Shopifyのアカウント開設は簡単?具体的な手順を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのアカウント開設について知りたい(わからない)
という方のために、具体的な手順を解説します。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyアカウントの開設方法がわかる
  2. アカウント開設後にやることがわかる
  3. アカウント開設後の注意点がわかる
  4. アカウントの停止や解除についてわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのアカウント開設について解説をしていきます。

 

Shopifyアカウントの開設方法

Shopifyは、誰でも簡単にECサイトを構築できるサービスです。

海外で誕生したサービスですが、現在では日本国内でも多くの企業、

ショップがShopifyを利用してネットビジネスを展開しています。

Shopifyを利用するにあたり、まずはアカウントを開設しなくてはなりません。

アカウントの開設方法はまったく難しくないので、ここで解説する流れで進めていきましょう。

Shopifyへアクセス

まずは、Shopifyの公式サイトへアクセスしましょう。

検索エンジンの検索ページで、「Shopify」と入力し検索すると、公式サイトが見つかります。

アカウントの開設には、メールアドレスやパスワード、ストア名、ストアURLなどが必要です。

公式サイトにアクセスすると、「ネットショップを始めよう」と書かれたページが表示されます。

このページには、メールアドレスの入力フォームと、

「無料体験をはじめる」と書かれたボタンが設置されています。

アカウントを開設しているのなら、[ログイン]から利用できますが、

まだ開設前ならログインはできません。

なお、ストアURLの変更はできませんが、後から独自ドメインの設定が可能です。

無料体験をはじめるを選択

公式サイトにアクセスし、「無料体験をはじめる」と表示されたボタンをクリックします。

ここから、アカウントの開設が可能です。

なお、無料体験期間中は、クレジットカード情報等は不要なので、安心してください。

無料期間は14日間です。

2週間のあいだ、Shopifyの機能や操作性などを実際に試せます。

ただ、無料期間中はさまざまな制限がかかるため、そこは覚えておきましょう。

まず、無料期間中はストアにパスワードがかけられており、

一般のユーザーはアクセスできません。

パスワードを伝えている方しかアクセスできないため、

試験運用としてしか利用できないようになっています。

パスワードを解除し、ストアをオープンするには有料の会員登録が必要です。

必要な情報を入力

先ほどのステップで、「無料体験をはじめる」をクリックすると、

情報を登録するページが表示されます。

入力フォームが表示されるので、そこへ必要な情報を入力していきます。

入力が必要なのは、メールアドレスやパスワード、ストア名、ストアURLなどです。

これらの情報を入力すると、「ストアの住所を設定してください」のページが表示されるので、

情報を入力します。

情報の入力中に、アンケートが表示されることがあるので、答えながら進んでください。

情報を入力して完了すると、「ストア作成中」のロード画面が表示されます。

しばらく待ち、管理画面に移動したらアカウントの開設は完了です。

登録したメールアドレスに、ウェルカムメールが届いているはずなので、確認してみましょう。

アカウント開設後にやること

アカウントを開設して、すぐにShopifyを利用できるわけではありません。

アカウントの開設は、あくまで最低限の事前準備です。

アカウントを開設したあとは、商品の登録やショップの構築、

決済方法など各種設定を行います。

実際にお店をオープンし、運営するための準備を進めます。

最初は操作に悩んでしまうかもしれませんが、

操作しているうちに理解できてくるため心配はありません。

商品の登録

ここからは、有料登録を前提として話を進めていきます。

アカウント開設後の流れとして、まずはストアで扱う商品を登録しましょう。

ここで登録した商品が、ストアの扱う商品としてウェブページに表示されます。

商品の登録は、管理画面の[商品管理]→[すべての商品]から追加できます。

[商品を追加]をクリックすると、商品情報を登録できるページに移動するので、

必要な情報を入力してください。

タイトルや説明などをテキスト入力し、商品画像もアップロードします。

価格設定も行ってください。

価格は、販売価格と割引前価格、商品1点あたりの費用などを設定できます。

マージンや利益率なども表示されるため、利益の管理をしやすいのもShopifyの魅力です。

ショップの構築

運営するストアの構築を進めるステップです。

