ShopifyとTikTok連携によるメリットと具体的な方法とは

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyとTikTok連携によるメリットについて知りたい
という方のために、具体的なメリットや連携の方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyとTikTokを連携できることがわかる
  2. TikTokと連携させるメリットがわかる
  3. ShopifyとTikTokの連携方法がわかる
  4. アプリに実装されている機能がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyとTikTok連携によるメリットや連携方法について、解説をしていきます。

 

TikTokとShopifyが連携

ShopifyとTikTokは連携が可能です。

2020年に、双方の運営元が発表したグローバルパートナーシップに基づき、

連携が実現しました。

世界中で利用されているマルチチャネルコマースプラットフォームであるShopifyと、

人気のショートムービープラットフォームTikTokが連携するとの情報は、

世界中で話題になりました。

ShopifyでECサイトを構築、運営している方でも、

TikTokはよくわからないという方は多いかもしれません。

TikTokは、若い世代を中心に流行しているSNSアプリのひとつであり、

日本でも高い人気を誇ります。

短時間の動画を撮影、加工して投稿できるアプリで、世界中に公開できます。

最大60秒まで(一部のユーザーは3分まで可能)の動画を公開でき、

世界中のユーザーとシェアできることが、TikTokの大きな魅力といえるでしょう。

TikTokと連携させるメリット

誰でも手軽で簡単にスタイリッシュなECサイトを構築できるShopifyと、

人気のSNSであるTikTokの連携により、どのようなメリットを得られるのでしょう。

すでにShopifyでECサイトを運営している方の中にも、

気になっている方は多いかもしれません。

双方の連携により、Shopify管理画面からTikTok広告を出稿できる、

さまざまな層に訴求できる、売上向上が見込めるなど、さまざまなメリットが考えられます。

ここからは、ShopifyとTikTok連携によって、どのようなメリットが得られるのかを、

具体的に見ていきます。

Shopify管理画面からTikTokへ広告を出稿できる

ShopifyとTikTokとの連携により、容易にTikTokへ広告の出稿が可能となりました。

TikTokに広告を出稿するには、

TikTok For Businessのアカウントを開設しなくてはなりません。

双方の連携により、Shopifyの管理画面からTikTok For Businessのアカウントを開設できます。

ダッシュボードからTikTok For Businessの主要な機能へアクセスでき、

TikTokへの広告出稿も可能です。

Shopifyの管理画面からTikTokへの広告出稿が可能となることが、

大きなメリットのひとつといえるでしょう。

広告を出稿するたびに、その都度個別のサービスへアクセスする必要がなくなるため、

手間と労力を軽減できます。

さまざまな層へ訴求できる

TikTokは、若い世代を中心に人気のSNSです。

10~20代の若者から支持されていますが、近年ではユーザーの年齢層が広がりつつあります。

近年30代以上のユーザーも増えています。

今後は、さらにユーザーの年齢層が拡大するでしょう。

ShopifyとTikTokを連携させ、広告を出稿すれば、

より多くの層へ訴求できるメリットがあります。

幅広い層へ訴求できるため、認知の拡大にもつながります。

ショップのブランディングを進めたい、幅広い年齢層に認知してもらいたい、

と考えているのなら、TikTokとの連携はメリットが多いです。

トータルでの売上向上が可能

ネットショップの運営で大切なのは、売上を伸ばして利益を得ることです。

ShopifyでECサイトを構築し、運営している人も、

常日頃から売上と利益の拡大を目指している人が多いでしょう。

ShopifyとTikTokの連携により、トータルでの売上向上が期待できます。

先述した通り、双方の連携によりさまざまな層にアプローチできるからです。

売上向上を目指すにあたっては、多くの人に認知してもらう必要があります。

素晴らしい商品を扱っていても、お店の存在を知ってもらわなければ、

