Shopifyと楽天ペイの連携方法やメリット注意点について解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyと楽天ペイの連携方法が知りたい
という方のために、連携方法やメリット、注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyと楽天ペイの連携方法がわかる
  2. メリットがわかる
  3. 連携にあたり注意点も理解できる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyと楽天ペイの連携方法について解説していきます。

 

Shopifyと楽天の連携でできることは

Shopifyと楽天を連携することで、Shopify内で楽天販売チャネルアプリを使用できます。

この楽天販売チャネルアプリを使えば、Shopify上から楽天市場の商品登録や在庫情報、

注文情報を確認可能です。

連携する前までは、それぞれのサイトにアクセスし、商品登録や在庫情報、

注文情報を確認するという二重の苦労がありました。

しかし、楽天販売チャネルアプリを使えば、

Shopify上からShopifyと楽天の2つの管理状況や販売状況も確認できるようになったことで、

効率がぐんと上がります。

混乱することなく販売に集中できるため、販売戦略も立てやすくなるでしょう。

Shopifyと楽天・楽天ペイの連携方法

連携をすることでできることが見えてきたところで、

楽天や楽天ペイとの連携方法について詳しく見てみましょう。

ここでは

• 楽天ショップの開設
• アプリのインストール
• Shopifyと楽天ペイを連携

について解説します。

楽天ショップの開設

Shopifyと楽天を連携させるためには、楽天のショップが必要となるため、

楽天ショップを開設しましょう。

ショップ開設には費用がかかるため、具体的にかかる料金プラン別に表にまとめました。

1年契約プラン 1年契約プラン 1年契約プラン 3ヶ月契約プラン
がんばれプラン スタンダードプラン メガショッププラン ライトプラン
こんな人におすすめ ネットショップの経験が少ない 目標月商が132万円以上 商品数や画像量が多い 契約期間を短くしたい
月間出店料(税込) 21,450円(税込)/月 55,000円(税込)/月 110,000円(税込)/月 43,780円(税込)/月
システム利用料(月売上高の) 3.5~7.0% 2.0~4.5% 2.0~4.5% 3.5~5.5%
登録可能商品数 5,000商品 20,000商品 無制限 5,000商品
画像容量 500MBまで 5GBまで 無制限 500MBまで

アプリのインストール

Shopifyと楽天を連携させるためには、楽天市場販売チャネルアプリをインストールします。

Shopifyの管理画面からShopify app storeにアクセスし、

rakutenで検索すると表示されるはずです。

アプリを追加するをクリックするとインストール画面になり、

販売チャネルを追加するをクリックすると楽天市場への接続画面になります。

出店情報を入力するを押しますが、このときに

• 楽天市場店舗URL
• RMS APIライセンスキー
• SMTP IDEA
• SMTPパスワード

の4点が必要となるので、事前に準備をしておきましょう。

これらを入力し、接続ボタンをクリックすればインストール完了です。

Shopifyと楽天ペイを連携

Shopifyと楽天ペイを連携させるには、

SBペイメントサービス株式会社が提供する決済方法を導入することで使えます。

導入方法は、

  1. Shopifyの管理画面の下にある歯車マークの設定ボタンを押し、決済サービスを選択
  2. 代替決済方法→代替決済手段を選択
  3. 楽天ペイオンライン決済-SBペイメントを選択
  4. 詳細画面が表示されるので、手順に沿って情報を入力をし、有効にする

以上の段階を踏むことで、楽天ペイ決済サービスのインストールが完了し、

楽天ペイと連携できます。

Shopifyと既存のRMSアカウントを連携する方法

Shopifyと既に作成しているRMSアカウントを連携するには、

Shopify Dashboardに設定しているメールアドレスをRMSにも設定をしなければいけません。

その手順としては

  1. メールアドレスの設定
  2. Shopifyと連携したときの配送方法の設定
  3. Shopifyと連携したときの納期情報の設定
  4. CSV商品一括編集の申請
  5. 「SMTP AUTH ID」とパスワードの取得
  6. APIライセンスキーの取得
  7. Shopifyアプリの初期設定

