Shopifyで売れるストア名とは?変更した方がよい名前を知っておこう

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyで売れるストア名について知りたい
という方のために、ストア名の付け方や変更した方がよいストア名、変更方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyのストア名の付け方がわかる
  2. Shopifyのストア名で売れるストア名がわかる
  3. Shopifyのストア名で変更した方がよいケースがわかる
  4. Shopifyのストア名の変更方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは売れるストア名について解説していきます。

 

Shopifyでストアを開設する際、ストア名を適当に付けてしまったということはないでしょうか。

ネットショップ運営においてストア名は重要で、

このストア名が売上を左右すると言っても過言ではありません。

集客数が伸びないなどと感じているなら、

ストア名が要因の一つとなっている可能性もあります。

Shopifyでのストア名は変更も可能です。

Shopifyのストア名は大切!その理由

Shopifyでのストア名は非常に重要です。

なぜなら、ストア名はお店の特徴や扱う商品、

さらにはコンセプトを伝えることができるからです。

それが伝わらないストア名だと、購入の機会を失ってしまう可能性もあります。

もし、検索をしてもお店の名前が商品と関係ないワードやイメージしにくい名前だと、

スルーされてしまうかもしれません。

さらに覚えにくいストア名だと、検索しようとしてもできないこともあります。

記憶に残るストア名だと、すぐにユーザーに覚えてもらえる可能性が高いでしょう。

ネット上には数多くのショップがあります。

その中で選んでもらえる、印象に残るストア名でなければ集客も増えず、

結果商品の購入にもつながりません。

もしShopifyのストア名を適当に付けてしまった、

ということがあればストア名の変更も検討してみてください。

売上にも影響する!ストア名の付け方

ストアで取り扱う商品がイメージできない、印象に残らないなどのストア名だと、

売上に影響することもあります。

ストア名の付け方は、集客や売上にも影響する重要なポイントです。

では、具体的にはどのようなストア名がよいのでしょう。

Shopifyでのストア名の付け方を解説します。

シンプルで分かりやすい

ストア名はできるだけシンプルで、分かりやすいものがおすすめです。

長い名前より短い方が覚えやすいでしょう。

ストア名が覚えやすい、取り扱っている商品が分かりやすい、

ストアのコンセプトや方向性がイメージしやすいといった分かりやすさが大切です。

商品につながりにくい名前だと、興味を持ってもらえない可能性があります。

また読みにくい、覚えにくい、といったストア名は記憶に残りにくく、

ストア名を検索できなくなってしまいます。

ストア名で検索してもらえればお店にすぐに訪問できるのに、

それができないとほかのお店に行かれてしまうかもしれません。

もし、ユーザーがストアを気に入ってくれたとして知り合いに情報を伝えたくても、

ストア名が思い出せないとそれもできなくなってしまいます。

他社と差別化が図れる

ほかのお店と同じ名前は避けましょう。

差別化が図れないと、自分のストアになかなか訪問してもらえない可能性が生じます。

また、似たようなストア名だと、正確に覚えてもらえない場合もあります。

ネット上には数多くのストアがあり、ライバルが多いものです。

なかにはストア名を研究しているケースも少なくありません。

付けたい名前や、使用したい単語がかぶってしまうことはよくあることです。

理想のストア名を考案しても、同じだったり似たような名前になってしまうかもしれません。

まずは、同じ商品を取り扱うストアの名前を調べ、

そのうえでほかのお店との差別化が図れるよう、違ったストア名を考えることをおすすめします。

ドメインの選び方に注意

ストア名だけでなくドメインにも配慮することが大切です。

ドメイン名は短く、シンプルであることが必要。

その方が印象がよくなり、覚えてもらいやすいメリットがあります。

ドメイン名の一番うしろに付く部分(トップレベルドメイン)には

「.com」「.jp」などがありますが、おすすめなのは「.com」です。

「.com」は世界中で使用されているドメイン名で認知度も高く、

スマホなら入力が簡単で、信頼性が高いので人気があります。

そのため、多くの企業が利用していることもあり、必ず取得できるとは限りません。

「.com」が取得できない場合は、次のようなトップレベルドメインを検討してみましょう。

「.shop」や「.store」はお店であることがストレートに分かりやすいです。

特定のエリアに店舗があるなら、「.city」もおすすめ。

インターネット関連を意味する「.net」や、

