Shopifyで追跡番号を追加する方法は?配送状況管理アプリも紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShpifyストアで配送状況を管理する方法について知りたい
という方のために、Shopifyストアに追跡番号を追加する方法や、配送状況を管理できるアプリについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyでの追跡番号を追加する方法がわかる
  2. 追跡番号の重要性がわかる
  3. 追跡番号を一括登録できるアプリについてわかる
  4. 配送状況が管理できるアプリについてわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shpifyストアで配送状況を管理する方法について解説をしていきます。

 

ネットショップで買い物をして、

商品が届かなかったり予定よりも到着が遅くなったりするとユーザーは不安になるものです。

それは、ストアの不信感にもつながってしまうでしょう。

そのようなデメリットを防ぐためにも、追跡番号の追加や配送状況の管理が必要です。

配送に関する不安を取り除くためにできること

実店舗で買い物をした場合は商品をそのまま持ち帰れますが、

ネットショップで購入した商品は配送されるまで手元に届きません。

ショップのお届け情報に1週間程度で届くと書いてあれば、

その日を楽しみに待っている人も多いです。

それが10日を過ぎても届かないことがあれば、心配になってしまいます。

配送に関する不安や心配は、配送される時間だけではありません。

購入してくれたお客様に、不安や心配をさせないショップでありたいものです。

そのためには何かできるのでしょう。

商品を追跡できるようにする

商品の配送に関する不安や心配を取り除くには、商品を追跡できるようにすることです。

そのためにも、Shopifyストアで購入したお客様には、追跡番号を伝えられるようにしましょう。

追跡番号とは、発送された商品が今どこにあるのかを確認できる番号です。

宅配便では「お問い合わせ伝票番号」と言われています。

発送された商品がどこにあるかがわかれば、あとどれくらいで到着するのか目安になります。

また、商品が紛失していないことや、到着が遅れている場合の原因がわかるなど、

メリットも多いです。

購入後、自分で商品の追跡ができればより安心できます。

配送ポリシーをしっかり記載する

配送ポリシーをしっかり記載することも重要です。

配送ポリシーに関連する情報が記載されていれば、

トラブルが生じたときの対応がわかります。

知りたいことが書かれていないと、

ショップに対する不信感が芽生えてしまうこともあるでしょう。

配送ポリシーは基本的な情報だけでなく、

よくあるトラブルに関する内容も踏まえて作成することが大切です。

• 商品の追跡
• 配達時間について
• 返品と払い戻しに関して
• 紛失や破損に関して
• 配達可能地域

といった点は忘れずに記載しておくことをおすすめします。

Shopifyで追跡番号を追加する方法

Shopifyストアには追跡番号を追加することができます。

追跡番号を追加すると、

お客様の注文状況ページで配達状況がリアルに表示されるようになります。

Shopifyストアで商品を購入したお客様が、自分で商品の追跡ができれば安心です。

ストアにわざわざ連絡する手間も省け、

すぐに商品に関する情報を得ることができる点もメリットです。

ここでは、商品の発送前と発送後、それぞれの追跡番号を追加する方法を紹介します。

発送前

商品を発送する前に追跡番号がわかっている場合、

フルフィルメント中に追跡番号を追加することができます。

追跡番号は配送情報通知メールにて、お客様に送信されます。

手順は次のとおりです。

  1. 管理画面の注文ページで「一部発送」または「未発送」の注文番号を選択
  2. 「発送済としてマークする」を選択し、注文の「フルフィルメント」ページを開く
  3. 「追跡情報」に「追跡番号」を入力
  4. 「商品を受注する」をクリック追跡番号のフォーマットによっては、
    配送業者を選択する必要があります。
    適した配送業者がドロップダウンメニューにない場合は「その他」を選択し、
    手動で入力します。

発送後

フルフィルメント後に追跡番号を受け取った場合は、次の手順で追加します。

  1.  管理画面の注文ページで、追跡番号を追加する商品の注文番号を選択
  2. 発送済セクションで「追跡情報を追加する」を選択
  3.  「トラッキングを編集する」で発送の追跡番号を入力
  4.  「保存」を選択