を行います。

メールアドレスの設定

Shopifyの管理画面から設定→一般→ストアの詳細→Customer Emailを選択し、

Shopify Dashboardで設定しているメールアドレスを確認します。

Shopify Dashboardで設定しているメールアドレスを、

RMS管理画面にある店舗連絡先メールアドレスに登録します。

Shopifyと連携したときの配送方法の設定

ShopifyとRMSを連携したら、配送方法の設定を行います。

配送方法の設定方法は、RMSのメインメニューを開き、

店舗設定→基本情報設定→配送方法・送料設定のページを選択。

登録した配送方法にチェックし、反映すると書かれたボタンを押すことで、

配送方法の設定が完了します。

Shopifyと連携したときの納期情報の設定

納期情報の設定方法として、

RMSのメインメニュー→店舗設定→基本情報設定→納期情報設定を選択します。

その後、新規登録→お届目安とお届け数を設定します。

このときの納期管理番号は「1」に設定して下さい。

CSV商品一括編集の申請

Shopify Appと楽天を連携させるためには、

月額1万円かかるCSV商品一括編集の申請を行わなければいけません。

申込みの手順は、

RMSのメインメニュー→拡張サービス一覧→オプション機能利用申し込み・解約を選択します。

オプション機能利用申し込み・解約のリストの中に、CSV商品一括編集を選択し、

申込みをクリックします。

「SMTP AUTH ID」とパスワードの取得

お客様からの問い合わせが届くように設定を行います。

このときに必要なものは「SMTP AUTH ID」とパスワードです。

2つの取得方法は、

RMSのメインメニュー→R-Login→あんしんメルアドサービスを選択します。

「こちら」と表示されたボタンをクリックすると、再度R-Loginを求められるので、

再びログインしてください。

ログイン後表示された画面に、メールサーバ-設定情報と書かれたボタンを選択します。

画面上にIDとパスワードを入力するよう求められるので、入力し設定します。

入力設定したIDとパスワードは、Shopifyの店舗アプリでも使用するので、

忘れないようにメモしてください。

APIライセンスキーの取得

Shopify App上で、

RMSの商品や注文情報を操作するために必要なのがAPIライセンスキーです。

APIライセンスキーは、RMS Service Scuareから申請して取得できます。

取得方法は、RMSメインメニュー→拡張サービス→業務支援サービスを選択し、

RMS Service Scuareにアクセス。

RMS Service Scuareの右上にある検索窓に、

Sales Cannel Appを打ち込みSales Channel Appにアクセスします。

Sales Channel Appの申し込みページへアクセスしたら、必要情報を入力してください。

入力終了後、申込完了メールが届き、内容を確認します。

内容確認後、RMSのメインメニューを再び開き、拡張サービス→各種申込みにアクセス。

そこでAPIライセンスキーを確認します。

またShopifyアプリ上で必要となるので、メモに残しておきましょう。

Shopifyアプリの初期設定

Shopifyアプリの設定画面に、取得したパスワードやライセンスキーを入力しますが、

先程入手したAPIライセンスキーは、直ぐに入力するとエラーが出てしまいます。

30分以上あけてから入力するようにしましょう。

設定が完了したら、既存のRMSアカウントとShopify Appとの連携が完了です。

Shopifyと楽天を連携するメリット

Shopifyと楽天を連携することで生まれるメリットは

• 別々で管理していた情報が統一され便利になる
• お互いの弱点を補強できる
• 沢山のお客様が利用できる

があげられます。

より情報を把握しやすくなり、販売戦略も広く立てやすくなるでしょう。

別々で管理していた情報が統一され便利になる

今までそれぞれ管理していた情報が一つにまとめることで、

どれだけの売上があるのかが一目瞭然となり、今後の仕入れや戦略を立てやすくなります。

また管理や情報処理によるミスも一元化されたことで減り、混乱も抑えられるでしょう。

お互いの弱点を補強できる

Shopifyは自社EC、楽天はECモールという考え方があります。

自社ECでは、

サイトのカスタマイズの自由度が高く好きなようにデザインができるメリットがありますが、

集客を1から始めなければいけないという点がデメリットです。

ECモールでは、プラットフォームの認知度が高いため、

集客をしなくても客が来てくれるメリットがある反面、

プラットフォームに合わせたサイトデザインが必要なため、

他と差別化を図りにくいというデメリットがあります。

そんなお互いのメリット・デメリットを補うことができるのがShopifyと

楽天の連携の良いところだと言えるでしょう。

沢山のお客様が利用できる

Shopifyと楽天では、サイトに訪れる客層がそれぞれ異なります。

先程も話したShopifyは自社EC、楽天はECモールという考え方があるためです。

しかし、それぞれの客を対応することでより多くのお客様が利用できるため、

さらなるアプローチもできるでしょう。

この2つを上手く利用することで、新たな顧客を舞い込むチャンスを掴めるかもしれません。

Shopifyと楽天の連携するにあたり注意点

Shopifyと楽天を連携することで、沢山のメリットがあることをお話をしましたが、

反対に注意をしなければいけないことがあります。

それは

• アカウント連動は1アカウントにつき1アカウントまで!
• 受注管理・在庫管理・商品登録ができない場合も
• 費用はオプションサービス分を払う必要がある

この3つに気をつけなければいけません。

アカウント連動は1アカウントにつき1アカウントまで!

Shopifyアカウント1つにつき、連携できる楽天アカウントは1つです。

複数のショップを運営している方は注意してください。

また商品登録以外のページを作成する場合、

R-Mail、R-Karteは別途で楽天管理画面で設定が必要です。

受注管理・在庫管理・商品登録ができない場合も

すでに楽天のショップで登録されている商品は、Shopifyと連動できません。

連動できる商品は、Shopifyを経由して楽天に登録した商品のみです。

受注管理や在庫管理もShopifyを経由して手続きを行った商品のみなので、注意しましょう。

費用はオプションサービス分を払う必要がある

Shopifyと楽天を連携するための費用はかかりませんが、

楽天市場の利用料金とRMS商品一括編集機能という楽天が提供している

オプションサービスの契約が必要です。

上記でもCSV商品一括編集の申請でかかる費用のことを指しますが、

連携させるときにもこのコストのことも念頭においておく必要があります。

Shopifyと楽天ペイを連携してお客様を増やしましょう

Shopifyと楽天を連携することで、お互いについていたお客が入るため、

新たな顧客がつく可能性もあります。

連携までの設定がいくつかあるため大変かもしれませんが、

それぞれの運営を一つにまとめて管理できるメリットがあります。

また楽天ペイを導入することで決済サービスの幅が広がり、

沢山のお客様が利用できるようになるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。