国際交換局って何をするところ?場所や商品が取り扱われる流れを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
国際交換局について知りたい
という方のために、国際交換局の役割や場所などについて解説をします。

この記事を読むことで

  1. 国際交換局の役割や場所がわかる
  2. 国際交換局から荷物が届く流れがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、国際交換局がどこにあるかについて解説していきます。

 

国際交換局はどこにある?

そもそも、国際交換局と言われてもピンと来ないかもしれません。

国際交換局とはどういった役割を持っているのでしょう。

「国際交換局」とは、正式名称を「国際郵便通関交換局」といい、海外から到着、

海外へ発送する荷物の通関交換業務などを行っている郵便局のことです。

日本にある国際交換局は以下の通りです。

・東京国際郵便局(東京都)
・川崎東郵便局(神奈川県)
・中部国際郵便局(愛知県)
・大阪国際郵便局(大阪府)
・新福岡郵便局(福岡県)
・那覇中央郵便局(沖縄県)

どの郵便局でも同じ品目を取り扱うわけではありません。

この中でも川崎東郵便局は特殊で、

航空通常便・SAL便・船便を取り扱う日本で唯一の国際交換局です。

日本の国際交換局に荷物が到着してから、

配達されるまでには3日程度かかるとされていますが、

荷物によってはさらに時間がかかるケースもあります。

国際交換局に問い合わせをするなら電話を利用しよう

国際交換局が取り扱っている荷物について問い合わせを行いたいときは、

「お客様相談センター」に問い合わせをしてしまうかもしれませんが、

ここに連絡しても解決には至りません。

基本的に国際交換局が取り扱っている荷物の問い合わせを行うなら、

「管轄の国際交換局に直接問い合わせ」を入れた方が話が早いです。

追跡情報に管轄の国際交換局が表示されているならそこに問い合わせを入れればいいですが、

表示されていないならどの国際交換局が管轄かを調べる必要があります。

受取住所、荷物の種類で管轄の国際交換局を調べることができるので、

その点はスムーズに行えるでしょう。

国際郵便局には休みはある?営業時間を事前に確認しよう

国際交換局は局によって対応できる時間帯が限られているので、

問い合わせの前には必ず営業しているかを確認してください。

局によっては通関対応を24時間行っているところもありますが、

問い合わせに24時間対応しているわけではありません。

また、局によっては土日は対応が遅れる可能性があります。

特に荷物が増える時期は通関対応に追われてしまい、

問い合わせ対応まで手が回らないということもありえます。

問い合わせるときはその点を意識しておきましょう。

なお、年度末・年度初めは荷物が増える傾向にありますので、

その時期に問い合わせをする際は注意してください。

EMSが「国際交換局から発送」とはどういう意味?