ビジネスを意味する「.biz」なども信頼性の高いドメインです。

流行を追い過ぎない

流行を追い過ぎないことも必要です。

時代に合ったストア名もオシャレだったり、話題性があったりして、

覚えてもらいやすいなどのメリットはあるでしょう。

しかし、それだけに頼ると流行が去った後、

話題性もなくなり時代遅れの印象を与えてしまいます。

流行はすぐに変わってしまうものです。

それに伴いストア名を変えていたら、信頼を失ってしまうかもしれません。

長くストアを続けていきたい場合は、年月が経っても違和感のない名前をつけるのがおすすめです。

ハッシュタグに使用されやすい

Shopifyのストア名はハッシュタグを意識してつけることも重要です。

ストアの集客・売上を伸ばすためにはSNSの活用は欠かせません。

FacebookやInstagramなどのSNSは、

広告ツールとして活用することが集客や売上につながります。

SNSを利用しているユーザーは多いです。

SNSでユーザーに情報を拡散してもらうためには、

ハッシュタグに使用されやすいストア名であることが必要です。

ストア名のスペルが覚えにくかったり長かったりすると、タグ付けしにくくなりますので、

タグ付けしやすいストア名を検討しましょう。

その際、どのようなターゲットにタグ付けしてもらいたいのか、

拡散してもらいたいターゲットはどういった層かも踏まえて考えることも大切です。

ストア名から商品がイメージしやすい

ストア名から商品やコンセプトが伝わりやすい名前にすることも大切です。

実店舗であれば、お店の前を通りかかったときに気になる雰囲気であったり、

欲しいものがあったりすれば足を踏み入れるでしょう。

しかしネットの場合はそれができません。

ユーザーは限られた情報から、サイトに訪問するかしないかを瞬時に判断します。

ストア名は商品やお店のイメージを伝えられる大きな要素です。

商品やストアのコンセプトがイメージしやすい名前であれば、

お店に訪問してもらえる可能性が高まります。

そのためにも、お店のコンセプトはしっかり決めてストア名に反映させるようにしてください。

少なくとも、何を取り扱っているお店なのかがわかる名前にすることです。

Shopifyのストア名を変更した方がよいケース

「焦ってストアを開設したから、ストア名をよく考えなかった」

というケースもあるでしょう。

ほかのショップと間違われることが多いなど不都合を感じているなら、

変更したほうがよいこともあります。

ストア名を変更した方がよいケースについて解説します。

同じストア名や似た名前がある

同じストア名や似た名前がある場合は、変更した方がよいです。

ストア名を検索した際に同じ名前のストアが並んでしまうと、

他のお店に行ってしまう可能性が生じてしまいます。

本当は自分のストアを目指してくれているはずだったお客様が、

同じ名前のストアに行ってしまったために、

そこで希望の商品を見つけてしまうということもあるのです。

時間に余裕が無く、また再度検索するのが面倒と思われてしまえば、

自分のサイトに訪問することはないでしょう。

またオリジナリティがないと、多くあるストアの中から選んでもらえない可能性も高まります。

ネット上には数多くのショップがあるため、自分ではオリジナルなストア名だと思っても、

同じ名前や似た名前があるかもしれません。

さらにローマ字とカタカナの違いで読み方が同じ、スペルが1文字違うだけ、

などにも注意が必要です。

ドメイン名とショップ名が異なる

ドメイン名とショップ名は同じにしましょう。

企業の公式ホームページを見ると分かるように、多くの企業が企業名とドメイン名は同じです。

ブランド名がそのまま、また商品名がそのままドメイン名に使用されています。

これは、企業名とドメイン名、ショップ名を同じにすることでメリットが得られるからです。

どのようなメリットがあるかというと、一つは検索順位を上げられる可能性が高まること。

検索順位は集客につながり、結果売上につながる重要なことなので、

検索順位を上げるためにも、ドメイン名とショップ名は同じにすることです。

また、ドメイン名とショップ名が異なると、不信感を抱かれることもあります。

信頼できる企業の多くは、ドメイン名と企業名が同じであることからも、

そうでないストアは信頼できるかどうか不安になってしまいます。

商標登録されている

商標登録されている名前をつけてしまうと、商標権の侵害になってしまう可能性があります。

商標権の侵害にあたれば、ストア名を変更しなければなりません。

検索して同じ名前が出てこなくても、油断しないようにしてください。

商標登録されているかどうかは「特許情報プラットフォーム」で確認できます。

またショップを起ち上げた時点で、ショップ名は商標登録をしておくとよいです。

商標登録をしておくことで、ほかのショップに同じ名前をつけられる心配もなくなります。

もし商標未登録だと、ほかの企業が先に同じ名前で商標登録してしまった場合、

