフのプライベート感を出すと、広告や宣伝のようにならず、おすすめです。

また、FacebookやInstagram広告の配信もできます。

FacebookやInstagram広告は、お客様が関心のある広告に絞り込めるため、

集客効果が高いでしょう。

自分で商品をテスト注文する

最後に、Shopifyショップからテスト注文をしましょう。

テスト注文をする理由は、問題なく決済が完了できるか、

スムーズに商品が発送されるかを確かめるためです。

とくに、無在庫販売だと商品の発送を自分でコントロールできないため、

発送のチェックは重要です。

自分で商品を注文したら、以下の項目を確認してください。

• 梱包は丁寧にされているか
• 商品は嫌なニオイがしないか
• 商品の品質は問題がないか

自分で商品を注文して商品を手にすると、いろいろな問題がわかります。

思っていたより梱包が雑だった、商品のクオリティが低かったなどの問題です。

自分でコントロールできない部分は、ShopifyショップページのQ&Aなどで記載しておくと、

お客様は安心でしょう。

Shopifyの無在庫販売におすすめオリジナル商品サービス

Shopifyに対応できる、無在庫販売のオリジナル商品サービスを紹介します。

アパレル商品など、オリジナル商品として販売できるサービスがいくつかあります。

比較しながら、自分に合うサービスを探してみてください。

Printful

Printfulは、アパレル商品の無在庫オリジナル商品サービスです。

Tシャツ等のアパレル商品に、オリジナルデザインをプリントして販売できます。

商品のプリントは受注後のため、在庫を抱えるリスクや投資費用の必要がありません。

拠点はヨーロッパとアメリカですが、日本語にも対応していて安心です。

今までの実績は、お届け済商品数は3,628万点以上、ユーザーの販売累計は95億円以上です。

1点から注文が可能で、これからネットショップを始める初心者でも安心でしょう。

越境ECにも対応しているため、海外向けショップとしてもおすすめです。

Canvath

Canvathは、GMOペパボ株式会社が運営する無在庫オリジナルグッズ販売サービスです。

日本企業が運営するサービスのため、初心者でも安心して使えるでしょう。

取り扱う商品は、スマホケース、Tシャツ、マグカップなどです。

中でも、スマホケースは1個900円からと安価な商品を取り扱うことができます。

イラストや写真などを使ったデザイン作成は、商品1個から対応しています。

商品が売れたら直接お客様の元に商品が届き、ショップに差額が支払われる仕組みです。

今までの実績は、3万以上のショップ、ひと月600以上の受注回数です。

Shopifyの無在庫販売におすすめ転売向けサービス

次の項目では、無在庫販売に対応する転売向けサービスの紹介です。

ドロップシッピングは、既存の商品を無在庫で販売したい人におすすめします。

複数のサービスから、自分に合うところを探してみましょう。

Oberlo

Oberloは、Shopifyに対応する海外拠点のドロップシッピングサービスです。

無在庫販売が可能なため、在庫を抱えるリスクも、商品を梱包する手間もありません。

商品の在庫管理から発送まで代行してくれて、手間なくネットショップが始められます。

対応商品は、ファッション・美容・おもちゃ・家電製品などです。

Oberloへの参加は無料からで、商品数が増えてきたら有料プランを検討できます。

1688.com

1688.comは、中国のメーカーが中国の店舗に商品を販売するためのサイトです。

BtoB向けのサイトで、中国にあるアルババグループの中でも商品の価格の安さで人気です。

取り扱う商品は、工業品・アパレル・家具などがあります。

もともと中国の店舗向けのサイトですが、中国の代行会社を通して日本でも購入できます。

言語は中国語のため、ブラウザの翻訳機能を使う方法がおすすめです。

交渉次第によっては、商品を直接発送してくれることも可能です。

alibaba.com

alibaba.comは、同じく中国のアリババグループのBtoBサイトです。

海外の転売向けのサイトなどに、少量から大量の商品を販売してくれます。

BtoBサイトのため、大ロットでの購入を希望する人におすすめです。

工場からの直送サービスを使えば、ドロップシッピングとして活用できます。

サイトは日本語表記があり、ネットショップ初心者でも手軽に使えるサービスです。

商品価格は交渉が可能で、お問い合わせから相談ができます。

aliexpress

Aliexpressも同じく、中国のアリババグループのBtoCサイトです。

海外向けや転売サイト向けに商品を1点から販売してくれます。

日本語検索にも対応しているため、ネットショップ初心者でも安心です。

中国の代行業者を通さず商品を購入できて、トラブルに巻き込まれる心配がありません。

送料無料での商品が多く、転売向けやドロップシッピングとしてもおすすめです。

Shopifyで無在庫販売をやってみよう

Shopifyは、無在庫販売に対応するネットショップ構築サービスです。

無在庫販売をスタートさせれば、初期費用を抑えながら、

在庫リスクを減らせるかもしれません。

海外では在庫を抱えず販売できるサービスが多数あるので、いろいろと比較してみましょう。

無在庫販売は、起業したばかりの人や、副業でリスクを減らしたい人におすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。