配送の更新を送信しない場合は、

「お客様に通知メールを送信する」のチェックをオフにしてください。

Shopifyで追跡番号を一括登録できるアプリ

配送会社から発行された追跡番号を、一つずつ手動で入力するのは手間がかかります。

商品の数が多ければ、時間もかかりミスも増えてしまうでしょう。

追跡番号の入力を効率化し、ミスを防いでくれるアプリがあります。

Shopifyで追跡番号を一括登録できるアプリ「Easy Fulfillment」について解説します。

Easy Fulfillmentとは

Shopifyアプリの一つで、追跡番号を一括でShopifyに登録できる機能があります。

商品の数が少なければ、入力作業も苦にはならないでしょう。

しかしうっかりミスをしてしまこともあるかもしれません。

Easy Fulfillmentをインストールすれば、一括で登録が可能になり作業時間も短縮できます。

料金は5ドル/月で、シンプルが機能なので操作は簡単です。

Easy Fulfillmentでできること

Easy Fulfillmentでできる主なことは次のとおりです。

一つは配送業者へのトラッキング(追跡)リンクの自動化です。

配送業者のトラッキングリンクをつくるのも簡単です。

さらに配送業者のトラッキングを自動化することで、

ドロップダウンすれば簡単には配送業者を選択できます。

配送業者を選んだら、追跡番号を入力するだけでトラッキングリンクをつくることができます。

Excelなどに保存してある追跡番号をCSVファイルでインポートすれば、一括で登録が完了です。

Easy Fulfillmentのメリット

Easy Fulfillmentを利用するメリットは、作業の効率化ができることです。

追跡番号は長い数字が並んでいるもので、それを一つひとつ入力するには手間も時間もかかります。

数が多ければ、コピーする時間もかかるでしょう。

手動の入力はミスをしがちです。

コピーミスをしてしまうかもしれません。

Easy Fulfillmentはそういったデメリットを解消してくれます。

また、Easy Fulfillmentには、お客様への出荷確認をまとめて通知したり、

注文ごとに通知できたりするオプションもあります。

Shopifyで配送状況を管理できるアプリ

Shopifyには配送状況を管理できるアプリも導入できます。

配送に関するトラブルは、追跡番号の通知だけで解決できるものばかりではありません。

配送状況をもっと細かく把握したい、リアルタイムで知りたい、といった要望もあるでしょう。

そのようなニーズに対応するのが、「AfterShip Order Tracking」です。

AfterShip Order Trackingはどのようなアプリなのか、解説します。

AfterShip Order Trackingとは

AfterShip Order Trackingは、注文状況を管理できるアプリです。

すべての出荷状況を一括で管理でき、ユーザーに正確な配送情報を自動送信できます。

料金プランは9つあり、無料プランでは無制限の出荷ができ、

自動メールでの出荷通知が可能です。

有料プランでは配送追跡ができ、金額によって1ヵ月あたりの配送追跡件数が異なります。

月額99ドルのプランでは、1ヵ月あたり2,000件までの配送追跡が可能です。

AfterShip Order Trackingでできること

AfterShip Order Trackingの機能の一つは、

お客様に配送状況を自動メールで送信できることです。

予想できる配達時間を自動で送信します。

送信のタイミングはカスタマイズができ、

「配送中」「配送中のトラブル」「配送済み」などいろいろな項目が選択できます。

世界736社の配送業者と連携しているAfterShip Order Trackingは、

ほとんどの配送業者の情報を網羅することが可能です。

さらに、一つの画面からすべての配送状況を確認できます。

AfterShip Order Trackingのメリット

AfterShip Order Trackingを利用することで、配送状況の追跡が簡単になり、

作業の効率化が図れます。

自動メールを設定すれば、いちいちメールを送信せずにすみます。

管理画面もシンプルで見やすく、把握しやすいのがメリットです。

複数の配送業者を利用していても、問題ないでしょう。

設定が簡単なのも便利です。

マニュアルどおりに操作していくだけで設定が可能で、専門的知識なども必要ありません。

ただしデメリットもあります。

一つは日本語対応していないことです。

英語で書かれたものしかないので、英語が苦手な人にとっては苦労するかもしれません。

また、無料プランだと1ヵ月で追跡できるのは50件までです。

このようなデメリットを考慮し、

取り扱う商品の量や配送業者を踏まえて検討してみてください。

追跡番号を確認できるストアで信頼を得る

商品が届かない、商品の到着が遅れている、などのトラブルは、

購入者を不安にさせてしまいます。

それがストアの評価を下げてしまうことにもなりかねません。

それだけ配送の問題は大きなことです。

配送ポリシーをきちんと記載したり、追跡番号を確認できるようにしたりして、

お客様に配送状況において不安を取り除きましょう。

ストアの取り扱う商品数などによっては、アプリの導入も検討することが必要です。

少しでもお客様の不安を解消し、信頼されるストアを目指してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。