ShopifyのテーマWarehouseの機能や導入メリットとは

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyのテーマであるWarehouseについて知りたい
という方のために、機能や導入するメリットについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyのWarehouseについてわかる
  2. Warehouseに実装されている機能がわかる
  3. Warehouse導入のメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyのテーマであるWarehouseについて、解説をしていきます。

 

ShopifyのWarehouseとは

ShopifyのWarehouseとは、デフォルトで用意されているテーマのひとつです。

Shopifyは、洗練されたデザインのECサイト構築に役立つ、

多種多様なテーマが用意されています。

テーマはテンプレートのことで、

利用により簡単かつスムーズにデザイン性の高いネットショップを開設できます。

Warehouseは、Shopifyの公式テーマであり、

公式テーマストアから容易に導入が可能です。

なお、Warehouseを用いてどのようなECサイトを構築できるのか知りたい方は、

用意されているデモサイトを閲覧してみましょう。

いくつかのデモサイトが公開されているので、

どのようなデザインのECサイトを構築できるのか把握できます。

次からは、Warehouseにどのような機能が実装されているのか、見ていきます。

Warehouseに実装されている機能

Warehouseは、数あるShopify公式テーマの中でも高い人気を誇ります。

固定メニューやドロップダウンメニュー、スライドショー、予測検索、在庫管理表示など、

さまざまな機能が備わっているからです。

アクセスユーザーが、商品を探しやすい機能がいくつも実装されているため、

数多くのアイテムを扱うネットショップには特におすすめです。

固定メニュー

固定メニューは、文字通りメニューをページに固定できる機能です。

メニューを所定のエリアに固定することで、

アクセスユーザーが各種メニューへアクセスしやすくなるメリットがあります。

ドロップダウンメニュー

ドロップダウンメニューは、プルダウンメニューとも呼ばれるメニューの一種です。

メニュータイトルのクリックや、マウスポインターをのせることでメニューを展開できます。

必要なときだけメニューを表示できるため、

商品カテゴリーの多いショップに適したメニューといえるでしょう。

現在では、さまざまなWebサイトやECサイトにおいて、

ドロップダウンメニューが採用されています。

アイテム数やカテゴリー数の多いショップの場合、

すべてを普通のメニューで表示してしまうと、

サイト内のデザイン性を損ねてしまうおそれがあります。

ドロップダウンメニューにすれば、そのような心配がありません。

スライドショー

スライドショーは、同一エリア内にて、複数の画像が次々と表示される機能です。

こちらも、さまざまなWebサイトやECサイトで採用されている機能のひとつとなっています。

ファッションブランドやアパレルショップのWebサイトやECサイトで、よく目にします。

動きのあるECサイトの構築ができるため、他のショップとの差別化も図れるでしょう。

アクセスユーザーは、次々と入れ替わる画像により、

どのようなアイテムが扱われているショップなのかを把握できます。

クリエイティブで洗練された印象を与えられるのも、スライドショー機能の魅力です。

予測検索機能

予測検索機能とは、ユーザーが入力したワードから予測し、候補を表示してくれる機能です。

大手ECモールや有名なECサイトでも採用されている機能ですが、

ShopifyのWarehouseにも実装されています。

予測検索機能は、ユーザビリティの向上が期待できる機能です。

ECサイト内には、商品検索用のフォームを設置していることが多いのですが、

商品名が長い場合、アクセスユーザーは手間がかかってしまいます。

予測検索機能があれば、1~2文字程度入力した時点で、候補を選出してくれるため、

自身で全文字入力する必要がありません。

ユーザーのサイト離脱回避にも役立つ機能といえるでしょう。

在庫管理表示

在庫管理表示とは、現時点での在庫数をページ上に表示する機能です。

ECサイトの商品ページにおいて、

「在庫数2」のように表示されているのを目にしたことがあるかもしれません。

これが、在庫管理表示機能によるものです。

