ShopifyのLocksmithの利用方法は?メリットについても解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyのLocksmithについて知りたい
という方のために、Locksmithのメリットや設定方法、使い方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyのLocksmithの利用方法がわかる
  2. ShopifyのLocksmithのメリットがわかる
  3. ShopifyのLocksmithの設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyのLocksmithについて解説をしていきます。

 

Shopifyストアでシークレット販売をしてみたいけれど、

どうすればいい?と悩む人もいるでししょう。

シークレット販売は顧客に満足感を持ってもらい、ストアの信頼性アップにもつながるもの。

売上の向上にもつながることもあります。

そこで便利なのが、Locksmithというアプリです。

Locksmithをダウンロードすれば、シークレット販売も可能で、設定も難しくありません。

ShopifyのLocksmithとは?

ShopifyのLocksmithとは、特定のページに鍵をかけるなどして、

ユーザーへのアクセスを限定したり、制御したりできるアプリです。

たとえば、特定の会員ランクだけが閲覧できるページにする、

メール会員だけがアクセスできるようにする、といったことのほか、

特定の取引先だけを閲覧可能にする、といったことができます。

Shopifyではパスワードを設定することが可能ですが、それはストア全体にかけるもので、

特定のページだけ設定することはできません。

特定のページだけに設定できるのが、Locksmithです。

Locksmithの無料お試し期間は15日で、その後は料金がかかります。

レビュー評価もよく、信頼できるアプリと言えるでしょう。

ShopifyのLocksmithを使ってできること

Locksmithは特定のページに鍵をかけ、閲覧できる人を限定したり、

制御したりできるアプリとなっています。

シークレット販売をしたい人にもおすすめです。

Locksmithを使ってどのようなことができるのか、解説します。

特定の条件でパスワードを設定

特定の人だけが閲覧できるページをつくるために、パスワードを設定します。

パスワードを設定することで、特定のページのほか、製品やコレクション、ブログ記事、

バリエーションなどにも鍵をかけることが可能です。

さらにタプロフィールにタグ付けをしたり、業者別、国別などで見られる在庫を設定したり、

特定のユーザーがアクセスできる商品に鍵をかけたりすることもできます。

Locksmithにはいろいろなカスタマイズ機能があり、

さまざまな条件でアクセスを制限したり、許可したりすることが可能です。

パスワードの文字列も設定可能で、定期的に変更することもできます。

シークレット販売

Locksmithの活用方法として、シークレット販売があります。

シークレット販売とは、特定の会員限定で新商品などを販売する方法です。

一般の会員より先に商品を購入できるため、また、限定商品を入手できるため、

満足感を得られるというメリットもあります。

さらに、特定の条件を満たしている顧客にスペシャルバーゲンを開催する際にもLocksmithが

利用できます。

特別に安く購入できるという満足感もあり、購入アップにつながるでしょう。

シークレット販売をするには、Locksmithを使い、特定の商品やページにアクセス制限をします。

パスワードを知らない顧客は、設定したページにアクセスできません。

ShopifyのLocksmithを利用するメリット

Locksmithを利用してシークレット販売をしたり、

特定の人だけが閲覧できるページを作成したりすることで、

どのようなメリットがあるのでしょう。

ShopifyのLocksmithを利用するメリットについて解説します。

特定の人だけが見られるページや記事作成ができる

Locksmithでアクセス制限や許可をすることで、

特定の人だけが見られるページや記事作成ができます。

商品やコレクション、バリエーションなど個別にロックすることが可能。

取引先においては、低価格で販売できるページを設定することも可能です。

また、特定の人だけが閲覧できるページ作成することで、

閲覧できる人との関係性を深めることができます。

ストアの信頼性が高まり、固定客となってもらえるかもしれません。

特別感を持ってもらうことで、ストアの印象をよくすることもできるでしょう。

シークレット販売で売上アップ

シークレット販売ができることで、売上アップが期待できます。

特定の人しか閲覧できず、購入できない、という差別化は、顧客に特別感を持ってもらえます。

特別扱いをされていると感じるのはうれしいものです。

閲覧できるページで買い物をしよう、という気持ちになることもあるでしょう。

また、毎月たくさん購入してくれる人を対象にLocksmithで低価格商品ページを作成すれば、

さらに喜んでもらえるかもしれません。

顧客の満足度を高めることは、ストアのファンになってもらえることにつながります。

ファンになってもらえれば、定期的に商品を購入してもらえたり、

ほかのストアより優先的にアクセスしてくれたりする可能性も高まります。

シークレット販売は、結果、売上アップに役立つ方法です。

Locksmithを利用すれば、簡単に設定できるので活用してみてください。

ShopifyのLocksmithの設定方法

LocksmithはShopifyアプリの一つなので、Shopiyにログインし、

ShopifyのアプリストアからLocksmithをダウンロードします。

アプリストアで「Locksmith」と検索すればすぐに見つけられます。

Locksmithの設定は、まず、アクセス制限・許可をしたう商品・ブログ記事などを選びます。

次に条件の設定をします。

「~というタグ付けされている顧客だけアクセス可能」など、

どういった条件でアクセスできるのかを決めます。

条件を満たさない人がアクセスしたバイアには、

メッセージが出るように設定することも忘れないようにしましょう。

さらに、サイトマップやサイト内検索に表示させない、などの設定も可能です。

ShopifyのLocksmithの使い方

Locksmithの設定ができれば、実際使ってみましょう。

アプリの管理画面から「Add lock」を選択し、対象を選び、Saveします。

次に「Add the first key」でロックの方法を設定。

パスワードをかける場合は「gives the passcode」を選択します。

任意の文字列でパスワードを設定し、保存します。

ShopifyのLocksmithの料金と注意点

Locksmithの料金はShopifyプランによって異なります

• BASIC SHOPIFY:月額9ドル
• SHOPIFY:月額29ドル
• ADVANCED SHOPIFY :月額99ドル
• SHOPIFY PLUS:月額199ドル

無料お試し期間は15日あるので、試してみてください。

Locksmithは日本語には対応していません。

ただし、操作がシンプルなので英語が得意ではない人でも利用できるでしょう。

シークレット販売で特別感を

シークレット販売など、特定の人だけが閲覧できるページをつくりたい、

というときに利用できるのがLocksmithです。

Locksmithを利用してシークレット販売ができれば、顧客との関係性がよくなったり、

ストアへの信頼性が高まったりするなど、メリットも多いものです。

その結果、固定客をつくることができれば、売上アップにつながります。

Locksmithは日本語には対応していませんが、

操作は難しくないので英語に自信がない人でも問題なく使えるでしょう。

ShopifyのLocksmithを活用してシークレット販売を成功させましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。