名前を変更しなければなりません。

知名度が高くなれば、他の企業が故意に同じ名前をつけて登録してしまうなど、

トラブルの原因にもなります。

名前の変更はデメリットも多いもの。

後悔する前に、商標登録をしておきましょう。

記号が入っている

名前にはなるべく記号を使わない方がよいです。

環境依存文字と言われる記号や特殊な文字は、検索する際に読み込めないことがあります。

正確なストア名が読み込めないと、ストアが検索結果に表示されません。

また「&」はドメイン名に使用できないので注意が必要です。

記号を使用すればオリジナリティが出せたり、印象に残りやすかったりすることもあります。

しかし、検索の際に不具合があれば、大きなデメリットとなってしまいます。

記号を使った方がメリットが多い、どうしても使わなければならないという場合以外は、

記号はなるべく避けた方がよいでしょう。

読みにくい

読みにくいストア名は変更して、誰でも読める名前にしてください。

読みにくいと記憶に残りにくくなり、検索しようとしてもストア名が思い出せず検索できない、

ということになりかねません。

間違った読み方をしたまま検索をしたら、

ほかのショップが出てきてそちらのショップに行ってしまうといった可能性も出てきます。

そもそも、正確な読み方ではない名前を入力しても、

ストアが上位に表示されることはないでしょう。

また、読みにくいとタグ付けもしにくく、拡散してもらうこともできません。

とくにローマ字や漢字を使う際には読みやすい名前をつけ、SEO対策につなげてください。

スペルが覚えにくい

読みにくいストア名は避けた方がよいのと同様、

スペルが覚えにくい名前も変更した方がよいです。

スペルが覚えにくいと、ストア名を検索する際に正しく入力できず、

検索してもストア名が表示されません。

またスペルが思い出せないからとカタカナで検索する場合、

それが正しい読み方でないと、検索結果に出てこない、

上位に検索されないということになります。

さらにハッシュタグを付けようとしても、

正確なスペルを書かないとタグ付けをやめてしまう可能性も。

ハッシュタグを付けてもらえないと、情報を広げるチャンスを失ってしまうことになります。

ローマ字を使う場合は、できるだけ簡単なスペルで間違えにくいもの、

複数の読み方ができない名前を考えましょう。

海外向けに適していない

越境ECを目指す場合は、海外向けに適しているストア名を付けることです。

日本人になら商品やサービス内容が分かりやすくても、

外国人には分かりにくいストア名とはならないこと、

外国人でも発音しやすいことが重要となります。

また、国内では問題なくてもほかの国では使用できない言葉には注意が必要です。

たとえば、「Collon(コロン)」は英語圏では「Colon(大腸)」と似ていたり、

「Pocky(ポッキー)」は「pox(水泡)」などを連想させてしまったりするため、

名前を変えて販売しています。

このように意味が違ってしまい、誤解を与えるワードには注意しなければなりません。

また、同じ響きであっても、スペルや意味が異なる単語が複数ある場合もあります。

分かりにくさやミスにつながりやすいので、

ほかの単語があるストア名は避けた方がよいでしょう。

Shopifyでストア名を変更する方法

よく考えずにストア名を付けてしまった場合、変更した方がよい場合もあります。

Shopifyでストア名を変更するには、管理画面から行います。

管理画面の「設定」→「一般設定」→「ストアの詳細」を選択。

ストア名のほか、電話番号やメールアドレスの編集も可能です。

ストア名を途中で変更するデメリット

ストアを設立する際にしっかりとストア名を検討していればよいのですが、

そうしなかった場合、ストア名を途中で変更したくなることもあるかもしれません。

ただし、ストア名の変更はデメリットも伴います。

どのようなデメリットがあるのか、把握したうえでストア名を変更しましょう。

ユーザーが混乱する

突然ストア名が変更されれば、ユーザーは混乱してしまいます。

なぜ変更したのか?何かあったのか?など不安や疑問を抱くこともあるかもしれません。

またユーザーのなかには、今までの名前に慣れていたことで、

新しいストア名に違和感をおぼえる人も。

ストア名が変われば印象も変わるので、

それについていけないとストアの利用をやめてしまうケースもあるでしょう。

ストア名を変更する際には、理由や時期などをきちんと伝え、

顧客に不信感を与えないようにすることが必要です。

ロゴの変更が必要になる場合がある

ストア名の変更に伴い、ロゴの変更も必要になることも考えられます。

ロゴの変更は、デザイン費用や名刺などのツール一式を新しくする費用がかかってしまいます。

また、ストアの印象が変わってしまう可能性もあり、顧客離れが生じるかもしれません。

ストア名の変更に伴い、ロゴの変更についてもしっかりお知らせをしておきましょう。

SEO対策において不利になる可能性もある