在庫管理表示機能があれば、商品ページに在庫数が表示されるため、

アクセスユーザーに在庫状況を伝えられます。

在庫数が残り1のように表示されている場合、ユーザーは

「今購入しないとなくなってしまう」と感じ、購入意欲の促進につながります。

ポップアップ機能

ポップアップ機能とは、画面上で自動的に別ウィンドウが表示される機能です。

近年のWebサイトやECサイトの多くが、ポップアップ機能を有効活用しています。

ポップアップ機能があれば、アクセスユーザーにさまざまな情報を伝えられます。

セール情報や特典情報などをポップアップで伝えられるほか、

メールマガジンや会員登録を促すことも可能です。

ポップアップ機能は、売上拡大やリピーター獲得に効果的な機能ですが、

使い方には注意が必要です。

あまりにも高頻度で表示させてしまうと、

アクセスユーザーがストレスを感じてしまうおそれがあります。

どのようなタイミングで表示させるか、どの程度の頻度にするかは、

じっくりと検討したうえで決めることをおすすめします。

Warehouse導入のメリット

Shopifyには数々のテーマが用意されていますが、

その中からWarehouseを選ぶメリットとは何なのでしょう。

Warehouseの導入により、顧客が商品を探しやすくなる、カスタマーレビューを表示できる、

売上向上につながるといったメリットを得られます。

以下、Shopifyの公式テーマであるWarehouseを導入するメリットについて、

詳しく解説していきます。

顧客が商品を探しやすい

Warehouseには、アクセスユーザーが商品をスムーズに探せる機能が

いくつも実装されています。

カテゴリー表示ができるサイドバーもデフォルトで用意されており、

ブランド名やカラーなどから、容易に目的のアイテムを探すことが可能です。

ドロップダウンメニュー機能も実装されているので、

いくつものカテゴリーやアイテムを必要に応じて展開できます。

さらに、カテゴリーやブランドを絞り込んで検索できるシステムが備わっており、

目的の商品を短時間で見つけられます。

目的の商品をなかなか見つけられないのは、ユーザーにとってストレスでしかありません。

ストレスを感じてしまったユーザーは、ショップから離脱してしまいます。

そのような事態を回避できるだけの機能を備えていることこそ、

Warehouseのメリットといえるでしょう。

カスタマーレビューを表示できる

カスタマーレビューとは、商品を購入したお客様からの感想や意見です。

現在では、多くのECサイトにおいてカスタマーレビューが掲載されており、

必須ともいえる機能となりました。

Warehouseにも、カスタマーレビューを表示できる機能が実装されています。

ユーザーは商品を5段階で評価でき、感想や意見も投稿できます。

ユーザーは、客観的な評価に基づいて商品を購入するかどうかを決められるため、

安心感を与えられるのです。

いまだに、オンラインショッピングに不安を覚える方は一定数います。

カスタマーレビューの表示で安心感を与えられれば、

このような層も顧客として取り入れられます。

売上向上につながる

Warehouseには、ユーザビリティの向上が期待できる、

さまざまな機能が実装されています。

商品検索のしやすさや安心感を与えられる仕組みがあるため、

ECサイトからの離脱を回避できます。

このような理由から、Warehouseの導入により、売上や利益の向上が期待できます。

ECサイトに集客できても、商品の購入につながらなければ利益は発生しません。

Warehouseなら、スムーズに目的の商品を見つけられ、

カスタマーレビューも参考にできるため、商品の購入に結びつきやすくなります。

なかなか売上や利益がアップしない、と悩んでいるのなら、

Warehouseの導入を検討してみてください。

商品数の多いショップならWarehouse導入がおすすめ

Shopifyの公式テーマのひとつ、Warehouseはドロップダウンメニューやスライドショーなど、

優れた機能がいくつも実装されています。

ユーザーは容易に目的の商品を見つけられるため、

数多くのアイテムを扱うショップにおすすめのテーマです。

180ドルの有料テーマではありますが、お金をかけるだけの価値があるのは間違いありません。

売上や利益の向上も期待できるので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょう。

まずは、ShopifyでWarehouseの公式デモサイトをチェックしてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。