デフォルトのままでは、どこか味気ないECサイトになってしまうので、

お店のコンセプトにあわせたサイトにアレンジしていきましょう。

Shopifyでは、さまざまなテーマが用意されています。

テーマとは、テンプレートのことです。

テンプレートを利用すれば、誰でも簡単におしゃれなECサイトを構築できます。

テンプレートを用いたECサイトの構築は、直感的な操作が可能なので、難しくありません。

また、Shopifyでは商品ページ以外のページを追加できるほか、ブログ機能も用意されています。

まだこの段階では触らなくても問題ありませんが、

いずれページ追加やブログを使うつもりなら、機能は確認しておいてください。

決済方法など各種設定

決済や送料などの設定を進めます。

ここまでのステップにより、ユーザーの目に映るページの構築はほぼまとまりました。

ここからは、送料や決済に関する各種設定を進め、

実際にアクセスユーザーが買い物をできるような状態に仕上げていきます。

送料の設定は、管理画面の[設定]から[配送と配達]を選び、

[基本の配送料]→[送料を管理する]から進めます。

ページが移動したら[送料を追加する]をクリックし、確認画面で[完了]を選んでください。

決済の設定は、管理画面の[設定]から[決済]を選び、Shopifyペイメントを有効化します。

なお、Shopifyには他の決済サービスも導入できますが、

とりあえずはデフォルトのシステムで設定を進めましょう。

アカウント開設後の注意点

アカウントを無事に開設できたからといって、安心してはいけません。

開設したあとの注意点があるので、覚えておきましょう。

Shopifyの無料体験期間は、14日間です。

このあいだに、有料の利用契約をしないと、

アカウントが自動的に停止されてしまうので注意が必要です。

本格的にネットビジネスを始めたいと考えているのなら、無料期間中に利用契約をしておいてください。

アカウントの停止や削除について

先述した通り、無料期間中に利用契約をしないと、

アカウントが自動的に停止されてしまいます。

アカウントの停止は、任意で行えるため、方法を覚えておきましょう。

アカウントの停止は、たとえば一時的にストアの運営をストップしたいときなどに有効です。

また、今後ネットビジネスに取り組む予定がないのなら、ストアを閉鎖する選択肢もあります。

アカウントの停止方法は3つあり、一時停止して構築する、

一時停止、ストアを閉鎖するの3つです。

それぞれ、何ができるのかを確認しておいてください。

削除方法

アカウントを削除するには、[ストアを閉鎖する]から手続きを進めます。

まずは、ストアオーナーとしてShopifyにログインし、管理画面にアクセスしましょう。

管理画面から[設定]を選び、[プランと権限]をクリックします。

ストアのステータスセクションで、[ストアを売却、閉鎖]を選び、

[ストアを閉じる]をクリックしてください。

パスワードを入力して続行し、

ドロップダウンメニューから[ストアを閉じる]を選択すれば手続きは完了です。

ストアURLに移動し、ストアが閉鎖されているかどうかを確認してください。

一時的に停止したい

アカウントの一時的な停止が可能です。

一時的にストアの運営をストップしたい、といったときに有効です。

なお、一時停止は有料アカウントでないと利用できないため、注意しましょう。

一時停止をしているあいだは、料金が発生しませんが、

3ヶ月をすぎてしまうと費用が発生します。

また、一時停止中には管理画面へのアクセスができなくなってしまうため、

注意が必要です。

ユーザーもアクセスはできるものの、商品の注文や購入ができない状態です。

一時停止してショップをカスタマイズしたい

ストアの運営を一時的にストップし、カスタマイズをしたいときの方法を紹介します。

まずは管理画面にアクセスし、[設定]→[プラン]と進みましょう。

[サブスクリプションを一時停止またはキャンセル]を選び、

[Pause and Build]もしくは[90日間の一時停止]を選びます。

[一時停止]を選べば、手続きは完了です。

ユーザーがチェックアウトできない状態になっているので、

このあいだにカスタマイズを進めてください。

ユーザーを混乱させないよう、カートボタンや価格情報は非表示にしておくことをおすすめします。

アカウントを開設してネットショップをオープンさせよう

Shopifyのアカウント開設方法は簡単です。

初めての方でも、数分程度で開設できるので、

すぐにでもネットビジネスをスタートさせたい方にも適しています。

最初の14日間は料金も発生しないので、この先続けられるかどうかわからない、

といった方もあらかじめ機能や操作性などを確認したうえで判断できるでしょう。

アカウントを開設し、ネットショップ運営を本格的に始めてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。