EMSが国際郵便局から発送されるとは、具体的にどのような意味を指すのでしょう。

国際郵便局と言っても、「海外の国際郵便局」なのか、

「国内の国際郵便局」なのかによって、意味が大きく異なります。

海外の国際郵便局から発送された場合、そこから日本へ荷物を送らなければいけないので、

到着までまだまだ時間がかかります。

ただし、EMSの場合は他の荷物より優先度が高いため、そこまで時間はかかりません。

また、「国内の国際郵便局」から荷物が発送された場合は、

到着までそこまで時間はかからないでしょう。

「国際交換局から発送」にステータスが切り替わらない理由

商品のステータスが「国際郵便局から発送」になかなか動かないことがあります。

この場合、商品などに何かしらの問題が発生したと考えるべきでしょう。

では、「国際郵便局から発送」にステータスが動かない場合、

どのような問題が発生したと考えられるのか、1つずつその原因を紹介していきます。

思い当たる節がないか確認してください。

商品が偽ブランド品だから

海外と商品をやり取りするとき、

特に厳しくチェックされるのが「偽ブランド品・コピー品ではないか」という点です。

日本でも海外から輸入された偽ブランド品が出回っていて、

その被害は大きいものになっています。

偽ブランド品が出回ってしまうと、正規のブランドが大きなダメージを負ってしまうので、

そのような模造品はしっかり取り締まらないといけません。

さて、海外から商品をやり取りする場合は「通関手続き」を行いますが、

このときに商品が模造品だと疑われる場合は、二次審査に回ります。

ステータスが正常に変更されない場合、

通関の手続きになんらかの原因で時間がかかっていることが多いので注意してください。

商品が課税の対象だから

注文した商品が一定金額以上の課税対象になっている場合、

やはりステータスの変更が遅れることがあります。

海外から発送される商品には、課税額が1万円未満の場合と、

1万円以上の場合では対応が異なります。

課税額が1万円未満の商品であれば、通関手続きが1回で済みますが、

課税額が1万円を越える商品に対しては、場合によっては二次審査が行われているかもしれません。

特に「通関手続き中」のステータスが2回表示された場合、

ほぼ二次審査が行われていると考えるべきでしょう。

二次審査が行われるケースは限定されますが、

自分が注文した商品が高額なものであった場合は、

二次審査が行われるものとあらかじめ覚えておくと良さそうです。

書類に不備があるから

国をまたいで商品をやり取りする場合、「インボイス書類」が必要になります。

このインボイス書類が適切に添付されていなかった場合も二次審査に回されてしまいます。

インボイス書類とは、発送側に同封が義務付けられている書類のことです。

インボイス書類には発送先の住所、発送元の住所が記されている他、

税関手続きに必要な事項が記載されていて、これがないとなかなか税関をパスできません。

こちらが商品を発送するとき、インボイス書類にミスがあったことが発覚した場合、

なるべく早めに税関に連絡を入れましょう。

インボイス書類にミスがあったことで商品の発送が遅れると、

相手に迷惑がかかってしまうので、

発送前には必ずインボイス書類に不備がないか確認してください。

発送元の国が連休中だから

日本ではあまり考えられないことかもしれませんが、海外では長期休暇に入ってしまうと、

運送業務が滞るかもしれません。

そのため、荷物の発送時期が海外の長期休暇に重なってしまった場合、

なかなかステータスが変更されないこともあります。

商品をやり取りするときは、相手の国が長期休暇に入っていないかをあらかじめ確認しましょう。

そして、長期休暇中に商品などを発送するのであれば、

長期休暇のため到着に時間がかかることをあらかじめ伝えられるとベターです。

また、長期休暇以外でも突発的な出来事により、

流通そのものがストップしてしまう可能性があります。

商品を海外に発送するときは、発送先の国で問題が発生していないか事前に確認してください。

国際交換局から発送された商品はどの程度で届く?