今までのストア名でSEO対策ができていた場合、積み重ねてきたものがなくなってしまうため、

また一から始めなければなりません。

新しいストア名はSEO対策も踏まえて考えなければならず、同じ苦労を再度することになります。

また、ドメイン名を変更するとリンク切れなどが起こるため、

検索エンジンの評価が下がってしまうリスクも考えられます。

変更する際は慎重に検討しましょう。

Shopifyでおしゃれで売れるストア名を付けるコツ

Shopifyで売れるストアになるためには、

集客や購入につながりやすい名前であることが必要です。

また、オシャレでセンスのよい名前をつけたいものです。

Shopifyでおしゃれで売れるストア名を付けるコツを紹介します。

コンセプトのキーワードをあげてみる

ストア名からストアの印象や商品をイメージさせるには、

コンセプトがしっかりしていないといけません。

ストアのコンセプトはどういったものなにか、コンセプトのキーワードをあげてみましょう。

ナチュラル(自然)、ハンドメイド(手作り)、フレンドリー、気取らない、

高級など、ストアの強みや特徴から名前を考えてみるのも一つの方法です。

または、ストアのストーリーが隠れているのもオシャレです。

たとえばAmazonは、AからZまで(すべて)の商品を販売するというストーリーがあります。

エドウィンは、欧米に江戸が勝つといった意味があり、

規範や標準を意味するCanonは最新の技術とサービス活動において、

世界の標準となり規範となる、といった思いが込められています。

単語を組み合わせる

単語を組み合わせて存在しない単語を作れば、オリジナリティが出せます。

同じものは考えにくいため、ドメイン名も取得しやすいでしょう。

「恵み」と「ミルク」を組み合わせた「メグミルク」、

「Wealth」と「案内・操縦」を組み合わせた「ウェルスナビ」などがそうです。

これらは語感がよく、覚えてもらいやすいのがメリット。
印象にも残りやすく、ほかのストアとの差別化も図れます。

ただしオシャレ感やゴロだけで考えると、

造語は取り扱い商品などが分かりにくくなることもあるので注意してください。

頭文字を組み合わせる

アクロニム造語といって、頭文字を組み合わせる方法もあります。

たとえば、アコムは「Affection(愛情)」、

「Confidence(信頼)」「Moderation(節度)」

の頭文字を組み合わせてできています。

このようにコンセプトを英語にして、

頭文字を組み合わせてみるとオリジナルなストア名が生まれるでしょう。

動物名を使うとかわいらしい

ストア名に動物の名前を使うと、かわいらしく、親しみやすさが出やすいです。

「クロネコヤマト」、「象印」、「ピジョン」など、

動物の名前を使った企業名も少なくありません。

ストアのイメージや商品を印象づけやすい動物を選びましょう。

また、英語では「Apple」や「Google」など同じ文字が2回以上入っていると、

親しみやすく愛着がわきやすいと言われています。

「ネーミング辞典」を参考にする

何も浮かばない、オリジナルな名前ができないなど悩んでしまった場合は、

「ネーミング辞典」を参考にするのもおすすめです。

単語を入力すると、

英語のほかドイツ語やフランス語、イタリア語、スペイン語、

ラテン語、ギリシャ語、ロシア語、中国語、オランダ語などが表示されます。

単語から関連する言葉を検索することもでき、さまざまな言葉から、

ストアに合う単語を見つけることができるでしょう。

ほかには、ストアで使用する物をそのまま英語にしてみたり、

自分の名前を使ってみるのもおすすめです。

ブリジストンは、創設者の石橋さんが名前の由来なのは有名です。

また、ASKUL(明日来る)やGokuri(ゴクリ)など、

日本語をアルファベットにするだけでオシャレな雰囲気になる名前の付け方もあります。

名前の付け方はいろいろあるので、いくつも試してみてください。

長さは5文字から10文字以内がおすすめ

ストア名の長さは、アルファベットで5文字から10文字がよいとされています。

HONDA、Facebook、BURBERRY、EDWINなど、

成功している企業はほとんどがこの長さです。

短くて覚えやすく、スペルもミスしにくいです。

シンプルなストア名を付けるうえでも、文字数を意識しましょう。

Shopifyのストア名は慎重に考えよう

Shopifyのストア名は、集客や売上に影響する重要なものです。

ユーザーはストア名から商品を把握したり、ストアの雰囲気を連想したりするもの。

覚えやすくシンプルなストア名の方が、

検索しやすくSNSでの拡散もしやすいなどのメリットもあります。

ただし、すでにストア名をつけて運営をスタートさせてしまった、

というケースもあるかもしれません。

ストア名を途中で変更することは可能ですが、デメリットもあります。

デメリットを踏まえ、売れるストア名を慎重に検討しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。