Shopifyでまとめ買い機能を設定するには

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのまとめ買いの機能について知りたい
という方のために、Shopifyでのまとめ買い機能の追加方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyでまとめ買い機能を加える方法の種類がわかる
  2. Shopifyのまとめ買い機能を使う時の注意点がわかる
  3. 実際にまとめ買い機能を設定できる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyのまとめ買い機能について解説していきます。

 

Shopifyの自動ディスカウントの作成

Shopifyには、まとめ買いによる自動ディスカウントの機能があります。

この機能を使うことで、まとめ買いでの割引が自動でできるようになります。

ユーザーに対してたくさん買うとお得であることを示すことができ、

購買意欲を高められるでしょう。

設定は自分のECサイトの管理画面から簡単にできます。

ユーザーもカートに商品を入れるだけで、

直感的に定価と割引後の金額との差を知ることが可能です。

まとめ買い設定に便利な、自動ディスカウントの使い方について解説します。

店舗のみは設定不可

自動ディスカウントの設定は、店舗のロケーションのみにはできません。

Shopifyは、ECサイトと実店舗を一括管理できる機能を持っていますが、

実店舗だけをディスカウント設定にすることは不可能です。

店舗のロケーションに自動ディスカウントの設定をしたい場合には、

オプションで「POS上でも提供 (POS Proのロケーションのみ)」を選びます。

すると、オンラインストアとShopify POSの両方で使えるようになります。

一度の設定で一つの条件のみ作成可能

自動ディスカウント機能では、

一つの設定当たり一つの条件のみ作成できることになっています。

また、条件の重複したディスカウントの設定を、複数作成・保存することはできません。

つまり、期間や商品が重なっているディスカウントは作ることができず、

一つの期間には一つのセールのみが実施可能となります。

ほんの少しでも期間が重なっているなどのミスがあると、エラー表示が出て登録できません。

使い勝手が悪いように思えますが、この機能によってセールの内容に矛盾が生じにくくなります。

まとめ買い機能の設定の手順

自動ディスカウントの設定をするには、管理画面から「ディスカウント」に入ります。

ディスカウントでは、クーポンコードの作成と自動ディスカウントの設定が可能です。

ちなみに、クーポンコードと自動ディスカウントの設定は期間が重なってもできますが、

クーポンとディスカウントの両方をユーザーが使うことはできません。

「ディスカウント」から「自動ディスカウントを作成する」を選ぶと、

タイトルや割引率などの設定画面になるので、そこで必要事項を埋めていきます。

前述の通り、条件が一つでも重複するとエラーになるため注意が必要です。

特に、適用対象・開始日・終了日の設定は気を付けてください。

複数の自動ディスカウントを設定しておきたい場合には、

期間や商品が被らないように選びましょう。

セット割引も設定可能

Shopifyの自動ディスカウントでは、単なるまとめ買いだけでなくセット割引の設定もできます。

セット割引は、同じ商品のまとめ買いなどではなく

「Aを買ったらBを〇パーセント引き」といった割引方法です。

ファッションでトップスとボトムスのセット、

スイーツでクッキーと紅茶茶葉のセットなど、さまざまなセット割引が検討できるでしょう。

Volume & Tiered Discounts

Volume & Tiered Discountsは、

購入する商品数によって割引を設定できるShopifyのアプリです。

購入条件を満たすと値引きが適用されるように、対象商品や商品数などを設定できます。

まとめ買い設定としては、自動ディスカウントよりも使い勝手が良いかもしれません。

基本機能は無料

Volume & Tiered Discountsは、基本機能を無料で利用できますが、

まとめ買い機能を使いこなしたい場合には有料プランがおすすめです。

有料プランは最初の14日間は試用期間が設けられており、無料でお試しすることが可能です。

Shopify自体も同じく14日間の無料期間があるため、

同時に利用を始めるとどちらも同じタイミングで無料体験できます。

Volume & Tiered Discountsアプリは日本語対応していないため、

英語が苦手な人は無料の間に自分で使いこなせるか確認しましょう。

有料プランで追加機能あり

$9.99/月で利用できる有料プランを選ぶことで追加されるのは以下のような機能です。

• 特定の顧客グループを対象にした割引
• 割引のスケジュール設定
• カートメッセージで適用された割引総額をカートで表示
• 割引が適用されない数量でカートに追加すると「あと○個購入で~円引」とメッセージを表示

これらの機能は、Shopifyでまとめ買いのお得感をユーザーに伝え、

購買意欲を高めるために欠かせません。

そのため、無料で使い勝手を試して気に入ったら、

有料プランに切り替えた方が快適に使えるでしょう。

まとめ買い機能設定の手順

Volume & Tiered Discountsはアプリなので、

Shopifyのアプリストアからインストールすることから始めましょう。

インストールして、支払いの登録を済ませたら、割引設定ができるようになります。

「Add New」で新しい設定の作成が可能です。

まずは、割引設定の名前を「Offer Name」に記入し、各項目を埋めていきます。

割引の方法や割引率などを決めたら、保存をして完了です。

登録項目

ここでは、英語表示の項目の意味と入力する内容について解説します。

・Display Offer Table / Banner
割引のテーブル・バナーの表示を選ぶ

・Status
割引設定を公開する場合はオン、一時停止する場合はオフ

・Quantity
まとめ買いの割引を適用する数量

・Discount
3つの割引方法から選べる

・%Off
パーセンテージ割引(15%割引など)