国際交換局から商品が発送された場合、どのぐらいで商品が届くのでしょう。

日本の国際交換局から商品が発送された場合と、

海外の国際交換局から商品が発送された場合とでは、到着までの時間にかなりの差があります。

ここではそれぞれの国際交換局から荷物が発送されたとき、

どのぐらいの時間がかかるかをチェックしていきます。

日本の国際交換局から発送された場合

荷物が日本の国際交換局に到着していて、そこからステータスが「発送」に変更された場合、

手元に届くまではおよそ1~3日程度です。

もう日本に荷物が届いているので、到着まで間もない状況ですが、例外があります。

それは、「荷物を検査する」ことになったときです。

荷物がなんらかの理由によって税関での検査を受けなければいけなくなった場合、

税関は平日しか対応しないため、タイミングによってはさらに数日時間を要することがあります。

注文した商品に問題があった場合は検査の対象になってしまいますが、

大体の荷物は問題なく通過できるでしょう。

国際交換局は数が限られているため、国際交換局から極端に遠い離島などは、

本土と比べると到着が遅くなる可能性があります。

海外の国際交換局から発送された場合

「海外の国際交換局から発送」された場合、荷物はまだ海外にあるため、

そこから荷物が到着するにはかなり時間がかかってしまいます。

海外の国際交換局からさらに日本の国際交換局に届き、それから到着を待たなければいけません。

また、海外の物流システムは日本の物流システムとは異なる点にも注意です。

海外の商品を注文した場合、海外の国際交換局に荷物が到着するまでは、

追跡システムに荷物が登録されません。

また、追跡番号が発行されてから反映されるまである程度のラグがあるので、

教えてもらった追跡番号を入力しても「登録なし」となることがあります。

しかし、いつまで経っても追跡システムに荷物が登録されないのであれば、

差出人に状況確認をしてください。

海外からの商品が国際交換局を経由して到着するまでの流れ

ここでは、海外からの商品が国際交換局を経由して

日本に到着するまでの流れについてまとめていきます。

海外の商品を注文したとき、やたら日数がかかったという経験をした方もいるかもしれません。

海外から商品を注文した場合、到着が遅れてしまうのはさまざまな理由があります。

その「さまざまな理由」について、以下で紹介します。

差出人が発送した商品が現地の国際郵便局に到着

差出人が荷物を発送し、現地の郵便機関によって国際交換局に届けられます。

ここで気をつけなければいけないのは、

「海外の郵便機関」と「日本の郵便機関」は完全に別物だということです。

日本の郵便機関は世界の中でも優秀な方で、

よほどのことがなければ荷物が遅配となることはほとんどありません。

しかし、外国の一部は郵便機関がそこまで発達していないため、

国内から国際交換局へ荷物を届けるのにそれなりに時間がかかってしまいます。

現地の国際交換局へ荷物が到着したら、荷物のX線検査や仕分けが行われます。

X線検査などが行われるので、かなり厳しい検査というイメージを持つかもしれませんが、

発送の際はそこまで厳しくチェックされないようです。

「国際交換局から発送」にステータスが変更される

簡易的ではありますが、

荷物のチェックが終わったら国際交換局から航空会社へ荷物が引き渡されます。

この時点で「国際交換局から発送」にステータスが変更されるわけですが、

ステータス通りに読み取れば「荷物が外国から日本に向けて発送された」と考えるでしょう。

しかし、「国際交換局から発送」というのは、あくまでも次の段階に進みました、

程度の意味で、荷物はまだ海外にあるままというケースが大半となっています。

国際交換局から荷物を引き受けた航空会社は、日本への荷物発送手続きに入りますが、

一般の荷物は優先順位が低いため、なかなか飛行機に積み込まれないのです。

それについては現地の航空会社の都合としか言いようがないので、

気長に荷物が日本に到着するのを待つしかありません。

「国際交換局から発送」からなかなかステータスが変わらない理由

荷物の差出人から追跡番号を受け取ったけれど、

なかなか「国際交換局から発送」というステータスから動きがないと、

たとえ航空会社の都合だからと言っても不安に感じます。

航空会社の都合で荷物が遅れてしまう理由にはどのようなものがあるのでしょう。

・荷物の優先順位が低い

さきほども少し触れましたが、通常の荷物は優先順位が低いので、

どうしても飛行機に積み込まれるのが遅くなってしまいます。

ちなみに、海外から商品が発送されるときに優先されるのは「EMS」です。

EMSは特に優先して配達されるわけですが、それ以外の荷物は後回しにされてしまいます。

新型コロナウイルスが原因で配達が遅延するケースも

2020年から世界で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。

新型コロナウイルスの影響は思った以上に大きく、航空会社も例外ではありません。

例えば、新型コロナウイルスでは外出自粛が求められているため、

「巣ごもり需要」が高まりを見せています。

そのため通販が積極的に活用されていて、その結果通常時と比較すると、

多くの荷物を取り扱わなければいけなくなっている状態です。

その中で一般の荷物はやはり後回しにされてしまうので、到着まで時間がかかっています。