売上につながりません。

多様な年齢層のユーザーがいるTikTokに広告を出稿すれば、認知の拡大が期待でき、

売上の増加にもつながるでしょう。

これこそ、ShopifyとTikTokを連携させる、最大のメリットです。

ShopifyとTikTokの連携方法

ShopifyとTikTokを連携させるのは、それほど難しくありません。

正しい手順にしたがって設定を進めれば、簡単に双方の連携を実現できます。

流れとしては、アプリストアから専用アプリを入手し、

インストール後に管理画面から連携の設定を行うだけです。

短時間で設定はできるので、この機会にShopifyとTikTokの連携にチャレンジしてみましょう。

アプリストアからTikTokアプリをインストール

まずは、Shopifyのアプリストアから、連携のために必要なアプリを入手します。

ここで入手できるのは、通常のTikTokアプリとは異なり、事業者用に開発されたものです。

専用アプリの導入により、

ネットショップの運営者はShopifyのダッシュボードから離脱することなく、

TikTok For Businessにアクセスすることが可能です。

すでにお伝えしたように、ダッシュボードからTikTok広告の出稿もできます。

Shopifyのアプリストアにアクセスしたら、TikTokアプリを検索しましょう。

見つけたら、[アプリを追加する]をクリックしてください。

インストールが完了したら、ひとまずここのステップは完了です。

続けて、ShopifyとTikTokの連携を完了させるため、次のステップに進みます。

管理画面から連携させる

基本的に、ShopifyアプリストアからTikTokアプリを入手し、

インストールすれば連携は完了しています。

ただ、ShopifyからTikTokへ広告を配信するには、管理画面から設定をしなくてはなりません。

まずは、Shopifyアカウントの販売チャンネルに、TikTokを追加しましょう。

管理画面で追加できたら、販売チャネルにTikTokが追加されているかどうか、

確認してください。

次に、Shopifyアカウントから、TikTok For Business広告アカウントの登録です。

これによって、広告アカウントとの連携が実現し、ダッシュボードから広告の出稿を行えます。

最後に、ShopifyアカウントからTikTokのキャンペーンを作成して、

広告の詳細を決めていきます。

[キャンペーンの作成]もしくは[キャンペーンを作成する]を選択し、設定を進めてください。

ここまでのステップがすべて終われば、連携と広告配信の設定は完了です。

アプリに実装されている機能

ここからは、TikTokアプリにどのような機能が実装されているのか、見ていきましょう。

TikTokアプリには、ターゲティング機能やTikTokピクセル、

クリエイティブ制作サポート、キャンペーンのワンストップ実行などの機能が備わっています。

詳しく見ていきます。

ターゲティング機能

高精度なターゲティング機能を備えていることが、大きな特徴のひとつです。

TikTok広告のコンバージョンを効果的にトラッキングできるだけでなく、

リターゲティング設定も行えます。

スピーディーかつスムーズに、コンバージョンのトラッキングを実現できます。

TikTokピクセル

コンバージョントラッキングを、スピーディーかつ簡単に行える機能です。

ワンクリックによりTikTokピクセルのインストールが可能で、

開発者によるセットアップも必要ありません。

クリエイティブ制作サポート

TikTokユーザーの共感を得て、コンバージョンにつなげるには、

高品質な広告クリエイティブの作成が不可欠です。

こちらのアプリを利用すれば、アップロードした画像や動画を、

自動的にカスタマイズでき、

その中から選ぶだけで共感を得やすい広告クリエイティブを作成できます。

TikTokキャンペーンのワンストップ実行

Shopifyのダッシュボードから離脱することなく、

TikTok広告に関するさまざまな設定を行えます。

オーディエンス設定をはじめ、パフォーマンスのトラッキング、

広告キャンペーンの作成などもワンストップで実行可能です。

TikTokとの連携で売上向上を目指そう

ShopifyとTikTokの連携により、認知度の拡大や売上増など、

さまざまなメリットが得られます。

ネットビジネスの可能性をより広げられるため、

この機会にTikTokとの連携を検討してみてはいかがでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。