・Price Discount
特定の価格での割引(500円割引など)

・Fixed Price
特定の価格に割引する

・Select Display Offer Type
商品ページに表示するまとめ買い割引表のスタイルを選択する

・Customer Tag
顧客グループをタグで管理している場合に特定のグループを対象にする

・Schedule Offer
割引の開始、終了のスケジュールを設定

・Submit
設定を保存する

VolumeBoost

VolumeBoostは、Volume & Tiered Discountsと同じく、Shopifyのアプリです。

Volume & Tiered Discountsの機能を改善して作られたものなので、

より高度で柔軟な設定が利用できます。

基本の機能は同じとなるため、VolumeBoostで改善された機能を紹介します。

無料プランのないアプリ

VolumeBoostでも14日間の無料体験はありますが、無料で使えるプランはありません。

14日間の無料期間が過ぎたら、基本的には有料プランで申し込むことになります。

こちらのアプリも日本語対応のサポートがないため、

英語が苦手な人は自分で使えるか無料の間に判断しましょう。

利用可能な機能例

VolumeBoostでは、Volume & Tiered Discountsの機能に加えて、

以下の2点の機能改善が行われました。

• 割引コードとの連携
• 製品のバリエーションを重複させない

VolumeBoostではまとめ買い値引きの機能とディスカウントコードを

連携して使いやすくなっています。

また、製品バリエーションの重複を防ぐことも可能です。

Shopifyのまとめ買い設定で押さえたいポイント

Shopifyでは、まとめ買いによるディスカウントを可能とする機能やアプリが利用できます。

ディスカウントは、ユーザーの購買意欲を高めて客単価をアップする効果が期待できるでしょう。

しかし、設定によっては期待した効果が出にくいこともあります。

まとめ買いの購買意欲促進のために、

押さえておきたい大切なポイントを知っておく必要があります。

割引率は慎重に決定しよう

まとめ買いのディスカウントでは、割引率の設定に注意が必要です。

たしかに、ディスカウントは購買意欲を掻き立てますが、

割引した分だけ当然利益は減ります。

そのため、ディスカウントの設定をする際には、

ユーザーがお得感のある割引率とショップの利益率のバランスを見ることが大切です。

もし割引をし過ぎてしまった場合、売れば売るほど利益がマイナスになってしまいます。

タイミングやターゲットを絞ろう

まとめ買いセールは、タイミングやターゲットを絞って行うことも大切です。

ディスカウントの目的を明確にして、どのタイミングで誰に魅力を感じてほしいか考えて、

セールの設定をしなければいけません。

ディスカウントの目的は、新規ユーザーの獲得・既存ユーザーのための

ロイヤリティ・在庫処分をしたいなどがあります。

目的に合わせて期間やタイミング・商品・割引の仕方・対象者のグループを絞ることで、

反応してほしい人を効率よく集められるでしょう。

たとえば、新規ユーザーを集めたいなら初回購入限定セールなどが効果的です。

目的やターゲットがあいまいなままでセールだけをしても、

効果的に購入者やショップのファンを増やすことはできません。

また、ターゲットが決まらないと、セールの告知などもしにくくなります。

アナウンスアプリも使おう

まとめ買いのディスカウントを設定できたら、宣伝することも大切です。

アナウンスによって「お得なセールを始めたのに来訪者が気づいてくれない」

というリスクを減らせます

Shopifyでは、ディスカウントアプリだけでなく、

そのディスカウントセールを告知するアプリもあります。

Quick Announcement Barは、

ディスカウントセールの告知メッセージをサイトの来訪者に見せるアプリです。

セール開催を知らせることで、偶然来訪した人に商品を覗かせて、

購入を迷っていた人の背中を押してくれます。

カスタマイズやレスポンシブ対応ができ、多言語にも対応しています。

Shopifyまとめ買い機能でショップに活気を

Shopifyのまとめ買いによる自動でディスカウントしてくれる機能や、

アプリの解説をしました。

ShopifyでECサイトを作ったら、

こうしたデフォルト機能やアプリを活用して販促活動を行っていくことが大切です。

デフォルト機能でも十分にまとめ買いセールを作れますし、

さらに有料アプリを使うことで細かな設定までできるようになります。

まとめ買いセールの機能だけでなく、それを宣伝するアプリもあります。

自分のショップで欲しい機能を選んで、新規ユーザーの獲得や在庫一掃セールなどを成功させましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。