また、新型コロナウイルスの影響で航空会社の人員が削減されているのも

少なからず影響しているようです。

このような状態は感染状況が改善されない限り、解決しないでしょう。

あまりにも到着が遅い場合はこちらから問い合わせをする

いつまで経ってもステータスが「国際交換局から発送」になっていて変動がない場合、

もしかしたら紛失が疑われるかもしれません。

荷物の状況について不安が生じたら、問い合わせをするという方法がありますが、

それには一つ問題があります。

それは、「荷物に関する調査依頼を出せるのは、差出人のみ」ということです。

これは国際的なルールによって定められているため、

受取人がどれだけお願いしても応じてもらうことはできないでしょう。

良心的な差出人であれば、こちらがお願いすれば調査依頼を出してくれるかもしれませんが、

差出人側にはメリットがないので応じてくれないのがほとんどです。

ステータスが変わらない、差出人も要望に応じない、

そんなときは「日本の国際交換局」に問い合わせてみてください。

国際交換局でも多く取り扱われるEMSの追跡方法

国際交換局では多くのEMSが取り扱われています。

「荷物の到着が遅れる理由」について簡単に説明したとき名前が挙がった「EMS」ですが、

荷物をこれで発送することにより、通常の荷物と比べると優先的に届きます。

さて、ここではEMSの追跡方法について紹介していきましょう。

EMSで発送をお願いしたけれどなかなか荷物が届かないという方は参考にしてください。

郵便局のホームページで確認する

EMSの荷物がなかなか届かないときも、通常の荷物と同様に対処します。

EMSが発送されるときは追跡番号が発行されますが、

それを使って荷物がどこにあるかを確認します。

EMSの追跡番号は郵便局のホームページで確認することができるので、

荷物が発送されたけれどなかなか届かないというときは、

郵便局のホームページにアクセスしましょう。

追跡番号に問題がなければ荷物が現在どこにあるか詳しく表示されるので、

それで大体の荷物状況が確認できます。

気をつけなければいけないのは、発送された荷物に問題があったケースです。

荷物を照会したときに表示されるステータスの中でも特に注意が必要なものに関しては、

次の項で詳しく紹介していきます。

追跡結果で注意しなければいけないステータスとは

EMSがなかなか届かないときは、差出人から教えてもらった追跡番号を利用して、

荷物がどのような状況にあるのか調べることができます。

検索結果には、荷物に関する「ステータス」が表示されますが、

その中でも特に気をつけないといけないステータスがあります。

・「税関から名宛人に紹介中」

このステータスが表示されたときは、

数日以内に税関から荷物に関する問い合わせの書類が届きます。

商品がコピー品の疑いがある場合、インボイスに不備がある場合はこのようなステータスとなり、

届く書類に沿って対応しなければいけません。

・「通関保留中」

このステータスが表示されたときも、商品に問題があったケースです。

「税関から名宛人に紹介中」のときと同様に書類に沿って対応してください。

追跡結果を確認できない原因

EMSは追跡番号が発行されますが、

ある理由によってときどき追跡ができなくなってしまうケースがあります。

ここでは本来追跡できるはずのEMSを利用したのに追跡できないケースについて

いくつか紹介していきます。

EMSの追跡番号をサイトに入力したけれど、

荷物の状況が分からなかったという方は参考にしてください。

追跡の対象外の国・地域があるから

追跡できるEMSで荷物を発送してもらったので荷物の状況を調べていると、

なんだか表示がおかしい。

それは追跡の対象地域から外れているか、発送元の郵便システムに問題があるからです。

郵便局のホームページをチェックしてみると、

適切に追跡情報を反映できない国がいくつかあるようです。

具体的には、「中国宛」、「カナダ宛」、

「フランス来」の荷物は各国の郵便システムの不具合により、

適切に追跡情報を反映できないことがあります。

情報の反映に時間がかかっているから

これはEMSに限定された話ではありませんが、

荷物を発送してから追跡情報が登録されるまでにはそれなりに時間がかかります。

親切な差出人であれば、発送直後に追跡番号を教えてくれますが、

タイミングによっては追跡情報が表示されません。

そのような場合は少し時間を空けてから追跡情報をチェックしてください。

ただ、いつまで経っても追跡情報が表示されないのは、

「追跡番号が間違っている」可能性があるので、差出人に確認したほうがいいでしょう。

国際交換局を経由した商品は追跡情報を確認しよう

国際交換局を経由すると、まれに商品に不具合があるために二次検査に回ってしまい、

到着まで時間がかかってしまうケースがあります。

そのようなときは冷静に追跡情報をチェックし、

どうして荷物が遅れているのかを確認してください。

場合によってはその後関税から書類が到着するので、対応する必要があります。

追跡情報をチェックすれば荷物の状況を大体把握することができますが、

さまざまな理由によって到着が遅れる可能性があります。

海外からの荷物は気長に待ちましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。