Shopify inspectorの導入で効率的なショップ構築を実現

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyに活用できるinspectorについて知りたい
という方のために、導入や活用方法、メリットを解説します。

この記事を読むことで、

  1. Koala Inspectorが何なのかわかる
  2. Koala Inspector導入のメリットがわかる
  3. Koala Inspectorの導入方法がわかる
  4. Koala Inspectorの使い方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyに活用できるinspectorの導入や活用方法、

メリットについて解説をしていきます。

 

Shopify Koala Inspectorとは

Koala Inspectorとは、Google Chromeで利用できる拡張機能の一種です。

どのような拡張機能なのか、一言でいえば、Shopifyで構築されたECサイトを

丸裸にできるツールです。

Shopifyで構築されたECサイトが、どのようなテーマを使用しているのか、

独自ドメインや商品情報、使用しているアプリなどを解析できます。

商品がいつ公開されたのか、扱っている商品数、平均の商品価格、もっとも高い商品、

安い商品などもわかります。

ShopifyでECサイトを構築しようと思っても、初めてではなかなかスムーズに進みません。

スピーディーにECサイトを構築し、運営にこぎ着けるには、

すでに完成しているShopifyストアを参考にするのが一番です。

それを実現してくれるのが、Koala Inspectorです。

Shopify inspector導入のメリット

ShopifyにKoala Inspectorを導入するメリットは、多々挙げられます。

インターネット上には数多くのECサイトやネットショップがありますが、

inspectorの利用により、Shopifyで作られているのかどうかを判別可能です。

Shopifyで作られたECサイトであれば、テーマや使用しているアプリも把握でき、

自身のショップ作りに活かせます。

短期間で見栄えのよいショップを構築できるのも、inspector導入のメリットといえるでしょう。

Shopifyで作られたショップかどうか判別できる

ECサイトにアクセスしたとき、Shopifyで作られているのかどうか、

知りたいと思ったことがあるかもしれません。

Shopifyで作られているのなら、ECサイトの設計やデザインなどを、

自社ショップ構築の参考にできるからです。

ただ、Shopifyはカスタマイズ性の高いプラットフォームであるため、

さまざまなデザインのECサイトを構築できます。

そのため、デザインや設計を見ただけでは、Shopifyで構築されているのかどうか、

判別するのは困難です。

そこで、inspectorの出番です。

inspectorを、判定したいECサイトで利用すれば、Shopifyで構築されているのかどうかを、

瞬時に判別できます。

自身のショップ作りに活かせる

inspectorを判定したいECサイトで利用すれば、採用しているテーマや使用アプリ、

商品のあらゆる情報などを把握できます。

これらの情報に基づき、自身のショップ作りに活かせることが、大きなメリットです。

Shopifyはカスタマイズ性の高いプラットフォームですが、それゆえにさまざまなデザイン、

設計のECサイトを構築できます。

デザインの選択肢も多く、初心者ではスムーズにECサイト作りを進められません。

inspectorで気になるECサイトを丸裸にすれば、テーマや使用アプリなどを把握できるため、

自身のショップ作りに反映させられます。

気になるECサイトと、ほぼ近い見た目のサイトを構築するのも不可能ではありません。

チェックしたECサイトの情報をもとにアレンジを加え、

より素敵なショップを構築することも可能です。

短期間で見栄えのよいショップを作れる

ShopifyでECサイトの構築を検討している方の多くは、

ネットビジネスで利益を得ることを目的としているはずです。

ECサイトの構築はあくまで手段であり、

最終的な目的はECサイトの運営により利益を得ることです。

そのためには、ECサイト作りに長々と時間をかけるわけにはいきません。

ビジネスは時間との勝負です。

もたもたしているあいだに、ライバルはどんどん売上を伸ばし続け、

シェアを拡大し続けています。

ただ、そうはいっても、初めのECサイト構築では、どうしても時間がかかってしまいます。

どのようなテーマを選べばよいのか、どういったデザインにすれば見栄えがよくなるのか、

わからないからです。

inspectorを利用すれば、気になるECサイトのテーマまで判別できるため、

短期間で見栄えのよいショップを作れます。

そのため、スピーディーにECサイトを立ち上げ、運営を開始できます。

できるだけECサイト構築に時間をかけたくない、すぐにでも運営を始めて利益を得たい、

といった方に適したツールといえるでしょう。

Shopify inspector導入の方法

Shopifyへのinspector導入方法は、まったく難しくありません。

誰でも簡単に導入できるため、ここで覚えてしまいましょう。

ここでは、Koala Inspectorの具体的な導入方法について解説をします。

Googleで検索

Koala Inspectorは、Google Chromeの拡張機能なので、Googleで検索をします。

検索フォームで、「koala inspector」と入力して検索すれば、すぐに見つけられるでしょう。

Chromeウェブストアから、koala inspectorはダウンロードできます。

Chromeに追加する

Chromeウェブストアの、[Chromeに追加]をクリックして、

ダウンロードを開始してください。

ダウンロードが完了すれば、Chromeに拡張機能として追加されます。

ページの上部から、追加されているかどうかを確認しましょう。

ピン止めすると、ページ上部に固定できるため便利です。

判別したいサイトで使用する

ダウンロードが終わり、拡張機能として追加したら、いつでも使えます。

あとは、気になるECサイトにアクセスし、Koala Inspectorを使用してみましょう。

詳しい使い方については、次で解説します。

Koala Inspectorの使い方

Koala Inspectorの使い方はいたって簡単です。

判定ツールや判別ツールと聞くと、使い方が難しい印象があるかもしれませんが、

まったく難しくありません。

気になるECサイトがあるのなら、

アクセスしてKoala Inspectorのアイコンをクリックしてください。

これだけで、Shopifyで構築されたECサイトなのかどうかを判別できます。

Shopifyで構築されている場合、[structure]をクリックすると、

ECサイトの独自ドメインや使用しているテーマ、アプリなどがわかります。

[products]では、最初に商品が公開された日、最後に商品が公開された日、商品数、

一番価格の高い商品価格、一番価格の安い商品価格などが把握でます。

[products]→[NEW PRODUCTS]を選ぶと、新商品の概要がわかり、

[BEST SELLERS]では人気商品の情報をチェックでき、CSVでダウンロードも可能です。

Shopify inspectorで参考になるショップを見つけよう

Google Chromeの拡張機能、Koala Inspectorを活用すれば、

Shopifyで構築されたさまざまなECサイトのテーマやアプリ、商品情報を把握できます。

ショップ作りの参考にできるため、短期間で見栄えのよいECサイトも構築できるでしょう。

スピーディーにネットビジネスを始めたい方、

気になるECサイトとそっくりなデザインのネットショップを構築したい方に、

inspectorはおすすめです。

この機会に、導入を検討してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。